« June 2009 | Main | August 2009 »

Jul 31, 2009

「動画のドコモ」を目指す――ドコモの山田氏

「動画のドコモ」を目指す――ドコモの山田氏

2009年度第1四半期の決算会見に登壇したNTTドコモ 代表取締役社長の山田隆持氏が、決算の概況を説明。営業利益増のカギとなるパケットARPUの引き上げを目指して、携帯向け動画に注力するとした。
2009年07月30日 21時08分 更新
NTTドコモ代表取締役社長の山田隆持氏 7月30日、NTTドコモが2009年度第1四半期の決算を発表した。売上高が前年同期比7.3%減の1兆848億円、営業利益が同15.1%減の2518億円で減収減益となったが、同社代表取締役社長の山田隆持氏は、この理由について「2008年度の第1四半期は“新販売モデルの導入による利益浮揚効果”という特殊要因があり、上期に大きな利益が発生したため」と説明し、この第1四半期については「解約率が低下し、MNPの影響が少なくなるなど、着実に改善が図られている。第1四半期は計画通りに進んでいる」という見方を示した。

音声収入と端末販売収入のマイナスが影響
 営業利益が前年同期の2965億円から2518億円に減少した大きな要因は、音声収入の大幅な減少だ。基本利用料が安くなるバリュープランの影響で約300億のマイナスとなったほか、音声ARPUも前年同期比で550円マイナスの3010円まで下がったことから、トータルで797億円のマイナスとなった。マイナス分550円は、新販売モデルの影響が200円、MOU(通話時間)の減少が200円、その他が150円といううちわけだ。

 前年同期比で60万台減となった端末販売の落ち込みも、営業利益を押し下げた要因の1つ。また、安価な端末を求めるユーザーが増えたことに伴い、1台あたりの卸売り単価や仕入れ単価が数千円下がったことも手伝って、端末販売収入は498億円のマイナスとなった。

 パケット収入は、行動支援サービスの「iコンシェル」や携帯専用番組の「BeeTV」などのコンテンツが好調なことから、パケット定額プランの「パケ・ホーダイ ダブル」の契約数が計画を上回るペースで増加。パケットARPUが前年同期比100円増の2430円となり、トータルで252億増となった。そのほか、買収したオークローンマーケティングが連結対象になったことや、「ケータイ補償お届けサービス」の契約が伸びていることから188億円の収入増となったが、減少分を埋めるには至らなかった。

 ドコモは2009年度の営業利益目標を8300億円としており、営業利益2518億円となった第1四半期の進捗率は30.3%で、計画通りに推移していると山田氏。第2四半期以降についても、事業の効率化や料金の下限を下げたパケット定額プランの加入者増などで、目標達成を目指す考えだ。


営業利益の増減要因(左)と2009年度の進捗

解約率、MNPによる流出は改善傾向に
 新たなビジネスモデルについては、「ファミ割MAX50」や「ひとりでも割50」「オフィス割MAX50」といった新割引サービスの加入者が、6月末で全契約者の62%にあたる3425万契約に到達。新販売モデルの加入者は6月末で2400万となり、95%が(月々の携帯料金が安くなる)バリューコースを選択しているという。

 第1四半期の解約率は0.44%で、6月の単月では0.38%まで下がったと山田氏。今後も引き続き、下げていきたい考えだ。

 純増数は、2007年度、2008年度の同四半期に比べて着実に伸びており、番号ポータビリティによる契約者の流出についても、2008年度第1四半期の16万から5万まで減少。ムーバユーザーのFOMAへの巻き取りについても、第1四半期に80万超のムーバユーザーがFOMAに移行し、「計画を2割くらい上回る」(山田氏)ペースで好調に推移している。

 端末の総販売台数は434万台で、前年同期の495万台から60万台も減少するなど厳しい状態が続いている。山田氏によれば、4月の販売台数は前年同期比プラスとなったものの、5月は若干下回り、6月は端末の不具合で端末の投入が遅れ、それが買い控えを招いたことから30%弱落ち込んだという。「前年度比2~3%減にとどめたかったが、現実は10%減まで落ち込んでいる」(山田氏)。7月は少し持ち直しているものの、低価格帯の端末を買う人が全体の2割程度に達するなど増加傾向にあり、1台あたりの卸価格が低くなっていることから、「台数は確保したい」(山田氏)としている。


左からARPUの推移、新割引サービス/新販売モデル契約数の推移、解約率の推移

左から純増数/MNPの推移、総販売数の推移、FOMAへの移行の進捗

「動画のドコモ」を目指す
 山田氏が今後の注力分野として挙げるのが、携帯向け動画サービスだ。ドコモは中期ビジョンで、2011年をめどに音声ARPUとパケットARPUを逆転させる方針を打ち出している。パケ・ホーダイの加入者を70%まで引き上げ(2009年6月実績で43%)、うち半分に上限まで使ってもらえれば実現できるとし、パケット通信をより多く使ってもらうためにも、動画コンテンツを充実させる必要があるという考えだ。

 ドコモとエイベックスが提供するBeeTVは、隙間の時間に楽しめるよう工夫したコンテンツ作りが功を奏し、7月21日時点で契約数が55万を突破。無料のお試し期間からの有料会員転換率も75%以上に達するなど、好調に推移している。

 こうした“携帯向けに工夫した”エンタテインメントコンテンツを投入するとともに、観光や健康など、動画を使うことでより利便性が高まる分野にも積極的に動画を取り入れ、「動画のドコモを目指す」(山田氏)とした。

関連キーワード
NTTドコモ | パケット定額 | ARPU | 解約率 | 番号ポータビリティ | BeeTV | オークローンマーケティング | パケ・ホーダイ(NTTドコモ) | ビジネスモデル | 動画配信 | iコンシェル | MOU | パケ・ホーダイ ダブル | 山田隆持

動画コンテンツを利便性の高い形で提供されるようになるとまた新しいケータイの利用シーンを提案できそうではある。インフラも整いだしているし、コンテンツの研究しだいで?

| | Comments (0) | TrackBack (3)

Jul 30, 2009

MicrosoftとYahoo!が提携発表 Yahoo!がBing採用

MicrosoftとYahoo!が提携発表 Yahoo!がBing採用

10年契約の下、Yahoo!は検索アルゴリズムと検索広告プラットフォームに、MicrosoftのBing検索エンジンを採用する。
2009年07月29日 22時42分 更新
 米Microsoftと米Yahoo!は7月29日、Web検索で提携すると発表した。

 この10年契約の下、Yahoo!はMicrosoftのBing検索エンジンを採用し、Yahoo!サイトの検索アルゴリズムおよび検索広告プラットフォームとする。ディスプレイ広告などでは、引き続き自社の技術とデータを利用する。

 Yahoo!は両社の広告主のリレーション営業を行う。検索広告の入札システムとしては、両社ともMicrosoftのAdCenterプラットフォームを利用する。

 Yahoo!の直営および関連サイトで発生したトラフィックに関して、両社は売り上げを分け合う。またMicrosoftはYahoo!にトラフィック獲得コスト(TAC)を支払う。最初の5年間は、Yahoo!傘下のサイトで発生した売上高の88%を支払う。さらにMicrosoftはYahoo!傘下のサイトの検索1件当たり売上高を各国で最初の18カ月間保証する。

 この提携により、Yahoo!は年間およそ5億ドルの営業利益を得るほか、設備投資を2億ドル節約できる。約2億7500万ドルの年間キャッシュフローも得る。

 またMicrosoftはYahoo!の検索技術の10年間の独占ライセンスを取得する。これにより、Yahoo!の検索技術をMicrosoftのWeb検索プラットフォームに統合できるようになる。

 なお両社間のデータ共有を必要最低限に制限することにより、ユーザーのプライバシーを保護するとしている。

 この提携は、電子メール、インスタントメッセージングなどほかの分野には及ばない。両社は、当局の審査を経て、2010年初めに提携を完了したいとしている。


yahooもついにMSの軍門に下ったか・・・。しかしこれでyahooのコアな技術としてはなにが残っていrんだ??

| | Comments (0) | TrackBack (6)

Jul 29, 2009

らくらくホンは日本のシニア層が作ったブランド――ドコモが感じる“自信”と“責務” (1/2)

らくらくホンは日本のシニア層が作ったブランド――ドコモが感じる“自信”と“責務” (1/2)

「らくらくホン6」は、これまでのらくらくホンの「あんしん」要素に「防水」「防塵」を追加したモデル。7月28日に開催された発表会では、ドコモ端末におけるらくらくホンの位置づけや今後の展開、開発の苦労やこだわりが明かされた。また、らくらくホン6のイメージキャラクターを務める大竹しのぶさんが登場し、“防水・防塵らくらくホン”の感想を語った。
 「しんせつ」「かんたん」「見やすい」「あんしん」を追求した「らくらくホン」は、シリーズを追うごとにその使い勝手に磨きをかけてきた。新モデルの「らくらくホン6」は、かねてから要望の高かったという防水性能に対応したほか、国内の携帯電話では初めて泥がついても洗い流せる防塵機能に対応した。1999年の初代らくらくホン発売から10年を迎えた今、らくらくホンが目指すものとは――。

シリーズの累計販売台数は1500万台を突破

「PRIME」「STYLE」「SMART」「PRO」シリーズとは別に、5つ目のシリーズとして「らくらくホン」が存在する NTTドコモ 執行役員 プロダクト部長の永田清人氏は、「PRIME」「STYLE」「SMART」「PRO」というドコモ端末のラインアップの中で、「らくらくホン」シリーズは独自のセグメントに属すると説明。「らくらくホンは、“使いやすい機能を無理なく安心して使いたい”というお客さんに向けたモデル。らくらくホンシリーズは今年で10年を迎えるが、当初からお客さんのライフスタイルをベースに考えて開発してきた」(永田氏)。

 さらにドコモは、「最新のサービスを使いたい」「電話だけ使えればいい」といったらくらくホンユーザーのさまざまな要望を満たすべく、「らくらくホン プレミアム」「らくらくホン ベーシック」「らくらくホン シンプル」といった派生モデルを展開してきた。「らくらくホン6は“らくらくホンスタンダード”に属するモデル。皆さんが使いたい機能をきっちり用意し、安心して使ってもらえる工夫を凝らした」と永田氏は胸を張った。

 順調に販売台数を増やし続けたらくらくホンシリーズは、2009年3月には累計販売台数が1500万を突破した。「発売当初は販売が伸び悩んだが、らくらくホンには価値があると自信が持てた。同時に、たくさんのお客さんに対して機能と心地よさを提供しなければならないという責務も感じている」と永田氏は話し、らくらくホンがドコモの重要なラインアップに含まれることを示した。


現在のらくらくホンは、「プレミアム」「スタンダード」「シンプル」「シンプル」の4つのラインアップに分類される(写真=左)。初代らくらくホン「P601es」の発売から10年、らくらくホンシリーズの累計販売台数は1500万台を突破した(写真=中)。らくらくホンシリーズは、ドコモの販売ランキングで必ず10位以内に入るという人気端末となった(写真=右)
 らくらくホンは今でこそ“シニア向け”のイメージが定着しているが、1号機の発売当時は違ったという。「当初はエグゼクティブ層が使うことは想定していたが、シニア層が使うという感覚はなかった」と永田氏は振り返る。「らくらくホンは仕掛けて成功したというよりは、お客様に作っていただいたブランドだと思う。世界的に見てもこういう商品はない。日本の文化を含めて、日本のシニア層が作った商品だ」と話した。


らくらくホンに寄せられているユーザーの要望(写真=左)。らくらくホン6で機能拡張されたポイント(写真=右)
“らくらくホン”ブランドは日本のシニア層が作ったもの

NTTドコモ 執行役員 プロダクト部長 永田清人氏 永田氏は、らくらくホン6の大きな訴求ポイントである防水・防塵性能に加え、“おかませ機能”を充実させたことにも言及した。「絵文字を使ってコミュニケーションをしたい人向けに『おまかせ絵文字』、カメラのピントを自動で合わせる『おまかせオートフォーカス』を搭載し、おまかせ機能を拡充した」(永田氏)のが特徴だ。

 らくらくホンのスタンダードモデルとして初めてワンセグを搭載したのも進化点の1つ。ただし永田氏は「(らくらくホンは)若者向けのハイエンドモデルと違い、最新の機能を詰め込んだわけではない。『らくらくホン ベーシックII』にカメラを搭載したように、お客さんの成長に合わせて1つずつ機能を追加していく」と説明する。「プレミアム」や「ベーシック」の今後のシリーズ展開については、「機能の普及を見ながら考える」とした。

 また、団塊の世代をはじめ、今後らくらくホンを使うことが想定されるケータイユーザーに向けた展開については、「らくらくホンだけではカバーできなくなりつつあるが、2009年春モデルから安価になった「ie」系のモデルが1つの回答になる」と同氏は説明。「物理的なキーや持ちやすさは別だが、文字の一括拡大などはソフトでも実現できるので、お客さんに選んでもらえるようバリエーションを充実させたい」と話した。

2、3年の失敗を糧に“防水らくらくホン”を実現

富士通 取締役副社長 富田達夫氏。「F-09AとF-08Aは好調な販売実績をあげている。らくらくホン6も含め、2009年度の販売目標である460万台の達成に向けて頑張りたい」 富士通 取締役副社長の富田達夫氏は「らくらくホンはお客さん目線で開発してきたと自負している。“らくらくホン”と言いながらも開発は決して“らくらく”ではないが、ハードとソフトを含めたいろいろな面で努力してきた」と同シリーズを振り返った。

 「お客さんが『防水が欲しい』という要望をお持ちなら、防水性能の実現に向けてチャレンジしないといけない。らくらくホンの防水性能は、富士通の研究所と一体となって数年前から準備してきたが、失敗も多かった。2、3年の失敗が今回の防水性能の実現につながった」と同氏は苦労を明かした。


富士通 執行役員常務 佐相秀幸氏。「らくらくホンは『泥がついても洗い流せるからあんしん』と5秒でアピールしたい」 「らくらくホンは富士通の主力機種として、総力を挙げて取り組んでいきたい。らくらくホン6は売れ筋モデルになると期待している」(富田氏)。

 富士通 執行役員常務の佐相秀幸氏は「お客様視点で物作りをするのはどの商品でも同じだが、らくらくホンは富士通の研究してきた技術基盤をぶつけ、ニーズ(需要)とシーズ(技術)がマッチしたことで完成した」と話し、同社のマーケティングと高度な技術が、らくらくホン開発のベースになっていることを改めて示した。


らくらくホンのコンセプト(写真=左)。らくらくホンは、ユーザーの要望を富士通の技術で満たすことで完成した(写真=右)
 防水・防塵性能を搭載した理由について佐相氏は「65歳以上で農林漁業に従事する方は500万人近くおり、大半がシニア層。また65歳以上の趣味は『園芸』が最多という統計も出ており、防水と防塵の要求が高いことも論理的に裏付けている」と説明した。


ラクラクホン、いずれ世界のブランドになったりして。シルバー市場発のヒット商品はもっと生まれてよいはず。高齢化時代の先頭を走る日本だけに製品開発でもトップになれるポテンシャルがあるかも。

| | Comments (0) | TrackBack (11)

Jul 28, 2009

中身は大きく変わった新“GRD”――F1.9レンズ搭載の「GR DIGITAL III」

中身は大きく変わった新“GRD”――F1.9レンズ搭載の「GR DIGITAL III」

リコーが3代目の“GRD”、「GR DIGITAL III」を発表。外観こそは既存モデルをほぼ踏襲するが、F1.9の明るいレンズを始め、中身は大幅に進化した。
 リコーは7月27日、コンパクトデジタルカメラ「GR DIGITAL III」を8月5日より販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格は8万円前後。


「GR DIGITAL III」
 2005年10月に発表された「GR DIGITAL」、2007年11月に発表された「GR DIGITAL II」に続く、「GR DIGITAL」の最新機種。レンズ、撮像素子、画像処理エンジンのいずれも一新することで、さらなる高画質を目指した。


「画素数としては1000万画素で十分。いかにダイナミックレンジを広げるか、いかに高感度化を進めるか――それこそが高画質化とわたしは信じています」(同社 パーソナルマルチメディアカンパニー プレジデント 湯浅一弘氏) レンズは35ミリ換算28ミリ F1.9-9の“FAST”「GRレンズ」で、特殊低分散ガラスレンズ3枚を含む6群8枚構成。35ミリ換算28ミリという焦点距離はGR DIGITAL IIから変わらないが、明るくなったことで(GR DIGITAL IIのF値はF2.4-F11)、よりシャッタースピードを上げての撮影、あるいは同一シャッタースピードならば低ISO感度での撮影が可能となった。

 撮像素子は1/1.75インチ有効画素数1001万画素CCDから、1/1.7型有効画素数1000万画素CCDに変更された。新型撮像素子は微細化プロセスと集光技術の向上により、サイズ自体はGR DIGITAL IIとほぼ同等ながら約2倍の感度を実現しているほか、アナログ部の改良も同時に進め、高感度時に発生する色つき現象を抑制した。「あえて高画素化を進めず、高感度タイプの撮像素子を搭載することで、画質のさらなる向上を実現した」(同社)

 画像処理エンジンも新開発された「GR ENGINE III」を搭載する。圧縮の前段でノイズ処理を行う新プロセスの導入により、よりきめ細やかなノイズ処理制御が可能となった。また、アルゴリズムの改良によって低輝度下でのAF駆動速度が高速化され、同時に、被写体の動きに応じてAFを調整する「プレAF」によって、AF速度の全体的な高速化も図った。

 そのほか、レンズ群の一部を専用位置に移動させるマクロモードやCX1に採用された、各画素の出力を比較し白トビ部分の画像情報を予測・補完、最大で+1EV相当までダイナミックレンジを拡大する「画素出力補完アルゴリズム」、画面を細かく分割し、各点の光源に応じてホワイトバランス補正係数を設定する「マルチパターン・オートホワイトバランス」なども備えた。

 ボディのデザインやサイズはほぼGR DIGITAL IIを踏襲するが、モードダイヤルに任意のセッティングを保存する「マイセッティング」は3つまで登録が可能になったほか、利用頻度の高い任意の機能を割り当てることができる「Fn」ボタンは2つに増加し、操作性はより向上した。



外部フラッシュ「GF-1」を装着した状態 背面液晶は3型/約92万画素と大型/高精細化が進められた(GR DIGITAL IIは2.7型/約23万画素)。色再現性はsRGB比100%となっている。サイズは108.6(幅)×59.8(高さ)×25.5(奥行き)ミリ、約188グラム。記録メディアはSDメモリーカード(SDHC対応)で、付属バッテリー「DB-65」利用時には約370枚の撮影が行える(CIPA規格)。

 オプションとして、新たに外部フラッシュ「GF-1」(2009年秋販売開始予定)が追加された。外部ファインダー「GV-1」「GV-2」やワイコン「GW-1」など、GR DIGITAL II用として用意されているオプションの多くも流用可能だ。主な仕様は以下の通り。

正常進化という形で地味に進歩のGRDらしいと言えばその通りであるが、だからこそファンも多い??

| | Comments (1) | TrackBack (5)

Jul 27, 2009

プッシュ型では通用しない――「頭のいい人脈の作り方」

プッシュ型では通用しない――「頭のいい人脈の作り方」

「人脈は重要だ」と考えているビジネスマンは多いが、果たしてどれだけの人が戦略的に人脈を形成しているのだろうか?
ITmedia2009年07月25日 08時30分 更新

この記事をブログに書く(会員限定)
プリント表示
トラックバック

 ここ数年、「人脈」をテーマにした書籍の出版が相次いでいる。しかも『抜擢される人の人脈力』(東洋経済新報社)、『28歳までに他社からスカウトされる人脈術』(ダイヤモンド社)といった書名が象徴するように、人脈はビジネスの成功には欠かせないリソースだという認識を、現在、多くのビジネスパーソンが共有しているようだ。


『本当に必要な人を引き寄せる 頭のいい人脈の作り方』 著者:立石剛、定価:1365円(税込)、体裁:四六判 192ページ、発行:2009年6月、日本実業出版社 しかし、それだけ重要な人脈を戦略的に形成している人がどれだけいるだろうか。あなた自身の人脈を思い浮かべてほしい。それは、あなたが本当に手に入れたかった「価値ある人脈」だろうか。実際には、ビジネス上の短期的な必要性のみでつながっている関係や、深い目的もなく出席した会合から付き合いが始まった「人脈のようなもの」に過ぎないのではないか。

 本書の著者は、「同じ価値観を共有でき、かつ、お互いの持っている才能や強みを活かせる人脈」こそが「本当に必要な人脈」なのだと主張する。同時に、それを手に入れるためには、あなたがこれまで行なってきた人脈作りの戦略を変える必要があることも示唆している。

 いたずらに人を追いかけ、相手の価値観に合わせて自分をカメレオンのように変化させているうちは、価値ある人脈は到底築けない。自分自身の価値観を磨き、発信し続けることによってのみ、本当に必要な人脈を自分に「引き寄せる」ことが可能になる。

 その発信の方法として、著者は夢を描く、自分ブランドを作ることの重要性を説く。自分はどのような形で成功したいのか、自分は他者の成功のためにどんな価値を提供できるのか、それをきちんと伝えることができれば、あなたのもとには自ずから必要な人物が集まってくる。

 また、それらの人脈が集うコミュニティーとして勉強会を主催するのも、戦略的な人脈形成には不可欠なポイントだ。著者自身、価値観を同じくする起業家2000人が集まる勉強会を運営することで、価値ある人脈との定期的な交流を可能にしてきた経緯がある。

 人々の価値観が多様になった現在、無差別的な「プッシュ型」の人脈形成では多大なリターンは望めない。本書が提唱する戦略的な「プル型」の人脈作りを行なうことで初めて、互いの価値観を共有したWin-Winのネットワークが構築できると言えよう。

自分ブランドの確立とか、ウィンウィンとかプライベートでこんなことを言っているひとにはあまり近寄りたくないが・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 26, 2009

Twitterとマスメディアは連携できるか (1/4)

Twitterとマスメディアは連携できるか (1/4)

朝日新聞社など、マスメディアによるTwitterが始まった。政治家による国会中継も行われた。果たしてTwitterは新たなメディアの発信源になるのか。マスメディアはTwitterをいかにして使うべきなのだろうか。
[森川拓男,ITmedia]2009年07月25日 11時45分 更新

ネットの逆流の過去記事はこちら、ヒウィッヒヒーに関するオルタナティブ・ブロガーの意見はこちらです。

 Twitterが一般で話題に上ることが増えてきた。ネット上のニュースでは当たり前のように言及され、テレビや新聞でも取り上げられるケースが増えてきたのだ。ユーザーも日々増え続け、企業や著名人の参加も相次いでいる。最近では青森県庁も開始した。Twitterを活用するためのツールやWebサービスも次々に誕生し、今後の発展も期待されるところだ。同時に、変化も余儀なくされそうだ。

 Twitterといえば「いまなにしてる?」。「いま」をつぶやく場所だった。わたしがTwitterを始めたのは、この春だった。以前からアカウントは取得していたものの、どう使っていいのか分からずに放置していたが、仕事がきっかけで使い始めていまに至る。といっても、たまにつぶやくのみで、積極的に活用しているわけではない。ただ、Firefoxを立ち上げていることが多いので、TwitterFoxを使って、フォローしている人のつぶやきを眺めることが多い。

 しかし、ここ数カ月でもずいぶんと状況が変わってきた。それは、マスメディアのTwitterへの参入だ。わたしも幾つかをフォローしているが、疑問に感じることもある。マスメディアがTwitterを使うことの狙いである。

マスメディアのTwitter活用
 朝日新聞社がTwitterのアカウントを取得したというニュースは新鮮だった。「asahi」アカウントで最初につぶやかれたのは、6月10日に行われたサッカーワールドカップアジア地区最終予選「日本×カタール」のこと。その前々日に、試合担当のマッキーと名乗るつぶやきがあり、カタール戦の速報を行うと告知された。

 それまでにも、幾つかの企業などがアカウントを取得し、Twitterを使ったプロモーション活動を行っていることはあった。例えば、Twitterをプロモーションに活用したDellの場合、300万ドルの売り上げを生み出したと報じられた。このようにTwitterは、ビジネスモデルとしても効果を上げ始めている。Twitterを積極的に活用しているミュージシャンなども出現している。

 Twitterによる各種の中継も、多くのTwitterユーザーが行うようになった。例えば、あるシンポジウムに参加していなくても、ほかのユーザーによるTwitterの生中継によって、内容を簡潔に、しかもタイムリーに知ることができる。

 ここにおいて、朝日新聞社という旧来型のマスメディアがTwitterを始めるという。いったいどのような使い方をするのか、興味と期待感があった。しかし、ふたを開けてみると、マッキー氏によるサッカー中継は、テレビ観戦をしながらおしゃべりしているような印象であり、期待していた詳細な実況中継からはほど遠かった。

 だが、これが意外な人気を生み、「asahiたん萌え」という現象も一部に巻き起こしたのである。ライターの津田大介氏が審議会などに出席した際に、発言を逐一Twitterに投稿することから名づけられた「Tsudaる」に対抗する言葉として、かつて流行した「アサヒる」とは違う意味の、新しい「asahiる」という言葉まで誕生した。

 カタール戦が終わるとしばらく音沙汰のなかった「asahi」アカウントは、アサヒ・コムの話題のニュースのRSS配信を開始した。これに関しては賛否が分かれるようだ。

 Twitterに連携するサービスとして、RSSなどのフィードを定期的にチェックして新着をつぶやくものや、ブログなどのpingからつぶやくものも存在する。しかし、これも度を越えると膨大な量のつぶやきが流れることになり、スパムのような感じになりかねない。

 「asahi」アカウントで2度目に行われたオーストラリア戦のサッカー中継では、開始直後にRSSが一時的に止められた。そして、カタール戦と同じユルイ感じのつぶやきが行われた。試合終了後は、再び無機質なRSS配信に戻っている。

 しかし、「asahi」の2万5000あまりのフォロワーたちは、そのようなRSS配信を望んでいるのだろうか。そもそも、メディアはTwitterで何をしたいのだろうか。

mainichijpeditは?

 マスメディアにとっては可能性と扱いの難しい機能面の両面を考慮してほしいところであるが・・。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Jul 25, 2009

クラウドバーストの衝撃 (1/3)

クラウドバーストの衝撃 (1/3)

本IBMが、クラウド環境を利用できるようにする新サービス「クラウドバースト」を7月に発表した。具体的な製品を交えた分かりやすいサービスだ。一方で、国産ベンダーの発表内容はいまひとつだ。
[伴大作,ITmedia]2009年07月24日 18時37分 更新

伴大作の木漏れ日の記事一覧はこちら。プライベートクラウドに関するブロガーの意見はこちらです。

 以前、「クラウドコンピューティング」は、訳の分からない言葉になってしまったと書いた。その後、日本のコンピュータベンダー各社が自社のクラウド戦略を続々と発表したが、それで余計に分からなくなってきた。

 そんな中で、最も分かりやすい発表をしたのが日本IBMだ。

クラウドバースト
 日本IBMは7月14日、データセンターなどにおいて設置から数日でクラウド環境を利用できるようにする新サービス「IBM CloudBurst(クラウドバースト) V1.1」を発表した。他社と大きく違うのは、初めて目に見える「モノ」を見せたことだ。これまで、クラウドに関する各社の発表は何かと理念先行だった。

 CloudBurst V1.1は、プライベートクラウド環境やデータセンター内において、迅速な環境構築を実現するために必要となるサーバ、ストレージ、ネットワーク、ソフトウェアといった製品に、導入サービスを組み合わせたソリューションだという。抽象的な理念ではなく、具体的な製品を発表している点が評価できる。同システムの用途はプログラムの開発基盤、Webサーバ、ファイルサーバなどに限られているものの、どの企業も導入を検討したくなるような領域をカバーしている。こうした取り組みは高く評価したい。

国産勢の苦渋
 それに対し国産勢はだらしがない。各社ともクラウドに関する戦略を発表したが、流行に乗り遅れまいという意識が丸見えで、自社の確固たる戦略を打ち出した企業はほとんどなかった。自社が考えるクラウドはどのようなものかを明らかにした企業がほとんどないのは心配だ。

 深読みすると、クラウドは彼らにとって自らのビジネスモデルを危うくする存在であることを半ば明らかにしたようなものだ。今後の製品やサービスの出荷についての記者からの質問に、具体的な回答をした企業もほとんどなかった。

 確かに、クラウドコンピューティングを上手に利用すれば、ICTコストを劇的に削減することが可能だ。ただし、その場合クラウドはまさに雲の中。どのような機材、技術が使用されているか、ユーザーにはほとんど見えてこない。この結果、ユーザーがクラウドを導入する場合、長年付き合ってきたマシンベンダーとの絆は完全に断ち切られてしまう。

 これまで築き上げたベンダーとユーザーとの信頼関係は何の役にも立たない。そこでは、価格と性能、信頼性という数値化された尺度のみが絶対的な価値となる。ユーザーとの精神的な紐帯(じんたい)を頼りにここまで生き残ってきた国産ベンダーにとって、クラウドは厄介なテクノロジーであることは間違いない。

 一方で、クラウド技術が一般化する可能性が高まると国産ベンダーはクラウドへの積極的な対応を推し進めないと海外のベンダーに市場をすべて奪われてしまうという事情もあるだろう。

 引くも地獄、進むも地獄――クラウドに関して国産ベンダーは概ねそのような気持ちを持っているのだろう。結局、彼らはクラウドに関し、苦渋の決断を下さざるを得ないのだ。

IBMが形になるものを出してきたのは国内ベンダーにしてみるとたいそう驚異であろう。とはいえ、国内ベンダーも今のままでではまずいことはわかっているはず・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

Jul 24, 2009

容量“256Gバイト”のUSBメモリ、キングストンから

容量“256Gバイト”のUSBメモリ、キングストンから

Kingston Technologyは、容量が256GバイトのUSBメモリ「DataTraveler 300」を発売した。想定価格は9万9800円前後の見込み。
[杉本吏,Business Media 誠]
PR:なぜ?ある加齢臭防止の石けんが40万個も売れている?
PR:指示待ち部下に悩み……そんなリーダーに“効く”プログラム
 Kingston Technologyは7月23日、容量が256GバイトのUSBメモリ「DataTraveler 300」を発売した。オープン価格で、想定価格は9万9800円前後の見込み。

 DataTraveler 300は、「世界初」(Kingston Technology)という容量256GバイトのUSBメモリ。読み出し速度は毎秒20Mバイト、書き込み速度は毎秒10Mバイトで、USBメモリを仮想メモリとして使うことでPCを高速化するWindows Vistaの機能「ReadyBoost」にも対応する。

 Windows PC向けのセキュリティソフト「Password Traveler」も搭載し、パスワード保護領域にデータを保存することで不当なアクセスを防げるとしている。本体はキャップレスタイプで、サイズは70.68×16.90×21.99ミリ。

この容量の大きさは確かにびっくりものであるが、この価格にもびっくりもの。ニーズあるのやろか??いずれ1テラバイトのメモリとかも出そう・・・。

| | Comments (6) | TrackBack (5)

Jul 23, 2009

イライラする20代と30代……その要因は?

イライラする20代と30代……その要因は?

日本人の意識はどのように変化してきたのだろうか。日本の「経済力」または「生活水準」が良いと考える人は減少傾向に。将来について明るい展望を持っている人は少なくなっているようだ。統計数理研究所調べ。
[Business Media 誠]
 過去20年間――日本人の意識はどのように変化してきたのだろうか。統計数理研究所の調査によると、日本の「経済力が良い(非常に良い+やや良い)」とする割合は37%、「生活水準が良い」は49%であることが分かった。同研究所の過去の調査と比べると、「経済力」については79%(1993年)から32%(1998年)に、「生活水準」については74%(1993年)から37%(1998年)にそれぞれ減少。「『経済力』への評価は回復の兆しを見せているものの、この10年から15年間の状況を脱して以前の高い水準に戻したとは言い難い」(統計数理研究所)としている。


日本の社会経済状況に関する悲観的な評価(出典:統計数理研究所)
 こうした状況の中、将来について明るい展望を持っている人はどのくらいいるのだろうか。「この先、人々の心の安らぎが減る」と考えている人は過去10年間ずっと7割近くを数え、「人間の自由が減る」と思っている人も、前回調査(2003年)と比べ5ポイント増の40%に達した。また「人々の生活が今後、豊かになる」という人は同3ポイント減の11%と過去最低。逆に「貧しくなる」と答えた人は同47%から過去最高の57%となった。

 聞き取りによる調査で、20歳以上の男女3302人が回答した。

イライラする20代と30代

「イライラ」を感じる若年層が増加 ここ1カ月の間に「イライラした」ことがある、という人はどのくらいいるのだろうか。「イライラした」という人は48%で、過去15年間で最高を記録。年代別に見ると、特に20代(63%)と30代(62%)が多く、いずれも6割を超えた。

 どのような要因によって、「イライラ」しているのだろうか。仕事や職場に満足している人で「イライラした」と回答したのは33%だったが、不満な人は73%。「生活全体に不満を抱え、経済状態についての不安感も強く感じている人ほど、イライラしていることが分かった」(統計数理研究所)

上役との付き合い
 上役との付き合いは「あったほうが良い」と思っている人はどのくらいいるのだろうか。仕事以外でも「付き合いはあったほうが良い」と考えている人は、1993年の72%から1998年の55%へと減少したが、今回の2008年では58%と微増した。年代別に見ると、20代は50%(1998年)から65%(2008年)へ、30代は45%(1998年)から63%(2008年)へと大幅に増加した。


上役とのつきあいが“あったほうがよい”という回答の年齢別の推移(出典:統計数理研究所)
 また給料は少ないかもしれないが、運動会や旅行などをして「家族的な雰囲気のある会社で働きたい」という20代は、1973年の76%から2003年の35%へと半減。ただ今回の2008年は45%と10ポイント増えた。

衰えいく日本経済への不安・懸念が明らかに出ているアンケート結果。この懸念がさらに少子化を加速させるスパイラルに陥っているような気もするが・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

Jul 22, 2009

ネットカフェや漫画喫茶を利用する理由、男女で違い

ネットカフェや漫画喫茶を利用する理由、男女で違い

 

駅前や繁華街で必ずといっていいほど見るようになったインターネットカフェ(ネットカフェ)や漫画喫茶。どのように利用されているのだろうか。

 アイシェアの調査によると、「ネットカフェ・漫画喫茶に行ったことがありますか?」と尋ねたところ、「ある」は48.3%。男女別ではほとんど差は見られなかったが、年代別に見ると20代(51.7%)や30代(51.7%)より40代(41.1%)の利用経験率が低かった。

 ネットカフェ・漫画喫茶に行ったことがある人に「どのくらいの時間滞在することが多いですか?」と聞くと、最も多かったのは「1時間~3時間未満」で46.4%。以下、「3時間~6時間未満」(20.6%)、「30分~1時間未満」(17.7%)、「6時間以上」(10.9%)、「30分未満」(4.4%)が続いた。

性別によって行く理由が微妙に違うな・・・。と同時に多人数で暇つぶしに行くひとが多いのも意外・・・。

| | Comments (53) | TrackBack (0)

Jul 20, 2009

徹底レビュー:Googleタスクの利点と改善点

徹底レビュー:Googleタスクの利点と改善点

GoogleタスクがようやくLabsから卒業して正式版になりましたが、これを機にくら替えしたほうがいいのでしょうか? 米Lifehackerの生みの親、Gina Trapani氏のレビューを見てみましょう。
[Gina Trapani(訳:松岡由希子),ライフハッカー[日本版]]
PR:40万個も売れている体臭用石けん、それを取材すると…
PR:指示待ち部下に悩み……そんなリーダーに“効く”プログラム
 ライフハッカー過去記事「GoogleタスクがいよいよGoogleLabsから卒業」で第一報をお伝えしたとおり、Googleタスク(以下、Tasks)がようやく正式版になりました。

 さて、これを機にTasksにくら替えしたほうがいいのでしょうか? それとも、従来から使っているほかのタスクマネジメントアプリを使い続けるほうがよいのでしょうか? 米Lifehackerの生みの親Gina TrapaniがTasksについてレビューし、以下のようにまとめています。彼女の結論は「まだTasksに移るには早すぎる」というものだそう。さて、その理由は?

ムービーの閲覧にはFLASHプラグイン(バージョン8以上)が必要です。

GoogleがYouTube公式チャンネルで公開しているTasksの説明動画
Tasksの利点
 Tasksの利点はなんといってもGmailやGoogleカレンダーとの連携。TasksのToDoリストを使えば以下の3点がクリアできる。

その1:Gmailメッセージをタスクにできる
 これは大きな利点。仕事の依頼をメールで受けたら、メールの右端にある「その他の操作」をワンクリックし「ToDoリストに追加」を選んで、そのままタスク化できるのだ。従来のタスクマネジメントツールのように自分でタスクを入力する手間も省けて便利。また、複数のメールを選んで、いっぺんにタスク化することもできる。

その2:Googleカレンダーで見ることができる
 Google カレンダーの左側にある「Tasks」リンクをクリックすれば、GoogleカレンダーにTasksの内容が追加表示される。もちろん、Googleカレンダー上からタスクの内容を更新することも可能だ。またGoogleカレンダーの右側ではタスクの一覧も表示できる。ただしTasksにはリマインダー機能がないので要注意。タスクに納期設定されていてもリマインダーしてくれるわけではない。

その3:iGoogleに埋め込める
 iGoogleのガジェットを組み込むことでiGoogle上でもTasksがチェックできるのも魅力。ガジェットの入手はこちらのページでどうぞ。

 その他のTasksの利点としてはタスクを階層化できる点が挙げられる。親タスク・子タスクなどといった具合に細分化されるタスクには便利。インタフェースは万人受けする仕上がり。また、マウスでのナビゲーションをほとんど必要としないのもよい。タスク移動には「Enter」キー、インデントは「Tab」キー、「Shift」キー+「Tab」キーでアンインデントのように、ショートカットキーを使えるのは魅力。

 タグやフォルダーの機能はないが、複数のリストが作れる仕組みなので、テーマ別にリストを分けることは可能。また、アナログな紙派のユーザにも配慮されており、印刷バージョンが搭載されている。

 最新のWebブラウザが搭載されたスマートフォンであればTasksのモバイルバージョンが使える。スマートフォンから「http://gmail.com/tasks」にアクセスしてみよう。Google Appsのユーザは「http://mail.google.com/tasks/a/XXXXX(ユーザのドメイン名)」でTasksを使える。 iPhoneでTasksのブックマークをホームに追加する場合、チェックアイコンのデザインはなかなかグー。

Tasksの今後の課題
 Tasksには通常のタスクマネジメントツールにあるはずの以下のような機能がない。

タスクの優先付け
繰り返しタスクを設定する機能
リマインダー
検索機能
タグ
インポート/エクスポート/バックアップ機能
iPhoneやOutlook、Android、BlackBerryとの同期
共有機能、など
 これらの機能は、米Lifehacker過去記事「Get Organized with Remember the Milk(Remember the Milkで整理整頓を)」で紹介したとおり、Webツール「Remember the Milk」にはこれらの機能はすべて搭載されている。

 Photo by PJLewisまた、とても残念なのはTasksのAPIがないこと。生産性重視のGoogle愛用者にとって、モバイルアプリやデスクトップアプリ・Webアプリ・Adobe Airアプリ・ガジェットなどとの連動を期待するだろうが、GoogleがTasksのAPIを提供し始めるまではこの望みはしばしおあずけとなりそうだ。


--------------------------------------------------------------------------------

 GinaのTasksに対する評価は「Gmailコンタクトの完成度に比べると、Tasksはまだ道半ば」と若干辛口ですが、どのツールにも長所・短所があるものですから、これを理解したうえで自分に合ったツールを選び、使い方を工夫するのも必要ですね。Tasksを使ったとっておきのハック術などがあれば、ぜひコメントで共有してください。

いずれキラーアプリにまで発展する可能性もありそうなGOOGLETASK.いまのところは先行のアプリには敵わないゆですが・・・。なにせGMAILやカレンダーと統合された日には・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (4)

都市鉱山とレアメタル――現代の発掘現場

日曜日の歴史探検:
都市鉱山とレアメタル――現代の発掘現場

わたしたちの生活に溶け込んでいるレアメタル。今、その再利用を巡って盛んに議論が交わされています。現代の鉱床はリサイクルという形で操業されていくのかもしれません。
[前島梓,ITmedia]2009年07月19日 00時00分 更新

 レアメタル再利用の動きが加速――そんなニュースが最近頻繁に取り上げられるようになっています。では、レアメタルとはどういったもので、なぜここにきてその再利用が加速しているのでしょうか。

 レアメタルについて、学術的な定義というものは実は存在しません。端的には、銅、鉛、亜鉛、アルミニウムといったいわゆるベースメタル以外はある意味すべてレアメタルだといえます。ここで、多くの人が抱くレアメタルのイメージは、「資源量が少ない非鉄金属」という認識が強いと思います。しかし、厳密に考えてみると、地域的に偏在し、かつ鉱物学的に放射性元素を含むことも多く、資源確保の上で難しい問題を抱え、そのためにコストが高く、結果として「生産量が少ない」ものがレアメタルであるといえ、必ずしも資源量で規定されているわけではありません。

 資源エネルギー省の所管である総合資源エネルギー調査会鉱業分科会レアメタル対策部会では、備蓄している7鉱種(Ni、Cr、Co、Mn、W、Mo、V)に加えて、希土類(原子番号57番のランタンから71番のルテチウムまでのランタノイドと、21番のスカンジウム、39番のイットリウムを加えた計17種類の元素)やTa、Inなど31鉱種をレアメタルとしています。これらは「クリティカルメタル」と表現されることもあります。


レアメタルの鉱種(出典:経済産業省資料)
 ベースメタルや貴金属は、世界の主要な商品取引所、例えばロンドン金属取引所(LME)やシカゴ・マーカンタイル取引所(CME)、ニューヨーク商品取引所(COMEX)などで日々売買され、市場価格の透明性が確保されています。一方で、ほとんどのレアメタルは実需流通規模が小さく、公正な市場価格の形成維持が困難なため、商品取引所に上場していません。

何が問題になっているのか
 レアメタルの問題を議論するときには、その偏在性が取り上げられます。例えば南アフリカ共和国は世界全体の80%近くのプラチナ、70%以上のロジウムを産出しています。金は「世界一の産出国」の座を中国に譲り渡しましたが、依然として同国の主要な輸出品の1つです。そんな同国で2008年1月に電力危機が発生した際、金やプラチナ、ロジウムといったレアメタル相場は史上最高の価格水準まで押し上げられることになりました。これは特殊なケースではありますが、産出量が少ないレアメタルは、産出国の供給政策、あるいは採鉱や精錬設備のトラブルで、たちまち世界市場に大打撃を与える可能性をはらんでいることが分かります。

 レアメタルについては、中国(タングステン、レアアース、インジウムなど)、南アフリカ(プラチナ、クロム、マンガンなど)、ロシア(プラチナ、バナジウム、ニッケルなど)、チリ(銅、モリブデン)といったように、生産が大きく偏在しています。このうち、主に中国に頼ってきたタングステン、レアアース、インジウムなどは供給を受ける側の最大のリスクとなっています。これは、中国の資源政策の転換によるもので、中国にとって戦略物質と認識されれば全面的な輸出禁止となる可能性があるためです。6月には、中国が国内需要を満たすためにレアメタルの輸出規制を強化しているとして、米国がWTO(世界貿易機関)に提訴するまでに至っています。同じように偏在しているレアメタルでも資源国の供給政策によって大きな影響を受ける可能性があるということが予想されます。

 レアメタル価格の急激な高騰は、必ずしも需給バランスからだけで起こっているわけではなく、昨今の金融不安で生まれた流動的資金の流れ先の1つであることも影響しています。とはいえ、投機対象から外れても、昔のような低価格でいつでも手に入るという認識は改める必要があります。

 日本でのレアメタルの国家備蓄制度は1983年度から進められており、製鋼の添加剤として使用されるバナジウムや、硬度の高い合金に用いられるタングステンなど4種類について、国内消費量の約20日分を備蓄しています。これを今年度中に2倍に積み上げるとともに、薄型テレビや太陽光発電パネルなどの原材料となるインジウムと、省エネ照明器具に使われる発光ダイオード(LED)などに不可欠なガリウムについても新たに備蓄を開始しています。また、備蓄の対象にはなっていませんが、電気自動車用の大型充電池などに使われるリチウムについて三井物産がカナダの資源会社と独占契約を結ぶなど、民間でもレアメタル確保が着々と進められています。

都市鉱山とは?
 このような状況で、「都市鉱山」という言葉も取り上げられるようになってきました。この言葉は、1987年に東北大学選鉱製錬研究所の南條道夫教授らが提唱したものです。その中には、「レアメタルの重要性はハイテク産業の糧ともいわれ、その供給ストップがそのまま本邦の産業の停滞を意味するまでになった」と記述されていますが、この言葉が現在でもまったくそのままの意味で用いることができます。レアメタルは、日本の産業を支えるハイテク機器の鍵となる部品に多く用いられており、例えば携帯電話には、アンテナにガリウム、液晶画面にはインジウム、基盤にはパラジウムや金、電池にはコバルトといった具合に、レアメタルが多く含まれています。つまり、製造された広い意味での社会資本に多くの有用な金属資源が使用されており、今でも残っているわけです。独立行政法人物質・材料研究機構が2008年1月11日に発表した数字でも、例えば、日本の都市鉱山に存在する金の総量は6800トンで、全世界の現有埋蔵量の約16%に相当しています。同様にレアメタルについても、日本の都市鉱山には全世界埋蔵量の一割を超えるものが多数存在しており、そこから資源を再生できないかと考えられているのです。

 しかしここで、その再生方法が問われています。ベースメタルは電力や構造物などの都市インフラを構築するものとして利用されていますので、資源の再生も比較的楽ですが、レアメタル類は、携帯や小型の電子デバイスといった個人消費財の中の部品として広く薄く社会に拡散しています。この拡散した元素を収集し、かつ経済性を持って循環することは容易ではありません。

 都市鉱山の開発手法としては「人工鉱床構想」などが提案されており、使用済みの電子機器を鉱物資源として捉え、計画的に取り扱っていこうという姿勢がみられます。これまでなら、レアメタル含有製品は廃棄物されるか、あるいは使用後に環境規制が厳しくない近接国に流出しており、回収システムがうまく機能すれば、この問題を解決できると期待されています。鉱床というと古めかしく感じるかもしれませんが、現代の鉱床はリサイクルという形で操業されていくのかもしれません。

日本の都市鉱山分で世界のレアメタルの16%とは恐ろしい数字だ。要はコストをかけずにどれだけ効率よくリサイクルできるかにかかっているかというところか??

| | Comments (2) | TrackBack (1)

Jul 19, 2009

米国のデジタルサイネージ事例

米国のデジタルサイネージ事例 市場の拡大に期待が懸かるデジタルサイネージだが、ユーザーの視点から見た米国の事例を紹介しよう。

ニューヨークのイエローキャブ  ニューヨークを走るタクシーの「イエローキャブ」は、後部座席にタッチスクリーンを設置している。三大ネットワーク局ABCのニュース番組を始め、ビジネス、スポーツ、天気予報などのコンテンツを視聴できる。また画面上にはGPS(全地球測位システム)とGoogle Mapを連動させた地図を表示する。画面を触れると、乗車場所からの移動ルートやレストラン・ガイドブックのZAGATをオンラインで表示できる。観光客には嬉しいサービスだ。

 このディスプレイはタクシー料金の支払いにも使える。クレジットカードを専用端末にスキャンした後、チップを選択してOKボタンを押すだけでいい。英語が苦手な人でも支払いがしやすくなっており、世界中から観光客が訪れるニューヨークのイエローキャブにとって、切っても切り離せないサービスだ。


イエローキャブのデジタルサイネージ
ガソリンスタンド
 ボストン郊外のガソリンスタンドでは、燃料給油機に屋外用の液晶ディスプレイが設置されている。家電量販チェーンのBest buyやAmerican Express Internationalの企業コマーシャル、渋滞情報などが流れている。これらはDOOHメディアを提供するAdteck Mediaが運営する「Pump Top TV」と呼ぶネットワークを介して、全米550店舗、6000台以上のモニターに配信しているという。

 米国のガソリンスタンドの多くがセルフ給油式であり、給油している間は意外と手持ちぶさたになる。ある調査によると、ドライバーの7割が週平均1.5回足を運び、平均6分ほど滞在する。こうした顧客の心理をすくい上げ、すき間時間を有効活用できるガソリンスタンドは、車社会が浸透している米国では格好のロケーションといえる。設置している店主も「(導入により)毎月100ドルの収入を得ている」と話し、効果を認めていた。デジタルサイネージが収益をもたらすビジネスとして貢献している。


ガソリンスタンドのデジタルサイネージ
エンターテインメント・レストラン
 シリコンバレーで思わず立ち止まってしまったのが、uWinkというレストランだ。入口には「Food」+「Drink」+「Media」という表示があり、店内の各テーブルに設置されたタッチパネル端末を黙々と操作しているお客さんで溢れていた。画面に表示された写真付きのメニューから注文を送ったり、クレジットカードで決済したりできる。

 タッチパネル端末にカードをスキャンすると、ウェイターが「いらっしゃいませ、○○さん」とファースト・ネームであいさつをしてくれる。カード情報がリアルタイムに反映されているのだ。この端末を通じて、店内のスクリーンに映し出されたオンラインゲームに参加するとも可能だ。このレストランはゲーム産業の父と呼ばれたNolan Bushnell氏が創業したこともあり、顧客を飽きさせない工夫が随所に盛り込まれている。

スタートアップ企業から学ぶデジタルサイネージトレンド

日本でも段々と浸透しつつあるデジタルサイネージ。新し物好きの米国でも実践例は面白い用途が多い。先進的な一部の取り組みで終わってしまうのか?それともトレンドとして定着していくのかこれからの動きしだい??

| | Comments (2) | TrackBack (4)

Jul 18, 2009

iPhoneアプリに広告を出す5つのメリット

iPhoneアプリに広告を出す5つのメリット

出荷台数が4000万台を突破し、注目の高いiPhoneの広告市場。「Next Advertising & Marketing 2009」でノボットの小林清剛社長が、iPhone広告市場の現状と今後の動向について講演した。
[塙恵子,Business Media 誠]
PR:今、通販のみで40万個も売れている加齢臭用石けん、それを取材すると…≫
PR:指示待ち部下に悩み……そんなリーダーに“効く”プログラム

ノボットの小林清剛社長 iPhoneとiPodの出荷台数は世界で4000万台を突破。リリースしたアプリは6万5000本、ダウンロード数は15億回以上と言われ、広告市場の広がりも大きい。

 「Next Advertising & Marketing 2009」でノボットの小林清剛社長が、国内を中心としたiPhone広告市場の現状と今後の動向について講演した。

 小林社長によれば、国内の広告ネットワークの反応としては、iPhoneの広告市場には興味はあるものの、「iPhone対応のWebサイトが少ない」「国内のiPhone広告規模がどの程度あるかが不明」といった声をよく聞くという。

 「国内でのiPhone(iPod)の出荷台数の140~160万台のうち、ユーザーは若年層が50%を占める。そして、ブログで記述するなど比較的話したがり屋だったり、インフルエンサーの人が多い。マーケティングでは効果が高い」(小林社長)

 小林社長は「どんな広告が打てるのか?」という質問を多く受けるとも言う。「Webリンクだけだと思っている人が多いが、音声、キャンバス、映像、App Store、動画(YouTubeなど)、iTunes、電話といった広告があることを知ってほしい」。主なメリットは5つ。

ユーザー情報(デバイスID、国IDが固有。さまざなな属性に応じて提供できる)
GPS連動(一連動型の広告の表示)
映像広告(「見てもらえる」映像広告 ブランドを訴求する)
電話誘導(電話で何らかの成果に誘導する)
海外訴求(日本国内で作られたアプリは全体の3~5%程度。北米のアプリは50%~70%を占める)
 ほかのスマートフォンに比べ、iPhoneは一般のWebサイトへのアクセスが多い点も魅力と小林社長。日本市場では、少なくとも月10億、計算によっては25億のインプレッション、広告のクリック率は0.7~2.6%と非常に高い数値を誇る。一方で注意点もある。「かわいい、かっこいいおならの音が聞けるような、ギミックアプリなどは広告効果はないが、Twitterのように毎日使うアプリの場合は効果が高い」。アプリの種類で効果に幅が出るため、出稿するアプリは厳選する必要がありそうだ。

 小林社長は最後に、iPhoneの広告市場の今後のキーワードを挙げた。

海外ユーザー向け広告
行動ターゲティング広告
成果報酬型の広告(電話課金など)
垂直型の広告(ビジネスや女性への特化)
販促アプリ(カタログアプリの商品画面から電話注文など)
 2013年には、世界の携帯電話の総台数のうちスマートフォンが約4割になるとも言われている。「iPhoneの広告市場は立ち上がったばかり。どのようにこの市場に参入していくかを考える時期に来ているのではないか」

 iphoneもアプリを通じてある意味でのスタンダードになってしまえば、ケータイのスタンダードになってしまうかも??

| | Comments (11) | TrackBack (9)

Jul 17, 2009

Twitterの情報流出で問われるクラウドの安全性 (1/2)

http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0907/16/news063.htmlTwitterの情報流出で問われるクラウドの安全性 (1/2)

Twitterは、Google Appsのアカウントを盗まれたのは、このサービスのシステムの問題ではなく、安易なパスワードを使った個人の問題だとしてGoogleを擁護している。
[Clint Boulton,eWEEK]2009年07月16日 15時54分 更新

 米Twitterで個人メールアカウントがハッキングされたことで、米Googleとクラウドコンピューティングモデルは、人気ブログTechCrunchのからかいの的になった。

 この攻撃はGoogle Appsのパスワードシステムのセキュリティの弱点を狙ったもの。その結果、企業が機密文書を保存するのにインターネットを利用するのは安全なのかという議論が再燃した。Googleは弁明に追われ、Twitterは7月15日にGoogleを擁護する姿勢を示した。

 今回の騒ぎは、「Hacker Croll」と名乗るハッカーが5月にTwitterから盗んだとされる約300の文書をTechCrunchが入手したのが発端だ。これらの文書の中には、重役会のメモや財務予測のほか、Twitterの従業員の予定表、電話記録、好きな食べ物のリストといったものまで含まれていた。

 Twitter共同創業者のビズ・ストーン氏は、TechCrunchが一部の文書のスクリーンショットを掲載した後でハッキングの事実を認め、ハッカーが従業員の個人メールアカウントから情報を盗んだことを明らかにした。このアカウントはYahoo! Mailアカウントとみられている。

 Twitterはこの情報をまだ確認していないが、ニュースWebサイトのCNETとNew York Timesでは、Yahoo!のパスワード回復システムの脆弱性のせいで、Hacker Crollが従業員のGoogle Appsアカウントにアクセスすることができたとしている。ストーン氏によると、このアカウントにはGoogle DocsやCalendarsなどのGoogle Appsが登録されており、Twitterはメモ、表計算データ、アイデア、会計データなどを社内で共有するのにこれらのGoogle Appsを利用しているという。

 TechCrunch創設者のマイケル・アーリントン氏は7月14日、Google Appsのパスワードセキュリティは不十分であると指摘し、自身のブログのコメント欄で「Googleのセキュリティホールがそもそもの原因であり、Google Apps for your Domainが狙われたようだ。一部のパスワードが推測され、そこからハッキングされたのだ。これらの文書の大半(あるいはすべて)がGoogleのサーバからダウンロードされた」と述べている。

 その翌日には、アーリントン氏はこれらの文書を公開する権利が自分にあるとして、次のように記している。

 Googleがパスワード回復用の質問という方法によって、信じられないほど簡単にユーザーのアカウントにアクセスできるようにしているのは、われわれの責任ではない。Twitterがこれらの文書や重要な情報をすべてクラウドに保存し、容易に推測できるパスワードと回復用の質問を設定していたというのも、われわれの責任ではない。今回の出来事を機に、GoogleおよびGoogleユーザーが今後、より強力なデータセキュリティポリシーについて考えるようになればいいのだが。

 SeekingAlphaのマイケル・アイゼンバーグ氏は、クラウドコンピューティングのセキュリティの弱さを指摘する――「問題は、多数の新興企業や大企業が重要な社内文書でGoogle Appsを利用していることだ。セキュリティは大丈夫だと彼らは思っているが、そうではない。これはGoogleが今後直面するリスクであり、クラウド専門のセキュリティ企業が必要であることを示すものだ」

 安易なパウワード設定というものの、これだけあちこちのsiteでパスワードを要求される中、そうほいほいしっかりしたセキュリティーを考えたパスワードの設定をユーザー側に要求うるおはいかがなもおか??

| | Comments (1) | TrackBack (1)

Jul 14, 2009

Microsoft、「Office 2010」「Office Web Applications」発表

Microsoft、「Office 2010」「Office Web Applications」発表

Microsoftが次期版オフィススイート「Microsoft Office 2010」のテクニカルプレビュー版を発表した。クラウドサービス「Office Web Applications」を含む新版の発売は2010年上半期になる見込みだ。
[ITmedia]2009年07月14日 07時10分 更新

 米Microsoftは7月13日、ニューオリンズで開催の年次カンファレンス「Worldwide Partner Conference 2009」において、次期版オフィススイート「Microsoft Office 2010」ほか関連製品のテクニカルプレビュー版をリリースしたと発表した。正式版は2010年上半期になる見込み。

 発表されたのは、Office 2010のほかグループウェアサーバの「Microsoft SharePoint Server 2010」、ビジネス向け描画ソフト「Microsoft Visio 2010」、プロジェクト管理ソフト「Microsoft Project 2010」のテクニカルプレビュー版で、招待制で数万人に提供される。

 Office 2010には従来のWordやExcelに加え、オンライン版のスイート「Office Web Applications」が含まれる。オンライン版はWord、Excel、PowerPoint、OneNoteで構成される。ユーザーはMicrosoftのサーバ「SkyDrive」に保存したドキュメントをPCだけでなく携帯端末からもWebブラウザで表示、編集、共有できる。

 主な新機能は、オンライン版によるコラボレーション機能のほか、PowerPointにビデオ編集機能やオンラインでのスライドショー機能が追加され、Excelにセルに小さなチャートを表示する機能「Sparklines」などが加わった。


PowerPointのビデオ編集機能
ExcelのSparklines機能
 Microsoftは、Officeのエディションを従来の8種類から5種類に減らすことを明らかにした。またOffice Web Applicationsの3種類の利用方法についても発表した。Windows Liveの4億人以上のユーザーが無料で、Officeのボリュームライセンス顧客9千万人以上がオンプレミスで、Microsoft Online Services経由ではホスティング版に加入することで、それぞれ利用できる。

あまり新機軸のリリースのない新しいオフィス。予想通りオンライン機能の充実は図ってきたものの??あの重いアプリケーションがオンラインでどこまで機能が発揮できるのやら??

| | Comments (26) | TrackBack (1)

Jul 11, 2009

やはりお祭りは並ばずに居られない――「ドラゴンクエストIX」発売記念セレモニー開催に長蛇の列

やはりお祭りは並ばずに居られない――「ドラゴンクエストIX」発売記念セレモニー開催に長蛇の列7

月11日、各地でひと足早い購入を希望するドラクエファンが長蛇の列を作った。東京・SHIBUYA TSUTAYAで開催されたカウントダウンイベントには前日から行列が!
リッカとルイーダとラヴィエル(ともに本作登場人物)に扮したキャストもお祝い。「ドラゴンクエストIX」発売を記念したイベントに、ゲームデザイナーの堀井雄二氏とプロデューサーの市村龍太郎氏が駆けつけた 7月11日は、待ちに待った「ドラゴンクエストIX 星空の守り人」の発売日。今年3月28日の発売延期を受け、SMAPが起用されたテレビCMを見るたびに、今日という日をどれほど待ちわびたことか……。全国津々浦々の小売店、量販店、そしてコンビニエンスストアですでに入手して遊んでいる方は、もはやこの記事など読むことなく、ひたすら天使として人様のお役に立つべく冒険の地へ足を踏み入れていることだろう。

 余裕で予約していたユーザーもいれば、やはり朝から並ばないと気が済まない(もしくは急に思い立った)ファンもいるわけで……。この記事ではそんな熱きドラクエファンたちが集った東京・SHIBUYA TSUTAYAでのカウントダウンイベントについて報告する。

 このカウントダウンイベントは、すでにニュース(「ドラゴンクエストIX 星空の守り人」発売カウントダウンイベント開催決定)でお伝えしていたスクウェア・エニックスが7月11日のソフト発売同日に開催したもので、当日来場したユーザー先着99名を対象に行ったもの。ゲームデザイナーの堀井雄二氏やプロデューサーのスクウェア・エニックス・市村龍太郎氏が登壇し、直接購入者にソフトを手渡しするなどのセレモニーが行われた。

 ナンバリングタイトルとして約5年ぶりの新作ということと、初の携帯ゲーム機(移植版除く)での発売となる今作は、DSワイヤレスプレイによりゲストプレイヤーを招待し、最大4人までの協力プレイを実現。主人公の天使が使命を果たすために、天使界と人間界を行き来してさまざまな冒険を繰り広げる。

ファンの熱気を前作よりも感じると堀井雄二氏(左)と市村龍太郎氏(右)。やりたかったことはすべてやったと堀井氏は本作への自信をのぞかせた 堀井氏はイベントに登壇し、やはりDSワイヤレスプレイによる協力プレイが本作の特徴と言及。集まったファンへの感謝を述べるとともに、第1作発売から20年以上経ってなおこうして注目されることに感無量と語った。また、スライムアロハで気合いを入れたという市村プロデューサーは、Wi-Fi通信によってクエストが毎週ダウンロードできたりショッピングができたりと、飽きることなく遊べることをアピール。曲数も多い本作では、すぎやまこういち氏とともに何度もリテイクを繰り返し、戦闘の曲も飽きることない名曲となったとのこと。

 1986年の第1作「ドラゴンクエスト」が発売されてから、毎回注目をあびている同シリーズの最新作ゆえに、会場となったSHIBUYA TSUTAYAでもイベント開始時に200名以上が行列を作るほど。前日から並び見事最初の購入者となった茨城県在住の専門学生男性は、「子供の頃からずっとドラクエを一番で(並んで)買って、一番にやりたいと思っていた。それがかなって本当によかった」と、堀井氏からソフトを受け取りうれしそうに会場を後にした。

 なんというかこれはオリンピックのような定期的大イベントと化しているな・・・。しかしDSで出たというのがなんとも象徴的ではある。またずいぶん久しぶりの任天堂の匡体ででたドラクエだな。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

Androidケータイ「HT-03A」発売──購入サポートでバリュー一括3万円弱

Androidケータイ「HT-03A」発売──購入サポートでバリュー一括3万円弱

Android搭載ケータイ「HT-03A」の販売が始まった。都内の量販店やドコモショップでは、本来の価格である6万円弱ではなく、3万1500円の購入サポートを引いた3万円弱の値段が掲示されている。

ケータイするGoogleこと「HT-03A」 国内では初となる、Android OSを搭載したHTC製端末「HT-03A」が7月10日にドコモ携帯取扱店店頭に並んだ。都内の量販店やドコモショップでの端末価格は、2年間の継続利用を約束することで受けられる3万1500円の「端末購入サポート」を適用し、バリューコースで2万9610円としているところが多い。一般的な音声端末よりも買いやすい価格で販売されている。

 端末の価格は、端末購入サポートを申し込み、バリューコースを選んだ場合2万9610円。代金を分割払いで支払う場合は、頭金が1050円で、24回払いの場合は月々1190円、12回払いの場合は月々2380円。ドコモショップでも価格は同様だった。ベーシックコースの場合は、1万3860円になる。価格は新規契約でも機種変更でも変わらない。

比較的普通のプライス提示のグーグル携帯。比較的早く市場に出てきたなあといおう感想と、やはりIT界隈の人しか手をださないだろうか??と邪推。

| | Comments (1) | TrackBack (3)

Jul 10, 2009

「Chrome OS」が重要である理由(と重要でない理由)

OSはどこまで重要か:
「Chrome OS」が重要である理由(と重要でない理由)

「Google Chrome OS」でMicrosoftに真正面から勝負を挑んだGoogle。このOSは重要な意味を持つが、実はあまり重要ではないと考えられる理由もある。
[Eric Lundquist,eWEEK]2009年07月09日 15時59分 更新

 米Googleは米MicrosoftのWindowsと競合する可能性があるOSを投入する計画を発表した。「Google Chrome OS」が非常に重要である理由は5つある。また、あまり重要でない理由も5つある。

Google Chrome OSが重要である5つの理由
1. とうとう来た! これはOSなのだ。OSを支配するベンダーは、アプリケーション市場も支配する。そして、ソフトウェア開発で金もうけをする手段を提供することによって開発者の心をつかむことができるのだ。

2. Chrome OSは、クラウド上に置かれたWeb 2.0アプリケーションと強力なブラウザを結ぶ重要なブリッジを提供する。GoogleがOSビジネスに参入することで、オンライン、オフライン、クラウドベースのアプリケーション、モバイルアプリケーションをつなぐループが完成する。

3. GoogleのChromeブラウザは非常に優れたブラウザだ。わたしはOperaブラウザの新バージョンとChromeを併用しているが、はっきり言って、これらの新ブラウザは驚くほど安定している。

4. Chrome OSは成功する必要はない。UbuntuやIntelのMobilinなどのオープンソースOSにそこそこ対抗できれば、Chrome OSはMicrosoftにとって心配の種になるだろう。一方、Windows 7は大成功しなければならないという重圧を背負っている。

5. Chrome OSはGoogleの戦略の一部でしかない。まだ開発途上にあるリソース共有システム「Google Wave」の方が、Chrome OSよりも影響力が大きいだろう。しかしライバルのMicrosoftと同様、すべてのパーツをスムーズに連係させることができれば、それだけ強い立場に立つことができる。

Chrome OSが重要でない5つの理由
1. Googleは検索結果に広告を張り付けることによって収入を得ており、同社はこのモデルへの依存から脱却できることをまだ立証していない。

2. Googleがどういったものを出すにせよ、UbuntuやRed Hatが提供しているOSはずっと先を進んでいる。これらの企業は(MicrosoftやAppleと同様)、開発者を引きつけ、安定したOSを提供する能力を示している。ユーザーにとっては、さらにもう1つのOSがゲームに参加する必要はない。

3. OSビジネスを支配しているのはハードウェアサプライヤーだ。彼らは共同マーケティングの費用負担を求める契約をソフトウェアサプライヤーと結び、その契約に基づいて製品マーケティングを展開している。Googleからハードウェアベンダー(例えばDell)に多額の広告宣伝費が提供されるとは思えない。

4. モバイル/Netbook/デスクトップOSビジネスはGoogleの手に余るだろう。Netbook/モバイルOSビジネスを最終的に支配するのはアジアの大手ベンダーになりそうだ。

5. OSビジネス全体が仮想化しつつある。自分のハードウェア上でどんなOSが動作しているのか、誰も気にしなくなるだろう。

 OSの選択肢が広がるのはそれはそれで新鮮でも実際にブラウザでもコモディティー化している中、まあどうでもいいといえばどうでもいい。それよりもGOOGLEWAVEを早くリリースしてくれ。

| | Comments (0) | TrackBack (6)

Jul 08, 2009

ビデオカメラ付きiPod、年内登場か?

ビデオカメラ付きiPod、年内登場か?

Appleが大量のカメラモジュールを発注しており、shuffle以外のiPodに動画撮影ができるカメラが搭載されるとうわさされている。
2009年07月07日 15時24分 更新
 AppleのiPodの将来版には、静止画像と動画を撮影できるカメラが搭載され、機能性がさらに高まるかもしれない。

 TechCrunchはアジアの情報筋の発言として、Appleが10ドルのカメラモジュールを大量に発注したと伝えた。Macrumorsは同日、「カメラを取り付けるための穴が開いた」iPod touchの筐体デザインの画像を掲載した。

 TechCrunchの情報筋は、カメラモジュールの発注規模から見て、「shuffle以外のすべてのiPodに間もなくカメラが搭載されるかもしれない」と示唆した。

 このうわさが本当なら、カメラ付きiPodは、比較的安価な小型ビデオカメラの市場を築いているFlipのような携帯デジタルビデオカメラにとって当面、明確な脅威となるかもしれない。Cisco Systemsは2009年3月にFlipを製造するPure Digital Technologiesを、5億9000万ドルの株式で買収し、1500万ドルの株式インセンティブを提供した。

 このときCiscoの企業開発・消費者部門の上級副社長ネッド・ホッパー氏は発表文で、同社はこの買収により「家庭向けメディア製品での勢いを拡大し、コンシューマー市場のビジュアルネットワーキングへの移行を捕らえる」ことができると語っていた。

 iPodがデジタルビデオ分野に踏み込めば、競争がかなり厳しくなる可能性がある。カメラ付きの新版iPodは年内に登場するとみられ、競合企業にとっては十分な対抗戦略を練る時間がほとんどない。

 Appleの携帯機器は今年に入ってから、どの財務指標から見ても成功している――iPhone 3GSは発売から3日間で100万台売れた――が、最近では同社のApp Storeでの承認プロセスが非難を受けてもいる。

 Skypeからゾンビ退治ゲームまで、App Storeは自由市場の精神で5万種を超えるアプリを受け入れてきたが、Appleはわいせつなアプリや、バーチャルな赤ん坊を「振って」静かにさせる「Baby Shaker」などの悪趣味なアプリ、不適切な成人向けコンテンツを含むと判断したアプリを取り下げてきた。

 こうしたアプリをめぐって時折、一時的に議論が起きてはいるものの、消費者は新しいiPhoneとiPhone OS 3.0に好意的に反応しているようだ。OS 3.0は、コピー、カット、ペースト機能、検索アプリSpotlight、キーボードを横長モードで使う機能、MMSなど多数の新機能を提供している。

 2009年にAppleが話題を集めたのは、スティーブ・ジョブズCEOの健康問題も関連している。

 Appleは6月29日、ジョブズ氏が6カ月の療養休暇を終えて仕事に復帰したと発表した。同氏の病気については今もなお明らかにされていない。6月20日のWall Street Journalの報道では、同氏は米テネシー州メンフィスのメソジスト大学病院移植センターで肝臓移植手術を受けたと報じられた。同病院は手術を行ったことを認めた。

 同病院の発表によると、ジョブズ氏は順調に回復しており、「予後は非常に良好」という。同氏は2004年にすい臓がんの手術を受けている。

ビデオ搭載でそれで取った動画がすぐにyoutubeにUPできる種類のデバイスだったらそれはそれでヒットしそうではある。もはや完全にキラーデバイスのIPOD.

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Jul 07, 2009

日本IBM、Twitterでニュースリリース告知

日本IBM、Twitterでニュースリリース告知

日本IBMがTwitterを始めた。同社が発表したニュースリリースのタイトルとURLを更新している。
2009年07月06日 15時38分 更新
 日本アイ・ビー・エム(IBM)は7月6日、Twitterでニュースリリースの更新告知を始めた。広報用のアカウント「IBMJapan_PR」を取得し、同社のWebサイトに掲載したリリースのタイトルとURLを投稿している。

 7月6日午後3時までに、三井生命とのアウトソーシング契約に関するリリースなど2件を投稿しており、200人以上にフォローされている。

 IBMもニュースリリースをさえずることでコストカットも実現か??まあ、リーチはまだまだだろうけど。

| | Comments (1) | TrackBack (8)

Jul 06, 2009

ビジネスパーソンの臨時収入、公募で執筆の武者修行

ビジネスパーソンの臨時収入、公募で執筆の武者修行ビジネスパーソンが会社以外に収入を許されているのは何だろうか? 株式を売買したり、ギャンブルに興ずることもあろうが、ちょっと気が引ける。文章力を高めるのであれば公募にチャレンジしてみてはいかがだろうか。
[樋口健夫,Business Media 誠]

アイデアマラソンで思いついた発想をブラザーの「SV-100B」で見る ビジネスパーソンが会社以外に収入を許されているのは何だろうか? 勤務時間の売買は問題があるが、株式による副収入は一般的に認められている。ギャンブルだが競馬、競輪などもあるだろう。しかし、勤務時間内に馬券を買いにいくのも許されるものではない。パチンコも自分の勤務時間外なら文句は言われない。

 ほかに何があるだろうか? それは公募からの賞金だ。

 世の中には、さまざまな公募が発表されている。論文などに加えて、文芸関係として、小説、エッセイ、短歌、俳句、川柳、ネーミング、写真系や絵画などもある。これらには金額の大小で、数百万円から記念品まで、ありとあらゆるものがある。書くことが面白くなってきたビジネスパーソンは、ぜひとも挑戦してみたらどうだろうか。

 公募を見つけるのに最も一般的なのは専門誌を見ることである。いくつかの雑誌があるが、もっとも代表的で伝統的なのが、『月刊公募ガイド』である。最近だとGoogleなどで検索してもいいかもしれない。

 こうした公募の論文で注意しなければいけないのは、自分の会社や仕事に関して書くこと。会社の機密を漏らすと思われたりするので問題が起こる恐れがある。あくまで一般的な課題に挑戦したほうがよい。

 筆者がよく投稿していたのは1990年代の後半。21世紀を迎える前に「21世紀の~」というタイトルで、数多くの公募が出ていた。筆者はこれらの「21世紀シリーズ論文」と名付けて、できる限り投稿に挑戦することにしていた。


月刊公募ガイド 当時、千葉大学からアイデアマラソンの1泊セミナーを頼まれた。参加者は学部生と院生14名ほどだった。セミナーの開催が3カ月後だったので、参加者に公募ガイドに出ているエッセイのタイトルを4件選んで、それらの1つを選択し、エッセイをメールで筆者に送るように指示した。

 それらのエッセイは、締切がいずれもセミナーの2週間ほど前に、締切となるものばかりを選んだ。

 筆者のところに学生たちからエッセイがどんどん送られてきた。一読して、学生たちが単なる理念だけを訴えているものや、どこかからのコピペは拒絶し、書き直しを要請した。あくまで自分の体験、自分の視点を持ったものに書き直せと伝えた。

 そのための一つの手段として、日ごろからの観察や思いつきをノートに書くというアイデアマラソンの手法を説明したのである。筆者の学生たちへのエッセイ指導の基本は、

オリジナルな内容、特に自分の体験を書くこと
日ごろの発想を思いついた時点でノートに書き留めるというアイデアマラソン的な考え方でエッセイのネタを探すこと
出だしの一行は短く明確に、注意を引くものであること。
エッセイの内容を筆者は訂正しないし、関与しないが、文章の基本的なミスや構成などは指導する。
執筆では、指導者も指導されるものも平等であるから、筆者もエッセイを書く
 こうして毎日毎日、学生たちからエッセイがどんどこ送られてきた。当時、学生たちは研究室に泊りこんでいたのではないだろうか。夜中にメールが入ると、筆者は寝床から起き上がって、指導のコメントを学生たちに送った。1人平均6回ほど送ってきたから、無茶苦茶忙しかった。

 そして14名の学生たちは、4種類のエッセイのどれかを無事に応募を完了させた。2週間後に、筆者のアイデアマラソンのセミナーがあり、学生たちと和気あいあいの話ができた。みんなエッセイ執筆の戦友のようになっていたからだ。

 アイデアマラソンのセミナーが終わって、2カ月ほど後、2人の学生たちから知らせが入った。「入選しました。○×のエッセイです」と喜びの声だった。2人の学生たちはいずれも2等賞だった。「これで両親を旅行に招待できます」というのもあった。14名中の2名が入賞したのだった。エッセイは、オリジナリティと体験が命だということ。

 ただその直後に2人の学生たちは絶句。筆者が両方の公募の1等賞を取っていたことを伝えたからだ。

公募ガイドでなにか取れるものないか探すのもなかなかポジティブな話ではある。ただ、簡単ではnasasoudearuga///.

| | Comments (0) | TrackBack (2)

Jul 05, 2009

経営理論を体系化せよ――「経営戦略 ケーススタディ」

経営理論を体系化せよ――「経営戦略 ケーススタディ」著名な学者たちは自説を中心に理論を展開するので、さまざまな理論を体系的に把握していなければ、ある特定の理論が経営戦略論のすべてだという勘違いを起こしかねない。
ITmedia2009年07月04日 15時00分 更新

この記事をブログに書く(会員限定)
プリント表示
トラックバック

 

経営戦略論は米国から発達した学問であるため、主要な理論はマイケル・ポーターやジェイ・バーニーなど米大学者によるものとなる。実は、こうした理論を網羅した著書は数少ない。例えば、ポーターの著書には彼の理論のライバルと目されている「資源ベース理論」という言葉に触れている個所はほとんど見当たらない。一方、資源ベース学派であるバーニーの「企業戦略論」では、ポーターについて触れているものの、日本発の経営理論である伊丹敬之の「見えざる資産」や野中郁次郎の「知識創造の理論」などを特に取り上げていない。


『経営戦略 ケーススタディ』 著者:横山寛美、定価:2100円(税込)、体裁:四六判 434ページ、発行:2009年4月、シグマベイスキャピタル 最近では、W・チャン・キムとレネ・モボルニュの「ブルーオーシャン理論」が話題になっているが、深く理解するためにはポーターの競争戦略論とどのような関係にあるのか、体系的な位置付けをつかむことが重要である。

 著名な学者は自説を中心に理論を展開するので、読者はさまざまな理論を体系的に学習しないと、ある特定の理論が経営戦略論のすべてだという勘違いを起こしかねない。経営戦略論全体の理解には、多様な理論を体系的に整理したテキストが必要となる。こうした問題の解決を目指すのが本書である。

 経営学の理論にはケースの裏付けがある。ケースは戦略の特徴を断片的に学んでも真に理解するのは容易でない。なぜそうした戦略が出てきたのかを知るために、本書では企業の歴史を簡略に紹介している。そのほか、他の経営戦略書では取り上げる機会の少ない、コストリーダーシップ戦略の手段としてのサプライチェーンマネジメント(SCM)や、協調戦略におけるフランチャイズシステムなどにも言及している。

 加えて、グローバルな経営戦略をテーマにBRICsを解説したり、インターネット商取引の経営戦略的意義や、「ロングテール」などインターネットマーケティング理論を紹介するなど、内容は多岐にわたる。

 ビジネスマンの自己啓発や経営戦略のテキストとして格好の参考書といえよう。

 経営戦略の本は読んでいると間違いなく面白いが仕事に役立っているかというと微妙なところ。とはいえ、会社全体方針やポジショニングを理解するには悪いことではない??

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Jul 04, 2009

クルマが売れない理由

クルマが売れない理由

まず「エコカー減税制度を使って環境に配慮したクルマを購入しますか?」という設問に対しては、「購入する・買い替える」と回答した人は約1割(9.9%)にとどまっています。

 そして「購入しない・買い替えない」が約6割(59.3%)、「迷っている」が約3割(30.8%)です。

 「購入予算」という外的要因における制約を軽減する効果のある「エコカー減税」ですが、どうやら、クルマ購入を後押しする力はあまり強くなさそうだということが分かりますね。

 次に「購入しない・買い替えしない」と回答した6割の人にその理由を聞いた結果ですが、「車検期間の途中だから」が26.0%、「欲しいクルマが決まらない」の22.5%を合わせると、約半数を占めています(残りは「減税、助成が不十分だから」7.9%、「制度の内容が分からないから」3.1%、「その他」40.5%)。

 「迷っている」理由も上記と同様で、「欲しいクルマが決まらない」(34.2%)、「車検期間の途中だから」(29.0%)の2つで半数以上になっています。


とはいえ、売れているクルマもある。写真はホンダの「インサイト」
魅力的なクルマが少ない
 近年、日本のクルマにはエッジの立った個性的なものが減り、同じようなコンセプト・デザイン、平均的で面白みのないものが増えたと言われています。

 クルマが売れなくなった理由には、車検時期などの外的要因だけでなく、そもそも買いたいと思わせるだけの、つまり内的要因を高めてくれる、魅力的なクルマが少ないことが大きいのかもしれません。(松尾順)

 

まず魅力的な車が少なくなったこと、車をステータスシンボルと感じるユーザーが少なくなったことなど複合的な要因なんじゃないか??

| | Comments (3) | TrackBack (0)

Jul 02, 2009

イランで何が起きたのか 情報戦とTwitter

イランで何が起きたのか 情報戦とTwitter

山崎さん イランで起きている大統領選をめぐる混乱で、改革派の情報交換ツールとしてネットが活躍している。イラン人留学生から話を聞いたという山崎さんによると、首都テヘランに住む知識層の若者が、情報統制をかいくぐり、TwitterやFacebook、FriendFeedを使って情報交換しているという。

 イランでは情報統制が厳しい。電話はデモが行われる夕方は使えなくなり、日本から電話しても「ムサビ(改革派の元首相)」や「選挙」といった言葉を発すると回線が切断されるそうだ。テレビは国営放送しか見られず、ニュースは改革派のデモをほとんど報じないか、「テロリストが暴れている」といった扱いという。

 海外ニュースを見るためのチューナー設置は違法で、海外メディアも取材禁止。新聞や雑誌は検閲され、削除された部分の白紙が目立っているそうだ。テヘランは私服警官や私服民兵だらけ。カメラを持ち歩くことはできず、現在出回っている国内の画像は、携帯電話で撮影したものという。

 ネットの利用も制限されている。回線速度が絞られ、動画はほとんど見られない状況。TwitterやFacebook、FriendFeedもアクセス禁止となっているが、改革派の若者たちは、海外のプロキシ経由で制限を逃れているそうだ。

 情報はTwitterの「ハッシュタグ」や「ReTweet」といった交流機能で米国など海外のネットユーザーにまたたく間に広がり、米国のTwitterにも改革派支持勢力ができている。米国の支持勢力は、アイコンの色を変えて支持を明確にしたり、プロキシを立ててネット利用をサポートしたり、イラン政府のアクセスブロック状況を解析しているという。



Twitterに投稿されたイラン情報のまとめサイトも。国民の6割が30代以下という
アイコンを緑色に変えて改革派サポートを表明

 イランからの情報発信が著しく制限されているため、米国のメディアはTwitterなどネットからの発信を注視し、それをそのまま報じることもあるという。米国国務省もTwitterに注目しており「Twitterがメンテナンスするとイランからの情報が入ってこなくなるので、メンテの延期を要請したと報じられている」(山崎さん)。

 イランをめぐる情勢は、ネット上での情報戦の様相を呈している。現職のアフマドネジャド大統領は地方での支持が高く、その政策に反対する改革派の若者は少数派だが、彼らがネット上で発信することで国際社会に強くアピールし、数の上での不利を逆転しているとみることもできる。情報源として頼られているだけに、意図的・意図的でないにかかわらず、デマも高速に流通する。

 日本にいるイラン人留学生は、改革派の戦略に賛否両論。「海外からの圧力を助長し、内乱を誘発する」と否定的な人もいたという。

 ネット情報を活用したイラン報道は、米国で議論を呼んでいる。New York Timesは29日付けの記事で、「Journalism Rules Are Bent in News Coverage From Iran」と題し、イランに関する報道は、ソースを確認して掲載するというジャーナリズムのルールを変え、TwitterやYouTubeなど、ネットに公開された情報をまず報道し、その内容を読者に検証してもらう――というスタイルが生まれていると紹介。報道規制がしかれた国の情報を個人が引き上げ、世界に伝えるという流れが生まれている。

米国では70人の上院・下院議員が利用
 “Twitter先進国”米国では、議員の利用も進んでおり、上院19人、下院51人が使っている。オバマ大統領の就任演説や、議場の様子を生中継した議員もおり、「新しい透明性が生まれた」「いや、不真面目だ」という賛否両論がわき起こったという。


庄司さん 庄司さんによると、米国政府はネット活用に積極的。Twitterに限らず、YouTubeやFacebook、Flickerなどで情報発信しており、政府のCIO(最高情報責任者)は「マスメディアに情報を出すより先に、Webの一般的なツールを使って国民に直接伝える」という戦略を示しているという。

 マスコミでのTwitterの扱いも「日本とはずいぶん違う」。有名人の発言がニュースで取り上げられるケースも珍しくないほか、「TIME」など雑誌でも頻繁に特集が組まれているそうだ。「人が変化した。ソーシャルウェアの使い方を分かっている人が増えた」――庄司さんはネット研究者、ハワード・ラインゴールドの言葉を引いてこう話す。

Twitter実況中継と政治、報道

Twitter実況中継は、津田さんのTwitter ID(tsuda)から「tsudaる」と呼ばれることも。「この呼び方は嫌だったりするんですが……」(津田さん) 日本の状況はどうだろうか。登録ユーザー数は明らかになっていないが、津田さんは8万人程度がアクティブに利用しているとみている。日本語の面白い発言をピックアップする「ふぁぼったー」がクロールした有効アカウントが8万程度だったことがその根拠。ユーザー数が拡大するにつれ、趣味の近い人同士が「クラスタ」としてゆるやかにつながっり、オフ会を開くことも。Twitterで知り合って結婚したという事例もあるそうだ。

 津田さんは2007年から、Twitterを使って審議会やシンポジウムなどを実況中継してきた。「ネットは政策などへ反応が遅すぎる」という問題意識があるため。Twitterでリアルタイムで状況を伝え、問題を指摘することで、できるだけ早いタイミングでネットユーザーに対応を促したいという。

Twitterと日本の政治 橋本議員の使い方

 こういう新しいギミックを日本の政治家が早々に使い始めるというのはなかなか考えにくいなあ。こういうところ非常に保守的・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 01, 2009

日本のIT人材不足、「量」より「質」に課題あり

日本のIT人材不足、「量」より「質」に課題あり企業競争力を高めるためにIT基盤の強化は不可欠だ。ところが日本企業では、昨今ITに携わる人材の不足が叫

ばれており喫緊の課題となっている。企業の現状を聞いた。
永守薫,ITmedia2009年06月22日 12時00分 更新

この記事をブログに書く(会員限定)
プリント表示
トラックバック

 人材不足が問題視される日本のIT業界。中でも若者の理工学離れや、仕事がきついなどというIT業界に対するマイナスイメージが大きく影響しているという。総務省の報告によると、国内で約150万人のICT人材が必要なのに対し、現状では約50万人も不足しているのだ(2005年度調査)。こうした中、実際に企業はどのような課題を抱えているのだろうか。


--------------------------------------------------------------------------------

人材の「量」よりも「質」が問題に

IBCSでヒューマンキャピタルマネジメント分野を担当する関伸恭氏 IBM ビジネスコンサルティングサービス(IBCS)でヒューマンキャピタルマネジメント分野のコンサルタントを担当する関伸恭氏によると、日本のITベンダーやIT部門が抱える人材不足は、ここ数年では量的な問題より質的な問題が深刻化しているという。特にITアーキテクトと呼ばれるような、システム開発の上流工程においてビジネスに貢献する形でシステムを組み立て、企画していく人材が不足している。その原因として関氏は最適なリソース配置ができていないと指摘する。

「IT部門の役割は非常に幅広いため、アウトソーシングするのか、ITベンダーと協力するのか、あるいは自社ですべてをカバーするのかなど、業務全体を俯瞰した上でビジネス戦略として人材配置を考えなければならない」(関氏)

 こうした課題を抱える企業に対しIBCSでは、それぞれの企業戦略に合った人材戦略を考え、それを実践するサポート体制を構築している。具体的には、経済産業省が定めるIT人材に求められるスキルやキャリアの指標「ITスキル標準(ITSS)」をベースに、企業ごとに必要な人材像を可視化し適切な戦略を提案する。さらに、スキルを身に付けるためには「学習と経験がセットであるべき」だと関氏は強調する。しばしば見られる座学型の研修ではなく、人材を育てるためには「ワークプレイスラーニング」と呼ばれる、実際に働く場での学習が重要だという。

「経済状況の悪化に伴い、各企業ともシステム投資を抑制したり、先延ばししたりする傾向が見られIT部門は厳しい状況にある。しかし企業の将来を考えれば、若手社員を中心に多くのIT人材を育てていかなくてはならない」(関氏)

産学連携で優れたIT人材を育てよ

IBM ソフトウェア事業 ISV&デベロッパー事業推進部長の古長由里子氏 IT人材育成に向けては、企業のみならず産官学が連携して取り組んでいくことが重要である。IBMは世界各国で大学との連携を強めることで高等教育に貢献し、学界と産業界の双方に価値をもたらすことを目指す「ユニバーシティー・リレーションズプログラム」を通じて、産官学の有識者が集まり活発な議論を広げる「IT人材育成フォーラム」の開催や、学生のITスキル向上のためのゲーム開発などの活動に注力している。

 その一環として日本IBMが早稲田大学・村岡洋一研究室と共同で行ったのが、主に理工学系の学生を対象にしたデータベースに関する教材の開発だ。IBMはグローバルで教育機関向けの教材を200個近く開発しており、教員や学生は専用サイトからダウンロードして利用できる。これまで日本IBMは、それらをそのまま日本語に翻訳して提供していたが、今回は早稲田大学のニーズを取り入れながら教材をローカライズした。今年3月に完成し、10月から授業で使用する。

 開発プロジェクトの責任者を務めたソフトウェア事業 ISV&デベロッパー事業推進部長の古長由里子氏は「高度IT人材を育てるためには産学連携での取り組みが不可欠だと感じていた。そんな折に村岡教授から理論だけでなく実践を踏まえた学習によって企業が求める人材を育てたいというお話をいただいた」と話す。開発した教材については、早稲田大学に限定せず、ほかの教育機関でも活用できるように進めている。

 こうした取り組みをきっかけに、企業の社員と大学の教員、学生とのコミュニケーションが活発になり、3KなどとやゆされるIT業界のイメージを一新できればという。

関連キーワード

IT系に人材がそろわないと、有能な人は外資に行ってしまうことも要因ではないのか??

| | Comments (4) | TrackBack (3)

« June 2009 | Main | August 2009 »