« November 2009 | Main | January 2010 »

Dec 31, 2009

旧態依然とした営業現場にメスを――「ハイブリッドセールス戦略」

旧態依然とした営業現場にメスを――「ハイブリッドセールス戦略」
経営環境の変化により、製造、流通、バックオフィスの業務改革が着実に進む中、唯一取り残されているのが

B2Bの営業現場だ。「気合、根性、経験」の属人的3K営業手法から脱却するための施策はあるのか。
ITmedia2009年12月28日 08時20分 更新

この記事をブログに書く(会員限定)
プリント表示
トラックバック

 「営業のプロセス分業体制構築+リソースの適正配置で、属人的営業スタイルから脱却せよ」――本書を通じて著者が訴えるのは、営業改革の必要性だ。かつて企業の花形ともいわれた営業が、いまや「気合、根性、経験」の3K職種と呼ばれるまでになってしまった。ビジネス環境の変化に伴い、流通改革やITによるバックオフィスの改革など、コスト削減と業務効率化に向けて企業の各部署が取り組みを進める一方、営業部隊、とりわけ法人営業の現場は唯一その流れから取り残され、まるで手法の変わらない「聖域」となってしまったのだ。


『ハイブリッドセールス戦略―法人営業部隊の刷新』 著者:吉田融正、定価:1575円(税込)、体裁:194ページ、発行:2009年12月、幻冬舎メディアコンサルティング 従来の法人営業の形態は、リード発掘から受注・成約までを一人の営業マンが担っていたため、新規顧客開拓はままならず、売上げの多くは既存顧客に依存するものだった。しかし、モノが売れなくなったこの時代、そうした方法では立ち行かなくないのは誰の目にも明らかだろう。

 けれども、高度経済成長とともに「作れば売れる、売ればもうかる」営業しか経験してこなかった現在の企業経営者、営業部門の管理職には、時代の変化に応じた営業手法が見当たらない。そして、「目標を達成するまでとにかく頑張れ、取れるまでやれ」が横行する3K職種へと成り下がってしまったのだ。

 日本IBMの営業部門長を経て、日本シーベル立ち上げにも参画したCRM(顧客情報管理)のパイオニアともいえる著者は、営業現場の現状に強い危機感を抱く。そこで、旧弊な営業形態から脱却する手段として「ハイブリッドセールス戦略」を提案し、「ハイブリッドセールスモデル」「プロセス分業」「インサイドセールスの活用」「リソースの適正配置」といった観点から、かつて日本企業では考えられなかった戦略的、組織的営業手法を1冊を通して述べていく。

 本書によると、ハイブリッドセールス戦略とは、従来の対面営業(フィールドセールス)と、電話・Web・メールなどを活用する非対面営業(インサイドセールス)によって営業プロセスを分業化し、リソースを適正に配置するというものだ。なお、ここでいうインサイドセールスとは、内勤の営業アシスタントとは主旨が異なる。

 プロセス分業制を敷き、各工程にKPIを設定すれば、「営業」の一語でくくられ受注成約率(額)が唯一の成果指標だった従来とは、組織のあり方が根本から変わってくる。また、一気通貫型で全プロセスを一人で担っていた営業マンは得意分野を持つことができ、かつて「できない営業」と烙印を押されていた人材も、分業化された一工程においては能力を発揮できる可能性が高まる。

 プロセス分業にはインサイドセールスの有効活用が必須となるが、詳細は本書に譲るとして、「テレマーケティングとテレセールスは似て非なるもの」であるという、ハイブリッドセールスを語るうえで欠くことのできない著者の主張だけ、ここでは付しておきたい。

 激化する経済環境と加速する人材の流動化によって営業力を低下させない、組織防衛のヒントを盛り込んだ1冊といえるのではないだろうか。

最近の営業を科学的に分析した本ではプロセスの見直しちうテーマがよく出てくる。(ITの活用等も含めて)実際、ホワイトかラーの仕事や営業こそ科学の目で見るべきだろうが・・・。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

Dec 29, 2009

TV&バッテリーが“ロケフリ”に――新アプリ「TVモバイル」発表

TV&バッテリーが“ロケフリ”に――新アプリ「TVモバイル」発表

TVバンクが、TV&バッテリーにインターネット経由でアクセスできるアプリ「TVモバイル」を開発した。近日リリース予定のこのアプリを使うと、無線LANがある場所ならどこからでも、自宅に設置したTV&バッテリーに接続できる。

TVバンク製の「TVモバイル」 TVバンクが12月28日、iPhone 3G/3GSとTV&バッテリーの追加機能として、インターネット経由でワンセグのリモート視聴が楽しめる専用アプリ「TVモバイル」を発表した。すでにApp Storeに申請済みで、まもなく配信が始まるもようだ。

 TVモバイルは、TV&バッテリーと「テレビ」アプリがインストールされたiPhone 3GもしくはiPhone 3GS(OS 3.0以降)で動作し、iPhoneからWi-Fiインターネット経由でTV&バッテリーに接続する機能を提供するアプリ。自宅に無線LANアクセスポイントがあれば、公衆無線LANサービスなどからTV&バッテリーに接続し、手元にTV&バッテリーがなくてもワンセグ放送が視聴できる。

 実際の視聴にはテレビアプリを利用するため、操作体系などはこれまでのTV&バッテリーと変わらない。TVモバイルアプリが、TV&バッテリーへの接続などを自動的に行うので、細かな設定は不要だ。TVモバイルアプリを立ち上げて、「リモート(遠隔)モード」に設定し、接続が完了したら「『テレビ』を見る」をタップするだけでいい。映像には数十秒のタイムラグが発生するが、300kbps程度のスループットがあれば問題なく視聴できる


起動画面で動作環境を確認したら、「リモート(遠隔)モード」に切り替え、無線LAN経由でTV&バッテリーを検索する。TVモバイルアプリが自動的に見つけてきてくれるので、細かな設定は不要だ。接続が完了したら、テレビアプリを起動して視聴する
 アプリは動作確認用に無料でダウンロードできるが、そのままでは30秒/3回の視聴制限がかかっており、継続利用するためにはアプリ内課金で1000円のライセンスを購入する必要がある。ライセンスを購入することで、制限が解除される。

 TV&バッテリーとiPhoneは1対1の関係でひもづけられるため、1台のTV&バッテリーに複数のiPhoneからアクセスすることはできない。また自宅にも無線LANのアクセスポイントが必要になるので、無線LAN環境がない場合は構築する必要がある。なお海外からはアクセスできないようになっており、海外旅行中に日本のテレビ番組を見る、といった利用にも残念ながら非対応だ。

 とはいえ、ワンセグが入らない場所にいても、無線LANさえあれば自宅に設置したTV&バッテリー経由でテレビが見られるようになるというのは興味深い。すでにTV&バッテリーを持っているなら、+1000円で“どこでもテレビ”環境が手に入るので、ぜひ入手しておきたい。

ワンセグであれば別にアイフォンでなくとも・・・。と思ってしまうが・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 28, 2009

堀江元社長、208億円相当引き渡し LDHと和解

堀江元社長、208億円相当引き渡し LDHと和解

LDHと堀江元社長との間で和解が成立。「堀江氏の資産のほぼすべてに相当する」という208億円相当を堀江元社長が引き渡す。
2009年12月25日 19時36分 更新
 ライブドアグループの持ち株会社・LDHは12月25日、証券取引法(現・金融商品取引法)違反事件で損害を受けたとして、堀江貴文元社長ら旧経営陣に賠償を求めていた訴訟で、堀江元社長が約208億7000万円相当の資産を同社に引き渡すことで和解したと発表した。

 同社によると、引き渡し額は堀江元社長が保有する同社株式と、支払いを留保していた配当金の合計。和解内容の詳細は非開示としている。

 同社は「引渡しを受ける資産は、堀江氏の資産のほぼすべてに相当するものであり、当社の損害回復を迅速に最大限果たしたことになります。当社の責任において、旧経営陣らのうち、核心となる堀江氏への責任追及を完遂出来た事に大変満足しております」とコメントしている。

 堀江元社長はブログで「民事的な賠償責任については最高経営責任者である社長としてきっちりとるべきだと考えてきた」「時間が掛かった事については、司法の一定の評価を頂きライブドア事件とされるものの全容がはっきりして、私自身の責任がどれだけのものかということを私自身が考え、そして最後に決断した」と説明。「私自身は世間で一般的に言われているほど、拝金主義でもありませんし、もし私の金銭的な弁済で納得していただけるのであれば、資金提供を拒むものでは最初からありませんでした」という。

 訴訟で同社は旧経営陣と監査人ら計7人に対し、フジ・メディア・ホールディングス(フジテレビ)に支払う和解金など総額約363億円の賠償を求めていた。宮内亮治元取締役ら6人に対する訴訟は継続する。

結局、ホリエモンの個人的な資産はどれくらいあるのだろうか??

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 27, 2009

2010年はソーシャルメディアがスパムの一大発信源に?

2010年はソーシャルメディアがスパムの一大発信源に?

2009年はTwitterやFacebookといったソーシャルメディアの利用が広がり、サイバー攻撃の標的にもなった。2010年はソーシャルメディアでスパムが横行すると、セキュリティ企業の研究者が指摘している。
[國谷武史,ITmedia]2009年12月26日 08時30分 更新


BitDefenderのシニアセキュリティリサーチャー アレクサンドル・コーソイ氏 「ソーシャルメディアはスパムをばらまくのに格好の手段」――ルーマニアのセキュリティ企業BitDefenderでセキュリティ解析を担当するシニアセキュリティリサーチャーのアレクサンドル・コーソイ氏は、2009年にみられたソーシャルメディアでのセキュリティ事件から、2010年はソーシャルメディアがサイバー犯罪の一大発信源になると警鐘を鳴らす。

 コーソイ氏は、このほどアイティメディアが開催した「ITmedia オルタナティブ・ブログ」のブロガーズ・ミーティング「ソーシャルメディアのセキュリティ対策」に出席。TwitterやFacebook、LinkedInで見つかったスパム事件を中心に、ソーシャルメディアを取り巻く脅威について解説してくれた。

 マイクロブログサービスのTwitterは、140文字という制限の中でユーザーが気持ちや意見などを「ツイート(つぶやき)」でき、ほかのユーザーも容易に返信したり、閲覧したりできる気軽さが特徴。世界的にユーザーが急増し、欧米や日本などでは企業がマーケティング手段としても利用するようになった。

 Facebookはユーザー数が3億5000万人という世界最大規模のSNSであり、Nielsenの調査によれば2007年から2008年にかけて35歳以上のユーザーが増加している。また、LinkedInはユーザーの平均年齢が41歳であり、平均世帯年収も10万9703ドルと裕福なユーザーが多いのが特徴。

 コーソイ氏によれば、世界のSNS利用率は2007年末の61%から2008年末は67%に増加した。増加率が最も高いのはドイツの12.5ポイントで2008年末では51%である。日本も2.7ポイント増加して同70%。利用率が最も高いのはブラジルの80%だった。

 近年のサイバー攻撃の多くが、ユーザーから金銭につながる重要情報を盗み出したり、詐欺によって直接だまし取ったりする手口だといわれる。スパムはこうした狙いを達成する手口の1つであり、数多くのユーザーが参加するSNSや裕福なユーザーのいるSNSは、サイバー攻撃者にとって格好の標的になっているようだ。

 Twitterで見つかった主なスパムが「Tweet Spam」や「Following Spam」である。Tweet Spamはアカウント保有者がスパムをツイートするもので、Following Spamはツイートへ返信するメッセージがスパムになる。

 また、最近増えているのが「Direct Message Spam」「Trending Subject Spam」「Reply/Trackback Spam」「ReTweet Spam」など。これらは先に挙げた手口を応用して、実在する組織やサービスの名称をかたるフィッシング詐欺的なものや、話題のニュースなどに便乗したもの、友人関係になることを求めるといった勧誘などである。また、長い文字列を短い文字列に置換する短縮URLサービスを悪用して、ツイートに不正サイトへのURLをそのまま表示させないようにしているのも特徴だ。

 FacebookやLinkedInではサイト内や特定グループへのコメント、また、ユーザーの投稿内容に対する返信にスパムメッセージを書き込んだり、来訪履歴にユーザーの気を引くような名前などを残したりして、悪質なページに誘導しようとするものが多い。内容に画像を使った画像スパムや招待状を装ったもの、検索サービスのランキング上位に表示させるなどの手口でも悪質なページへ誘導しようとする。

 ソーシャルメディアでのマルウェア攻撃も広がりつつある。動画ファイルがダウンロードできると称するメッセージでマルウェアに感染させる「Koobface」や、サービスの勧誘と称してコンピュータを不正操作するトロイの木馬に感染させるものなど、スパムメッセージと連動して不正プログラムを送り付ける方法が一般化した。さらには、こうしたソーシャルメディアのサイトが抱える脆弱性を突いてサービス自体を停止させるDoS攻撃や、サイト改ざんなどの攻撃も目立つ。

 攻撃者からみれば、ソーシャルメディアは標的とするユーザーとそのユーザーにつながる関係者へのアプローチが容易であり、コンピュータの特権ユーザーなどのアカウントを異なるサービスで使い回しているユーザーが多い。コーソイ氏は、ソーシャルメディアがこうした攻撃者にとって都合のいい環境であるだけに、今後も脅威が広がるだろうと予測している。

ソーシャルメディアも敷居が低くなってくるとどんなユーザーがつかっているかわからないし・・・。このトレンドは顕著になりそう。

| | Comments (5) | TrackBack (1)

Dec 25, 2009

求人広告の内容と実際の給料が違う……差額は請求できる?

求人広告の内容と実際の給料が違う……差額は請求できる?
 

Q・月給25万円という求人広告を見て今の会社に入りましたが、実際の月給は20万円にも届きません。「求人広告と違う」と会社には言いましたが、受け入れてくれません。だまされたような気がしますが、どうなのでしょう? また、差額は請求できるのでしょうか?(26歳、Aさん)

 A・求人広告の内容がそのまま労働契約の内容になるわけではありません。求人広告は、労働者を募集するときの基準となる労働条件であり、実際の労働条件は、あくまで採用時に交わす労働契約(書)によって決まるからです。

 求人広告では「月給〇〇万円」と記載されていても、実は「時間外手当込み」や「皆勤手当込み」であったり、「年齢・経験等を考慮」あるいは「販売ノルマを達成した場合」などの条件付きである場合がよくありますので、採用面接や契約書にサインするときにきちんと確認しておく必要があります。

 また、労働契約は口約束であっても法律上は有効に成立するため、「では〇〇万円でよろしく」とだけ言われ、それが基本給なのか諸手当を含んだ見込み金額なのか不明なこともあります。こうしたトラブルを避けるため、労働基準法では(1)労働契約の期間(2)就業場所および従事する業務(3)労働時間や休日(4)賃金の決定、計算、支払い方法・支払い時期や昇給(5)退職について書面で労働者に提示すること求めています。従って、入社する際には口約束でなく、こうした労働条件を記載した契約書を交わすことが重要です。

 Aさんの場合、労働契約書などの書面があるかを確認し、書面がなくとも口頭での労働契約の内容と違うようであれば当然差額を請求することができます。ただし、その権利は2年間行使しないと時効により消滅することとなりますので注意してください。また、公共職業安定所(ハローワーク)の紹介で就職されたのであれば、求人票の内容が労働契約の内容になるとの判例もあります。

 会社に労働組合があればご相談いただくのが一番ですが、ない場合は1人で悩まずにお近くの連合にご相談ください。(連合企画局 中里享史)

モデル賃金とか言われてまるめこまれることが多い気もする・・・。

| | Comments (125) | TrackBack (0)

Dec 23, 2009

あふれるネット情報に翻弄されて――彼らが就職できない理由 (2/2)

あふれるネット情報に翻弄されて――彼らが就職できない理由 (2/2)
[

学生に求めているのは本音
 PC、携帯……。情報化社会に生まれ育った、いまの若者たち。就職活動が厳しさを増せば増すほど、ネット上の情報に救いを求めてしまう傾向があるようだ。

 リクルートが運営する就職サイト「リクナビ」の編集長、毛利威之(たけし)さん(36)は「ネット上の掲示板などの情報は、参考程度にとどめるべきだ」と指摘する。

 毛利さんが「弊害」として挙げるのは、不特定多数が書き込んだ面接試験の受け答えを“模範解答”と錯覚してしまうことだ。

 《ものづくりを通じて、環境と人が歩み寄る社会を作りたい》《御社の社会貢献事業を通じて、自分も成長したい》

 そんな模範解答は、採用担当者からそっぽを向かれる。

 「面接というコミュニケーションを通じて、相手が学生に求めているのは本音」と毛利さん。

 景況悪化で、企業は採用枠をかつてないほど絞り込んでいる。一方で、就職活動に関するネット上の情報は膨張する一方となっている。そのギャップの中で、少なくない学生がもがいている。

面接なんてやるから基準も曖昧なのでは??この際だから面接から就職活動を終始一貫、一つの会社が請け負えってしまうこととかできないのかな。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

Dec 22, 2009

住めるの!? 広さ1畳の“ワンルームマンション”

住めるの!? 広さ1畳の“ワンルームマンション”

「どうやって住むの!?」――畳約1畳分の洋室が1つあるだけの「ワンルームマンション」がTwitterなどで話題になっている。
2009年12月21日 17時32分 更新

割り切りすぎた間取り 「どうやって住むの!?」――畳約1畳分(1.6平方メートル)の部屋が1つあるだけの「ワンルームマンション」がTwitterなどで話題になっている。

 「HOMES’賃貸」に掲載されている大阪市中心部の物件。間取りは「洋室1畳」で、1畳間にドアが付いているだけのワンルーム仕様だ。ドアや床、壁を写した「居間」の写真も載っている。月額賃料は共益費込みで9000円(敷金・礼金なし)と格安だ。

 たった1畳の居間でも、折りたたみ式の机を置き、体操座りで眠り、トイレは周辺の住民に借りれば住めるかもしれない。「座って半畳、寝て1畳」と言うし……などと想像をめぐらしつつ、掲載元の賃貸住宅サービスに、どういう物件なのか聞いてみた。



物件のパノラマ画像を見る機能を使い、部屋の壁や床、天井を確認できる 回答は、「この物件は住居ではなく、トランクルームです」。

 ……ですよね。内装画像のタイトルが「居間」となっているのは、システム上「居間」と入れないと画像登録ができないためだそうだ。

 というわけでこの物件には住めないことが判明したが、もし1畳の格安ワンルーム物件が市街地中心部に実在したら、終電を逃して帰れなくなった時の寝場所や、集中したい時の作業場として便利に使えるかも!?

 

なかなか想像力をかきたてる物件だな・・・。これはこれで住めたら(住めなくても)面白そうではある。

| | Comments (4) | TrackBack (1)

Dec 21, 2009

仕事の優先度が付けられない人へ――「時刻表示のないスケジューラ」のススメ

仕事の優先度が付けられない人へ――「時刻表示のないスケジューラ」のススメ (1/2)

ジャストシステムの「山積みスケジューラ」は、スケジューラなのに時刻表示ができない。だが、そこがポイントなのだ。万人向けではないが、ハマる人はハマる――そんなタスク管理ツールである。
[ スケジュールやタスクをどうやって管理するかというのは、ビジネスパーソンにとって永遠の課題だ。一般には、以下のようなやり方が望ましいとされている。

■タスクには締め切り時間を設けよう
■きちんと優先順位をつけよう
■長時間かかる大きなタスクは、短時間で済む小さなタスクに分解しよう
 ……分かっている。こうした手法が効果的だということは、分かってはいるのだ。しかし実際に習慣化するとなると、これがなかなか難しい。なぜか。

 将来の忙しさを見越してちょうどいい時期に締め切りを設定するのも、優先順位を決めたそばから新規タスクが割り込んでくるのも、タスク分解にかかる一手間も、どれもけっこう煩わしいものだからだ。

 こうして、結局は紙かテキストファイルにやるべきことを単に個条書きで並べてみただけで、「ま、とりあえずこれでいっか」ということになってしまうのである。

タスク管理の不満から生まれたツール
 そんなわけで筆者自身も、「何かそこらへんの問題が解決できるようなうまいやり方はないものか」「そしてそれをサポートしてくれるツールはないものか」とあれこれ探してきた。時には知り合いのソフトウェアメーカーさんに「そういうツール作ってくださいよ」とお願いもしてきた。すると数日前に「ホントに作ってみましたよ」という報が届いたのだ。それがジャストシステムの「山積みスケジューラ」である。

 これは「xfy Planner」というタスク管理ソフトで使えるリフィル(テンプレートファイルのようなもの)の一種だ。詳しい機能や使い方などは、開発者の山口さんのブログに書かれているので、ここでは山積みスケジューラの良い点と現状での不満点について触れてみたい。

 なお、xfy Plannerは月額利用料315円の有料ソフトなので、「お金を払ってまでタスク管理しなくても……」という人向けではない。とはいえ試用版も用意しているので、興味を持ったら30日間は無料で試してみることもできる。

時刻表示がないスケジューラ
 山積みスケジューラは、スケジューラなのに時刻表示がない。つまり、「●時~▲時の間にこの仕事を片付けよう」といった使い方ができない。メイン画面には日付だけが並び、時刻の目盛りがないバーティカルタイプの手帳のようだ。


メイン画面。画像では5日分を表示しているが、最小で1日、最大で10日分まで表示できる

 ではどうやってタスク(予定)を管理するかというと、所要時間を使う。タスクに登録できるのは、時刻ではなく所要時間。そのタスクを「いつ片づけるのか」ではなく、「片づけるのにどれくらいかかるのか」を登録していく。

 所要時間を登録したタスクは、画面右の「棚上げ中のタスク」に並ぶ。これをメイン画面にドラッグ&ドロップすると、所要時間に応じた大きさの「タスクブロック」を表示してくれるのだ。こうしてタスクブロックを“山積み”していく。


画面右にならぶ「棚上げ中のタスク」を、メイン画面にドラッグ&ドロップして登録していく

 要するに山積みスケジューラは、「この仕事は今日中に処理できるのか」あるいは「今日の仕事を全部片づけると、どれくらい時間が残るのか」を可視化するためのツールだ。これは大橋悦夫さんが発明したExcelツール「タスクシュート」と同じようなコンセプトと言える。

「タスクのリスケ」がなくなる
 このやり方でタスク管理をすると、いくつものメリットがある。

 既に述べたことだが、まずは「この仕事は今日中に処理できるのか」がすぐに判断できること。タスクブロックが多すぎて(長すぎて)1日分をはみだしてしまうとなれば、それはどうしても今日中に片づかない仕事があることを意味している。この場合、ドラッグ&ドロップでぐいっと別の日にタスクを移動してやればいい。つまり、積み上げた山の「山崩し」(プロジェクト管理でいう「Leveling:平準化」)がたやすい。

 次に、「タスクに優先順位を付ける必要がない」というのも大きなポイントだ。そもそもタスクの優先順位付けが面倒なのは、「割り込みタスク」が発生するたびに、優先順位を並び替えなければならない点にある。

 「この仕事は●時~▲時の間に片づけよう」と決めていても、それより優先度が高いと思えるタスクが割り込んできたら、いちいち“リスケ”しなければならないのだ。そんなことをするくらいなら、最初から時刻など登録しておかないほうがいい。山積みスケジューラが「時刻」ではなく「所要時間」でタスクを管理する意味が、ここにある。

 なお、「優先順位をあえて付けない」ことの利点は、永田豊志さんの過去記事で詳しくまとめられている。永田さんの言葉を借りれば「やるべきことはすべてやる」「“どれから手を付けるか”ではなく“どれをやらないか”を徹底する」ことが重要というわけだ。

確かに時間表示のないTODOリストnほうが実用的かもしれない。度重なるリスケにうんざりすることもあるし・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 20, 2009

「うるさいなあ」「詰めて座れよ」……駅や電車内で迷惑だと感じること

「うるさいなあ」「詰めて座れよ」……駅や電車内で迷惑だと感じること

駅や電車内で「迷惑だなあ」と感じたことがある人も多いはず。迷惑だと感じる行為を聞いたところ、「騒々しい会話、はしゃぎまわりなど」がトップだった。日本民営鉄道協会調べ。
[ 駅や電車内で「迷惑だなあ」と感じることは何ですか? 日本民営鉄道協会の調査によると「騒々しい会話、はしゃぎまわりなど」(31.3%)がトップ、次いで「ヘッドフォンからの音もれ」(30.9%)、「座席の座り方」(30.2%)、「携帯電話の着信音や通話」(28.0%)であることが分かった。「騒々しい会話、はしぎまわりなど」(昨年3位)、「ヘッドフォンからの音もれ」(同5位)は昨年よりランクアップ。さらに「携帯電話の着信音や通話」が5位に入るなど、音に関する迷惑行為が上位に並んだ。


駅や電車内で迷惑に感じること(出典:日本民営鉄道協会) インターネットによる調査で、4247人が回答した。調査期間は10月1日から11月30日まで。

座席の座り方のうち、迷惑に感じる行為
 座席の座り方で、最も迷惑に感じる行為は? この質問に対し、「座席をつめて座らない」(48.8%)がトップ。次いで「座りながら足を伸ばす・広げる・組む」(33.7%)、「お年寄りや身体の不自由な方、妊婦の方などに席を譲らない」(6.6%)という結果に。


「座席の座り方」のうち、最も迷惑に感じる行為(出典:日本民営鉄道協会) また電車を乗り降りするときに、迷惑に感じる行為を聞いたところ「降りる人を待たずに乗り込む」(39.8%)が最も多かった。このほか「扉付近で立っていて、乗り降りを妨げる」(28.1%)、「乗降時に横から割り込む」(18.6%)が続いた。

比較的アンケート結果は普通のものに。やはり音関係でクレーム多い??

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 19, 2009

「縛らなくても解約率は上がらない」――“業界最安”で攻めるUQの戦略

「縛らなくても解約率は上がらない」――“業界最安”で攻めるUQの戦略

月額380~4980円という2段階制の料金プランを発表したUQコミュニケーションズ。同社代表取締役社長の田中孝司氏は、この業界最安の料金プランのほか、「急速に拡大が進んでいる」というエリアも大きな強みになるとアピールした。
 「業界最安の料金プランとして自信を持って提供したい」とUQコミュニケーションズ 代表取締役社長の田中孝司氏が話す同社の「UQ Step」は、基本料金380~4980円でWiMAXを利用できる2段階制の料金プランだ。同社はこれまで日額600円の「UQ 1Dayプラン」と、月額4480円の「UQ Flat」を提供しているが、これに新しいプランが加わることになる。


新料金プラン「UQ Step」の詳細(写真=左)。3つの料金プランについて。毎月コンスタントにインターネットを利用する場合、UQ Flat(月額4480円)の方がUQ Stepの上限額(4980円)よりも安い(写真=右)
UQコミュニケーションズ 代表取締役社長 田中孝司氏 2段階制の料金プランについては、ワイヤレスジャパン2009でも田中氏から今後提供する旨の発言が出たが、「非常に多くの反響をいただいた」という。そうした背景もあり、データ通信の定額プランとしては最安値を実現した。他社のプランよりも下限額(380円)と上限額(4980円)がいずれも1000円以上安く、期間拘束のある割引サービスを加えた他社のプランと比較しても、最安か同額となっている。イー・モバイルの「スーパーライトデータプラン」+「年とく割2」の基本料金は月額580~4980円で、上限の4980円はUQ Stepと同額だが、下限の580円はUQ Stepよりも200円高い。

 また、田中氏はUQ Stepには利用期間の拘束がないことも魅力的だとアピールする。他社は、解約すると契約解除料が発生する割引サービスを提供しているが、UQ WiMAXに同様のサービスはない。田中氏は「利用期間を拘束するのは解約率を下げるため。料金が安く、エリアが広ければ、利用期間を縛らなくても解約率は上がらない」と自信を見せる。


他社の料金プランと比較すると、UQ Stepの方が1000円以上安い(写真=左)。他社の割引サービスを加えたプランと比べても、UQ Stepは同額か安い(写真=中)。MVNO向けの卸料金も発表された(写真=右)
 田中氏は、モバイルインターネットでは「エリア」「速度」「端末」「料金」の4つが重要だと説明。エリアは2009年12月15日時点で45都道府県と330市町村をカバーするほか、基地局は12月15日時点で4160局を開設。「基地局はUQ WiMAXのトライアルを開始した(2009年)2月26日には500余りだった。2009年度末までに6000局を開設する予定だが、7000局以上になるのではないか」と、田中氏は急速にエリア整備が進んでいる状況を説明した。

 とはいえ、「サービス開始当初はなかなかスムーズに基地局を開設できなかった」と田中氏は振り返る。基地局の開設には、申請やビルのオーナーの承諾など多くのプロセスが存在する。加えて、2009年7~9月は基地局の部品に障害が多数発生し、その改善に時間がかかったという。だが障害の解消を含め、基地局開設のプロセスの短期化に尽力したことで、10月以降は建設済みの基地局が増加し、11月にほぼ後れを取り戻すことに成功した。「UQは最初はつながらなかったけど、最近はつながるようになったという話をいただいている」と田中氏は手応えを感じている。「2010年の早い段階で、競合他社の基地局数を超える予定」だという。


モバイルインターネットサービスで必要な4つの要素(写真=左)。2009年12月15日時点で45都道府県と330市町村をカバーするほか、基地局は12月15日時点で4160局を開設した(写真=中)。2009年10月から開局数が増えており、今後も毎月1000局を目標に建設を進めていく(写真=右)
基地局の電波許可数についての他社との比較(写真=左)。2009年11~12月に拡大した主なエリア(写真=右)
札幌市と仙台市のエリア状況。紫色の部分がカバーしているエリア(以下同)
岡山市と金沢市のエリア状況
 エリアの整備は屋外から着手し、つながりにくい不感地で電波の角度を調整、ビル間に小規模の基地局を設置することで穴を埋めていく。駅や高速道路の整備も並行して進める。屋内については現在、レピータ(中継装置)を開発中で、「法人向けか個人向けか、ビジネスモデルを検討している」(田中氏)という。


屋外でのエリア整備の流れ(写真=左)。成田エクスプレス「N'EX」の新型車両で、無線LANを利用するためのレピータを設置する予定(写真=右)
高速道路のカバーも進めている(写真=左)。屋内向けのレピータも開発中(写真=右)
 端末は現在、データ端末とWiMAX内蔵ノートPCを提供している。「内蔵PCのユーザーは加入者の10%ほどだが、今後は内蔵PCの比率が上がる」と田中氏は見ている。同氏は内蔵PCのメリットは「PCに端末を装着する必要がないこと」「アンテナが大きいので電波感度が良好」「起動後すぐに接続できること」だと説明。現在、WiMAX内蔵PCは6メーカーから16機種が発売されており、2010年1月の新機種発売により、計20機種を超える予定だ。「WiMAX内蔵PCの便利さは使ってみないと分からない。今後は“外付け”から“内蔵”にシフトするだろう」(田中氏)


WiMAX搭載PCは、データ端末不要でインターネットに接続できることと、データ端末よりも高感度なのがメリットだ(写真=左)。2010年1月の新機種発表により、WiMAX搭載PCは20機種以上がそろう予定(写真=右)
 2010年はさらなるエリア拡大に努め、屋外は2010年3月までに政令指定都市と県庁所在地をカバー、2011年3月までにそのほかの都市や周辺をカバーする予定。屋内は超小型基地局やレピータを用いてカバー範囲を広げていく。WiMAX搭載PCの普及にも努める。「今後はWiMAXを搭載したNetbookも発売する予定」(田中氏)

 さらに、2010年の春をめどに、海外WiMAX事業者と連携した国際ローミングの開始も予定している。すでに米国のClearwire CommunicationsとロシアのYotaと協議を進めているほか、他国での展開も検討している。さらに、具体的なサービス内容は明かさなかったが、「これがWiMAXらしい、という新しい使い方を2010年に提案したい」と田中氏は説明。続報を待ちたい。

安くなるのは大いに結構。解約がしやすいというのも悪くない。一方、ビルの中等の通信状況にどうも不安もなきにしもあらず・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

Dec 15, 2009

「Kindle for iPhone」、日本でもリリース

ニュース
「Kindle for iPhone」、日本でもリリース

Kindle向けの電子書籍を閲覧できるiPhoneアプリが日本など米国外の国でも公開された。
2009年12月14日 17時10分 更新
 米Amazonは12月14日、iPhone用の電子書籍閲覧ソフト「Kindle for iPhone」を日本を含め60カ国以上でリリースした。App Storeから無料でダウンロードできる。

 同ソフトはiPhoneおよびiPod touchに対応し、Kindle Storeにアクセスして電子書籍を購入し、閲覧できる。電子書籍の最初の部分を購入前に無料で試し読みすることや、Kindleデバイス、Kindle for PCとのブックマークの同期も可能だ。

KINDLEを使う人は日本では未知数ではあるが、数年すればこれがスタンダードになっているかも・・・。本屋には脅威??

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Dec 14, 2009

そっくりさんロボット福袋、2010万円 そごう・西武で販売

そっくりさんロボット福袋、2010万円 そごう・西武で販売

そごう・西武が新春福袋として“本人そっくりのロボット”を作ることができる権利を販売する。2010万円だ。
2009年12月11日 14時17分 更新

ココロが開発した接客ロボット「アクトロイド」 百貨店大手のそごう・西武は11日、新春福袋として“本人そっくりのロボット”を作ることができる権利を、来年1月1~3日まで全国のそごうや西武など28店舗で抽選で販売すると発表した。2人限定で、価格は2010万円。

 受付などができる接客ロボット「アクトロイド」を製作し話題を集めたロボット開発会社のココロ(東京都羽村市)が、一般販売していないロボットを完全受注で製作する。

 ロボットは男女問わず、顔から体形、髪形、まつげ、眼球まで当選者の希望に合わせて作り上げる。顔の表情や上半身が動くほか、声も録音して本人のようにしゃべる。

 今回の福袋についてそごう・西武は「話題作りもあるが、販促目的のため企業経営者などの需要もあるのでは」と期待している。

 1月2、3日にはそごう神戸店(神戸市中央区)と同大宮店(さいたま市大宮区)に実物のアクトロイドを展示する予定。

これはこれですごい権利なのだろうが、2000万円も費やす酔狂な方ははたしてどれだけいることやら・・・。

| | Comments (2) | TrackBack (2)

Dec 13, 2009

第21鉄 デジタルな汽車旅はいかが? 「A列車で行こう9」でお好みに (6/6)

第21鉄 デジタルな汽車旅はいかが? 「A列車で行こう9」でお好みに (6/6)

   
 

運用できる編成は最大100本とのこと。これも前作の60本から大幅増となった。ちなみに実際の山手線のE231系電車は52本が配置されているそうだ。この中には定期検査や予備車として走らない編成もあるから、1日の稼働本数は50本以下と思われる。マップが10キロ四方と限られていることから考えれば、100本は必要十分な数かもしれない。限られた資源でいかに利益を追求するか。そこも経営シミュレーションゲームの楽しいところだ。


用地買収が難しい街では地下鉄を開通させよう(左)、SLやまぐち号が行く(右)

 製作発表会では鳥のようにマップを飛びつつ街を眺める機能が紹介されていた。このほかに、前作で好評だった車窓モードも搭載されている。列車とバス、両方の視点を楽しめるという。自分が作った街を、自分の鉄道の列車の窓から眺める。こんなぜいたくな旅がほかにあるだろうか。JR東日本がVIP用団体専用車両として製造したE655系も収録されているとのことなので、これはぜひ、社長専用車として走らせてみたい。

線路の敷設パターンが大きく広がった
 今作から線路の敷設パターンが大きく広がった。カーブは半径によって10種類。ポイントも分岐角度が10種類。渡り線は4種類ずつ。勾配はやや緩やかに。始発駅は終端式ホームを持つ。地上駅や高架駅は対向式ホーム型と島式ホーム型を選択できる。


A列車で行こうは伝統?のゲームだが一度もプレーしたことないなー。根強いファンがいるから9まで続編ができるんだろうが・・・。

| | Comments (9) | TrackBack (0)

Dec 12, 2009

“コピペ論文”を判別 「コピペルナー」

“コピペ論文”を判別 「コピペルナー」

リポートや論文などをWebサイトや文献からまるまる“コピペ”していないかを判定するソフト「コピペルナー」が登場した。
2009年12月11日 19時07分 更新
 ソフトウェア開発のアンク(東京都新宿区)は12月11日、リポートや論文などのテキストを、Webサイトや文献からまるまる“コピペ”していないかを判定するソフト「コピペルナー」の予約受け付けを開始した。12月下旬に発売する。

 テキストを読み込んだ上で、Webサイトや文献データベースを検索。同じ文章や似た文章がないかを解析し、コピペと思われる文章の割合やコピー元の文献を表示するほか、コピペ部を色付きで表示。複数のテキストを読み込み、どれくらい似ているか示すこともできる。

 金沢工業大学知的財産科学研究センター長の杉光一成教授が考案、アンクが開発した。杉光教授は「ソフトを販売することで、学生が『どうせコピペしてもばれてしまうから自分で考えてリポートを書こう』と思ってくれれば大成功だと思う」とコメントしている。

 価格は、教育機関向けのスタンダード版が1ユーザー当たり4万5675円。機能を制限したスターター版が同9450円、ビジネス向けのスタンダード版が同6万7200円。

コピペはこれでサーチされても剽窃ならOK??どんなギミックかはわからないけれどこんなソフトが商用で出るくらいだから論文コピペは相当多いのだろう・・・。

| | Comments (922) | TrackBack (0)

Dec 10, 2009

30代の63.7%は「失業するかもしれない」

30代の63.7%は「失業するかもしれない」

今年の世帯収入について、昨年よりも増えたという人はどのくらいいるのだろうか。20~40代の人に聞いたところ、「多くなった」という人は15.0%。一方「少なくなった」は51.3%と半数を超えていることが分かった。アイシェア調べ。
[Business Media 誠]PR:特集:東京都温室効果ガス排出総量規制に迫る-環境メディア
PR:カカクコムOB訪問記★「走りながら武器を取れ」 - 就ラボ  今年も残すところあとわずかになったが、今年1年の家庭の経済状況はどのように変化したのだろうか。昨年に比べ、金銭的に「とても余裕がなくなった」(33.1%)と「少し余裕がなくなった」(43.2%)を合わせると、76.2%の人は“余裕がなくなっている”ことが、アイシェアの調査で分かった。


(出典:アイシェア) 今年の世帯収入について、昨年よりも増えたという人はどのくらいいるのだろうか。昨年と比較して「多くなった(とても多くなった+少し多くなった」という人は15.0%にとどまった。「変わらない」という人は33.7%、「少なくなった(とても少なくなった+少し少なくなった)」は51.3%。「半数を超える人が昨年よりも収入の減少を実感しており、家計の厳しい状況を裏付けた」(アイシェア)

 インターネットによる調査で、20~40代の男女505人が回答した。調査期間は11月18日から11月24日まで。

収入アップを目的に転職しますか?
 来年の世帯収入は今年と比べてどうなると考えているのだろうか。今年より「多くなると思う(とても多くなると思う+少し多くなると思う)」としたのは16.3%。「少なくなると思う(とても少なくなると思う+少し少なくなると思う」は40.0%、 43.8%の人が「変わらない」と回答した。「今年1年の世帯収入に対する評価よりはやや好転しているものの、来年も厳しい状況が続くという予想が多いようだ」(アイシェア)


(出典:アイシェア) また家族で最も収入を得ている人が、「失業するかもしれない」と感じている人はどのくらいいるのだろうか。失業の可能性が「ある」と答えた人は59.4%。中でも30代では63.7%と多く、「先行きの見えない雇用と経営への不安が明らかとなった」(同)としている。

 収入アップの目的で来年中に自身が就職・転職する予定がありますか? この質問に対し、予定が「ある」(5.9%)と「現在検討している」(20.4%)を合わせた、就職・転職予定がある人は26.3%。一方、予定が「ない」としたのは28.3%だったが、「ない(今後検討するかもしれない)」という人は45.3%と、今後検討の可能性がある人も多いようだ。

この経済情勢ではこの懸念も当然かと・・・。そもそも収入アップの転職というのはなんとも考えにくい・・・・。

| | Comments (251) | TrackBack (1)

Dec 09, 2009

「会社を辞めたい」と感じているのは、どの業種で働いている人?

「会社を辞めたい」と感じているのは、どの業種で働いている人?

あなたはいまの会社で働いていることに、誇りを感じていますか? 「誇りに感じている」と「誇りに感じていない」という人はほぼ同じという結果に。業種別で見てみると、誇りに感じているのは「電力・ガス・水道」で働いている人が多かった。ネットマイル調べ。
[ あなたはいまの会社を辞めたいですか? 20代以上のビジネスパーソン(自営業者を除く)に聞いたところ、42.1%の人が「辞めたい」と回答していることが、ネットマイルの調査で分かった。業種別で見てみると、「マスコミ・広告・出版・印刷系」(50.4%)で働いている人が最も多く、次いで「金融・保険系」「食品・飲食系」「医療・福祉系」(いずれも47.2%)が続いた。

 同社が2008年に実施した調査で、「辞めたい」と答えた人が最も多かったのは「衣料・雑貨・日用品」、次いで「医療・福祉系」「商社系」だった(関連記事)。ちなみに今年1位となった「マスコミ・広告・出版・印刷系」は、2007年の調査では上位にランクインしたものの、2008年には回答率が下がっていた。

 一方「会社を辞めたくない」と感じている人が多いのは、どの業種だろうか。最も多かったのは「電力・ガス・水道」で35.8%、次いで「教育」(34.1%)、「団体・連合会・官公庁」(33.4%)という結果に。2008年の調査で、最も多かったのは「電力・ガス・水道」、以下「専門コンサル系」「団体・連合会・官公庁」だった。


グラフは「会社を辞めてしまいたいと思うことはほとんどない」という質問に対するもの(クリックしてすべてを表示、出典:ネットマイル) インターネットによる調査で、20代以上のビジネスパーソン(自営業を除く)7086人が回答した。調査期間は11月6日から11月10日まで。

社員であることに誇りを感じていますか?
 いまの会社で働いていることを「誇りに感じている」という人はどのくらいいるのだろうか。「誇りに感じている」(29.5%)と「誇りに感じていない」(30.4%)という人はほぼ同じ。業種別に見て、「誇りを感じている」という人が多かったのは「電力・ガス・水道」で43.4%。このほか「教育」(39.5%)、「専門コンサルタント」(39.4%)と続いた。

 一方「誇りに感じていない」と答えた人が最も多かったのは「運輸・鉄道、配送・物流」で40.0%。以下「マスコミ・広告・印刷系」(38.1%)、「流通・卸・小売系」(34.2%)という結果に。

 比較的に高給と呼ばれている業界にやめたがっている人が多く、のんびり?系の職場のほうが居心地が良い??世の中やりがいや給与だけでない??

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 08, 2009

メール、Twitter、音楽にビデオ――改めて「BlackBerry Bold」に注目する

メール、Twitter、音楽にビデオ――改めて「BlackBerry Bold」に注目する (3/3)
前のページへ 1|2|3       

Twitterクライアントも選べる――粒ぞろいのアプリケーション
 マルチメディア機能同様、ビジネス志向からはなかなか想像できないかもしれないが、シェアウェアやフリーウェアも含めたアプリケーションの多さも魅力だ。例えば定番ものだけでもざっと挙げると、Googleからは内蔵GPSを利用できる「Google Maps」(日本語対応)、アドレス帳やスケジュールを同期できる「Google Sync」も提供されているし、Windows Mobile端末やSymbian OS端末ではおなじみのWebブラウザ「Opera」もある。

 国内向けのサービスとして「NAVITIME」(有料)、「産経ニュース for BlackBerry Bold」などが提供されているし、再生できるのはモバイル版に限られるがYouTubeクライアントも複数存在する。表示が日本語化されていないアプリも多いとはいえ、日本語の扱いそのものは問題ないことも多い。


モバイル端末向け定番ブラウザの1つ、OperaMini 4.2。縮小表示と詳細表示を自在に切り替えてPCのブラウザのようにサイトを閲覧できる。さらに機能が進化した5.0のβ版の配布も始まっている
国内向けサービスのNAVITIME。決済がクレジットカードになる点を除けば携帯電話向けと同等のサービスが提供されている。もちろんメニューも地図もトラックボールで操作可能。3D地図表示(スカイビュー)にも対応している
産経ニュース for BlackBerry Bold。ヘッドラインの一覧→本文とたどって読みたい記事だけを読める。ダウンロード済みの記事はネットワークがつながらない地下鉄車内などでも読める
 今どきだと気になるTwitterクライアントも豊富だ。ブラウザ経由でもTwitterは利用できるが、PCでもそうであるように、専用アプリを利用すれば格段に快適に使える。BlackBerry向けの公式アプリケーションストアである「BlackBerry App World」(但し現状では、有料アプリは英語圏のみで販売、無償アプリのダウンロードは日本でも可能)で検索するだけでも10以上のクライアントが確認できる。

 筆者はUberTwitter(無料版)を利用しているが、日本語が問題なく扱えることはもちろん、静止画、動画の投稿も可能で、フォロー、アンフォロー、ブロックといった操作も簡単に行える。内蔵GPSを利用した位置情報の付加も可能だ。またショートカットもスペースでページ送り、「T」で一覧先頭、「B」で一覧末尾とBlackBerry端末らしい操作が可能で、スクロールも非常に高速なので移動中につぶやきを見るだけなら片手でサクサク操作できる。積極的につぶやく際にもQWERTYキーボードの存在は大きく、Twitterのモバイル利用には非常に魅力的な端末だ。


UberTwitterのつぶやき一覧画面。アイコン表示にももちろん対応しており、一覧性と情報量のバランスも良好だ。日本語の表示で不具合を感じたことは一切ない。メニュー操作ももちろんBlackBerryの作法に合わせたものだ
つぶやきの入力時には入力可能な残り文字数も表示。写真や動画の投稿や、URLの短縮化などもサポートしている
UberTwiterをインストールすると、写真一覧で写真を選択し、つぶやき入力の画面を呼び出すことも可能。撮影した写真をすばやくつぶやきとともに投稿できる。新しいつぶやきの有無は待受画面でも確認可能。アイコンを表示しておけばアイコンでも通知される
容易には語りつくせない魅力を持つBlackBerry Bold
 かいつまむ形でBlackBerry Boldの魅力を紹介してみたが、もちろんほかにも魅力的な部分は多い。例えばビジネス利用を強く意識したものだが、プリセットだけで6つが準備された動作音やバイブレーターなどの動作モード、専用ホルスター装着時に変更できる着信音などは、ビジネスシーンはもちろん、プライベートユースでもスマートな使いこなしを可能にしてくれる。無線LAN機能は802.1x認証にも対応し、公衆無線LANへの自動ログインも可能だ。また文字入力を除けば、トラックボールとその左右のキーだけでほとんどの操作が可能な点もよくできている。これは標準機能だけでなくアプリでもほぼ共通で、片手での操作でさまざまな情報にすばやくアクセスできる。とにかくスペックでは分からない魅力が多いのだ。


着信音やバイブレーターの動作などを筆頭に、さまざまなカスタマイズができるプロファイルが標準で5通りプリセットされている。メールならメールアカウント毎に着音やバイブレーターの動作設定ができるほか、ホルスター装着中とそれ以外でも動作の変更ができる。ここまで細かく設定ができるスマートフォンはBlackBerryをのぞけばそうないだろう
 すでに文中でも触れたが、BlackBerry Boldは単にQWERTYキーボードを備えるのではなく、ソフトウェアも含めて熟成された操作性と機能性を持ち、その上に強力なAV機能と豊富なアプリがそろっているスマートフォンだ。国内においては、FOMAネットワークに対応し、地方部のFOMAプラスエリア(800MHz)にももちろん対応しているので、エリアの心配をすることなく3Gネットワークを利用できる。いつでもどこでも使える、強力なメール端末としてだけ見ても、十分に魅力的な存在だ。ケータイメールの使い勝手に不満を持っているなら、一度BlackBerry Boldの活用を検討してみてはどうだろうか。

完成度も高い良い端末であるが、IPHONEのアプリの数を見てしまうとインパクトはもうひとつ??

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 06, 2009

グーグル、ひそかに「Google Dictionary」を提供開始

グーグル、ひそかに「Google Dictionary」を提供開始
2009/12/04 17:43

..ブックマークの表示と登録
トラックバック(1)
コメント(0)
ブックマーク(171)
. 

Googleがひそかに「Google Dictionary」を提供開始した。単語を入力すると、発音記号や意味、熟語などを表示してくれるほか、画像検索結果やWikipediaなどの説明へ誘導してくれる。英語、フランス語、スペイン語、韓国語、タイ語など28言語に対応するが、現在のところ日本語には対応していなさそうだ。対象言語をプルダウンメニューから選択することで、英英辞書として使用できるだけでなく、英仏や独英などの辞書としても利用することができるようになっている

いずれ言語間の辞書もGOOGLEのサービスだけで完結してしまうのではないか??

| | Comments (1) | TrackBack (0)

同じ番組を見ている人とつぶやき共有「ピーチク」

同じ番組を見ている人とつぶやき共有「ピーチク」

同じテレビ番組を見ている人とTwitterのつぶやきを共有できる「ピーチク」がスタートした。
2009年12月04日 18時57分 更新

ピーチク 同じテレビ番組を見ている人と、番組についてのつぶやきをリアルタイムに共有できるTwitter連携サービス「ピーチク」が12月4日にスタートした。

 Twitter IDでログインして認証作業(OAuth認証)すると、放送局ごとに分かれたタイムラインにつぶやきを投稿できる。同じつぶやきは、自分のTwitterタイムライン上にも流れる。

 NHKと在京キー局5局のほか、関東圏のラジオ8局にも対応。放送中の番組名も表示しており、今どの番組がどういう内容で盛り上がっているかが分かるようになっている。

 アライドアーキテクツとオレンジ・アンド・パートナーズ(東京都港区、小山薫堂社長)が開発した。同じ番組を見ている人同士で感想を共有することで、「お茶の間でのテレビ鑑賞をネット上で実現する」としている。

 今後は、番組のどの部分に視聴者が反応したかを分析し、番組制作に生かすためのツールとしての活用も視野に開発を進める。

スポーツのときなどに威力を発揮しそう・・・。140字というのが絶妙だな・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 05, 2009

「新聞社が苦しいのはGoogleのせいではない」とシュミットCEO

ニュース
「新聞社が苦しいのはGoogleのせいではない」とシュミットCEO

新聞社や出版社の間では、Googleなどの検索エンジンがコンテンツにただ乗りしていると非難する論調が高まっているが、GoogleのシュミットCEOはそれに反論している。(ロイター)
2009年12月04日 15時49分 更新
 ニュース業界が問題を抱えているのはGoogleのせいではないが、Googleは出版社がオンライン時代への移行を乗り切れるよう支援することに力を入れている。Googleのエリック・シュミットCEOがこのように語っている。

 出版社は、従来の広告モデルや有料購読モデルを含め、Webニュースから収益を上げる新たな手段を模索する必要があると、シュミット氏はWall Steet Journalに寄稿した意見記事で述べている。

 「売り上げの減少やリソースの縮小で不満を抱えた新聞社の幹部は、責められる相手を探している」と同氏は12月3日付の記事で話している。

 「今、彼らの怒りの大部分はGoogleに向けられている。出版社の幹部の多くは、Googleはさしたる見返りも提供せずに、(出版社の)ビジネス関係から生まれる利益をすべて自分のものにしていると考えている」とシュミット氏は述べている。「事実を見れば、そうではないことが分かるはずだ」

 Googleの検索エンジンでニュース記事と一緒に表示される広告からの収入は、Googleの売上高全体のうち「ごくわずか」だと同氏は言う。

 もっと簡単に読者にリーチし、読者をより長く引き留める新しい技術の開発が出版社にとっては重要だと同氏。

 Googleは世界最大の検索エンジンで、年間売上高は約220億ドル。

 シュミット氏のコメントは、出版社がGoogleなどの検索エンジンに対して次第に敵対的な論調になる中で発表されたものだ。

 先月にはNews Corp.のルパート・マードックCEOが、同社のWebコンテンツにGoogleの検索エンジンがアクセスできないようにすると脅しをかけた。

 Googleは先に、News Corp.のWall Street Journalのような有料オンラインコンテンツを提供する出版社が、WebユーザーがGoogle検索経由で記事を無料閲覧できる回数を制限できる技術に変更を加えた。

 新聞社がコンテンツに課金している場合でも、Google経由で個々のニュース記事にアクセスした場合は無料で閲覧できる。

 「新聞社がオンラインコンテンツから収益を上げるのが以前から困難であったことは認める」とシュミット氏。「だが、新聞業界が今抱えている問題の原因が1つだけではないのと同じように、解決策も1つではない」

 同氏は、2015年には、消費者が電子新聞を今の紙の新聞と同じくらい簡単に、手早くめくって読めるようになると想像している。消費者が一部の記事を有料購読し、ほかの記事は無料のプレビューを読んでから「少額」を支払って全文を読む、といったこともあるかもしれないと予想している。

 広告、特に個々の読者に合わせたターゲット広告付きで、無料で提供される記事もあるだろうと同氏は言う。

 シュミット氏は以前、一般ニュースの出版社がWebコンテンツに課金するのは難しいだろうと示唆していた。

 同氏は9月に英放送局幹部とのビデオ会議で、ビジネスニュースなどのニッチコンテンツを提供する企業はコンテンツに課金できるかもしれないと語った。だが、無料で読める一般ニュースがWebに多数あることから、主流の出版社がコンテンツの有料化を正当化するのは難しいだろうと同氏は話していた。

GOOGLEのせいで既存マスコミが凋落したというのは言いすぎだが、ネットが一要因であるのは間違いなし。GOOGLEも共存の道を考えないとコンテンツの供給先がなくなるのは望ましい結果でもないだろう・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Dec 04, 2009

MSとNews Corp.の提携のうわさにもGoogleは余裕の態度

MSとNews Corp.の提携のうわさにもGoogleは余裕の態度

News Corp.がGoogleからニュースコンテンツを引き上げるといううわさの渦中で、Googleは「どうぞご自由に」とばかりに新クローラーを発表した。実際のところ、コンテンツ除外のメリットはあるだろうか?
[Nicholas Kolakowski,eWEEK]2009年12月03日 17時24分 更新


 インターネットでは先週、米News Corp.と米Microsoftとの交渉のうわさで持ち切りだったようだ。交渉の内容は、MicrosoftがNews Corp.に報酬を支払う代わりに、Wall Street JournalなどのサイトをGoogleの検索結果から除外するというものだ。その後の記事によると、当初の報道は誇張されたものであったようだが、わたしはこういった動き自体に疑問を抱いている――「Googleの検索からの除外、というよりはBingへの独占掲載は、ルパート・マードック氏とMicrosoftにとどんな成果をもたらすのか」という疑問だ。

 一部のアナリストの意見を信じるとすれば、この作戦はあまり効果がなさそうだ。Search Engine Landサイトを運営するダニー・サリバン氏は、この提携により、Wall Street Journalは1日当たり100万人近くの読者を失う可能性があり、News Corp.はその代償をBingからの直接的な支払いという形で求めると予想している。一方、Hitwiseの推定によれば、Wall Street Journalのトラフィックの約25%は、Google検索とGoogle Newsの貢献によるものだ。この部分がなくなれば、News Corp.の主力コンテンツのトラフィックが激減することになるだろう。しかも、Wall Street Journalの記事が掲載される検索エンジンBingは、米国の検索エンジン市場のシェアで2けたの壁をまだ突破していない。

 このため、News Corp.が自社のコンテンツをGoogleから除外するのを本当に望んだ場合、同社は少し困ったことになるだろう。それでもMicrosoftとマードック氏が(少なくとも仮説の上で)成功する可能性はあるのだろうか。

 もちろん可能性はある。それは、ほかのメディア各社が、自分たちのコンテンツがWeb上で無料でばらまかれているのに腹を立て、何らかの連合に参加することを決めた場合だ。つまり、CNN、New York Times、Reuters、Associated Press、Washington Postなど多数のメディアがすべて、それぞれのコンテンツをBingという排他的な壁の後ろに置くことに合意するということだ。だがそれは、エルビス・プレスリーが再び現れて、マディソン・スクェア・ガーデンで4回のコンサートを開催すると発表するときだろう――つまり絶対にあり得ないということだ。

 しかし検索エンジンの巨大企業Googleは、ニュースサイトの記事をGoogleから引き上げるというアイデアに危機感を抱いているようだ。同社は12月1日、ニュースメディア各社は「First Click Free」プログラムによって、Google Newsに表示される(あるいは表示されない)コンテンツをきめ細かくコントロールできるようにすると発表した。

 このプログラムを利用すれば、メディア各社は(理屈の上ではNews Corp.も含まれる)非登録会員が無料で閲覧できる記事を1日5本に制限することができ、例えばWall Street Journalの記事をその気になれば全部無料で読めるという問題に対処できる。Googleはさらに、Google Newsで特定の記事に「購読」というラベルを付けるという方法も採用するという。この問題に関するGoogleの公式ブログには、First Click Freeプログラムに関する詳細な説明が掲載されている。

 しかしGoogleはその一方で、メディア各社に対して「Google Newsからコンテンツを全面的に除外したいのならどうぞ」といった挑発的な姿勢も見せている。12月2日付のGoogle News Blogの記事で同社のシニアビジネスプロジェクトマネジャーのジョッシュ・コーエン氏は「新しいGoogle News Webクローラー」を紹介し、これによりパブリッシャーは「コンテンツをGoogle Newsから削除しても、Googleの検索結果に表示させるようにする」ことが可能になると述べている。

 「Google Newsに画像が表示されるのは困るが、Web検索結果には表示されるようにしたいだって?――やれよ」とコーエン氏は記している。「Google Newsにスニペット(抜粋部分)を表示したいだって?――どうぞご自由に」

 (「やれよ(Go ahead!)」か……。マウンテンビューの連中は、どうやらダーティハリーの気分にひたっているようだ。「楽しませてくれ(Make our day!)」とでも叫んでいるのだろう。)

 Microsoft(そしてマードック氏、あるいはほかのニュースメディア)が本気で成功したいのであれば、BingがGoogleの市場シェアを大きく浸食する必要がある。少なくともExperian Hitwiseの11月11日付の調査メモによれば、現時点で米国の検索エンジン市場におけるBingのシェアは約9.6%なのに対し、Googleは70.6%のシェアを握っている。MicrosoftとYahoo!の検索広告提携の契約手続きが2010年に完了し、Yahoo!の検索エンジン市場シェアがBingの方に移動すれば、Bingの市場シェアは26.7%に増加する(現時点でのデータに基づく)。

 この26.7%という数字は、70.6%というシェアを持つ企業の生存を脅かすには不十分だ。News Corp.はそのことを知っており、マードック氏がどれだけ騒ごうが、同社は世界最大の検索エンジンのニュース・Web検索結果に掲載されることを望むだろう。

 しかし、もしGoogleが何か致命的なミスを犯して同社の市場シェアが急激に低下し、また、Googleの最近の発表にもかかわらず、News Corp.などのパブリッシャーがGoogleのコンテンツ掲載に対してなぜか怒りの矛先を収めず、さらにMicrosoftがこれらのパブリッシャーをBingの排他的な壁の内側に引き込むだけの魅力を打ち出すことができれば、大きな話題になっている「Googleの検索リストから除外する」というアイデアが実際に何らかの重要性を帯びてくるかもしれない。

 しかしそこにはたくさんの“もし”がある。

 それにエルビスも、近いうちに「監獄ロック」を絶叫できる状況にはなさそうだ。

やはりまだまだGOOGLEのシェアの大きさを考えると、今回の提携でも脅かされることはなさそう。メディア企業が死に絶える前にネット系企業とうまく利益をシェアできる仕組みを作らないとコンテンツそものがおかしくなりそう・・・。

| | Comments (9) | TrackBack (0)

Dec 03, 2009

Twitter創設者、携帯電話をクレジットカード決済機にするサービスを発表

Twitter創設者、携帯電話をクレジットカード決済機にするサービスを発表

Twitter創設者の新事業「Square」は、高い決済手数料を払わなくても、誰でも携帯電話でクレジットカード支払いを受け付けられるようにする。
2009年12月02日 16時27分 更新
 Twitter創設者の1人ジャック・ドーシー氏が、新たなビジネス「Square」を立ち上げた。携帯電話をクレジットカード決済機にするサービスという。

 Squareは、クレジットカード決済会社と契約しなくても、誰でもクレジットカード支払いを受け付けられるようにするサービス。高い決済手数料を払えない小売店や、個人間での金銭のやりとりなどに有用だ。

 決済には、携帯電話(現時点ではiPhoneに対応)に差し込める小型のクレジットカード読み取り機を使う。読み取り機にカードを通すと、決済データが暗号化されてWi-Fiか3G経由で決済ネットワークに送られる。60ドルまでの決済が可能だ。支払者はレシートを電子メールや携帯メールで受け取る。支払者のアカウントを作成して処理を迅速化したり、写真による本人確認も可能という。


レシート
iPhoneのタッチスクリーンでサイン
 Squareはこのサービスの費用をまだ明らかにしていないが、「契約も月額料金も不要で、隠れたコストもない」としている。サービスは限定βの段階で、2010年初めに公開の予定だ。

日本では特に珍しいサービスでもないし・・・。セキュリティーにも問題ないのだろうか??

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 02, 2009

iPhone 3GS(16Gバイト)の実質負担額が0円に――「iPhone for everybodyキャンペーン」

iPhone 3GS(16Gバイト)の実質負担額が0円に――「iPhone for everybodyキャンペーン」

iPhone for everybodyキャンペーン」で、iPhone 3GS(16Gバイト)の実質負担額が0円になる。
 ソフトバンクモバイルは、12月4日から「iPhone for everybodyキャンペーン」で「iPhone 3GS(16Gバイト)」の実質負担額(分割支払金と月月割の差額)を0円とする。新規契約の場合、iPhone 3GS(16Gバイト)の実質負担額が0円に、iPhone 3GS(32Gバイト)の実質負担額が現在の960円/月から480円/月となる。期間は2010年1月31日まで。

 iPhone for everybodyキャンペーンは、ソフトバンクモバイルが実施しているiPhone 3G/3GS購入者向けのキャンペーン。新スーパーボーナス(24回分割払い)で新規契約をした場合、「月月割」として端末代金が割り引かれるほか、「パケット定額フル」の上限が5985円から4410円に割り引かれる。

 ipohneはキャズムを超えたか??まだ、マイナー感はぬぐえないが・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 01, 2009

ドラえもんからテトリスまで Googleの記念日ロゴまとめサイト

ドラえもんからテトリスまで Googleの記念日ロゴまとめサイト

ドラえもんやテトリスなど、Googleトップページに掲載された「ホリデーロゴ」を一覧できるサイトがオープンした。
2009年11月30日 17時53分 更新
 記念日などに世界のGoogleトップページに表示された「ホリデーロゴ」(英語名は「Doodle」)を、掲載年月別に一覧で見られるサイトをGoogleがオープンした。

 バーコードやテトリスなど世界共通のロゴ、ドラえもんや七夕など日本独自のロゴ、タイのお祭りなど各国のロゴを、年代から検索して閲覧できる。

GOOGLEのロゴはなかなか面白いが、世界各国でバージョンが違うとは・・・・。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

« November 2009 | Main | January 2010 »