« November 2010 | Main | January 2011 »

Dec 29, 2010

ソーシャルゲームも提供――配信型コンテンツに注力するパナソニック モバイル

ソーシャルゲームも提供――配信型コンテンツに注力するパナソニック モバイル

無料コンテンツを手軽に入手できる場としておなじみだったケータイのメーカー公式サイトだが、パナソニック モバイルでは無料コンテンツに加えて有料コンテンツの配信にも乗り出している。ドコモマーケットへの配信やソーシャルアプリへの取り組みも今後は強めていくという。
パナソニック モバイルコミュニケーションズ、商品企画グループ ネットサービス企画チーム主事の相澤淳氏 フィーチャーフォンの世界において、きせかえコンテンツなどを気軽にダウンロードできる場としておなじみの“メーカー公式サイト”に、新たな動きが出始めている。これまでメーカー公式サイトのコンテンツは無料が基本だったが、パナソニック モバイルコミュニケーションズは5月から有料コンテンツの配信にも乗り出し、ラインアップを拡大させている。

 iモード登場初期から、待受画面ダウンロードやメニューカスタマイズに対応した端末を世に送り出し、近年ではWオープンスタイル端末向けに“ガンダム”や“レイトン教授”といったビッグタイトルをプリインストールするなど、同社は継続的にコンテンツ事業に力を注いできた。その上で今後、より一層力を注いでいくのが「配信」によるコンテンツ提供だと、同社商品企画グループ ネットサービス企画チーム主事の相澤淳氏は話す。

 「コンテンツ提供には内蔵と配信という2つのジャンルがありますが、今後は配信を伸ばしていきたいと考えています。ニーズの多様化に合わせ、コンテンツを選んでいただける環境を整えていきたい。まずはメーカーサイトから新たな取り組みを始めます。これまでは基本的に無料コンテンツを提供してきましたが、プラスアルファとして有料コンテンツも充実させていきます」

 iモード公式メーカーサイト「P-SQUARE」では、5月に有料コンテンツ配信コーナー「P-SQUARE MARKET」を開設し、Wオープンスタイルで快適に楽しめる「電車でGO!山手線ワイド版」や、タッチパネル端末向けにiPhoneアプリでもおなじみの「つみネコ」といった各種アプリを提供している。12月には人気キャラクターのきせかえツールも配信開始し、ハローキティや宇宙戦艦ヤマトのコンテンツが用意されている。また、「風来のシレンforP 月影村の怪物」も新たに追加され、ラインアップが徐々に広がりつつある。


「電車でGO!山手線ワイド版」と「つみネコ」 きせかえコンテンツと、「風来のシレンforP 月影村の怪物」 公式サイトでのコンテンツ提供はあくまでも「端末の満足度向上」のための施策であると相澤氏は言う。端末の特徴に最適化したコンテンツを提供したり、歩数計などの端末機能と連動したコンテンツを提供したりすることで、端末の付加価値を高めていくという。

 その一方で、P端末以外へのコンテンツ配信にも着手する。ドコモマーケット(iモード)でのコンテンツ提供だ。同社が独自に用意したコンテンツや、P-SQUARE MARKETで提供する各種アプリを、あまたあるCP(コンテンツプロバイダー)の1社として配信するという。

ソーシャルアプリの提供も
「マジックアバターバトル(仮)」のキービジュアル また、新たなコンテンツへの取り組みとして、ソーシャルアプリの提供も行う。第1弾は「マジックアバターバトル(仮)」。カードを集めるというコレクション要素やソーシャル要素、さらには対戦要素もあるゲームになっているようだ。Webアプリとして他社端末のユーザーも参加できるという。

 基本的には無料で楽しめるが、多くのソーシャルゲームと同じく、アイテム課金を取り入れる考え。企画開発にはソーシャルメディアコンサルティングを行うループス・コミュニケーションズが参加している。メーカーサイトなどでアプリを告知し、同ゲームの認知拡大を進めていくという。

--------------------------------------------------------------------------------

 スマートフォンの登場により、「オープンな場でコンテンツを買う環境が出てきた」と語る相澤氏。その中で、無料コンテンツや内蔵アプリの提供にとどまらず、メーカーならではのコンテンツ配信の場を強化していくことは、将来的に同社が投入するAndroid端末の付加価値向上にも生かしていけるはずだ。ただ、モバイルコンテンツの流行りすたりは激しく、端末の付加価値として訴求するにはコンテンツの頻繁な更新が必要だろう。メーカーがコンテンツ事業を拡大する上では、こうしたユーザーの消費スピードに応える規模のマーケットを用意できるかが重要だ。

ソフトウェアも込みで売るということであろうが、なにか違う気が・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 26, 2010

仕事に便利な「ビジネスホームスクリーン」「仕事アプリナビ」を配信

仕事に便利な「ビジネスホームスクリーン」「仕事アプリナビ」を配信

ソフトバンクモバイルが12月24日、同社のAndroidスマートフォンをビジネスで活用するユーザーを対象に、専用アプリケーション「ビジネスホームスクリーン」と「仕事アプリナビ」をリリースした。どちらも無料で利用できる。
 ソフトバンクモバイルが12月24日、同社のAndroidスマートフォンをビジネス用途で利用するユーザー向けに、専用アプリケーション「ビジネスホームスクリーン」と「仕事アプリナビ」の提供を開始した。

 ビジネスホームスクリーンは、Androidスマートフォンの待受画面をビジネス向けにカスタマイズしやすくするホームスクリーンアプリ。メールやスケジュール、セキュリティサービスなど、ソフトバンクモバイルお勧めのビジネス向けのアプリケーションやウィジェットのみをホームスクリーンに設定できる。

 仕事アプリナビは、ビジネスパーソンに役立つアプリやスマートフォン関連ニュースを紹介するアプリ。ビジネスに役立つ新しいアプリケーションを週に2~3本紹介する「アプリ」やスマートフォン関連ニュースがチェックできる「ニュース」、スマートフォンに関する特集記事が読める「特集」、それぞれのコーナーで紹介した過去の記事などが参照できる「カテゴリ」などのコーナーを用意する。

ビジネスホームスクリーンと仕事アプリナビの画面イメージ

 対応機種は、ビジネスホームスクリーンがHTC Desire X06HT、HTC Desire X06HT II、HTC Desire HD 001HT、GALAPAGOS 003SH、Libero 003Z、DELL Streak 001DL、仕事アプリナビはHTC Desire X06HT、HTC Desire X06HT II、HTC Desire HD 001HT、GALAPAGOS 003SH、Libero 003Z。いずれも料金は無料で、Androidマーケットからダウンロードできる。

便利と言えば便利であるが・・・・。やはりこの手のものはANDROIDのほうが作り込みしやすいのだろうか??

| | Comments (0) | TrackBack (0)

東芝、Cell生産設備をソニーに譲渡 正式発表

東芝、Cell生産設備をソニーに譲渡 正式発表

東芝とソニーは12月24日、東芝が保有するCellプロセッサの製造設備をソニーに譲渡することで基本合意したと正式発表した。同設備は08年、東芝がソニーから買収しており、ソニーが買い戻すことになる。
2010年12月24日 17時30分 更新
 東芝とソニーは12月24日、東芝が保有するCellプロセッサの製造設備をソニーに譲渡することで基本合意したと正式発表した。同設備は08年、東芝がソニーから買収しており、ソニーが買い戻すことになる。

 Cellや、GPU「RSX」、最先端SoCを生産している長崎県の半導体製造設備を、東芝からソニーに譲渡することで基本合意した。ソニーは、譲渡を受けた設備の一部をCMOSセンサーの生産に転用。スマートフォンなど向けのCMOS生産を強化する。

 2010年度早期に正式契約し、2011年度初頭の譲渡を目指す。

 同設備は、東芝とソニー、ソニー・コンピュータエンタテインメントの合弁会社・長崎セミコンダクターマニュファクチャリングが操業している。譲渡に伴い、3社の合弁関係は解消する。

 東芝は同日、システムLSI事業の再編も発表。ロジックLSIの最先端製品について、複数の外部ファウンダリへの生産委託を拡大するなど、事業の選択と集中を加速。生産効率を高める。

SONYがいまさら半導体の製造設備を買い戻すとはどんな狙いか??少々びっくり・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 25, 2010

Windows 7タブレットの成功に必要なものは?

Windows 7タブレットの成功に必要なものは?

MicrosoftはWindows 7タブレットで攻勢をかける構えだが、iPadやAndroidタブレットなど手ごわいライバルからシェアを奪うには、アプリやタッチ最適化などの要素が必要だ。
2010年12月24日 14時21分 更新
 Microsoftは1月のConsumer Electronics Show(CES)で、新しいWindows 7タブレットを披露する計画だと、New York Timesが匿名の情報筋の話として伝えている。

 これらの情報筋によると、同イベントで登場するSamsungのWindowsタブレットは「AppleのiPadと似た大きさと形」だが、「iPadほど薄くはない」という。また、このデバイスは「洗練された」スライド式キーボードを搭載し、横向きモードではWindows 7を、「キーボードをしまうとレイヤー型インタフェースを表示する」。New York Timesの記事では、Dellなどのメーカーもタブレットを製造することが示唆されている。

 Microsoftの目的は、もちろん、AppleのiPadと増えゆくAndroidタブレットからマインドシェアと市場シェアを奪うことだ。同社のスティーブ・バルマーCEOは、CESの基調講演でこれらタブレットを披露するようだ。要するに、今年のCESでHewlett-Packard(HP)や小規模メーカーのタブレットを発表したのと同じことをやるわけだ。

 HPはその後Palmを買収した。それを受けて、同社がWindowsに代えてPalm webOSをタブレットに採用するのではないかとの憶測が流れた。HPは2011年に消費者向けタブレットにwebOSを搭載すると報じられているが、企業向けにはWindows 7タブレット「Slate 500」を提供している。同製品は、839インチタッチスクリーン、前面と背面にテレビ電話のできるカメラ、1.86GHzのIntel Atom Z540プロセッサを搭載する。

 しかし、テクノロジーブログEngadgetは、Slate 500の生産量に疑問を呈し、「HP内部の信頼できる情報提供者」が、HPは同製品を5000台の限定生産にする計画だと話していると伝えた。このデバイスはHPのサイトですぐに売り切れになった。

 しかし、Microsoftがタブレット市場で、特に手ごわいライバルから大きなシェアを取りたいと思っているのなら、以下の要素を検討するかもしれない。

IntelのOak Trail
 Windows 7がリリースに向かっていたとき、Microsoft幹部はプレブリーフィングで、同OSはNetbookやローエンドノートPCで十分実行できると主張していた。それは確かに本当だった。Windows 7は、Windows Vistaが求めるパワーを出したら溶けてしまうようなプロセッサを搭載したデバイスにも載った。

 だが、タブレットはまた話が違う。タブレットではバッテリー駆動時間の長さと起動の速さが求められる。AppleのiOSとGoogleのAndroidはもともとスマートフォン向けに作られたもので、この2つの条件を両方満たせることを示してきた。Windows 7にはそれができるだろうか?

 MicrosoftがNetbookで成功したことは、Windows 7が省電力フォームファクターで動作できることを示唆している。しかし同OSをタブレットに載せるには、まったく違うタイプのプロセッサが必要かもしれない。バルマー氏は以前の講演で、2011年登場予定のIntelのOak Trail、プロセッサが、次世代Windowsタブレットに搭載されると示唆していた。

 「Oak Trailは電力消費を抑えるよう設計されている」と同氏は夏のアナリスト向け説明会で語っていた。「電力消費が少ないことのメリットは多い。バッテリー駆動時間は長くなり、ファンが不要になり、騒音も減り、軽くなる――ユーザーにいいことがたくさんある」

 Oak Trailが必要なだけの処理速度と電源管理機能を提供できてもできなくても、MicrosoftはWindows 7をスリム化し、「高速起動でき、さくさく動くすっきりしたUIを持ったデバイス」という消費者が思い描くタブレットの姿に合わせることも考えているかもしれない。だが、それにはMicrosoftが望んでいる以上にWindowsのエクスペリエンスの設計を変える必要がある可能性がある。それを目指すとして、WindowsをiOSやAndroidと同等のレベルにスリム化するには何を削ればいいだろうか(訳注:MicrosoftはARMアーキテクチャで動作するバージョンのWindowsに取り組んでいると報道されている)。

アプリ
 AndroidであれiOSであれ、アプリは依然としてモバイル機器の要だ。Microsoftが本格的にタブレット市場に向かうのなら、サードパーティー製アプリをどう提供するのが最善なのかを考える必要がある。今のWindowsに(全画面アプリもサポートするMac OS X次期版「Lion」と違って)アプリストアが欠けていることを考えると、Windows 7タブレットを市場に出す前にサポートと配信のインフラを一から構築する必要がある。それから、開発者にそのプラットフォーム向けにアプリを開発するよう奨励しなくてはならない。

 MicrosoftはWindows Phone 7アプリをWindowsに適切に移植する方法を見出せるだろうが、それは複雑に入り組んだ厄介な問題を提起することになる。Microsoftはタブレット向けアプリの戦いに飛び込むのではなく、そうした戦いを避けることもできる――しかしAndroid MarketやAppleのApp Storeの人気を考えると、それは高くつく間違いになるかもしれない。

もっとタッチに最適化
 Windows 7は既にタッチスクリーン搭載のノートPCに搭載されており、こうしたマシンはスライドするキーボードを備え、実質的に「ハイブリッド」タブレットとなっている。同OSは少数ながらタブレットPCでも採用されている。これらのマシンの共通点はなんだろうか? Windows 7の画面とアイコンは、こうしたデバイスでは非常に小さく見える。

 これは単なる美観の問題ではない。非常に小さいボタン、アイコン、ハイパーリンクを指でタップするのは難しい。Microsoft幹部は、今後登場するWindows 7タブレットの少なくとも一部は、何らかのスタイラスを備えると示唆していたが。今はスタイラスはあまり人気がない。それにはもっともな理由がある。ユーザーはモバイル機器を指で操作する方が好きなのだ。Microsoftがもっと幅広い消費者と企業にアピールするタブレットを望んでいるのなら、Windowsをもっと人間の手に最適化する方法を見出す必要がある。

Windows Phone 7を手本に
 MicrosoftはWindows Phone 7の設計にかなりのリソースを投じた。同OSはWebコンテンツとアプリをテーマごとの「ハブ」に統合している。同OSを採用したスマートフォンの発売当初の売り上げには議論があるが、批評家からの評価は比較的好意的だ。

 さらに言えば、Windows Phone 7はMicrosoftのXboxやZuneといった既存の資産の多くをシームレスなパッケージにまとめている。同社がWindows Phone 7のタブレットへの移植――そうすればアプリの問題も解決されるだろう――に乗り気でないなら、少なくとも同OSの要素を、Windows 7に最適化されたタブレットに「借りて」くることはできる。SharePointやXboxの機能を載せたタッチスクリーンデバイスは、消費者市場でも法人市場でも強力なプレイヤーになるだろう。

MSのタブレットが後発で市場に参入してもいろいろと受け入れられない要素のほうが大きいような・・・。あのモバイルでのユーザーインターフェースの粗悪さが解消されない限り厳しいような・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 23, 2010

プレステ携帯の製品名は「Xperia Play」?

プレステ携帯の製品名は「Xperia Play」?

Sony Ericssonが欧州でXperia Playの商標を登録しており、うわさのプレステ携帯の製品名に使われるのではないかと憶測されている。
2010年12月22日 15時00分 更新
プレステ携帯は「Xperia Play」?
 先ごろからうわさになっている「プレイステーション携帯」は「Xperia Play」という名称になるかもしれない。Sony Ericssonは欧州でXperia Playの商標とWebアドレスを登録したという。この製品は2月の展示会Mobile World Congressで発表され、4月に店頭に並ぶとも報じられている。

 これまでのうわさでは、プレステ携帯は「PSP go」のようなスライド式のデバイスで、1GHzのQUALCOMMプロセッサ、4インチディスプレイ、512MバイトRAMを搭載するとされている。ネットには流出写真や流出動画とされるものが出回り、話題になっている。Sony Ericssonのバート・ノードバーグCEOは先に、プレステ携帯のうわさについて「たくさん煙が出ている。どこかに火があるに違いない」と暗に開発を認める発言をしていた。

もはやこれはケータイか??どちらかというと通信機能を持つPSPとして売りだせばいいのではないか??

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 22, 2010

Windows Phone 7のアプリストア、好調なスタート――アナリストの見解

Windows Phone 7のアプリストア、好調なスタート――アナリストの見解

MicrosoftのWindows Phone 7向けアプリストアの登録アプリ本数は、GoogleのAndroid Market立ち上げ時よりもずっと早く4000本を突破した。
[Nicholas Kolakowski,eWEEK]2010年12月21日 13時10分 更新


 米Microsoftは「Windows Phone 7」の当初の販売データを公表したがらないようだが、この新しいスマートフォン用プラットフォームが市場で確固たる地位を確保する可能性は十分にあると考えているアナリストもいる。

 米IDCのアナリスト、アル・ヒルワ氏は12月19日付のリサーチノートに「Windows Phone 7のMarketplaceは開設後2カ月で登録アプリが4000本に達した。これは最近では類を見ない急速な立ち上がりであり、Androidよりも早くこのマイルストーンに到達した。Androidはほぼ同じレベルに到達するのに、2008年10月から2009年3月までかかった」と述べている。

 MicrosoftはWindows Phone 7リリースの数カ月前から、サードパーティーデベロッパーに同プラットフォーム向けのゲームやアプリを開発するよう熱心に促してきた。さらに同社は、最低限のハードウェア要件を満たす端末の開発に向けた契約を数社の端末メーカーと結んだ。「ほんの数カ月前まではモバイル市場の落伍者だった企業のプラットフォームを採用したスマートフォンが、今では30カ国で10機種もリリースされている。これはすごいことだ」とヒルワ氏は記している。「来年半ばに、Microsoftがモバイル分野で3番目に巨大なアプリマーケットを運営するようになっていたとしても驚かないだろう」

 Microsoftでは、Windows Phone 7が成功すれば、スマートフォン市場で数四半期にわたって続いたシェア低落傾向から脱するとともに、モバイル分野で米Googleと米Appleに後れを取ったという批判をかわせると考えているようだ。GoogleのAndroidおよびAppleのiPhoneは、個々のアプリケーションを格子状に配置した画面を採用しているが、Windows Phone 7のユーザーインタフェースはそれとは異なり、Webコンテンツおよびアプリケーションを「Games」や「Office」など6つのテーマ別の「ハブ」に集約している。

 MicrosoftはWindows Phone 7の当初の売り上げに関する具体的な数字を提供していないが、ニュースサイトのTheStreet.comの以前の報道によると、米AT&Tと米T-Mobileから同プラットフォームが米国でリリースされた初日の11月8日には約4万台が売れたという。この数字の出所は「携帯電話の販売に詳しい市場調査関係者」だとされている。

 台湾メディアのDigiTimesなどの国際ニュース配信社は、欧州の一部およびオーストラリアではWindows Phone 7の販売が好調だと伝えているが、英小売企業MobilesPleaseの報告によると、英国ではGoogle Android端末とSymbian端末がWindows Phone 7搭載スマートフォンの販売台数を大きく上回っているとしている。

 しかしXboxシリーズの場合と同様、Microsoftは利益を生み出す強力な製品ラインを最終的に実現するためであれば、何年にもわたって多額の赤字を出すこともいとわないかもしれない。「彼らはPCの世界で培った実に強力なアプリケーション開発ツールと強固な開発エコシステムを持っており、これらの資源を必死で活用しようとしている」とヒルワ氏はリサーチノートに記している。「誰もWindows Phone 7が市場を席巻すると予想していなかったが、最初のリリースの役割はMicrosoftをゲームに参加させることだった。はっきり言って、これは長期的な戦いであり、それはMicrosoftが長期的に影響力を拡大するのに重要なポイントなのだ」

windowsはモバイルでは大きく出遅れているわけだが、そもそもオフィスとの連携を十分にして法人市場を開拓していけば相当ニーズの掘り起こしはできそうであるが・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 21, 2010

ドコモ、GALAXY Tabを特価で販売する「HAPPY Tabキャンペーン」を実施

ドコモ、GALAXY Tabを特価で販売する「HAPPY Tabキャンペーン」を実施

ドコモは、GALAXY Tabの「デビュー割スマートフォン」「ご愛顧割スマートフォン」の割引額を増やす「HAPPY Tabキャンペーン」を12月22日から2011年1月31日まで実施する。
「GALAXY Tab」 NTTドコモは、Samsung電子のタブレット端末「GALAXY Tab」の端末価格をさらに割り引く「HAPPY Tabキャンペーン」を12月22日から2011年1月31日まで実施する。

 ドコモは現在も、端末購入サポートの割引額を含む「デビュー割スマートフォン」「ご愛顧割スマートフォン」によってGALAXY Tabの端末価格を割り引いているが、キャンペーン期間中は、この割引額がさらに増える。新規契約向けのデビュー割スマートフォンは、これまでの2万3352円から3万7128円に、機種変更向けのご愛顧割スマートフォンは、これまでの1万8984円から3万2760円に割引額が増える。

 GALAXY Tabの価格は、新規契約時(バリューコース、デビュー割スマートフォン適用時)が4万2840円、機種変更時(バリューコース、ご愛顧割スマートフォン適用時)が4万7208円だが(割り引き前の本体価格は6万6192円、都内量販店調べ)、今回のキャンペーン期間中は、新規契約時が2万9064円、機種変更時が3万3432円となる。

 さらに、キャンペーン期間中にGALAXY Tabを購入したユーザーには専用ケースをプレゼントする(在庫には限りがあり、一部店舗では実施しない場合がある)。また、キャンペーン期間中にspモードに契約をすると、契約日の当月+5カ月間、spモードの月額使用料315円が無料になる。

DOCOMOもこれだけ急にスマートフォンの商品ラインナップが充実すると売る側も混乱sるのでは??ガラケーでいいという人もまだまだいるだろうし・・・・。

| | Comments (647) | TrackBack (0)

Dec 20, 2010

ソフトバンク、「DELL Streak 001DL」の発売日を再延期

ソフトバンク、「DELL Streak 001DL」の発売日を再延期

12月17日に発売日が変更されていたソフトバンクの「DELL Streak 001DL」の発売が、再び延期された。
 ソフトバンクモバイルは12月17日、DELL製のAndroid端末「DELL Streak 001DL」の発売日を再延期したことを発表した。

 001DLの発売日はソフトウェアに不具合が確認されたため、12月7日から12月17日に変更され、17日に提供予定のソフトウェア更新を実行することで、不具合が改善される予定だった。しかしこのソフトウェア更新に関するシステムに問題が発生したため、再び発売が延期された。同社は発売日が決まり次第、あらためて案内するとしている。

期待しているユーザーも多いのでは??と思えるが、2度延期となると見切りつける人も続出しそう・・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 18, 2010

回 サイズ感はどう? 1台目として使えそう?――「GALAXY Tab」

第1回 サイズ感はどう? 1台目として使えそう?――「GALAXY Tab」

「GALAXY Tab」は、スマートフォンより一回り大きいタブレット端末ということで、「普段持って歩けるだろうか」「使いこなせるだろうか」と二の足を踏んでいる人もいるのではないだろうか。そこで今回は、サイズ感や付属品、1台目として使えるかなど、購入前の判断材料となる情報をまとめた。
ドコモのSamsung製Androidタブレット「GALAXY Tab」質問:サイズ感はどう? 持ち歩ける?
 「GALAXY Tab」の購入を検討するにあたってまず気になるのは、そのサイズ感だろう。GALAXY Tabはすでに店頭でデモ機を触ることが可能だが、店頭で手に取るのと実際に生活の中で使うのとではサイズ感が異なる。そこでまずGALAXY Tabのサイズを、身の回りのものと比較してみた。

折りたたみケータイの「P-09A」とサイズ比較(写真=左)。GALAXY TabはiPhoneとiPadの中間の大きさだ(写真=右) DVDのパッケージとほぼ同じ大きさ(写真=左)。A5の書籍よりは一回り小さい(写真=右) GALAXY Tabの大きさは「iPhone以上iPad未満」という感じだ。本のサイズでいうとA5サイズより一回り小さく、DVDのパッケージと同じくらいのサイズ感だ。タブレットというとiPadのイメージから「大きい」という先入観を持ちやすいが、身の回りのものと比較するとそれほど大きくないことが分かる。重さもサイズ相応なので(382グラム、ちなみにiPadは680~730グラム)、普段からある程度以上の大きさのカバンを持って歩いているなら、GALAXY Tabを持ち歩くことはそれほど苦にはならないだろう。

ビジネスバッグには余裕を持って収納できる(写真=左)。コートの内ポケットにも入ったが本当にギリギリ(写真=右)質問:付属品は? 一緒に買うものはある?
 GALAXY Tabの付属品は、専用のUSBケーブル、ACアダプター、ステレオヘッドフォン、1GバイトのmicroSD。基本的にはこれだけで十分使えるが、同梱のmicroSDの容量は1Gバイトなので、音楽や動画をたくさん保存したい人は別途入手しておこう。画面保護シートを貼るかどうかはユーザーの好み次第だが、画面は傷つきにくい特殊なガラス(Gorilla Glass)を採用しているので、基本的には必要ないだろう。ただし裏側はiPadのような金属ではなく、通常のプラスチック+塗装なので、持ち歩くためのケースを一緒に入手しておくといいだろう。

ACアダプターとUSBケーブルが付属する。端末側の接続端子は独自の形状だ 付属するヘッドフォンには通話用マイクを内蔵(写真=左)。耳の大きさに合わせて3種類のイヤーピースが付属している(写真=右) ガラス面は傷つきにくいが裏面は注意したい(写真=左)。持ち歩き用に筆者が購入したケース(写真=右、バッファロー製、1720円)質問:バッテリーはどのくらい持つ?
 GALAXY Tabには4000mAhのバッテリーが内蔵されている。スペック上の待受時間は1600時間(3G)/1160時間(GSM)であり、一般的なスマートフォンと比較するとバッテリーの持続時間は長い。筆者がGALAXY Tabを実環境で運用したところ、往復の通勤(JR乗車中の30分間)と日常(1日1~2時間程度)のシーンでは、満充電から電池切れまで3~4日間ほど持った。筆者が日常で使う限り、バッテリー容量不足の印象は受けなかった。なお、GALAXY Tabのバッテリーカバーは取り外せないので、バッテリーを交換することはできない。

質問:どんなプリインストールアプリがある?
 GALAXY Tabならではのアプリがどれだけあるかも購入前には気になるところ。Android標準アプリのほか、Samsungの独自アプリストア「Samsung Apps」、Officeファイルが読み書きできる「ThinkFree Office」「MAGASTORE」や「eBook Japan」といった電子書籍アプリなどがプリインストールされている。動作しているタスクの一覧表示、終了ができる「タスクマネージャ」が最初からインストールされているのは、地味ながらうれしいポイントだ。

Samsungの独自アプリストア「Samsung Apps」(写真=左端)。Officeファイルを編集できる「ThinkFree Office」(写真=左中)。「MAGASTORE」で電子書籍も楽しめる(写真=右中)。タスクマネージャが最初からインストールされている(写真=右端)質問:1台目の携帯電話として使える?
 GALAXY Tabを“携帯電話機”としてみた場合、内蔵マイクとスピーカーがあるので、ハンズフリーの状態で通話はできる。ただし端末を耳に当てて(ハンズフリーではない状態で)電話をすることはできないので、他の人に会話を聞かれたくない場合は、マイクが内蔵されている付属のヘッドフォンか、Bluetoothヘッドセットを使うことになる。携帯電話を「電話機」として使いたい人にとって、GALAXY Tabを1台目として運用するは少々無理があるだろう。

通話はハンズフリーか付属のイヤフォンで行う(写真=左)。サイズ的には電話らしく持てないこともないが、この状態でもハンズフリーが必須(写真=右) ただ、iPadと異なり電話機能自体は備えているため、「自分は電話はめったにしない」というユーザーが、ハンズフリーやヘッドフォンでの通話を駆使してGALAXY Tabを1台目にすることは不可能ではないことは書き添えておきたい。

ipadと比較するとだいぶ大きさはこなれている印象。一方これを電話として使うのはかなりシュールな印象。アプリの充実度による??

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 15, 2010

写真で解説する「Pocket WiFi S」

写真で解説する「Pocket WiFi S」 (1/2)

イー・モバイルのモバイルWi-Fiルーター「Pocket WiFi」の後継モデルとして登場する「Pocket WiFi S」は、テザリング機能を備えたAndroidスマートフォンだ。テザリングやスマートフォンとしての機能を調べた。
 イー・モバイルが発表したHuawei製の「Pocket WiFi(S31HW)」は、テザリング機能を備えたAndroid端末。OSはAndroid 2.2をサポートしており、音声通話も可能。「Pocket WiFi」の後継機種に位置付けられ、「S」は「Simple & Smart(シンプルな操作性とスマートな機能)」を意味する。発売は2011年1月中旬を予定している。

 Pocket WiFiはモバイルWi-Fiルーター機能に特化したモデルだが、Pocket WiFi Sはスマートフォン機能を備えているのが大きな違い。Pocket WiFiにはない通話、インターネット接続、カメラ、メールなどを利用できるが、当然サイズと重さは増している。Pocket WiFiの約48.6(幅)×95.5(高さ)×14.1(厚さ)/約80グラムに対し、Pocket WiFi Sは約54.8(幅)×104(高さ)×13.5(厚さ)/約105グラムで、厚さ以外はPocket WiFi Sの方が大きい。とはいえ、スマートフォンとしては軽量コンパクトだろう。


ディスプレイ下部にクリア、MENU、ホーム、検索キーとして使えるセンサーキーを搭載。その下の中央に、上下左右のカーソル移動と決定操作ができるキー、その左右に発話と終話キーを備えている(写真=左)。裏面にはカメラとスピーカーがある(写真=右)
幅54.8ミリはスマートフォンとしては細いので、手の中にも収まりやすい(写真=左)。「HTC Aria」よりもやや小さい(写真=中)。「iPhone 3GS」「IS03」と並べてみた(写真=右)
上部先端に3.5ミリのイヤフォンジャックと電源キー(写真=左)、下部先端にMicro USB端子がある(写真=右)
左側面に音量調節キーがある(写真=左)。右側面には特にキーはない(写真=右) 本体メモリ(ROM)は512Mバイトで、2GバイトのmicroSDが付属する。ボディカラーはブラック1色だが、女性ユーザーを狙い、ブルーとピンクのカバーを同梱した。


ブルーとピンクのリアカバーを同梱している。カバーを交換するとカジュアルな雰囲気になる
裏面には「Pocket WiFi」のロゴがある(写真=左)。カメラとスピーカー(写真=右)
裏面の上部あたりをやや強く押すとカバーが外れる。スマートフォンで多い、窪みに爪を入れて外すタイプではない(写真=左)。カバーを外したところ(写真=右)
microSDはバッテリーを外して着脱する(写真=左)。SIMスロットはバッテリーの下にある(写真=中)。同梱のバッテリーパック(写真=右) モバイルWi-Fiルーターとしての機能はPocket WiFiと同等で、最大5台のWi-Fi対応機器と接続できるほか、USB接続によるデータ通信も可能なので、実質的には6台の機器と接続できる。ちなみにHTC製のイー・モバイルのAndroid端末「HTC Aria」のテザリング機能では最大8台の機器と接続できる。接続台数が異なるのは「CPUの性能が異なることが影響している」(説明員)という。Pocket WiFi SのプロセッサーはPocket WiFiと同じMSM7225(528MHz)、AriaのプロセッサーはMSM7227(600MHz)を採用している。連続待受時間はPocket WiFiの約100時間から約240時間に向上。3Gエリアでの連続通信時間は2機種とも約4時間。バッテリー容量は1200mAhで、Pocket WiFiの1500mAhからはダウンしている。

 Pocket WiFi Sならではの機能として、ホーム画面からテザリング機能をワンタッチで切り替えられるウィジェットを用意した。これはイー・モバイルがPocket WiFi S用に開発したもので、Android マーケットにも配信されず、Ariaにも搭載されない。ウィジェット経由でセキュリティ設定も行える。


「Pocket WiFi」ウィジェットをプリセット(写真=左)。「Pocket WiFi」ロゴをタップすると、テザリング機能のオンとオフを切り替えられる(写真=中、右)。
Pocket WiFiロゴ右側の設定アイコンをタップすると、テザリング機能のオン、オフ切り替えのほか、セキュリティ設定ができる(写真=左端、左中)。テザリング中はステータスバーにもその旨が表示される(写真=右中)。メニューの「設定」→「ワイヤレスとネットワークの設定」からもPocket WiFiの設定は可能(写真=右端) なお、Pocket WiFi Sは「IDEOS」という製品名の低価格なスマートフォンとして、香港、米国、中南米、東南アジアなどでも発売されている。日本版は日本語対応に加え、Pocket WiFiウィジェットを搭載した点が異なる。上りの通信速度も異なり、海外版の384Kbpsに対して日本版は5.8Mbps。また、海外では「通信キャリアによってはテザリング機能をオフにしている場合もある」(説明員)という。

pocketwifiの進化版と考えると十分ありではないか??なかなか悪くない。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Dec 14, 2010

Chrome OS搭載マシン、使ってみた感想は?

Chrome OS搭載マシン、使ってみた感想は?

「起動は10~15秒」「Chromeブラウザと変わらない使用感」「Caps Lockキーがない」――Chrome OSを搭載したテスト機を使ってみたレビュアーが第一印象を語っている。
2010年12月13日 19時30分 更新
Chrome OSの印象は?
 Chrome OSを搭載したテスト機「Cr-48」がメディアや開発者向けに配布され、各サイトがレビューを掲載している。

 これらのレビューによると、Cr-48は起動が速く、10~15秒程度。サスペンドからの復帰は瞬時という。起動時には、前回シャットダウンしたときと同じ状態が再現される。

 最初のセットアップは簡単で、「Android端末とあまり変わらない」という。Googleアカウント情報を入力し、内蔵のWebカメラで写真を自分の撮る必要がある。最初に立ち上げたときには、Chromeブラウザのような画面がフルスクリーンで表示され、チュートリアルやGmail、YouTubeなどのアイコンが並ぶ。

 使用感はChromeブラウザと変わらないようだ。Sun Timesのレビュアーは「Chrome OS搭載機は、Chromeブラウザをフルスクリーンで表示しているWindows PC、Mac、Linuxマシンと変わらない」とコメントしている。従来のようなデスクトップはなく、複数のウィンドウを開く場合、複数のタブを開いて切り替える形になる。Gmailなどよく使うアプリは、タブを固定しておくことも可能だ。Chrome Web StoreからWebアプリをインストールすることもできる。

 しかし、クラウド中心のシステムに戸惑うレビュアーもいた。Chrome OSではほとんどのデータはクラウドに保存される。ローカルストレージもあるが、見つけにくいようだ。Computerworldのレビュアーは、同OSのスクリーンショットを取ったときに、どこに保存すればいいのか戸惑ったとしている。

 またCr-48にはCaps Lockキーはなく、代わりに「検索」アイコン付きのキーがある。このキーを押すと新しいブラウザタブが開く。独自のキーボードショートカットも多数あり、慣れるのに時間がかかるかもしれない。

 Cr-48は文章の執筆や写真編集、音楽のストリーミング、YouTubeの動画視聴などたいていのことはでき、普通のノートPCと変わらないようだ。ただし、「ネットにつながらないと何もできない」のが最大の弱点として指摘されている。Chrome OSはまだテスト段階で、幾つかバグもあり、同期や拡張機能がうまく動かないケースもあったという。しかし、「Chrome OSは未完成ではあるが、素晴らしく、大きなポテンシャルを示している」とComputerworldのレビュアーは評価している。

常にネット接続が要求されるというのもやや使いにくさを感じさせるところかも・・・・。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Dec 13, 2010

見えなくなる前に――「あかつき」が撮った金星公開

見えなくなる前に――「あかつき」が撮った金星公開

「あかつき」が9日に撮影した金星の画像をJAXAが公開。あかつきは金星から遠ざかっており、来週には見えなくなるという。
2010年12月10日 16時31分 更新

3つのカメラの画像の比較(JAXA提供) 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は12月10日、探査機「あかつき」が9日に撮影した金星の画像を公開した。あかつきは金星から遠ざかっており、来週には金星が見えなくなるという。再び金星に接近するのは6年後。

 あかつきは5台のカメラを搭載。うち「中間赤外カメラ」(波長10μメートル)、「紫外線イメージャ」(波長365ナノメートル)、「1μmカメラ」(波長0.9μメートル)で撮影し、カメラのが正常に作動するか確かめた。「カメラは正常に動いており、思った通りの画像が撮れた」(中村正人プロジェクトマネージャ)という。

 撮影時刻は9日午前9時ごろで、あかつきと金星の距離は約60万キロと、地球と月との平均距離の約1.5倍。あかつきから見た金星の視直径は約1.2度で、金星を夜の方向から見ている。

記録が残ったのは良いと思うが、これだけだとやや物足りないな・・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 12, 2010

宇多田ヒカルさんのUst配信、34万人が視聴 国内で過去最多

宇多田ヒカルさんのUst配信、34万人が視聴 国内で過去最多

Ust配信した宇多田ヒカルさんのコンサートのユニーク視聴者数は、国内で過去最多の34万5000人だった。
2010年12月10日 17時01分 更新
 Ustream Asiaは12月10日、「Ustream」で8日にライブ配信した宇多田ヒカルさんのコンサート「WILD LIFE」のユニーク視聴者数が34万5000人だったと発表した。国内のUst配信で過去最多という。

 宇多田さんのUst配信は、メインページと、iPhoneなど向けに画質を落としたサブページで実施。2ページの総計で、ユニーク視聴者数は34万5000人となり、最大同時接続数は10万人を超えた。同時間帯に全世界でUst配信された番組の中で最も多かった。

 番組を見ながらTwitterやFacebookのIDを使って書き込めるソーシャルストリームのコメント数は18万件。コンサートは約2時間半あり、1分あたり平均1200件書き込まれた計算だ。

 年内で活動休止を発表している宇多田ヒカルさん。WILD LIFEは休止前最後の公演として注目を集め、チケットが即日完売する人気に。Ust配信は、チケットが取れなかったり、遠方に住んでいてコンサートに行けないファンからの要望で実現したという。

 サーバーが落ちたりすることはなかったんだろうか?USTのバックボーンは意外に強力??

| | Comments (22) | TrackBack (0)

Dec 11, 2010

iPad 2はデュアルカメラ搭載か 既にケースも登場

iPad 2はデュアルカメラ搭載か 既にケースも登場

第2世代iPadは前面と背面にカメラを搭載すると報じられている。アクセサリメーカーが既に用意しているケースには、カメラ用の穴が設けられている。
2010年12月10日 17時09分 更新
新型iPadはデュアルカメラ?
 Reutersによると、iPadの部品サプライヤーは2011年第1四半期に新モデル向けに生産に入る準備をしているという。情報筋の話では、第2世代iPadは本体前面と背面にカメラが搭載され、従来モデルよりスリムで、ディスプレイ解像度も高くなるという。

 またアクセサリメーカーの中には、既にiPad 2用ケースの提供を開始しているところもある。これらのケースは現行版iPadよりも薄く、カメラ用の穴や、SDカードスロット用の切り込みがある。

 先日は台湾メディアが、次期版iPadは、早ければ2月末にも製造業者Foxconn Electronicsの中国工場から出荷されると報じた。

usbにしろ、SDにしろ、カメラにしろ最初から搭載できただろうに思う現行IPADユーザーは多いのではないか??

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 10, 2010

VAIO Zといえば、やっぱり“クアッドSSD”

VAIO Zといえば、やっぱり“クアッドSSD” 

雑談が長くなってしまったが、手始めに筆者私物のVAIO Zと今回借用したVAIO Zのコアスペックを比較してみる。どちらもVAIOオーナーメードモデルで概要は下表の通りだ。


グラフィックス機能の切り替えスイッチ。SPEEDはディスクリートGPU、STAMINAはCPU統合グラフィックスを利用する。AUTOは自動切り替えだ 偶然にもCPUとメモリ容量は同じだ。グラフィックス機能はカスタマイズ不可で、CPU内蔵のIntel HD Graphicsと、ディスクリートGPUのNVIDIA GeForce GT 330Mを搭載する。Windows 7が起動した状態で、ハードウェアのスイッチによって2つのグラフィックス機能を切り替えられるのがVAIO Zの特徴だ。液晶ディスプレイの解像度も1920×1080ドットで共通なので、Webカメラや指紋認証といった付加的な機能を除けば、最大の違いはストレージ構成となる。

 VAIO ZのVAIOオーナーメードモデルは、ストレージの選択肢が豊富だ。2010年12月9日現在、HDDが4種類、SSD+DVDスーパーマルチドライブの組み合わせが3通り、SSD+Blu-ray Discドライブの組み合わせが3通りと、合計10通りも用意されている。このうち、SSDの構成がVAIO Zの最大の特徴といってもよい。すでにご存じの読者も多いと思うが、VAIO Zでは独自設計のSSD基板を採用し、SSD基板×2枚の「デュアルSSD」(128Gバイト)、SSD基板×4枚の「クアッドSSD」(256Gバイトもしくは512Gバイト)が選べる。デュアルSSDとクアッドSSDはRAID 0構成なので、アクセスも高速だ。

 最高の選択肢は512GバイトのクアッドSSDだと思うが、最も安価な320GバイトHDDを選択する場合と比べて、DVDスーパーマルチドライブとの組み合わせで10万5400円も高くなってしまうため、この構成で買った人は少数派だろう。2010年春モデルが登場したときから、512GバイトのクアッドSSDはあこがれの存在だったのだ。筆者のVAIO Zも、最安の320GバイトHDDを選択している。ストレージ性能は体感速度を大きく左右し、クアッドSSDのサクサク感は非常に魅力的だったのだが、さすがに手が出なかった。

 ちなみに、クアッドSSDよりは劣るものの、128GバイトのデュアルSSD+DVDスーパーマルチドライブの選択肢なら、最安のHDDと比較して2万9500円のアップで済む。128Gバイトの容量でやりくりできそうで、かつ予算が許すとすれば、積極的に検討したい構成だ。


クアッドSSD+Blu-ray Discドライブ搭載VAIO Zの内部構造。ボディの下部中央にクアッドSSDのユニットを搭載している
クアッドSSDのユニット。デュアルSSDモジュールを2枚に重ね、マウンタに装着してある。サイズ、端子ともに汎用のものではない
デュアルSSDモジュールの表と裏。片面で1基のSSDとなっており、両面で2基のSSDという扱いだ。端子は片側にしかない

 実際、クアッドSSDが載ったVAIO Zは、やはり速くて静かだ。2台のVAIO Zを並べて使い比べていると、より実感する。320GバイトHDDも決して遅いわけではないが、クアッドSSDのほうが何をするにしてもワンテンポ速い。特に、Windows 7や比較的大型なアプリケーションの起動、ファイルコピーなどで、その差は顕著だ。HDDを搭載した筆者のVAIO Zは、HDDの回転音も気になってしまう。

 2台のVAIO Zでベンチマークテストも行ってみた。筆者のVAIO Zは64ビット版Windows 7 Professional、今回入手したVAIO Zは64ビット版Windows 7 Ultimateという点を除き、CPUとメモリ容量、グラフィックス機能(NVIDIA GeForce GT 330Mで計測)が同じなので、ほぼ純粋にHDDとクアッドSSDの差と見ることができる。結果は以下の通りだ。


Windowsエクスペリエンスインデックスのスコア。左が私物のVAIO Z、右が借用したVAIO Z。「プライマリハードディスク」以外のスコアは、2台のVAIO Zで同一だった。プライマリハードディスクにおける「5.8」と「7.6」というスコアは、Windowsエクスペリエンスインデックスではかなり大きな差だ

定番のストレージベンチマーク「CrystalDiskMark 3.0 x64」の結果。左が私物のVAIO Z、右が借用したVAIO Zだ。実行前から分かっていたとはいえ、比較するのも嫌になるくらい、クアッドSSDが高速だ。実際に使っていると、そこまでの速度差はないように思えるのだが……


総合的なパフォーマンスを測定する「PCMark Vantage」のスコア。ストレージの速度差が各テストの結果に大きく影響している。正直、ストレージだけの違いで、ベンチマークテストの結果がここまで違うのはショックだ
「PCMark05」の結果は非常に分かりやすい。CPU、Memory、Graphicsの3項目は、2台のVAIO Zでほとんど同じ。HDD項目のみ、実に5倍もの差が出ている。しつこいようだが、体感的にはそこまでの差は感じない

 参考までに、Windows 7の起動時間もストップウォッチで計測してみた。電源オンからWindows 7のデスクトップが表示されるまでのタイムは、筆者のVAIO Zが約60秒、借用したVAIO Zが約38秒だ。どちらもシステムリカバリ直後の状態(WindowsアップデートとVAIOアップデートを一通り適用)なので、スタートアップ起動するソフトウェアを削るなどすれば、トータルの起動時間は速くなる可能性がある。


--------------------------------------------------------------------------------

 やはり、価格差はパフォーマンスの差となって明確に現れたが、このままでは少し悔しい。次回は私物のVAIO Zのパフォーマンスアップを図る予定だ。

VAIOZは価格が・・・・。

| | Comments (12) | TrackBack (0)

Dec 09, 2010

DeNA株価は急落、グリーは上昇 公取委の立ち入り検査受け

DeNA株価は急落、グリーは上昇 公取委の立ち入り検査受け

公取委の立ち入り検査を受け、DeNA株価は急落。一方、グリーは上昇した。
2010年12月08日 15時33分 更新
 12月8日の東京株式市場で、ディー・エヌ・エー(DeNA)の株価(東証1部)は前日比162円安(-6.0%)の2538円と急落した。公正取引委員会による立ち入り検査の報道が伝わり、嫌気されたようだ。

 DeNA株価は前場に36円高の2736円の高値を付けたものの、前場終了後に報道があり、後場は一時297円安(-11.0)の2403円まで下げる場面もあった。ベクター、ドリコムなど、「モバゲータウン」にアプリを提供している企業も後場に値を下げた。

 一方、グリー(東証1部)は25円高(+2.4%)の1070円で取引を終えた。後場の取引開始直後に1110円の高値を付けていた。

やはり立入検査の影響は出ているのか??

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 08, 2010

iPadを仕事の母艦に――野口悠紀雄が語るiPad版「超」整理手帳の可能性

iPadを仕事の母艦に――野口悠紀雄が語るiPad版「超」整理手帳の可能性 (1/2)

独自のじゃばら式スケジュールシートが特徴の「超」整理手帳――。そのiPad版である「『超』整理手帳for the iPad」が登場した。開発者の早稲田大学大学院教授・野口悠紀雄氏に制作意図や紙の手帳との使い分けを聞いた。
[独自のじゃばら式スケジュールシートが特徴の「超」整理手帳――。そのiPad版である「『超』整理手帳for the iPad」(以下iPad版)が登場した。今回は製品としての特徴を概観しつつ、開発者の早稲田大学大学院教授・野口悠紀雄氏を取材し、iPad版の制作意図を聞いた。


早稲田大学大学院ファイナンス研究科で教授を務める野口悠紀雄氏。「『超』整理手帳」も考案している「超」整理手帳のデザインとインタフェースの踏襲
 iPad版を見て最初に感じるのは、紙の手帳のデザインと使い勝手を忠実に踏襲していることだ。

 まずデザインである。「超」整理手帳にあるクリーム地の記入ページをiPad版のデザインでも忠実に再現している。特に2週間表示にすると、紙とiPad版の実面積はほぼ同じくらいになる。


スケジュールを「2週間」「8週間」「18週間」で表示した画面のイメージ。2週間の面積は紙版の「超」整理手帳とほぼ同じ(左)。「2 weeks」「8 weeks」「18 weeks」のボタンをタップすると切り替わる(中央、右)。表示は小さくなるが、スケジュールの多寡は分かる 次にインタフェースだ。「超」整理手帳は、普通の綴じ手帳のように“めくる”のではなく、じゃばら式のスケジュールシートを広げる点が特徴的だった。iPad版では画面上部の「2 weeks」「8 weeks」「18 weeks」のボタンから表示範囲を切り替えられるようにしており、アニメーションと音でじゃばらを広げるプロセスを再現している。表示範囲を広げたときも「今日」のボタンをタップすれば、その日の記入欄にジャンプできる。

 紙の自由度も再現している。「超」整理手帳のじゃばら式シートは、週の1番上のスペースに自由記入欄があるが、iPad版でもこれを継承している。これはデジタルなスケジューラーではなかなか珍しい。多くのiPhoneアプリと同様に、Googleカレンダーと同期することも可能だ。


「ウィークリーメモ」には目標が記入できるようになっている「紙の手帳の弱点を克服」したスケジュール表示
 デジタルならではの機能ももちろん用意している。まず、紙版では専用冊子だったToDoリストを、スケジュール記入欄の横に配置している。スケジュールにはそれぞれタグを割り当てることができ、タグから予定を検索することが可能だ。


スケジュール入力画面。iPhone/iPadのカレンダー入力画面とよく似ており(左)、時間指定やタグ付けなどもできる(右) 「iPad版の開発で最も重視したのはこの点でした。週の表示や切り替え、8週間表示のスクロールなどに気を配ったのです。例えば、2週間表示と8週間表示は相似形であり、『超』超整理手帳を使っている人はおそらく、時間をこの(表示切り替え)のようにとらえているのです」――。「超」整理手帳の発案者である野口教授にとって、紙の手帳と同じインタフェースをiPad版でも再現することが最重要課題だった。

 「8週表示時にスケジュール欄が2段になっています。これは2週の相似形といえますが、ちょっと頭の切り替えが必要です」(野口教授)。「超」整理手帳の基本はじゃばら式シートのスタイル。縦に日付が並び、横方向に週が並んだ形である。デジタル端末を用いた場合もそれが広がっていくのが望ましい。このインタフェースを基本にiPadの画面上でスケジュールをどう見せるかを考え、現在のスタイルにたどり着いた。

 デジタルだからこそ克服できた点もある。「紙版だとスケジュールが見えるのは最大8週間でした。残りのシートが短くなったりシートの裏に切り替わったりすると、どうしても先の週が見えなくなります。ですが、デジタルならいつでも8週間分の予定を閲覧できます。これは紙にはできなかったことです」。iPad版は、常に8週間先のスケジュールを確認できるという、「超」整理手帳の理想を初めて実現したものかもしれない。

アプリとして面白いが本家のニーズを食うことにもなうのではないか??

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 07, 2010

「NHK特集」などYouTubeで無料配信 「権利処理された映像を見る習慣を」

「NHK特集」などYouTubeで無料配信 「権利処理された映像を見る習慣を」

「NHK特集」などNHKの人気番組を配信するYouTubeに公式チャンネルをNHKエンタープライズがオープン。「NHKは見ないがYouTubeは見る」という層に、NHKの番組に親しんでもらう狙いだ。
2010年12月06日 19時05分 更新

NHK番組コレクション 「多くの方に、正規に権利処理されたコンテンツを見る習慣を付けてもらいたい」――NHKエンタープライズは12月6日、YouTubeでNHKの過去の番組などを無料配信するチャンネル「NHK番組コレクション」を開設した。国内でPCからのみ視聴できる。

 過去の「NHK特集」や「ミニ英会話 とっさのひとこと」「みんなのうた」など、有料配信の予定がない番組のノーカット動画200本を配信するほか、「大河ドラマ 篤姫」「連続テレビ小説 純情きらり」など「NHKオンデマンド」で有料配信している番組を3分程度に編集したショートクリップ30本を公開。毎週新しい動画を追加する予定で、今後、「ためしてガッテン」や「プロジェクトX 挑戦者たち」などをノーカットで配信予定だ。

 「NHKは見ないがYouTubeは見る」という層に、NHKの番組に親しんでもらう狙い。ショートクリップからNHKのDVD販売サイトやNHKオンデマンドにも誘導し、売り上げ拡大にもつなげる。YouTubeの著作権侵害対策システム「Content ID」の効果も検証していく。

NHKへの接触者層を増やしたい

動画ページからNHKオンデマンドやDVD販売ページへ誘導 NHKの番組本編をYouTubeで配信するの初。NHKは2008年、YouTubeに公式チャンネルを開設しているが、番組のPRやNHKオンラインの紹介など、広報的な役割が強かった。

 「NHKへの接触者層を増やしたい。NHKはあまり見ていないが、YouTubeは見ているという人は多い。そういう人に親しみを持ってもらいたい」と、NHKエンタープライズ上席執行役員の関本好則さんは狙いを語り、YouTubeという新しいメディアで経験を積みたいと話す。

 YouTubeにはテレビ番組を無断でアップロードした動画も多い。YouTubeの権利者向けシステム「Content ID」を使い、NHKエンタープライズが投稿した動画と同じ動画や似た動画を自動でピックアップして投稿をブロックするなど、違法動画対策も進めていく。



YouTubeのメディアパートナー。NHKのほかに、テレビ朝日やTBSといったキー局も参加している NHK番組コレクションにはバナー広告を掲載。YouTubeは広告収益の一部をNHKエンタープライズに支払う。今後、動画の最初に広告を挿入することも検討している。

関連キーワード

NHKがyoutubeのインフラ?を使用するというのだから時代が変わった。一方で、他の民放は切れが悪い・・・。

| | Comments (326) | TrackBack (0)

Dec 05, 2010

ドコモ、東京無線タクシー約820台にモバイルWi-Fiルーターを設置

ドコモ、東京無線タクシー約820台にモバイルWi-Fiルーターを設置

NTTドコモが同社のモバイルWi-Fiルーターの普及を目指して「日本Wi-Fi化計画」を開始。その最初の取り組みとして、東京無線タクシーにモバイルWi-Fiルーター「BF-01B」を設置する。12月3日の出発式には「ツナガール」が駆け付けた。
 NTTドコモは12月3日から同社のモバイルWi-Fiルーターのプロモーションの一環として、日本全国にモバイルWi-Fiルーターを浸透させる「日本Wi-Fi化計画」を開始する。

 その第1歩として東京無線協同組合と連携し、約820台のタクシー(黒塗りのハイグレードタクシー)にモバイルWi-Fiルーターを設置し、12月3日から都内(東京23区)で順次運行する。Wi-Fi搭載タクシーは、通常のタクシー乗車料金のみで利用できる。期間は2011年3月31日までで、4月以降も運用するかは未定。今回の取り組みは、FOMAネットワークの広さと通信品質、モバイルWi-Fiルーターの利便性を多くのユーザーに体感してもらうことが目的となる。

 Wi-Fi搭載タクシーには「このタクシーでWi-Fiが使えます!」と記された赤いステッカーが後部座席の窓に貼ってあるので、これを目印にしたい。モバイルWi-Fiルーターはバッファロー製の「BF-01B」を採用している。BF-01Bは助手席の後方に設置されており、ルーターのIDとパスワードは車内のリーフレットから確認できる。BF-01Bはシガーソケットで常時充電されているので、運行中にバッテリーが切れることはない。


東京無線協同組合の黒塗りのハイグレードタクシー820台に「BF-01B」を設置する(写真=左)。Wi-Fi搭載タクシーには赤いステッカーが貼られている(写真=右)
助手席の後ろにBF-01Bとリーフレットがある(写真=左)。約820台のうち100台にはPSP goを併設。運転席の後ろにPSP goがある(写真=右) Wi-Fi搭載タクシーの運行開始を記念して、東京無線協同組合の代々木自動車で出発イベントを開催。日本Wi-Fi化計画のキャンペーンガール「ツナガール」が登場した。ツナガールはリーダーの藤本美貴さんと、佐々木もよこさん、神谷美伽さん、藤井マリナさん、堀澤かずみさんの5人。藤本さんは「ブログやメールを頻繁に使っているので、タクシーで無線LANが使えるのはありがたい。FOMAエリアなら安心。Wi-Fi搭載タクシーをネット上の秘書として役立ててほしい」とアピールした。


Twitterもヘビーに使っているという藤本美貴さん
左から佐々木もよこさん、堀澤かずみさん、藤井マリナさん、神谷美伽さん
藤本さんたちを乗せたWi-Fi搭載タクシーが出発した
「日本Wi-Fi化計画」のWebサイト(http://answer.nttdocomo.co.jp/wi-fi/)もオープンしている関連キーワード
Wi-Fi | モバイルルータ | ポータブルWi-Fi | タクシー | BF-01B | NTTドコモ | 無線LAN | ルータ | FOMA | ネットワーク | バッファロー | PSP go | バッテリー | シガーソケット | コンパニオン | 無料
【記事アラート】関連記事が掲載されたらメールで受け取るNew!
関連記事
ドコモブランドのモバイルWi-Fiルータ「BF-01B」、9月25日発売
NTTドコモが、同社ブランドのバッファロー製モバイルWi-Fiルータ「BF-01B」を9月25日に発売する。あわせて、定額データプランの割り引きキャンペーンの受付期間を延長する。
iPad Wi-Fi版をモバイルWi-Fiルーターで外に持ち出す――「BF-01B」編
iPadをフル活用するなら、Wi-Fiだけでなく3Gも搭載していたほうが便利だが、モバイルWi-Fiルーターと組み合わせて利用するという選択肢もある。特にドコモのネットワークが使える「BF-01B」とのペアはなかなか快適だ。
DWR-PG/BF-01Bユーザー必見:ドコモの「『公衆無線LAN』新規お申込みキャンペーン」がスタート
ドコモの公衆無線LANサービスの月額使用料が1年間無料になるという太っ腹なキャンペーンが10月1日から始まった。12月31日までに新規で申し込めば、Mzoneエリアでの無線LANが1年間自由に使える。
上限4410円に:品質のよいFOMAネットワークでiPadも──ドコモ3G網で使えるモバイルWiFiルータ、6月下旬投入へ
ドコモの山田社長が、ドコモ網で使えるモバイルWiFiルータの投入を示唆。無線LAN対応機器──例えば、iPadなどもこの機器と組み合わせて、ドコモの3G通信網+料金プランで利用できるとする。

タクシーにwifi搭載とはなかなか考えている。それほど凄い設備投資がいるというわけでもなさそうだし・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 04, 2010

藤田社長も「初耳です」 ヤクルト球団、サイバーエージェントへの身売りを否定

藤田社長も「初耳です」 ヤクルト球団、サイバーエージェントへの身売りを否定

ヤクルトスワローズがサイバーエージェントへの身売りを検討しているという日刊スポーツの報道について、ヤクルトは「全く事実無根です」と否定。CAの藤田社長もTwitterで「初耳です」と驚いた様子だ。
2010年12月04日 10時02分 更新
 プロ野球ヤクルトスワローズがサイバーエージェント(CA)への身売りを検討しているという12月4日付けの日刊スポーツの報道について、ヤクルトは「全く事実無根です」と否定するコメントを球団Webサイトで発表した。CAの藤田晋社長もTwitterで「初耳です」と驚いた様子だ。



球団Webサイトで否定
藤田さんは日刊スポーツ1面の写真とともに「朝起きて、一気に目が覚めました。初耳です(笑)」とツイート

 ヤクルトは「本日、一部報道で当球団が売却されるとの報道がありましたが、全くの事実無根です」とコメントを発表。藤田さんはTwitterに日刊スポーツ1面の写真を投稿し、「朝起きて、一気に目が覚めました。初耳です(笑)」「五年前からヤクルトファンになったから嬉しい話だけど」とつぶやいている。

合理的な判断をしそうなIT系の企業が球団を買うとも思えないが・・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 03, 2010

連戦連敗で鬱状態に……心も凍る就職“超”氷河期

連戦連敗で鬱状態に……心も凍る就職“超”氷河期 (1/2)

景気低迷などの影響を受け、学生の就職状況が「超氷河期」とも言われている。今年は“連戦連敗”で鬱状態に陥り、専門家による心のケアを受ける学生が増えているようだ。
[ 「超氷河期」ともいわれる就職状況の中、来春の新卒予定者らを対象にした就職面接会が30日、大阪市内で開かれ、内定が決まっていない大学生ら約1500人が参加した。今年は“連戦連敗”で鬱状態に陥り、専門家による心のケアを受ける学生が増加。会場には、こうした学生のための相談コーナーも初めて設けられ、厳しい年の瀬を迎える学生たちの就活事情が改めて浮き彫りになった。

でも大手志向……企業もため息
 面接会は大阪労働局などが主催。例年より約3カ月前倒しで開催され、大阪府内の中小企業など70社が参加し、参加者は前年より約1.5倍増えた。

 大阪市の男子学生(22)は「自分に合った職場を探しているが、どうすればいいか分からない。親からは年内に決めろと言われている」と焦りを隠せない。

 労働局によると、来春の新卒者の就職内定率は、10月1日現在で全国平均が過去最低の57.6%、近畿でも過去2番目に低い60.5%まで落ち込んでいる。

 「若い人は大手に目を向けがちですね……」と話すのは、居酒屋チェーンなどを展開する丸善食品(大阪市東住吉区)販売一課の安藤学課長(34)。住友金属工業子会社の住金精鋼(大阪府堺市)の藤本善弘総務室長(49)も「住金のブランドだけでは優秀な人材は来てくれない」と本音を漏らす。

 この日の面接会でも、座席が埋まり、ブースからあふれるほどの学生が集まった企業もあったが、逆に学生がほとんど寄りつかないブースもあるなど「二極化」が目立った。

 「危険で体力がなければできない仕事と勘違いされている」と綜合警備保障採用部の小西晶課長代理(39)。実際、警察官や消防士を目指す学生らが“滑り止め”として同社を受けるケースも多いという。

今の就職の構造そのものが大手企業や一部の有力大学のために作られたものではないのか??全体の効率を損なっているような気がしてならない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2010 | Main | January 2011 »