« July 2011 | Main | September 2011 »

Aug 31, 2011

インターバル撮影を手軽に――キングジムの「レコロ」

インターバル撮影を手軽に――キングジムの「レコロ」

キングジムは、植物の成長や風景などのインターバル撮影が手軽に楽しめるインターバルレコーダー「レコロ」を9月26日に発売。防雨機能を搭載し、付属のミニ三脚を使用すれば、カメラの設置が難しい場所でも撮影が可能だという。

インターバルレコーダー「レコロ」
 キングジムは、植物の成長や風景などのインターバル撮影が手軽に楽しめるインターバルレコーダー「レコロ」を9月26日に発売する。価格は6930円。カラーバリエーションはオレンジとホワイト。

 レコロは、インターバル撮影を手軽に楽しむための専用カメラ。インターバル撮影以外の機能を省くことにより、低価格を実現したという。防雨機能(IPX3相当。水中での使用はできない)により、屋外での撮影にも対応した。撮影した画像は、本体にセットしたSDカードに動画(AVI形式)として保存。PCなどでそのまま動画を確認できる。


インターバル撮影のイメージ


ムービーの閲覧にはFLASHプラグイン(バージョン8以上)が必要です。


 撮影間隔は最短で3秒から、最長で24時間まで。撮影した動画の再生速度はスライドショーのように見える毎秒1枚から、スムーズに再生できる毎秒24枚まで設定可能。色のメリハリが鮮やかに写る「ビビッド」、独特な雰囲気のある白黒映像が撮れる「モノクロ」などの撮影モードも用意した。カメラは30万画素相当のCMOSセンサーで、解像度はVGA。本体サイズは約102×73×30ミリ(幅×奥行き×高さ)、重さは約95グラム(電池、SD カード含まず)。

 付属のミニ三脚を使用すれば、カメラの設置が難しい場所でも撮影が可能。単三形アルカリ乾電池2本で、3秒間隔で約2000枚分、24時間間隔で約365枚分の撮影ができる。別売の専用ACアダプタ(2100円)を使用することで9999枚までの長時間の撮影も可能だ。

 インターバル撮影は、設定した時間ごとに連続的に撮影する手法で、その写真をつなぎあわせて動画として再生することで、時間の流れを縮めて、植物の成長する様子や移りゆく風景などをダイナミックに観賞できる。一部のデジタルカメラや、スマートフォンのアプリケーションを用いること撮影できたが、撮影が長時間におよぶため、デジタルカメラやスマートフォンを他の用途に使えないなど不便な点があったという。また、カメラを長時間放置することが多く、盗難や紛失、屋外の撮影の際に水濡れによる故障などの懸念もあった。

 キングジムでは「植物の成長、花の開花、雲の流れなどの風景、車での移動過程の記録、長時間の観測が必要な研究、学校での教材、建設現場の様子など、幅広いシーンで手軽に活用できる。レコロで、新たな市場の獲得を目指す」としている。なお、レコロとは、記録する「record」と長時間の撮影をすること「long」を合わせた造語だという。

なかなか面白い商品かもしれないが、実際のところ何に使うかはあまり思いつかないな・・・・。

| | Comments (1) | TrackBack (2)

Aug 30, 2011

アナログからデジタルへ――HPが狙う巨大なプリンティング市場

アナログからデジタルへ――HPが狙う巨大なプリンティング市場

日本HPが本社内に「Imaging & Printing Solution Center」を開設。デジタル印刷機や大判プリンターを並べ、最新のデジタルプリンティングソリューションを提案していく。

印刷工程を体験できる「Imaging & Printing Solution Center」

日本HP本社。吹き抜けに掲げられた巨大なポスターは、もちろん同社の製品で印刷されている
 日本ヒューレット・パッカード(以下、日本HP)は8月29日、東京都江東区大島にある日本HP本社内に「Imaging & Printing Solution Center」(以下、IPSC)を開設した。製品展示だけでなく、紙や素材の選定、カラーマッチングなど、印刷前後の工程まで含んだデモを行うことで、パートナーとソリューションの検証をしていくのが狙い。営業時間は月曜日から金曜日まで(祝祭日は除く)の完全予約制となっている。

 広さ400平方メートルの敷地に設置された同センターは、大判プリンタを展示する「Designjet Zone」、最大5メートル幅の印刷に対応したスーパーワイドフォーマットプリンタのデモを行う「Scitex Zone」、そしてデジタル印刷機とその商品サンプルを置く「Indigo Zone」の3つに区切られている。

 Designjet Zoneでは、CAD向けのテクニカルモデルから写真印刷向けのグラフィックモデルまで、大判プリンタの全ラインアップを常設。A1サイズで約17秒という高速印刷を可能にした「HP Designjet T7100」や、大判モデルにスキャナを搭載しつつ100万円以下という価格に抑えた「HP Designjet T2300eMFP」、高速かつ画質を落とさずに印刷できる「HP Designjet Z6200」など、最新の大判インクジェットプリンタを一堂に会しているのが見どころだ。


IPSCの入り口(写真=左)。Designjet Zoneには、大判インクジェットプリンタ全モデルが並ぶ(写真=中央)。「HP Designjet」シリーズのフラッグシップモデルの「T7100」。A1出力が約17秒という高速印刷に対応するほか、スピンドルレスのロール紙を3本搭載できる取り回しのよさも特徴(写真=右)


大判コピー機能を搭載しながら100万円を切る価格を実現した「HP Designjet T2300eMFP」(写真=左)。PCを使わずにクラウドのデータを共有・出力できる「HP ePrint&Share」に対応(写真=中央)。HP Latexインクを採用した「HP Designjet L25500」。写真奥のソファもL25500で印刷されたもの(写真=右)

 屋外広告やバスのラッピングなどに利用されるスーパーワイドフォーマットプリンタを展示するScitex Zoneでは、最大3.2メートル幅までプリントできる主力モデルの「HP Scitex L850」が置かれている。6色の「HP Latexインク」を採用し、屋外利用でもラミネートなしで3年という高い耐光性を持つほか、特別な換気装置を必要としないのが特徴だ。最後のIndigo Zoneは、「オフセット印刷に迫る品質を実現した」(同社)というデジタル印刷機「HP Indigo 7500/5500」が設置され、商業印刷やパッケージなどのさまざまな商品サンプルとともに、デジタルデータから最終出力までのワークフローを体験できる。

 HPはPC事業は売却して印刷屋になるつもりか??

| | Comments (0) | TrackBack (2)

Aug 12, 2011

キャメロン英首相、ロンドン暴動でSNSの遮断を検討

キャメロン英首相、ロンドン暴動でSNSの遮断を検討

ロンドンで続いている暴動での略奪行為の計画がソーシャルサービスを通じて行われているとして、キャメロン首相がこうしたサービスの遮断を検討していると語った。
2011年08月12日 07時57分 更新
 英国のデビッド・キャメロン首相は8月11日(現地時間)、6日に発生し、現在もロンドン各地で続いている暴動の計画に利用されているとして、各種のSNSの遮断を検討していると発表した。

 この発言は、暴動への対応を目的に同日臨時召集された下院での声明の中で行われた。警察官の支援のために軍に協力を要請することも検討しているという。

 情報の自由な流れは良い事にも使われるが、悪い事にも使われるとし、「ソーシャルメディアが暴力のために利用されるなら、われわれはそれを阻止しなければならない。従って、われわれは現在、警察および情報局、企業らと協力し、暴力の計画に悪用されているWebサイトやサービスの利用を遮断することが正しいかどうかを検討している」と語った。

 具体的なサービス名には言及しなかったが、FacebookやTwitter、カナダのResearch In Motion(RIM)のBlackBerryのメッセージサービスを指しているものとみられる。

 暴動では、商店などの略奪が多数発生しており、英メディアのGuardianによると、こうした暴動の計画にスマートフォンのBlackBerryのメッセージサービスが利用されているとして、ロンドン警視庁がBlackBerryのメーカーであるカナダのResearch In Motion(RIM)を捜査しているという。同庁は、Twitterのサービスも調べる考えだとBloombergは伝える。

 中東民主化の際はどちらかというと煽るほうだったのに・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 11, 2011

PCフリーライターが普段実践する、モバイルオフィス環境──「連絡手段の確保」編

PCフリーライターが普段実践する、モバイルオフィス環境──「連絡手段の確保」編 (2/2)
前のページへ 1|2       
【手段.2】スマートフォンを活用「WhatsApp」「Viber」

短文の文字列を送信できる「WhatsApp」。フリートライアルとして試せるが、基本的には1.99米ドル/年の有料ソフトだ。携帯電話番号をもとに管理するので、アドレス帳にあれば別途登録をする必要がないのもラク。スマートフォンを持つ相手に「WhatsAppをインストールしてね」と連絡すればよい モバイルオフィス環境を構築しようと計画するユーザーであれば、多くはスマートフォンもすでに活用しているだろう。スマートフォンや携帯電話は、常に携帯していると想定できるデバイスなので、当然ながら連絡するための手段としてPCより優れる部分が多々ある。例えばTwitterやFacebook、mixiなどのサービスが著名だが、そのほかに上記で述べたIMサービスも利用でき、かつさらに新しいサービスも次々に立ち上がっている。

 その中で筆者が“連絡手段の確保”のために導入しているのは「WhatsApp」と「Viber」だ。それぞれiPhoneおよびAndroidスマートフォンに対応している。

 WhatsAppはスマートフォン向けのIMアプリケーションで、SMS(ショートメッセージサービス)のように相手と文字列をやりとりできる。もっとも、SMSはどのスマートフォンでも標準機能として備わっているが、こちらは原則として(同キャリア間は無料、海外送信時は別額など、通信事業者別に諸条件はあるが)1通3.15円前後の料金が発生する。この点、WhatsAppでのやりとりは3Gではデータ通信料金の範囲に含まれ、自宅や公衆無線LANスポットなどの通信環境でも使えるので、1通*円といった料金をほぼ気にせず利用できる。

 また、相手の送信アドレスは電話番号で管理される仕組みであり、スマートフォンのアドレス帳に登録している人がWhatsAppを導入すれば、自動的にWhatsAppでコンタクトがとれるようになる。短文の文字列以外に、通話やチャット、メールなども送受信でき、プッシュ通知にも対応するため「相手に用件を伝える」の目的をかなりスムーズに果たせるわけだ。IMソフトのように自分の情況を「At work(仕事中)」「Busy(今忙しい)」などと通知しておくこともできる。


IP電話が行える「Viber」(無料)。WhatsApp同様に携帯番号を元に管理するのでこちらもとくに相手に通知をする必要がない もう1つの「Viber」は、通話を主とするIP電話アプリケーションだ。Viberも前述したWhatsApp同様にスマートフォンの電話番号をもとに管理する仕組みなので、アドレス帳の登録と相手が同じアプリケーションをインストールする条件のみで利用できる。

 Viberユーザー同士の通話料は無料だ(それぞれデータ通信料金は発生するが)。こちらは、特に海外ユーザーとのコミュニケーションに重宝する。IP電話が行えるサービスには「Skype」も知られ、PC用ソフトウェアも存在するが、こちらはSkypeのIDを教え合う必要がある。手軽さの面で筆者はViberを選択することにした次第だ。

 Viberそのものの料金も2011年8月現在、無料だ。通話のほかに短文の文字列送信も可能で、基本機能はWhatsAppとかぶってはいる。ともあれ、相手がどんなサービスを利用していても対応可能な状態にするという理由で両方することにしている。

 ITリテラシーを高めないとなかなかこの辺りの代替案を実行に移すのは難しい気もする。

| | Comments (104) | TrackBack (0)

Aug 10, 2011

パナソニック、サムスン、ソニー、XPAND 3Dの4社が3Dアクティブメガネの標準化に合意

パナソニック、サムスン、ソニー、XPAND 3Dの4社が3Dアクティブメガネの標準化に合意

パナソニック、サムスン電子、ソニー、X6D Limited(XPAND 3D)は、3Dアクティブメガネに関する技術の標準化で提携することに合意した。
 パナソニック、サムスン電子、ソニー、X6D Limited(XPAND 3D)は8月9日、「フルHD 3Dグラス・イニシアチブ」として、民生用アクティブシャッター方式の3Dメガネに関する技術の標準化で提携することに合意したことを明らかにした。

 3Dディスプレイと3Dアクティブメガネとの間の通信方式には、Bluetoothベースの無線(RF)システムを利用するものと赤外線(IR)システムを利用するものがあるが、今回の合意はその両方式に関連するもの。今後4社は、RFシステムを利用した3Dアクティブメガネ技術のライセンス開始に向けて開発に取り組む。また、IRシステムを利用した3Dアクティブメガネ技術では、パナソニックとXPAND 3Dが共同開発したプロトコルと、サムスンおよびソニー各々が開発したプロトコルをライセンス提供する。

「フルHD 3Dグラス・イニシアチブ」ライセンスは、2011年9月を目処に開始予定としている。また、IRまたはRFの新プロトコル採用のユニバーサルグラスは、2011年に販売されたアクティブメガネ方式の3Dテレビとの互換性を持たせ、2012年に市場に導入予定となっている。

 3Dにそこまでの付加価値があるようにも思えないし魅力的とも思えないが、メーカーはなぜそこまで熱心なのか??

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 09, 2011

iPhoneでノートを電子化、タグ付けも簡単――コクヨ「ネットステーショナリー」第1弾

iPhoneでノートを電子化、タグ付けも簡単――コクヨ「ネットステーショナリー」第1弾

コクヨS&Tは、iPhoneの内蔵カメラで手書きノートの内容を撮影し、そのままデータ化できるノート「CamiApp(キャミアップ)」シリーズを9月7日に発売。ノートの各ページに設けた「アクションマーカー」を塗りつぶすことで簡単にタグ付けもできる。

[鷹木創,Business Media 誠]

 コクヨS&Tは、iPhoneの内蔵カメラで手書きノートの内容を撮影し、そのままデータ化できるノート「CamiApp(キャミアップ)」シリーズを9月7日に発売する。価格は210円~。App Storeで配信する同名の無料アプリが必要。

 今回発売する「CamiApp」シリーズは、ノートの各ページの端に、3つの枠「アクションマーカー」を設けた。このアクションマーカーの塗りつぶしたパターン(計7種)ごとにタグを設定できるようになっている。例えば、塗りつぶしたのが3枠中の左枠だけの場合は「ToDo」、左枠と真ん中枠の場合は「作業済みToDo」――といった具合だ。

 ノートの内容を撮影、保存する専用アプリは、アクションマーカー部分を読み取るとともに、ノートページ全体の傾きや台形補正を行いJPG画像として保存。このデータは、ペンや消しゴムなどの編集機能で不要な部分を塗りつぶしたり、注記を入れたりできる。そのままメールで送信したり、EvernoteやDropboxといったクラウドサービスにアップロードも可能だ。なお、発売当初の専用アプリ対応機種は、iPhone 3GS/4。順次、Android(9月公開予定)対応の専用アプリ配信も予定しているという。

 ノートのバリエーションは、ツインリングノートが4種類(中横罫のB5/A5/A6、5ミリ方眼罫のA6)、ツインリングメモ1種類(5ミリ方眼罫のA7)、無線とじのノートブック3種類(中横罫のB5/A5/A6)の計8種類を用意しました。中紙はミシン目のあるカットオフタイプで、表紙色は1色(黒色)のみ。ツインリングノート/ツインリングメモは、中紙のリング側に印刷した幅6.7ミリの黒縁部1辺と、表紙の黒縁部(約5ミリ)3辺とで、中紙四方を囲む「スキャンフレーム」で、専用アプリが読み取る対象を認識。ノートブックタイプは、ノートの四隅に印刷したスキャンマークで認識する。

 コクヨでは、CamiAppシリーズをアナログ文具の手軽さと、デジタル技術や各種クラウドサービスの拡張性や柔軟性を融合した「ネットステーショナリー」コンセプトの第1弾商品と位置付けている。CamiApp同様の製品はすでに他社メーカーからも登場しているが、コクヨでは「アウトプットの質を高めるワークスタイル支援」の実現を目指すという。

 今後この手のアナログとデジタルをつなぐような機器は増加するだろう。ただ、実際に手書きでそこまで凝ったことを書いている人は少ないだろうが・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 08, 2011

実物大ガンダム、お台場に帰還

実物大ガンダム、お台場に帰還

あの実物大ガンダムが東京・お台場に帰ってくる。
 お台場ガンダムプロジェクト実行委員会は8月4日、「お台場ガンダムプロジェクト2011」を9日間限定で開催すると発表した。

 今回は立像ではなく、パーツごとの展示。従来は遠巻きでしか見られなかった実物大ガンダムの細部まで見られるほか、右手のパーツに乗ることも可能だ。会場には飲食コーナーや縁日ゾーン、子ども向けのアトラクションなども用意する。

会場のイメージ。右手のパーツに乗ることもできる(C)創通・サンライズ

 展示期間は、8月13日(土)から8月21日(日)までの9日間で、開場時間は10時~18時(最終入場は17時30分)。500円の入場料が必要になるが、収益の一部は東日本大震災の復興支援義援金として寄付される(未就学児童は無料)。

 会場は、お台場・シンボルプロムナード公園セントラル広場。最寄り駅は、りんかい線「東京テレポート」(徒歩8分)、ゆりかもめ「台場」(徒歩5分)、「船の科学館」(徒歩10分)。駐車場は用意されていない。

 実物大ガンダムは、アニメ「機動戦士ガンダム」の放映30周年を記念して製作された全高18メートルのガンダム像。2009年の夏にお台場・潮風公園で展示され、約415万人が訪れた。また2010年にはガンプラ生誕30周年を記念して東静岡駅前に登場している。

 このガンダムの所有者はバンダイか??これだけ使い回しがきくのであればイベント用に量産してもよさそうだが・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

Aug 07, 2011

「Xi」が20万契約を突破 スマートフォン・高速データ通信が好調で各社純増――2011年7月契約数

「Xi」が20万契約を突破 スマートフォン・高速データ通信が好調で各社純増――2011年7月契約数

2011年7月末時点での携帯電話・PHS契約数をTCA(電気通信事業者協会)が発表した。i Phone 4が好調のソフトバンクモバイルが15カ月連続の純増トップ。ほかの携帯キャリアも、スマートフォンや高速データ通信が好調で純増数を伸ばしている
グループ名 2011年7月純増数 累計
NTTドコモ 19万5500
 2in1:-8600 5861万300
 2in1:36万2700
KDDI 10万8100 33346万200
ソフトバンクモバイル 24万5000
 DN:-1000 2638万3700
 DN:3万200
イー・アクセス 8万5000 342万6000
携帯総計 63万3500 1億2188万200

 電気通信事業者協会(TCA)は8月5日、2011年7月末時点での携帯電話・PHS契約数を発表した。7月の契約純増数は63万3500件。総契約数は1億2592万200件と、前月比では0.5%、前年同月比では6.7%の増加となった。

 7月度も純増トップは24万5000回線を獲得したソフトバンクモバイルで、同社の純増1位は2010年4月以降16カ月連続となった。前月に20万回線を割り込んだが、のりかえキャンペーン for iPhone 4の効果が続いている、7月8日に発売した“ULTRA WiFi”「007Z」の販売が好調がことなどから、純増20万ペースに戻している。

 NTTドコモは19万5500契約と、本年度(2012年3月期)に入ってから一番の純増数となった。店頭に並ぶAndroid端末のラインアップも増え、スマートフォンへのシフトも進んでいるようだ。また、LTEサービスの「Xi」が20万契約を突破し順調な伸びを見せた。同社広報部は「Xiの対応エリアはどんどん広がっている。またエリア増強に合わせて対応端末のラインアップ強化も計画しており、契約数の増加ペースはさらに上がるだろう」とコメントしている。

 KDDIは純増10万2200回線という結果になった。6月末に発売された「INFOBAR A01」に加え、7月14日には人気が高い「G'zOne IS11CA」も発売。5月に発表したスマートフォン夏モデルが出そろった格好だ。「7月のスマートフォン販売数は先月の約2倍」(KDDI広報)とのことで、ラインアップの増強によりスマートフォンを選ぶユーザーも増えているという。

 イー・アクセスは純増が8万5000契約と、先月から1万契約以上の上乗せとなった。8万契約を超えるのは、2011年1月以来のことだ。データ通信の中でも、下り最大42Mbpsの高速通信に対応するモデルが好調で、7月28日に発売した「Pocket WiFi(GP02)」は想定を上回る売れ行きのため、同社のオンライン販売も一時停止している。また、2台目3台目の音声端末を実質無料で契約できるキャンペーンの効果も出ているという。

純増は良いがそのうち定額制が崩れる気がしなくもない・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Aug 05, 2011

OSはなにを選ぶ?Hybridはどうなる?──レノボ本社のタブレットデバイス責任者に聞く

OSはなにを選ぶ?Hybridはどうなる?──レノボ本社のタブレットデバイス責任者に聞く (1/2)

じつをいうと、レノボは“MID”のころからタブレットデバイスを積極的に取り組んでいる。IdeaPad Tabletシリーズで本格始動した同社の戦略をトップに聞いた。
デバイスからサービスまで手広くやりますMIDH
IdeaPad Tablet K1を掲げる、MIDH事業部タブレット事業担当ジェネラルマネージャーのシャオ・タオ氏 レノボは、2011年の夏にタブレットデバイスを全世界に向けて投入した。これまでも、「LePad」といわれる製品を中国市場に限って投入してきたが、ThinkPad TabletとIdeaPad Tablet K1の登場で、レノボのタブレットデバイス事業は本格的に始動したことになる。

 レノボは、タブレットデバイスをはじめとするモバイルインターネットデバイスなどを管轄する部署として、2011年4月にMIDH事業部を設立した。この事業部では、タブレットデバイスを含めたモバイル製品や、スマートテレビなどの家庭で使うエンターテイメントデバイス、そして、これらのデバイスで利用できる家庭向けのサービス提供にいたる広い分野をカバーする。

 MIDH事業部でタブレットデバイスを担当するジェネラルマネージャーが、シャオ・タオ氏だ。そのタオ氏に、MIDH事業部の役割と組織、そして、レノボが考えているこれからのタブレットデバイスについて聞いた。

──2011年春のタイミングでMIDH事業部を新規に立ち上げた理由は。

タオ氏 MIDH事業部の設立は2011年の春だが、それに向けた動きは2009年にレノボが売却していたモバイル事業部を買い戻すところから始まっている。このときから、PC事業グループと並行して、パーソナルモバイルインターネットに力を入れている。その後、2010年に中国でLePhone(スマートフォン)、LePad(タブレットデバイス)を出荷した。

 今回、MIDH事業部としてコンシューマー向けのタブレットデバイス「IdeaPad Tablet」シリーズを全世界で出荷することになった。しかし、モバイルインターネット事業としての活動は、その前から進めていたのだ。

──MIDH事業部に所属する部隊と規模、そして、本部拠点は。

タオ氏 MIDH事業部の本部は北京にある。所属するビジネスユニットには、モバイルフォン(従来タイプの携帯電話)、スマートフォン、(タオ氏が管轄する)タブレットデバイス、そして、スマートテレビがある。人員は、現在も増員中であるため、具体的な数を上げることはできない。

 従来タイプの携帯電話を扱うモバイルフォンと、スマートフォンのグループは別にしている。スマートフォンは急激な成長を示しているが、絶対数という市場規模でいうと、モバイルフォンがはるかに大きい。スマートフォンの市場に対しては攻めの姿勢で、モバイルフォンの市場に対しては守りの姿勢でいく。

なんのかんの言ってもレノボはエイサーあたりの台湾ブランドよりも価値があるように思えるのはやはり元IBM[というイメージが大きいように思える。今後、資金力にモノを言わせての欧米ブランドの買収は増えるのではないか??

| | Comments (0) | TrackBack (2)

Aug 04, 2011

シャープのAndroid 3.2搭載“瞬速手のひらタブレット”はイー・モバイルから登場

シャープのAndroid 3.2搭載“瞬速手のひらタブレット”はイー・モバイルから登場

シャープのGALAPAGOSブランドから、5.5型、10.8型に続く7型のタブレットが発表された。Android 3.2を搭載した同製品は、イー・モバイルから8月下旬に発売予定だ。
[西尾泰三,ITmedia]
 イー・アクセスは8月3日、Android 3.2を搭載したタブレット端末「GALAPAGOS(A01SH)」(シャープ製)を8月下旬から販売すると発表した。イー・アクセスから製品単体での発売も予定されているが、基本的にはPocketWiFi(GP01/GP02)やPocketWiFi S II(S41HW)などイー・アクセスのWi-Fiルーター製品との組み合わせによる訴求を図る。


ゲームやビジネス用途など、幅広く利用できるメリットを実演を交えながら説明した阿部氏。イー・モバイルのイメージキャラクターに起用されているAKB48の板野友美さんもビデオ出演ながら、女性でも使いやすいGALAPAGOS(A01SH)をアピールした この日、都内で開催された記者発表会の壇上で、イー・アクセスの阿部基成執行役員副社長は、「日本では、スマートフォンとは異なるニーズで、7型タブレットへのニーズが確かに存在する」とし、今回の発表はシャープとの間でタイミングとWi-Fiモデルを出すというコンセプトがうまくはまった結果だと話した。

 事前のうわさどおり7型のAndroidタブレットとして登場したGALAPAGOS(A01SH)。Androidの最新バージョンとなる3.2をいち早く搭載しているのが特徴の1つで、国内市場でAndroid 3.2搭載タブレットが登場するのはこれが初めてとなる。

 同じ7型タブレットの先輩といえる「GALAXY Tab SC-01C」とのスペック比較は以下の通りだ。同じ7型タブレットではあるが、GALAPAGOS(A01SH)ではAnddoid 3.2を果敢に搭載してきた点にシャープ技術陣のプライドをみて取れる。なお、次バージョンへのアップデートサポートについては現時点での明言を避けている。

タブレット GALAPAGOS(A01SH) GALAXY Tab SC-01C
メーカー シャープ サムスン電子
国内発売時期 2011年8月(予定) 2010年11月
発売時価格 不明 6万円台(一括契約の場合。プランにより異なる)
専用/汎用 汎用 汎用
OS Android
OSバージョン Android 3.2 Android 2.3
サイズ(※最厚部) 195(幅)×122(奥行き)×11.9(厚さ) 190×120×12.2ミリ
重量 約389グラム 約382グラム
解像度 600×1024ドット
画面サイズ 7型
CPU NVIDIA Tegra 2 1GHz Cortex A8 1GHz
メモリ 1Gバイト 512Mバイト
内蔵ストレージ 8Gバイト 16Gバイト
通信方式 IEEE802.11b/g/n 3G、IEEE802.11b/g/n
Bluetooth Ver2.1+EDR Ver3.0
メモリカードスロット microSD/microSDHC
バッテリー持続時間(メーカー公称値) 6時間(動画再生時) 非公開(バッテリー:4000mAh)

GALAPAGOS(A01SH)とGALAXY Tab SC-01Cの簡易スペック比較
 比較表を見て分かるように、CPUやメモリにAndroid 3.x搭載タブレットで標準的な構成を採用したGALAPAGOS(A01SH)だが、サイズや重さなどは1年近く前に登場したGALAXY Tab SC-01Cと似通っている。細かなところでは、Bluetoothや内蔵ストレージが後発にも関わらずGALAXY Tabに劣っていることなどが目を引く。内蔵ストレージの容量不足はmicroSDなどの外部ストレージの活用で解消できると考えているようだが、SDに書き込めるのは、プリインストールされている「ファイルブラウザ」「GALAPAGOS App for Tablet」からのみ可能で、それ以外のアプリからは読み込みしかできないのでやや注意が必要だ。


電子書籍ストア「TSUTAYA GALAPAGOS」は「GALAPAGOS Apps for Tablet」がウィジェットとしてホーム画面に配置されており、この端末でも電子書籍を閲覧できる。ただし縦持ちに固定される GALAXY Tab SC-01Cとの明かな違いは3Gを搭載していない点。シャープ側では3Gモデルのリリースについて否定も肯定もしなかったが、イー・モバイルは「タブレット専用という回線ニーズは出にくいと考えている」と、ユーザーは複数の回線契約を望んでいないとし、あくまで同社のWi-Fiルーターとの組み合わせで訴求してきたいとした。販売ターゲットは30代から40代のビジネスマンで、それと同じくらい女性のユーザー層も開拓したいと阿部氏は話す。また、家でのファミリーユースにも期待を寄せているという。

 シャープは、7月には電子書籍専用端末として売り出していたGALAPAGOS2モデルに対し、Android 2.3へのアップデータを提供すると発表、汎用のAndroidタブレット端末へと舵を切り直している。新たに投入するこの7型タブレットについては、「オンも、オフも、これ一台。瞬速手のひらタブレット」とコンセプトを紹介している。ビジネスユースも想定したOffice互換アプリ「Documents To Go(完全版)」のプリインストールなどは上記コンセプトで言う“オン”の部分だ。

 価格については明言を避けたが、「十分競争力のある価格で」と阿部氏はコメントし、製品単体でも購入できるようにする予定であるとした。Androidタブレットの低価格化は進みつつあるが、思い切った価格を打ち出せるのであれば、シャープは7型タブレットで悪くないスタートダッシュを切ることができるのかもしれない。

 7型タブレットのWIFI対応というところは悪くないのであるが、スペック的には微妙。日進月歩の世界でこれはどうなんだ??

| | Comments (0) | TrackBack (5)

Aug 03, 2011

ビジネス、コンシューマーに特化したAndroidタブレットをアピール

ビジネス、コンシューマーに特化したAndroidタブレットをアピール (1/2)

レノボ・ジャパンは、8月2日に同社が発表したタブレットデバイス「ThinkPad Tablet」と「IdeaPad Tablet K1」の製品説明会を行った。
日本のユーザーに特化したタブレットも検討中
 この説明会には、レノボ本社が2011年1月に設立した新しい事業部「Mobile Internet & Digital Home」(MIDH)のタブレット事業担当ジェネラルマネージャーのシャオ・タオ氏が、レノボのモバイル事業について現状とこれから展開を説明した。

 タオ氏は、スマートフォン、タブレットデバイス、スマートTVとSTBの組み合わせの売り上げが、これから2015年にかけて全世界で14%の成長が期待でき、レノボもその市場に注力するために新規事業を立ち上げたとした。その活動は、2009年11月にレノボが以前売却していたモバイル事業を買い戻すことから始まり、2010年5月の中国におけるスマートフォン「LePhone」の発売、2011年1月のMIDH事業部の設立、2011年3月の中国におけるタブレットデバイス「LePad」の出荷、そして、今回の全世界市場における「IdeaPad Tablet K1」「ThinkPad Tablet」の発表と事業を進めている。

 タオ氏は、レノボがモバイル事業に進出するにあたって、同社が培ってきた高いユーザー・エクスペリエンスと最先端の技術が同社の強みであると述べたほか、レノボの製品は、アプリケーションの選択に苦労するユーザーをサポートし、また、多くのポータルサイトやSNSの利用が簡単にできるアプリケーションを用意することで、競合する製品の中での差別化ができていると主張した。「日本のユーザーにも特化したアプリケーションを用意することも検討している」(タオ氏)

レノボはスマートフォン、タブレットデバイス、スマートTVの売り上げが今後5年間で14%成長すると予測する(写真=左)。その成長が期待される市場に進出するため、2009年から準備を進めてきた(写真=中央)。オリジナルのユーザーインタフェースを導入するなど、差別化が難しいAndroidタブレットデバイスでレノボの独自性を実現する(写真=右)

レノボ独自のチューニングで性能も向上
 レノボ・ジャパン コンシューマー事業担当常務執行役員の大岩憲三氏は、当社のコンシューマー市場におけるタブレットデバイスの戦略を説明した。大岩氏は、日本市場におけるタブレットデバイスOSのシェア推移予測を示しながら、2010年に17.9%に過ぎなかったAndroid搭載デバイスが、2011年には45.4%に伸び、2013年になるとiOSを抑えて50%を超えるという見方を示した。

 このように、成長が期待されるAndroidタブレットデバイスに投入するIdeaPad Tablet K1について、大岩氏は、「差別化できないといわれるAndroidタブレットデバイスにおいて、IdeaPad Tablet K1は、チューニングを進めることでパフォーマンスの最適化を行い、各種ベンチマークテストで高い結果を示している」とアピールする。

 また、ユーザーインタフェースでも、レノボが独自に考案した「4 in 1 Optical Finger Navigationボタン」(4 in 1 OFN ボタン)を実装して、このボタン1つでメニュー:アップ、ダウン:戻る、Home、スクリーンキャプチャーを実行できる。また、Androidのホーム画面では、4つのマスを並べたアプリケーションラウンチャーを用意し、使う回数の多いアプリケーションを4つの分野に整理して、使いたいアプリケーションをすぐに起動できるようなユーザーインタフェースを実現した。この4マスをタップすると、事前に設定したアプリケーションが起動するだけでなく、ユーザーがアプリケーションを割り当てることも可能だ。

本家thinkpad並にかっちりした作りなら魅力もあるが・・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Aug 01, 2011

対ソーシャルエンジニアリング攻撃機能、IE 9が競合ブラウザに圧勝

対ソーシャルエンジニアリング攻撃機能、IE 9が競合ブラウザに圧勝

IE、Chrome、Firefox、Safari、Operaのセキュリティ機能を第三者機関NSS Labsが徹底検証。その結果、意外にも(?)IE 9が大差をつけて圧勝。なぜこれほど差がついたのだろうか? [ 独立系のセキュリティ調査企業、米NSS Labsによると、米MicrosoftのInternet Explorer(IE) 9はソーシャルエンジニアリング攻撃を防ぐセキュリティ機能において、競合する米GoogleのGoogle Chrome、MozillaのFirefox、米AppleのSafariのいずれのWebブラウザに比べても群を抜いているという。

ソーシャルエンジニアリング攻撃関連記事ネットワークのセキュリティを簡単に破る攻撃手法の実際
Googleがマルウェア対策の取り組みを披露 いたちごっこの現実も
Twitter利用ポリシーの作成でSNSの脅威に対抗せよ


 NSS Labsは、欧州のユーザーを標的とした一連のマルウェアURLをどの程度遮断できるかについて、主要Webブラウザを比較検証した。その結果、IE 8の遮断率は90%に達し、最新版であるIE 9はアプリケーションフィルタ機能を有効にした場合で遮断率100%を達成した。

参考ホワイトペーパー以下のホワイトペーパーでは、本文にて調査を担当したNSS Labsが10社のセキュリティ製品をテスト。ソーシャルエンジニアリングを悪用した不正プログラムに対する防御機能や所要時間を検証している。

第三者機関が徹底比較 最新の不正プログラムに本当に強いソフトはどれだ


 「ソーシャルエンジニアリング型のマルウェアに対する防御はIE 9が突出して最高だった。Microsoftの新しいアプリケーションレピュテーション技術はどれだけ強調しても言い足りない」。NSS LabsはWebブラウザセキュリティ報告書でこう述べている。

老舗の強みか??ブラウザの競争でIEがダントツというのは非常に珍しい気が・・・。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« July 2011 | Main | September 2011 »