« July 2009 | Main | September 2009 »

Aug 30, 2009

WBSのTwitter特集でデジタルガレージ株価が急騰

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0908/28/news070.htmlニュース
WBSのTwitter特集でデジタルガレージ株価が急騰

デジタルガレージの株価が27日から急騰中。テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」のTwitter特集が影響しているようだ。
2009年08月28日 16時23分 更新
 デジタルガレージの株価が8月27日から急騰し、28日終値も前日比1万900円高(+10%)の11万8900円に上昇した。26日夜にテレビ東京「ワールドビジネスサテライト」がTwitterを特集しており、日本語版を手がける同社への買いが集まったようだ。

 WBS放映後の27日、同社株価は値幅制限の上限(ストップ高)となる前日比1万円高の10万8000円に上昇。カルチュア・コンビニエンス・クラブとの資本提携を発表した翌日の14日に付けた終値の直近最高値10万5500円を超えた。27日も一時は12万7500円まで上昇する場面があった。

 WBSの特集では「“つぶやき”が生む新ビジネスとは」としてTwitterを取り上げ、シックス・アパート社員が活用している様子などを紹介した。

WBSあ取り上げただけで株価急騰とは、TVの影響もまだまだ捨てたものではないのう・・・。まあ、TWITTERみたいな知る人ぞ知るようなものを取り上げたからかもしれないが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 20, 2009

不況で一時帰休……休業手当はいくら?

不況で一時帰休……休業手当はいくら?


不況対策として、一時帰休などを行った企業はどのくらいあるのだろうか。上場企業に2009年1月~4月までの状況を聞いたところ、3社に1社は「何らかの対策を行った」と回答していることが分かった。労務行政研究所調べ。
[
 不況対策として社員の休業や時間外労働の抑制など、労働時間関連の施策を行った企業はどのくらいあるのだろうか。上場企業に2009年1月~4月までの状況を聞いたところ、「何らかの対策を実施した」という企業は33.7%に達していることが、民間調査機関の労務行政研究所の調査で分かった。具体的に行ったこととして「一時帰休・休業」(80.4%)が突出して多く、次いで「操業調整などのため年休の計画的付与」(16.3%)、「時間外労働の削減」(13.0%)と続いた。

 また「何らかの施策を実施した」企業を規模別に見てみると、1000人以上の大手企業が42.5%と高く、産業別では製造業が52.3%。実施した施策別では、生産拠点を持つ製造業で「一時帰休・休業」の実施率が9割に達した一方、非製造業は「時間外労働の削減」(50.0%)が最も多かった。


(出典:労務行政研究所)休業手当の支給割合

(出典:労務行政研究所) 一時帰休・休業を実施した企業は、休業手当などをどの程度行ったのだろうか。全体の89.2%が法定の下限(平均賃金の60%※)より高い水準で支給していることが明らかに。規模別で見ると、300人~399人規模で「法定の下限分を支給」という企業が19.0%となっているが、他の規模はいずれも下限より高い水準で支給しているようだ。

 休業手当の支給割合を見ると、最も多かったのが「100%」と「80%」で、それぞれ31.7%。次いで「60%」(12.1%)、「90%」(10.6%)、「95%」(7.6%)と続いた。

 郵送による調査で、上場企業を中心とする273社(製造業153社、非製造業120社)が回答した。調査期間は5月8日から6月30日まで。

※操業調整など使用者の責に帰すべき事由による休業の場合、使用者は労働者に対し、平均賃金の60%以上の休業手当を支給することが義務付けられている(労働基準法26条)。

一時帰休とはいえ、意外と手当ては出るものだなあ・・・。まあ、正社員であればあまり邪険にできないというところか・・・。

| | Comments (9) | TrackBack (0)

第31回 絞っても広げても優秀――「Google モバイル」の検索機能

第31回 絞っても広げても優秀――「Google モバイル」の検索機能

ケータイの「何となく知っていたけど使っていない」機能や、「実はこんな使い方もある」という活用法を取り上げる本コーナー。第31回では、Googleのケータイ向けサービス「Google モバイル」の中から検索機能を取り上げる。
 PCでGoogle関連のサービスをよく利用している人は、いつでもどこでもアクセスできる携帯版を利用するとさらに便利だ。この連載でも携帯版「Gmail」や「Google検索」などを解説してきたが、ほかにも「ニュース」「乗換案内」「Google マップ」「iGoogle」などのサービスをケータイで利用できる。そこで、Googleのモバイルサービスを効率よく使う方法を紹介しよう。今回は検索機能を説明する。

 Google モバイルのアクセスは http://m.google.jp から。利用料金は無料。Google モバイルのトップページにアクセスすると、利用できるGoogleサービス一覧が表示される。

たしかにケータイで検索機能はあまり使わない。そもそもある一定の年齢より上の人は使う機能は限定的ではないか??

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Aug 19, 2009

「理不尽」「悪法も法」──衆院選公示、“Twitter議員”もつぶやき停止

「理不尽」「悪法も法」──衆院選公示、“Twitter議員”もつぶやき停止

衆院選が公示され、各党の党首が街頭で第一声を上げたが、ネット上では各党・候補者とも沈黙している。いわゆる“Twitter議員”の候補者も一斉につぶやきをストップした。
2009年08月18日 16時30分 更新
 第45回衆院総選挙が8月18日に公示され、各党の党首が街頭で第一声を上げたが、ネット上では各党・候補者とも“沈黙”している。公示前はTwitterに積極的につぶやきを投稿していた候補者も一斉に投稿をストップ。公職選挙法がネットを使った選挙運動を禁じているためだ。

 「Twitterも今日で最後、理不尽な感じがします」「これでたぶん選挙前最後のつぶやき」「悪法も法なり、公職選挙法の規定により更新ストップします」――Twitterでひんぱんにつぶやいていた、いわゆる“Twitter議員”の3候補者はそれぞれ、17日夜のこんなつぶやきを最後にTwitterへの投稿を止めた。

 政治家のTwitter上のつぶやきを、時間ごとに区切って表示する日本の政治家@24oclocks.comを見てみると、衆院選候補者の18日以降のつぶやきが空白になっており、投稿を止めていることが分かる。

 ネットを使った選挙運動については、自民党・民主党とも解禁に積極的な姿勢を示している。Twitterでつぶやけない総選挙は、今回で最後になるのだろうか。

現実に政治家でTwitterを自発的にはじめた人などほとんどいないだろうし、影響力は限定的だろうに。選挙終わったらいずれにせよSTOPしそう。

| | Comments (0) | TrackBack (5)

Aug 16, 2009

今いる街の情報をケータイメールで取得――ココノインフォ

今いる街の情報をケータイメールで取得――ココノインフォ

パイプドビッツが、同社の位置情報サービスを利用した街情報検索サービス「ココノインフォ」を期間限定で提供。今いる場所の情報を、GPSケータイで手軽に取得できる。
2009年08月13日 15時35分 更新  パイプドビッツは、同社の位置情報サービス「GPSロケーションマッチ」を利用した街情報検索サービス「ココノインフォ」を2010年2月12日までの期間限定で提供する。

 街なかで空メールを送ると、位置情報を送信するためのURL入りメールが届き、「位置情報を送信する」を選んで現在地の情報を送ると、今いる場所の街の名前や特色、人口、世帯数、首長名などの各種情報がメールで送られてくる。

 このサービスは、同社がオンラインデータベースサービス「スパイラル」のオプションサービスとして提供している「GPSロケーションマッチ」の仕組みを使って試験的に提供するもので、ココノインフォを通じてサービスの特徴や用途を紹介するとしている。

もっと早くこの手のサービスが出てきても良かったような気もするが。タイムリーに情報提供してくれる意味合いを追加するには時間軸も必要だが・・。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Googleは消える (3/3)

Googleは消える (3/3)


前のページへ 1|2|3       
ほかの誰かなら
 

昨年度の総売上166億ドル、株価483.01ドル(8月25日現在)、時価総額1580億ドルのGoogleに対して辛らつな予測をすれば、読者は気でも狂ったかと思うだろう。しかし、わたしの稼ぎは、ほかの人と少し異なる視点を持つことによってもたらされる。2003年の夏、「Windows Vistaは2006年まで出荷されない」と予測したとき、わたしは人々の冷笑を浴びた。しかしどうだ。結局、MicrosoftがVistaを出荷したのは、それよりずっと後だったではないか。「Googleは消え去る」---それはまさにMicrosoftの願いだ。ただし、Googleがどこかへ行ってしまうわけではない。現在のコースより少し外れるだろう、というのがわたしの予測である。

 成功する企業には1つの共通した特徴がある。パーセプションの管理に長けていることだ。Googleは若い会社で、株価も高く、検索と検索広告市場で高いシェアを握っているため、それが容易だ。しかし、そうしたパーセプションには議論も多い。別の方向からGoogleを見れば、同社は最近の買収戦略のほぼすべてにおいて、企業価値を最大化することに失敗している。代表的な例としてはYouTubeがあるが、わが同僚のクリントはその他にも、GrandCentral、Jaiku、Postini、Zingkuなどのケースを挙げる。そしてAndroidだ。

 トラブルの兆しは他にもある。「GoogleはSECに提出した資料の中で、AOLに対する10億ドルの投資が減殺されたとしている。どうやら投資は失敗に終わったらしい」とクリントは言う。検索と検索広告は大ヒットしたが、Googleがメディア会社であったならば、もっと大きな成功を手にしていたかもしれない。

 Googleのコアビジネスに広がりはなく、深さも十分とは言えない。対照的に、MicrosoftやYahooは幅広い製品とサービスのポートフォリオを誇る。両社は今日、検索市場で成功していなくても、明日もっと別な場所で成功できるだろう。Googleはよほど大きな変化がない限り、そろそろ本質をさらけだすときが近づきつつある。もしまだすごいアイデアがあるというのなら、早くそれを見せてもらいたいものだ。

 Googleの問題は、他社の優れた技術を次々に飲み込んでいった結果、資産の大部分が混沌としてしまったことだ。GoogleはWebの仲介業者のようでもあり、自動車のセールスマンのようでもあり、金融ブローカーのようでもある。あるいはパラサイトのようだ、と言えるかもしれない。人々の情報を刈り取るグーグルの手法そのものにも限界がありそうだ。情報はエンドレスだが、人々が本当に必要としているものは少ない。成長の限界が明らかになってくれば、Googleもポジティブなパーセプションを維持することが難しくなるだろう。Googleの株価に真の姿が反映される日は、いつか必ずやって来る。

 Googleに関しては、笑えない皮肉がささやかれている。情報検索をビジネスにしている会社だけあって情報開示には慎重だ、というものだ。Googleの内部情報は厳重にガードされている。Googleの支配圏では、情報は常に一方通行である。同社のビジネスモデルを考えれば、それはあまり奇異なことではないのかもしれない。他者の情報をかき集め、利益を得ることにかけては、Googleの右に出るものはない。

 どうやら「it takes one to know one(分かるやつには分かる)」という言い回しは、Googleにも当てはまりそうだ。彼らは好奇の目から情報を保護するために、ほとんどディスクロージャーしない。そう、あなたの近所に住む詮索好きの人は、いつも自分の家のカーテンを閉めているだろう?

過去のニュース一覧はこちら

原文へのリンク

さすがにGOOGLEもコアな収益源を検索連動広告以外に見出せない状況にあってはこういう評価が出てくるのも止むを得ない。ここ数年は成長が止まっていると言っても過言でないし・・。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Aug 15, 2009

Twitterを使いながら改めて考える「情報の元にたどり着く努力の重要性」

Twitterを使いながら改めて考える「情報の元にたどり着く努力の重要性」

楽屋オチ 

世の中色んな情報が乱れ飛んでいるわけですが、ワタシ自身について言うと、Twitterのフォロワー経由で色んな情報が驚くほどの速さで伝わってくることがあります。情報の確度や真相については判らなくても、とにかく一報がそこでもたらされ、そのあとそれを確認するような位置づけで報道機関からの情報に触れたりします。でも、これが良いことなのかどうなのか、よくわかりません。しかも、多分一概にどうのこうのとは言えない世界だったりします。

Twitterはフォロワーが全て

Twitterをマーケティングに使おう見たいな話もそろそろ佳境に入りつつありますが、速報性を狙って欧米の通信社や報道機関が比較的早くから使っていたのは良く知られた話です。BBCやCNN、ロイターあたりは既に老舗といえるかもしれません。そして、おそらくこのあたりは間違いなくそれぞれが配信しているものだろうと思われます。

ただ、誰かが詐称していても、まったく良くわからない、というのがこの世界。既存のメディアと同じ名前でユーザーアカウントを作ってしまい、そのサイトの情報をRSSか何かで拾ってBOTで流すという動きがあるアカウントも実際に存在します。この場合、厳密には詐称なのでしょうけど情報のソース自体は本物からもらっているモノもあるので、微妙です。

ただ、いずれにせよ、そのネタは誰がどこで拾ったのか?それはチャンと裏が取れるのか?といったところをキチンと見ないと、所謂流言飛語を撒き散らすことにすらなりかねません。

情報収集の大原則。とにかく限りなく情報源にたどり着け!

これは情報を収集すると言う上で全ての事象に当てはまると思うのですが、伝聞ではなく情報源に限りなく近づくことというのが第一ということの重要性。それを代弁するのが看板をキチンともった報道機関であって、たとえばそれらを機械的に集めて配信するGoogle Newsは報道機関ではない、という論調自体は正しいとワタシは思っています。

同様にYahoo! Newsあたりも当初はそんな風に見ていましたが、MSNも含め実際の報道機関と握ることによって位置づけが変わってきました。ただ、いずれにせよ、ココで大事なのが「誰がそれを責任を持って伝えているのか?」ということ。一番は記名記事ですが、その次はソースの報道機関なり通信社が明記されていること、などなど。

なにしろ、文字を介そうが、話であろうが、人手を介する事によって何かがおかしくなったり、あるいは何かのバイアスがかかったりします。その部分にすら責任を持てる組織なのかどうか。ここはちゃんと見なくちゃ。

で、Twitterのフォロワーからもたらされる情報について

単純にうわさですよ。うわさ。もちろん裏の取れたうわさもあるわけですが、基本的には井戸端会議みたいなものだから、そこに過度に依存しないようにすること。ただ、何か起きたときの速報性については確かに凄い。どこかで誰かが何かを見てて、何かを聞きつけて、それをとりえあずつぶやいてみる。

でも、誤報もあれば、意図的にゴニョゴニョ言っている場合もある。
ま、でも、所詮は井戸端会議ですから。

twitterも結局、ウイルスみたいなものか・・・。とはいえ、これだけ手軽なツールもそうそうないだけに・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 13, 2009

MSとNokiaの提携は「Office Mobile」改良のチャンス

MSとNokiaの提携は「Office Mobile」改良のチャンス (2/2)
[Don Reisinger,eWEEK]2009年08月13日 15時44分 更新


前のページへ 1|2       
差別化要素としての速度
 

Microsoftは、Symbian用の新しいOffice Mobileアプリケーションが、速度と効率を求めるユーザーにアピールすることを目指した取り組みに注力すべきだ。電子メールからドキュメントをダウンロードし、それをOffice Mobileで開くという作業を、ほんの数秒で完了できるようにする必要がある。それ以後の作業でOffice Mobileに求められるのは、機敏なレスポンスだ。また、小さなキーボードと小型ディスプレイでドキュメントを編集するの必要な時間を短縮する機能に容易にアクセスできるようにする必要もある。ユーザーが作業を完了するのにかかる時間が少なければ少ないほど、Office Mobileの訴求力が高まるのだ。

メニューの改良
 わたしがOffice Mobileで最大の問題の1つだと思うのは、メニューシステムの設計がまずいことだ。基本的な機能を見つけるのにも苦労する。これは、ある意味でWindows Mobileの問題なのかもしれないが、Office Mobileソフトウェアの弱点であることには変わりはない。

 Microsoftはメニューシステムを改善する必要がある。Office 2007は、Microsoftがユーザーを理解していることを示す好例だ。この製品では、頻繁に使われる機能を手近な所に配置し、優れた使い勝手を実現している。Symbian用のOffice Mobileでも、Microsoftはこの方式を踏襲すべきだ。メニューは容易にアクセスできるようにすべきなのだ。特に、頻繁に使用する機能はすぐにアクセスできなければならない。ほとんどのユーザーが利用しない機能には、頻繁に使用する機能と同じ価値を与えるべきでない。重要なのは、速度とシンプルさであることを忘れてはならない。

 そして何よりも重要なのは、Microsoftは競争相手、すなわちGoogleとRIMを打ち負かすことに集中しなければならないということだ。どうすればOffice MobileでGoogleに勝てるだろうか? Google Docsが時代遅れに見えるようなイノベーションを実現できるのだろうか?――Microsoftが成功したいのであれば、これらの疑問に答えなければならない。

 同社にとって幸運なことに、こういった使い勝手や市場をめぐる問題について検討する時間はたっぷりある。NokiaとMicrosoftでは、2010年にインスタントメッセージングプラットフォームを提供する予定だ。Symbian OSにOffice Mobileアプリケーションが搭載されるのは2011年になるもようだ。MicrosoftがOffice Mobileを改良する時間は十分過ぎるくらいある。

PCで使うならばまだまだオフィスのほうが安心であるが、さすがにケータイでオフィスを使うのは拷問ではないか??あのWMのインターフェースは悲惨・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (4)

ホテルの宿泊客に“ネットブック+データ通信”を提供――イー・モバイル

ホテルの宿泊客に“ネットブック+データ通信”を提供――イー・モバイル

イー・モバイルがサンルートホテルチェーンの宿泊客向けに、“ネットブック+データ通信”のセットサービスを提供する。
2009年08月12日 16時44分 更新 イー・モバイルは8月13日から、サンルートホテルチェーンの宿泊客向けに、データ通信サービスとネットブックをセットにしたサービスを提供開始する。料金は1泊あたり500円~1000円(通信料、機器込み)。

 サンルートホテルチェーンのホテルは、一部を除いてすでにLAN環境が用意されているが、ビジネスパーソンや観光客から、外出時のインターネット利用や手軽な検索サービスを望む声が高まったことから対応を検討。イー・モバイルが提案したモバイル通信とネットブックのバンドルパッケージを試験導入したところ、顧客満足度の向上や新たな収益源確保につながることが分かったため、正式導入に踏み切ったという。

 イー・モバイルは今後、さまざまな施設やホテル向けに、データ通信とネットブックのバンドルパッケージを提案するとしている。

この手のサービスを使おうという人は意外と多いのでは??さすがにケータイだけですべて済むとも思えないし・・・。となればネットブック+ネットというのは十分ありとも思える。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

Aug 12, 2009

超高速通信、戦略のカギ 携帯 通話料値下げで収益源探る

超高速通信、戦略のカギ 携帯 通話料値下げで収益源探る

爆発的な成長力に陰りが見えている携帯電話業界――。快走を続けてきたソフトバンクも、接続料引き下げの方針が実施されれば状況は変わってくる。
2009年08月11日 18時48分 更新
 不況下でも若年層を中心とした旺盛な需要をとらえ、爆発的な成長を遂げてきた携帯電話業界が、曲がり角を迎えている。長期契約と引き換えに通話料を値引くプランを導入したことで、各社の成長力は鈍化。割引プランの導入時期が早かったソフトバンクだけが増収増益を続けている。“もうけすぎ”との批判もある携帯電話業界に対して、総務省は通話料金引き下げ圧力を強めつつある。携帯各社は2010年度以降の成長戦略を下期にどう描くかがポイントとなる。

ソフトバンク独走
 7月末に発表されたNTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクの携帯関連大手3社の2009年4~6月期決算は、ソフトバンクのみが増収増益となった。快走を続ける携帯電話事業会社ソフトバンクモバイルの業績が寄与し、営業利益は四半期ベースで初の1000億円を突破した。

 好業績の要因は、06年度から導入した携帯端末代金をソフトバンクが事実上肩代わりすることで通信料金を割引する制度が、多くの契約者との間で終了したからだ。ただ、端末を買い換えれば割引は再開される。一方、ドコモとKDDIは、契約者が現在使用している端末を買い替えない限り通話料の割引が続く制度を導入している。通話料の値下げプランが両社の利益は押し下げ要因となっている。

 ソフトバンクは契約純増数で7月、26カ月ぶりに首位をNTTドコモに譲り渡したが、件数の伸びは依然底堅い。NTT東日本が採用していた人気アイドルグループ「SMAP」を8月から自社CMに“引き抜く”など、攻勢を一層強めている。

 しかしソフトバンクの勢いにも陰が忍び寄りつつある。総務省は7月、他社回線の契約者に通話した際に発生する「接続料」を引き下げる方針を決定。接続料をベースに弾き出される通話料の引き下げが狙いだ。ソフトバンクは接続料をドコモより3割程度高く設定し、その収入で契約者間の無料通話サービスを行っている指摘されている。接続料収入の減少は、同社の収益に悪影響を及ぼすことは必至だ。

止まらない圧力
 接続料引き下げは2011年度から実施される予定だが、通話料金値下げに積極的なイー・モバイルは、10年度から前倒して実施するよう要請。仮に総務省が同意すれば、ソフトバンクは経営戦略の練り直しを迫られる。

 2010年3月期の通期業績見通しでは、ドコモが営業利益で前期比0.1%減の8300億円、KDDIは6%増の4700億円を見込むなど、下期にかけ業績が大崩れする可能性は低い。

 課題は、10年以降の業績拡大に向けた着実な成長戦略を打ち出すことができるかだ。同年から、各社は毎秒100メガ(メガは100万)ビットの超高速通信が可能なサービスを順次開始する。今後、通話料金の低価格化はさらに進むことが予想され、収益への貢献度は期待できない。高速化によりデータ通信やソフトウエア配信などのサービス面でどれだけ顧客を獲得できるかが、勝負の分かれ目となりそうだ。

(黒川信雄)

ケータイによるさらなる高速通信を定額・低額で提供されるようになるとより一層の成長につながりそうな・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Aug 11, 2009

酒井法子容疑者の「碧いうさぎ」、iTunes Storeで2位に

酒井法子容疑者の「碧いうさぎ」、iTunes Storeで2位に

覚醒剤取締法違反の疑いで逮捕された酒井法子容疑者の楽曲の「iTunes Store」販売ランキングが急上昇している。
2009年08月10日 14時45分 更新

iTunes Storeのアルバムランキング 覚醒剤取締法違反の疑いで8月8日に逮捕された酒井法子容疑者の楽曲が、「iTunes Store」販売ランキングを急上昇している。テレビ報道で「碧いうさぎ」などを歌う姿がたびたび流れ、改めて聴きたくなったユーザーが多いのかもしれない。ただ、所属レコード会社のビクターエンタテインメントは、坂井容疑者の楽曲配信を停止する方針だ。

 8月10日午後1時現在の楽曲ランキングでは、トップ100のうち6曲が酒井容疑者の楽曲。2位に「碧いうさぎ」(シングルバージョン)が、11位に「夢冒険」が、19位に「世界中の誰よりきっと」が、43位に「鏡のドレス」が、60位と73位に「碧いうさぎ」の別バージョンが入っている。



iTunes Storeの酒井容疑者のアルバム「大好き“My Moments Best”」のダウンロードページ アルバムランキングでは、トップ100に3つランクイン。4位に「世界中の誰よりきっと」が、5位には「大好き“My Moments Best”」が、88位に「moments」が入っている。

 ほかの配信サイトでも、ランキング上位に食い込んでいる。10日午後2時時点でヤマハ「MySound」の邦楽ランキングでは、楽曲3位が「碧いうさぎ」、アルバム15位が「のりピー音頭」となっている。

 レーベルゲートの「mora」でも、10日午後2時時点で楽曲ランキング23位に「碧いうさぎ」が、アルバム1位に「大好き“My Moments Best”」がランクインしていたが、午後3時までに酒井容疑者の楽曲をすべて配信停止している。

これだけ皮肉なこともないが、聞きたいという人がいる以上回収をする必要はないんじゃないか??それよりも押尾学のも回収してやれよ。

| | Comments (0) | TrackBack (4)

Aug 10, 2009

インド人の2割が「トヨタ」を米国ブランドと認識

インド人の2割が「トヨタ」を米国ブランドと認識

徹底した製品ブランディングこそがインド市場攻略の鍵を握る。裏を返せば、国際的なブランドであっても、現地でのプロモーションがなければ認知度は低い。
伏見学,ITmedia2009年08月07日 15時32分 更新

この記事をブログに書く(会員限定)
プリント表示
トラックバック

 世界経済を揺るがした大危機の深刻さは、破竹の勢いで成長を遂げてきたインドにとっても例外ではなかった。2005年から2007年の実質GDP(国内総生産)成長率は9%を超えていたものの、昨秋のリーマン・ショックで状況は一変。2008年は6.7%、2009年の経済成長は4~6%との見通しが示されている(2009年4月時点)。


グローバル戦略コンサルティング二部の岩垂好彦上級コンサルタント とはいえ、インド経済が根底から崩壊したわけではない。例えば株価の低迷で証券投資は減少したが、直接投資は堅調に伸びており、インド経済の中長期的な成長に対するマーケットの期待は依然として高い。日本企業の進出も製造業を中心に増え続けていて、毎年20~30%増益の企業も少なくないという。今後さらなる競争の激化が見込まれるインド市場において、日本企業はいかなる戦略をとるべきなのか。

 戦略立案に向けてインド市場の特性を理解する必要がある。かつてインドは外国との金融および貿易取引をしない閉鎖経済だったため、国内製品しかなく消費者の選択肢は皆無だった。良い製品ブランドを手に入れるためには海外に出向く必要があった。1991年の経済自由化以降、さまざまな外資企業が市場参入してきており、消費者はさまざまな製品ブランドを選択できるようになった。

 現在、市場における代表的な消費者は富裕層と呼ばれる人たちである。世帯年収50万ルピー(約100万円)以上の富裕層を対象とした野村総合研究所(NRI)の調査によると、彼らは特定ブランドへの強い思い入れはないものの、性能と価格のバランスが良く、認知度の高いブランドを支持することが分かった。その中で日本企業製品のブランドイメージはどうだろうか。性能や品質、技術では高い評価を得ている一方で、広告宣伝への投資やアフターサービスが不十分だという結果が出ている。


日本企業製品に対するイメージ(出典:野村総合研究所)
 「インドでは広告宣伝の多いブランドが信頼されるという傾向にある。広告がなく、価格も高いブランドは認知度が低い」とNRI グローバル戦略コンサルティング二部の岩垂好彦上級コンサルタントは話す。

 それを象徴するのがブランドの所属国に対する認識の低さである。同調査によると、「トヨタ」や「キヤノン」を日本企業のブランドだと認識しているのは半数程度で、約2割がトヨタを米国企業、キヤノンを韓国企業のブランドだと回答している。これは日本企業に限ったことではない。2割程度の回答者が「サムスン」や「現代」を日本企業のブランドだと誤認しているという。岩垂氏は「たとえ国際的に有名な企業ブランドであっても、インドの消費者が理解しているとは限らない」と強調する。


ブランドの所属国の認識(出典:野村総合研究所)
 インドの消費者に選ばれるブランドになるには、認知不足の壁を崩すことが重要だ。そのためにはTV広告や小売店における一定以上の棚の確保などプロモーションへの投資が不可欠である。加えて、最上級レベルから多くの消費者が手の届く価格帯までの幅広い商品ラインアップを設けることで、現地でのブランド作りを進めることができる。

 その点において成功を収めている日本企業がソニーだ。収益性や売り上げ規模、回収期間などを想定した適切な製品ポートフォリオを描き、継続的なブランドイメージ向上を図っている。実際、「ソニー」に対するブランドの信頼性は高く、前述の調査においても7割以上の消費者が「ソニー=日本のブランド」という正しい認識を持っている。

「商品ラインアップを広げ中間所得層にも手の届く商品を投入することで、収益性やブランドを確保しつつ、売り上げ規模拡大を目指す。これこそが日本企業のとるべき戦略なのだ」(岩垂氏)

日本では効果が疑問視されつつあるマス広告もインドにおいてはまだまだ必要な様子。はたしてあの膨大な人口にリーチする広告となるとやはりTV??

| | Comments (2) | TrackBack (1)

Aug 09, 2009

12年前の「Apple救済」、Microsoftは後悔?

12年前の「Apple救済」、Microsoftは後悔?

Microsoftは12年前、経営難に陥っていたAppleの救世主となった。そして今、業績好調なAppleを見て、Microsoftは助けたことを後悔しているのだろうか? 2009年08月07日 15時45分 更新  12年前の8月6日、スティーブ・ジョブズ氏はMacWorldのステージに上り、Appleの経営難を救ってくれる投資家を見つけたと聴衆に語った。その投資家とはMicrosoftだった。

 「Appleが勝ち、Microsoftは負けるという考えを捨てなければならない」とジョブズ氏は語った。当時のジョブズ氏は今よりも髪の色が濃く、白い長袖シャツと黒いベストを着ていた。「Appleが勝つには、優れた成果を上げる必要がある」

 1997年8月、Appleは「ビッグ・リボウスキ」のウォルター・ソブチャックが「苦痛の世界」とでも表現しそうな状態に陥っていた。株価は落ち込み、元CEOのギル・アメリオ氏はApple取締役会に追い出され、ジョブズ氏はまだヒット商品のiMacをリリースしていなかった。社外の観測筋からは、搾取工場で作られたスペースシャトルのように崩壊寸前に見えたに違いない。

 だがジョブズ氏は既に、Microsoftとの取引について交渉をしていた。Appleが生き残れば、MicrosoftがPC市場を独占しているという米司法省の主張は弱まるだろう。さらにMacはOfficeとInternet Explorer(IE)にとって新たな市場となる。また取引の見返りとして、Appleは「MicrosoftがWindowsを開発した際にMacの重要な部分を盗用した」として起こした長期にわたる訴訟を取り下げる。

 そしてMicrosoftは1億5000万ドル相当の議決権なしのApple株を購入し、少なくとも3年間は売却しないと約束した。これにより同社はライバルの大株主になった。当時のAppleの時価総額は約25億ドルで、Microsoftの持ち分はおよそ6%となった。これでMicrosoftは後援者という立場になった。救世主とも言えるかもしれない。

 ああ、なんと時代は変わったものか。

 Appleは4~6月期に、前年同期比12%増の12億3000万ドルの利益を上げた。大半はiPodとiPhoneの好調な売り上げによるものだが、Macの売り上げも前年同期から4%伸びた。これに対して、Microsoftは同じ期間に売上高が前年同期から17%減少し、ウォール街の予測を10億ドルも下回った。

 Microsoftのスティーブ・バルマーCEOは、7月30日の年次金融アナリスト向け説明会で、Appleがハード市場でシェアを伸ばしていることは、Microsoftにとってはまったく脅威ではないと示唆した。

 「世界的に見て、Appleのシェアは、われわれに何かを失わせるものではない」とバルマー氏はこのとき語った。「高い価格は設定できない。値段を高くすると、われわれが望んでいる大量出荷ができない」。同氏は、Microsoftの最新の広告キャンペーンは、Windows PCをMacよりも価値のある提案としてリポジショニングし、市場にいい影響をもたらしたと主張した。

 だがMicrosoftは、ライバル復活の影響はないとしつつも、Appleの取り組みの幾つかをまねようとしているようだ――成功の度合いはさまざまだが。同社は2006年に、独自の音楽プレーヤー「Zune」をリリースした。クールな機能(Zune間でのワイヤレス通信など)も幾つかあったが、市場で大きく勢力を伸ばしたことはなかったようだ。また今年の秋には、初のMicrosoft直営店もオープンする予定だ。初期のフロアプランは、Appleの店頭での取り組みを思い起こさせるものとなっている。

 Microsoftの直営店が市場で人気を博すのか――特に、同社が直営店の多くをAppleストアの近くに開くという計画を続けたら――に関しては、結果は見えている。それから、わたしはZuneを使っている人を一度も見たことがない。

 だが、直営店もZuneもMicrosoftの中核市場ではないし、Microsoftは2009年第1四半期に米PC市場でAppleから数ポイント市場シェアを奪ってさえいる(Gartner調べ)。このため、そしてMac版ソフトからの売り上げがあるため、Microsoftはおそらく昔のAppleへの資金注入を後悔してはいないだろう――ただ、Microsoft幹部は時々、Appleがこんなに成功していなかったらいいのにと思っていることだろうが。

APPLEを当時助けたことははたしてよかったのか?複雑な思いに囚われるMS関係者は多いだろうが、仮に助けていなくても似たような存在は生まれているのでは??

| | Comments (2) | TrackBack (3)

Aug 08, 2009

売れ続ける「ドラクエIX」 Amazonの不評は「そういうもんでしょう」と和田社長

売れ続ける「ドラクエIX」 Amazonの不評は「そういうもんでしょう」と和田社長

ドラクエIXは今後も売れ続けると、スク・エニ和田社長は展望する。クリア後も楽しめるため中古市場での流通量が従来の半分~3分の1程度に抑えられ、コミュニティーも盛り上がっているため。Amazonレビュー騒動にもコメントした。
2009年08月07日 20時39分 更新

DSソフトは据え置き型と異なり、発売後もじわじわと売れていく。「ドラクエもこういった流れをいかに演出するかでやってきた」 ニンテンドーDS向けソフト「ドラゴンクエストIX 星空の守り人」(ドラクエIX)の出荷数が350万本を超えるなど、好調に売れ続けている。「計算通りの水準で、非常に好調な滑り出し」――スクウェア・エニックスの和田洋一社長は8月7日に開いた決算説明会で、今後の売れ行きも「安心できる」と展望。500万本突破を目指すと話した。

 ドラクエIXは、ドラクエのナンバリングタイトルとして初めてニンテンドーDS向けに発売。「DSワイヤレスプレイ」で4人まで一緒にプレイできたり、「すれちがい通信」機能で近くにいるプレーヤーとゲームデータを交換できるなど、「家族や友達と遊べる要素」が好評で、“一家に1本”だった据え置き型向けと異なり、1人が1本購入していることが販売数拡大につながっていると和田社長は話す。

 DSのヒット作は発売後もじわじわと売れ伸びていく傾向にあるという。ドラクエIXでもこの流れを演出するため、テレビCMなどマスプロモーションは発売前から発売後2~3カ月まで分散して投下。発売前にCMを集中投下し、発売直後に総販売数の8割を売るという据え置き型と異なるマーケティング戦略を採った。

 長く遊び続けてもらうため、発売1週間後から追加シナリオのダウンロード配信を開始。「1000人とすれ違い通信するといいことが起きる」など、ユーザーが自分のブログに書きたくなるようなネタもふんだんに用意した。

 狙い通りユーザーコミュニティーは盛り上がっており、今後の売れ行きも期待できるという。「ネット上で有名になっている『宝の地図』(すれ違い通信で交換できる地図)もある。こういうゲームは、客が盛り上がって広がるスタイルなので、今後の売れ行きにも安心感がある」

 今後も「コミュニティーを盛り上げてもらうためのネタをいかに出していくか」に注力。「ゲームは、一方向の販促ではなく双方向の販促にいかにシフトさせるかがポイントになってくる」と和田社長は指摘する。

中古市場への流出、「従来の半分~3分の1に抑えられた」
 中古市場に出回っている数が従来の半分~3分の1と「うまく制御できている」ことも、今後の売り上げに期待する理由だ。

 「これまでドラクエ、FF(ファイナルファンタジー)シリーズは、いかに早くクリアするかがインセンティブになっていたが、ドラクエIXはクリアした後にいろいろあって面白い」ため、“早解き”して中古ショップに売りに出す人が減ったことなどが、中古市場に流れなかった理由とみている。

 購入している層は「ドラクエI、II、IIIで遊んだ、大人の層」だ。「最初に買うのはこの層で、その後、子どもにスイッチしていっている。ドラクエIXは、大人が子どもに『パパの方が知ってる、教えてあげる』と自慢できるほぼ唯一のゲームではないか」

ネットの意見と売り上げは「無相関」 「クリエイターには気にするなと言ってある」

和田社長はAmazonレビュー炎上について、「買いたくないならわざわざ(レビューに)書かずに、買わないだけでいいのにと思ってしまいますが……」とも Amazon.co.jpのユーザーレビューでは酷評も多かったが、「ネットですから、まぁ、そういうもんでしょう。クリエイターたちにも『気にするな』と言っている」そうだ。ネット上に書かれている、好き・嫌いに関する意見と売り上げは「経験的には無相関、ほとんど関係ない」という。

 「好き嫌いについては、いい意見も悪い意見もあっていいんじゃないか。しょうがないと割り切るしかない。ものすごく悪く書かれたら売れないとか、すごく良く書かれたら売れるとか単純なものではない。お客さんはかなり冷静に見た上で判断している」

ドラクエもクリア後に遊べる仕組みを導入して中古屋販売の値崩れを防ぐとはなかなかやるな・・・・。

| | Comments (20) | TrackBack (3)

Aug 06, 2009

JAL、ANAともに年々減り続け……キャビンアテンダントの給与事情

JAL、ANAともに年々減り続け……キャビンアテンダントの給与事情

航空会社のキャビンアテンダントの給与が、不況の影響で減少している。JALの平均年間給与はここ4年で2割ほど減少するなど、見た目の華やかさとは裏腹に、フトコロ具合は厳しいようだ。
[ZAKZAK]
PR:40万個も売れている体臭用石けん、それを取材すると…
PR:お見合い成立率60%以上! 驚異の婚活実績の理由は?

 航空会社の客室乗務員(キャビンアテンダント=CA)の給与が、不況の影響で激減している。日本航空の平均年間給与はここ4年間で2割近く(約126万円)も減少。全日本空輸もここ4年間で1割ほど(約53万円)減っている。見た目の華やかさとは裏腹に、フトコロ具合は厳しいようだ。

JAL、ANAともに“低空飛行”

JAL、ANAとも客室乗務員の平均年間給与は減少し続けている 日本航空(JAL)の事業会社、日本航空インターナショナルの有価証券報告書によると、客室乗務員の平均年間給与は今年3月末時点で588万7000円。2005年3月末時点では714万2000円あったが、年々減り続け、今年は600万円を割り込んだ。この間の減少幅は約17%(約126万円)となっている。

 全日空(ANA)も3月末時点で473万9000円と、05年3月末時点と比べて約10%(約53万円)減っている。

 客室乗務員の給与が意外に低い背景の1つとして、「1995年以降の契約制導入がある」(JAL広報部)という。

 航空大手は客室乗務員を新卒で採用後、3年間は契約社員で勤務させ、3年間勤めた後に正社員にする制度を導入。契約社員の間の給与は時給換算で支払われる。

 ちなみに2010年度の募集要項では、JALの時給は基本給1133円、乗務手当700円。ANAは基本給1235円、乗務手当700円となっている。この間の年収は300万円程度とみられ、これが平均給与を押し下げる効果を発揮しているわけだ。

 JALの場合はこうした採用制度のほか、経営再建のためのリストラ策も影響。「06年度と07年度は時限的に客室乗務員を含めた従業員の基本給を10%カットし、08年度以降は5%カットしている。ボーナスも08年と09年は半減となっている」(広報部)という。

 ただ、両社の平均年間給与を比べると、JALがANAを大きく上回っている。これはJALの平均年齢が36.1歳、勤続年数が12.7年なのに対し、ANAが平均年齢30.9歳と若く、勤続年数も5.9年と短いためとみられる。

 ただ、「同じ年次で比較すると、実際の給与はANAの方がやや上ではないか」というのが業界関係者の見立てだ。

 ANA広報室は若手が多いことについて「10年の羽田拡張など発着容量拡大に備えて、05年から客室乗務員の採用も増やしたという事情がある」と説明している。


航空大手2社、客室乗務員の給与の推移
原油価格、新型インフル……経営状況は依然“視界不良”
 JALは日本政策投資銀行から80%の政府保証が付いた融資を受けて、経営再建中。OBを含めた企業年金の給付削減など、リストラをさらに加速させざるを得ない状況にある。

 航空業界の経営環境は依然厳しい状況にあり、落ち着いていた原油価格が再び上昇基調にあるほか、この冬の新型インフルエンザの動向も大きな不安要素となっている。

 こうした状況を考えると、客室乗務員のフトコロも当面、“低空飛行”が続きそうだ。

JALはとくに経営が厳しい中、CAの給与が高給のままであるはずがない。飛行機の大衆化とともにCAへのあこがれも減少していくのではないか・・・。

| | Comments (1678) | TrackBack (19)

Aug 05, 2009

MOディスク販売、三菱化学メディアと日立マクセルが終了へ ソニーは継続

MOディスク販売、三菱化学メディアと日立マクセルが終了へ ソニーは継続

三菱化学メディアと日立マクセルがMOディスクの販売を年末までに終了する。ソニーは続ける。
2009年08月04日 17時56分 更新

三菱化学メディアのMOディスク製品ページ 日立マクセルと三菱化学メディアが、MOディスクの販売を終了する。三菱化学メディアは12月末に、日立マクセルは9月末に終了する。

 三菱化学メディアは自社生産した3.5型と5.25型を販売してきたが、「ここ数年、需要が減退しているため」生産・販売を終える。

 日立マクセルは、他社が生産した3.5型を自社ブランドで販売していたが、「PCの記録媒体はCDやDVDなどへの移行が進んでいるため」販売を終える。

 国内メーカーではソニーも3.5型、5.25型を自社生産・販売しており、今後も生産・販売を続けるという。

いよいよMOも殿堂入り」アイテム」?か。FDDと「同じく早晩使命を終えそう。

| | Comments (5) | TrackBack (9)

Aug 04, 2009

押尾容疑者逮捕」報道で2chサーバ陥落

「押尾容疑者逮捕」報道で2chサーバ陥落

押尾容疑者逮捕へ」との一報が流れ、2ch「芸スポ速報+」が祭り状態に。同板を収容するサーバにアクセスが集中し、陥落した。
2009年08月03日 21時59分 更新

サーバ負荷監視所では、anchorageサーバのステータスがERRORに 禁止薬物を使用していたとして、麻薬取締法違反の疑いで俳優・ミュージシャンの押尾学容疑者(31)が逮捕されるとの一報が流れて以降、掲示板「2ちゃんねる」で芸能関連ニュースを扱う板「芸スポ速報+」ではいわゆる“祭り”の状態になった。

 その後、同板を収容するサーバが停止し、表示できない状態に。午後10時時点でも復旧していない。アクセス集中が原因とみられる。

 午後9時前に最初のスレが立ち、9時34分の時点で9スレに突入する異例の早さで、いわゆる“祭り”に。これ以降、スレッドを表示できず、2ちゃんねる サーバ負荷監視所の表示でもサーバ(anchorage)は「ERROR」と表示されている。

 最近では、3月のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)決勝戦で日本が韓国を破り、連覇を成し遂げた際、同サーバが陥落したことがある。

2chの中ではWBC優勝なみのネタか・・・・。すごい大物だな押尾は・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

Aug 03, 2009

FCC、AppleのGoogle Voice締め出しで調査を開始

FCC、AppleのGoogle Voice締め出しで調査を開始

iPhoneの標準機能と競合するという理由でAppleがGoogle VoiceのApp Storeへの登録を却下したという報道を受け、米連邦通信委員会が調査に乗り出した。
[ITmedia]2009年08月02日 10時44分 更新

 米連邦通信委員会(FCC)は7月31日、米Appleが米GoogleのiPhoneアプリを却下した件について調査を開始した。FCCがApple、米AT&T、Googleにあてた質問状が公開されている。

 FCCはこの書簡で「最近、AppleがiPhone向けのGoogle Voiceアプリケーションの承認を拒否し、関連するサードパーティーのアプリケーションをApp Storeから(既に承認されているものも含めて)排除したとの報道が流れている。FCCが現在行っている無線ネットワークのオープン化およびキャリアと携帯電話メーカー間で交わされる独占的契約に関する調査を踏まえ、状況を詳しく理解したい」としている。回答期限は8月21日。

 Appleへの書簡では、なぜGoogle Voiceを却下したのか、AT&Tはこの件にかかわっているのかなどのほか、App Storeでのアプリケーション承認の基準について質問している。AT&Tに対しては、この件に同社がどうかかわっているのか、Google Voice却下についてAppleから相談を受けたのか、顧客契約書には特定のサードパーティー製アプリの利用制限に関する条項があるのかなどを問うている。Googleに対しては、Google Voiceの機能について、Appleからの却下に関する説明の内容のほか、同社のAndroidアプリでの承認プロセスについて説明を求めている。

法的には問題になるかもしれないが、ビジネス的にはAPPLEの判断もやむなしという気がするが・・・。

| | Comments (22) | TrackBack (4)

Aug 02, 2009

TwitterでスパムDM出回る フォロワーに自動でDM送りつけ

TwitterでスパムDM出回る フォロワーに自動でDM送りつけ

TwitterでスパムDMが出回っている。DMに書かれたURLのページでボタンをクリックすると、同じDMをフォロワーに送り付けるという仕組み。日本のユーザーも被害にあっている。
2009年08月01日 22時36分 更新

ITmedia Newsに届いたスパムDM Twitterで8月1日ごろから、スパムDM(ダイレクトメッセージ)が出回っている。DMに書かれたURLのページにアクセスし、ボタンをクリックすると、同じDMを自動でフォロワーに送り付けるという仕組み。ITmedia Newsのアカウントにも数通届いており、日本のユーザーも被害にあっている。

 DMとは、2人のユーザー間でやりとりできるメッセージ機能。通常の投稿「つぶやき」(Tweet)と異なり、内容は送ったユーザーと受け取ったユーザーしか見られず、相手が自分をフォローしていないと送れない。スパムDMも、見知らぬアカウントではなくフォローしているアカウントから送られてくるため、内容を信頼し、書かれたURLを思わずクリックしてしまう人が多いようだ。



「Allow」をクリックするとフォロワーにスパムDMを送信。「MobsterWorld」に参加することになる スパムDMは英文で、「has sent you a FREE GIFT to join MobsterWorld. Accept you free gift NOW! #MobsterWorld」という文章の後に、URLが付いているというもの。

 URLをクリックして表示されるページのボタンを押し、さらに次のページで「Allow」ボタンをクリックすると、「MobsterWorld」(Twitterを使ったソーシャルゲームのようだ)に参加し、専用アカウントをフォローすると同時に、同じ内容のDMを、勝手にフォロワーに転送する仕組みになっているようだ。



「許可を取り消す」をクリックすれば、ゲームへの参加を解除できる MobsterWorldに誤って参加してしまった場合は、Twitterメニューの「設定」の「このユーザーに対する操作」から「許可を取り消す」を選べば解除できる。専用アカウントのフォローも解除したほうがいいだろう。自動で送信されたDMも、送信済みのメニューから削除すれば、相手のアカウントからも削除される。スパムDMのURLからウイルスに感染したといった報告は、今のところない。

 Twitterではこれまでにも、スパムやフィッシング詐欺のつぶやきが広がったことがある。フォロー関係を通じてつぶやきやメッセージが連鎖して伝わるため、スパムが広がるスピードも速いようだ。Twitter上の怪しいメッセージには、メールと同等かそれ以上の注意が必要になりそうだ。

spamをやる業者のハイテクへの順応スピードはある意味大したものだ・・・。

| | Comments (12) | TrackBack (5)

Aug 01, 2009

Androidケータイは出足好調、iPhoneも「諦めたわけではない

Androidケータイは出足好調、iPhoneも「諦めたわけではない」――

NTTドコモの山田隆持社長が、2008年の冬モデルから導入した新シリーズの販売概況に言及。昔はハイエンドモデルの人気が高かったが、新シリーズの導入で状況が変わってきたという。
 7月30日の決算会見に登壇したNTTドコモの山田隆持社長が、端末の販売概況に言及した。

 ドコモ端末は2008年冬モデルから、それまでの90xiシリーズ、70xiシリーズという分類をやめ、「STYLE」「PRIME」「SMART」「PRO」という新たな4シリーズ構成で製品を投入。“ハイエンドとミッドレンジ”という分け方ではなく、“生活やスタイル”で製品をカテゴライズすることで、ハイエンドに集中していた端末販売を分散させることに成功した。山田氏によれば、新シリーズの累計販売台数は650万台で、STYLEとPRIMEのシェアがそれぞれ40%だという。

 スマートフォンを中心としたラインアップの「PRO」シリーズのシェアは5%程度とまだ低い水準にとどまっているが、日本初のAndroidケータイとして投入したHTC製の「HT-03A」は、これまで投入したBlackBerry端末やWindows Mobile端末に比べて「出足が好調」だと説明。現状のユーザーはPCのノウハウやスキルを持つ人が中心だが、今後はさらにすそ野を広げる取り組みをしたいと意気込んだ。「iPhone」の投入についても「諦めたわけではない」と、ふくみを持たせている。

アンドロイド端末のようなある意味マニアックな端末が売れるあたり日本のケータイ市場の成熟化を感じるな・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (6)

« July 2009 | Main | September 2009 »