« October 2008 | Main | December 2008 »

Nov 30, 2008

“断片化”したモバイルインターネットの世界で、Googleが目指すものとは

“断片化”したモバイルインターネットの世界で、Googleが目指すものとは (1/2)

検索を中心に、さまざまなインターネットサービスを提供するGoogle。その対象はPCだけでなく携帯電話の世界にも及んでいる。Googleがモバイルインターネットで目指すものはなにか、キーマンがその狙いを語った。

グーグル 日本およびアジア太平洋地域 モバイルビジネス統括部長 ジョン・ラーゲリン氏 世界のGoogleが日本のケータイ向けにリリースするサービスには、どんな狙いがあるのか――11月28日に行われたモバイルカンファレンス「mobidec 2008」において、グーグルの日本およびアジア太平洋地域 モバイルビジネス統括部長であるジョン・ラーゲリン氏が「モバイルインターネットにおける、Googleのアプローチ」と題した講演を行った。

 冒頭でラーゲリン氏は、「Googleのミッションは世界規模で情報と人を結びつけること。どうすれば情報を包括的かつ効率的に共有できるのか、そのことを日々、検討している。これはPCでもモバイルでも違いはない」とし、携帯電話に対するリテラシーが高く、ハードウェア(端末)だけでなく、インフラやサービスなどすべての面で高い品質を求める日本のユーザーが「モバイル向けサービスの世界をリードしていると思う」と述べた。

 「Googleの事業は、検索/広告/アプリケーションの3つをインターネットで提供することで成り立っているが、日本のケータイ市場はGoogleがサービスを提供する前からすでに大きな規模になっていた。そこでGoogleは、キャリアというパートナーを介して日本でサービスを根付かせることになった。例えば今年は、NTTドコモと提携し、ポータルサイト(iMenu)にGoogle検索を提供したのが大きなニュースだ」(ラーゲリン氏)


日本でのGoogleの取り組み(写真=左)、検索を始めとするGoogle事業の3本柱(写真=中央)、提供中のケータイ向けGoogleサービス(写真=右)

モバイルの世界は断片化している
 日本ではすでに飽和状態と言われている携帯電話市場だが、世界規模でも成長の鈍化が指摘されている。しかしラーゲリン氏は、データ通信に限ってはまだまだ成長する余地があると見る。

 「世界には30億台のケータイがあるが、テレビはその3分の1(10億台)ほど。テレビと比べてみるとケータイのポテンシャルはもっと高くてもいいはずだが、残念ながらそれが生かされていない」(ラーゲリン氏)

 その理由としてラーゲリン氏が挙げたのが、携帯電話の環境がバラバラという点だ。キャリアごと、また端末メーカーや対応サービスごとに環境が異なることで、30億台という巨大市場に“フラグメンテーション”(断片化)を引き起こしているというのだ。

 「例えば世界には携帯電話の通信事業者が500社近くあるが、各社の環境は技術面でも運用面でもそれぞれ違う。携帯電話向けのOSは10種類くらいある上に、同じOSでも(ミドルウェアやソフトウェアを組み合わせた)実装の仕方もいろいろ。ケータイ向けのサービスを開発するには、この“環境の違い”を克服しなくてはならず、リソースが分断されてしまう。GoogleはPC向けサービスで成長してきた会社なので、開発部隊にケータイ向けサービスの企画を相談しても『せっかく作っても、キャリアが拒否すればそれまでじゃないか』と、PCではあまり意識することがない“環境の違い”をとても嫌がる(笑)」

 そのため、Googleが現在の日本で提供しているモバイル向けサービスは、基本的にケータイブラウザ上で動くものに限られている。中には「モバイルGoogleマップ」のように専用アプリを提供する場合もあるが、これは例外だという。

 「PC向けのGoogleサービスもその性質に合わせて、ブラウザ上で動くものとアプリケーションを作って提供するものに分けている。Googleのケータイ向けサービスも、中には専用アプリにしたほうが良い物もある」(ラーゲリン氏)

 ラーゲリン氏によると、“今の携帯電話”であればアプリケーション形式で提供したほうが快適に動作するという。というのも、現状のケータイブラウザは標準化されておらず、HTMLの再現性やAjaxへの対応に難があるためだ。

 「いずれ、ケータイブラウザがフルHTMLに対応し、標準的なものになれば、もっと多くのGoogleサービスがブラウザベースで動くだろう」(ラーゲリン氏)

 モバイルは今のところプラットフォームが乱立気味。PCとは環境が違い過ぎる。それだけにGOOGLEの独占状態になるとも思えない・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

Microsoftが感謝祭に感謝すべき10のこと

コラム
Microsoftが感謝祭に感謝すべき10のこと
2008年11月28日 15時10分 更新
 

今年もまた感謝祭がやってきた。そしてMicrosoftには感謝するべき理由がまた新たに10個できた。

 過去2年(昨年と一昨年)と同様に、Microsoftが感謝するべきもののリストをまとめた。重要度の一番低い第10位からお届けする。

10. 「I'm a PC」:個人的にはこの広告キャンペーンは大失敗だと思うのだが、それはわたしだけだ。もっと大事なのは、MicrosoftがWindowsを宣伝しているということだ。ありがたく思うべきことだ。もっとも、Microsoftと広告代理店は「I'm a PC」が口コミ的に広がると期待したかもしれないが、そうはなっていない。Microsoftには気を悪くしないでほしいのだが、バラク・オバマ次期大統領の「Yes, we can」の口コミマーケティングの方が成功している。

9. 2008年五輪大会:北京五輪とNBCとのコンテンツ提携がなければ、Microsoftは短期間でこれほど多くの人にSilverlightをダウンロードしてもらうことはできなかっただろう。4000万人を超える人がNBCの五輪サイトにアクセスして、その大半がSilverlightを必要とした。Microsoftは今、4台に1台のPCにSilverlightがインストールされていると主張している。NBCが五輪後のスポーツ大会の配信でSilverlightを捨ててFlashを選んだのは非常に残念だ。

8. ビル・ゲイツのセミリタイア:Microsoftの会長にして共同創設者は非常に優秀なオタクで素晴らしい慈善家だが、もうMicrosoftにはふさわしくない。ビルには存在感があり過ぎる。法王が地域の教会をうろうろしているようなものだ。法王がいると司教や神父は何もできない。ビルの退位で幹部ヒエラルキーの上の方に多少の空きができ、中年を迎えたMicrosoftの血管に新しい血を注ぎ込める(たとえがごちゃ混ぜで申し訳ない)。

7. Azure Services Platform:1カ月前、Microsoftはついに待望のWebサービスプラットフォームを発表した。Azureをすぐにビジネスに使えるわけではない。現実的に考えれば2010年あたりだろう。だが、Azureは発表され、文書化されている。開発者はこのプラットフォームに取り組み始めている。Azureは本当に先見の明があり、進捗によっては、来年のリストでもっと上位に入るかもしれない。

6. PDCとWinHEC:今年のProfessional Developer Conferenceはこれまでで特に成功した部類に入ると言える。その翌週のWindows Hardware Engineering ConferenceはPDCほどメディアに注目されなかったが、こちらも非常に重要だった。いずれのイベントも、Microsoftが開発者からの信用――PDC 2005以降、Vistaに関する一連の失敗で崩壊していた――を再び確立する一助となった。MicrosoftがPDC 2003の後でLonghornの開発をリセットし、その2年後、PDC後にVistaのリリースを延期したことも興味深い。どうか素晴らしかった2008年のPDC後に、Windows 7に関する無用のサプライズ発表がありませんように。

5. 銀行にある現金:この景気後退時に、250億ドルの現金保有に勝るものはない。Microsoftは会社を買収することも、自社株買いをして株主を喜ばせることもできる。だが、どうしてMicrosoftが史上初めての借金をするのか疑問に思わざるを得ない。貯金に付く利息の方が、借金に付く利子よりも多いのだろうか? ともあれ、そのお金で自分にすてきなクリスマスプレゼントを買うのはどうだろう。新興企業を1社か2社買ってみるとか。

4. Windows 7チーム:MicrosoftのWindows 7担当チームは非常にいい仕事をしている。もちろん、まだ多くの取り組みが必要だが、「Windows Vista」が出発点だったことを考えれば驚くほどの進展だ。PDCのデモはすごかった。Engineering Windows 7ブログは、Microsoftの新たな透明性の基準を打ち立てている。誰かがVistaのリブートボタンを押して、Vistaが7になって戻ってきた。今のところ、ブロガー、顧客、ファン、ジャーナリスト、パートナーの7のプレβ版への反応はVista SP1よりもずっといい。

3. 米Yahoo!のジェリー・ヤンCEO:Microsoftのスティーブ・バルマーCEOは今年の休暇シーズンにジェリーに豪華なギフトバスケットを贈るべきだ。ジェリーが抵抗しなければ、Microsoftは2月か3月に446億ドルでYahoo!を買収し、ほとんどお金を使い果たしてしまって、100億ドル以上の借金が必要になっていただろう。世界経済が一夜にして崩壊したかのような9月の金融危機のさなかに、MicrosoftはYahoo!の事業統合の初期段階にさしかかっていたはずだ。そして1株31ドルは払い過ぎだったと気付いただろう。Yahoo!の11月26日の終値は10.58ドルなのだから。現金はほとんど残らず、統合には労力がかかり、Microsoftは確実に厳しい状況に陥っていたはずだ。スティーブ、まじめな話、ジェリーはこの件で愚行に走ることで、君にとてもいいことをしてくれた。

2. Software Assurance:もしも年金方式のライセンス契約が今もMicrosoftの役に立っていると思っている人がいるなら、多額の冬ボーナスをもらうに値する。2001年5月に発表されるなり、すぐに顧客に嫌われたSoftware Assurance(SA)は、企業がMicrosoft製品を購入する方法、Microsoftがその売り上げを計上する方法を恒久的に変えた。SA顧客は2~3年のアップグレード保証契約を結び、Microsoftはソフトウェアの価格の29%(サーバ製品の場合)または25%(ほかの製品の場合)を毎年受け取る。同社はこれを前受収益として計上する。この収益は通常、同社の四半期売上高の25%以上を占めている。

 このライセンス方式のおかげで、不況のさなかでも、Microsoftは既に四半期決算の売上高の大部分を銀行に現金として持っている。同社はSAによって、他社なら打ちのめされるような経済的打撃に対して驚くほどの回復力を持っている。年金式ライセンスはMicrosoftの売上高の約40%を占めている。また、既存のSA顧客は既にMicrosoftの最新ソフトを利用する権利を持っており、多額の追加料金を払わなくても導入できる。これは顧客とMicrosoftの双方とってメリットがある。

1. Googleの災難:日常生活では他人の苦境や災難を喜ぶのは道徳上よろしくない。だが、ビジネスではライバルの不運はめでたい――部下を連れて飲みに行くときだ。今年、Googleほど大きく転落した大手IT企業はない。確かにGoogleは利益を出していて、Web検索で圧倒的優位に立ち、他社よりもオンライン広告でもうけている。だが、世界的な金融危機は、Microsoftが付けられないような傷をGoogleに負わせた。Googleは突然、それほどタフではなくなった。

 1年前、Googleの株価は741ドルを超えていた。11月26日の終値は292.09ドルだ。強かったGoogleは転落した。アナリストは以前からオンライン広告支出の減少を予測しており、それはMicrosoftよりもGoogleに不釣り合いなほど大きな影響を及ぼすだろう。Googleは売上高のほとんどを検索関連のオンライン広告から得ている。これに対し、Microsoftのオンラインサービス部門は赤字で、不況下では悪化するよりも良くなる可能性の方が高い。Googleには失うものがたくさんある。

 Googleは、株価が上がっていて広告売り上げも急成長しているときなら悪いことをしなくてももうけられると自慢できる。だが状況が厳しくなると、Googleのブランドやイメージを損ねるような不適切な(例えば、邪悪な)決定につながる可能性もある。そう、Googleにとって悪いことは、Microsoftにとって良いことだ。Googleは従業員の福利厚生を削減しなければならないだろう(クリスマスパーティー縮小なんて気の毒に)。それから非正規社員――おそらくはその中の1万人――のレイオフも行われており、正社員の作業負荷が高まることになる(20%プロジェクトが減るのは残念だ)。さらに、Googleが最高の人材を雇うのも難しくなるかもしれない。

 Googleが崩壊しつつあるということはない――崩壊とはほど遠い。だがスティーブ・バルマーとMicrosoftには、GoogleとWeb2.0新興企業がMicrosoftに対して、「地球が静止する日」でゴートが地球にしたようなことはしないだろうという現実的な希望が出てきた。

 結果的に最もMSにとってハッピーだったのはYAHOOの買収失敗か・・・。確かに成功していたら今年の年越しはもっと厳しい情勢だったかもしれない・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Nov 29, 2008

このまま株安と円安が続けば……年収はどれだけダウンするのか?

このまま株安と円安が続けば……年収はどれだけダウンするのか?

金融危機などの影響で株安と円高が続いているが、ビジネスパーソンの年収はどれくらい減少するのだろうか。株安や円高で大変な思いをするのは、株取引やFXをやっている人だけとはかぎらないようだ。
[ZAKZAK]


 このまま株安&円高が続くと、サラリーマンの年収はどれぐらいダウンするのか――。こんな気になるテーマを民間シンクタンクが試算し、注目を浴びている。景気がよかったときでさえ、サラリーマンの賃金は抑えられてきた。企業業績が大幅に悪化する今後は、リストラによる失業の不安にもおびえながら、さらに厳しい家計を強いられることになりそうだ。

 日経平均株価は10月28日に一時、26年ぶりに7000円割れし、為替市場では1ドル=90円台まで円高が進んだ。11月末になっても状況はそれほど改善されず、それぞれ8000円台前半、90円台半ばの株安&円高水準が続いている。

 株安や円高で大変な思いをするのは、株取引やFX(外国為替証拠金取引)をやっている人だけとはかぎらない。

 まず株安が進むと、株保有者の資産が目減りするため、個人消費が伸び悩む。

 これは企業の業績にそのまま跳ね返ってくる。また、企業や金融機関は大量の株を保有しており、株安は企業の財務を悪化させる。


株安&円高の影響であなたの年収はこれだけ減る
 また、円高は、日本経済を牽引してきた輸出企業を中心に業績の悪化要因になる。

 株安や円高で企業の業績が悪化すれば、企業はコスト削減のためのリストラに走るようになる。従業員のボーナスや給与が削減され、最悪の場合は、人員削減の対象となって仕事を失うことにもなりかねない。

 そこで、株安&円高でサラリーマンの年収がどれくらいダウンするかだが、第一生命経済研究所の永濱利廣・主席エコノミストは次のように試算している。

 来年3月末まで日経平均株価が8000円、為替が1ドル=100円で推移した場合、年収500万円の世帯では2008年度に年0.6万円、2009年度に年3.8万円の減収になる。

 年収700万円では、2008年度に0.8万円、2009年度に5.3万円のダウンとなるという。

 日経平均株価が6000円、為替が1ドル=80円まで株安と円高が進んだ場合は、年収500万円の世帯で08年度に0.8万円、2009年度に5.2万円の年収ダウンになる。年収700万円では2008年度に1.2万円、2009年度に7.2万円のダウンとなり、年収1000万円の世帯では2008年度に1.7万円、2009年度には10.3万円も減ってしまうという。

 麻生首相が経済対策の目玉としてブチ上げた定額給付金は1人当たり1万2000円、18歳以下と65歳以上には8000円プラスの2万円が給付されるが、焼け石に水となりそうだ。

 「株安や円高はほぼ半年遅れで家計への影響が出てくる」と、永濱氏は指摘。株価急落が始まったのが9月だから、ボーナスの減額などで家計への影響が深刻になるのは来年度以降になるとみられる。

完全失業者は26万人超増加も
 給料が減っても、仕事があるうちはまだいい。企業業績の悪化が進むと人員削減に走る企業が増える。さらに、悪化すると倒産企業も増え、失業者は目を覆うような勢いで増えることになる。

 同研究所では、株安&円高による完全失業者数も試算。それによると、日経平均株価が8000円、1ドル=100円のケースでは、完全失業者は08年度に7.1万人増となり、2009年度には19.9万人増となる。6000円、1ドル=80円のケースでは、2008年度に8.9万人、2009年度には26.1万人も増えるという。

 「現時点では、日経平均株価8000円、為替1ドル=100円というシナリオが現実的」と永濱氏。それでも、サラリーマンの首もとが寒くなるような事態が想定されることになる。

 年収のダウン云々よりもむしろ雇用が守られるか否かが問題ではないか??それだけ経済危機は深刻な気がする・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (5)

Nov 28, 2008

ノキア、日本向け端末の販売を終了――Vertu事業は継続

ノキア、日本向け端末の販売を終了――Vertu事業は継続

ノキアは11月27日、日本市場向け端末の開発と販売を打ち切ると発表した。高級携帯ブランドVertuの販売やグローバルR&D、ソーシング事業は継続する。
 Nokiaは11月27日、日本市場向けNokia端末のローカライズと販売、マーケティング活動を打ち切ると発表した。端末のローカライズは日本の通信キャリアの仕様に合わせたソフトウェア開発だけでなく、日本語化も行わないとしており、日本語が使えるNokia端末は日本市場から姿を消すことになる。

 同社はこれまで、日本のキャリア向けにローカライズした端末をNTTドコモやソフトバンクモバイルに提供しており、2008年冬モデルについてもソフトバンクモバイルが「Nokia N82」と「Nokia E71」、NTTドコモがNokia E71を投入すると発表している。ノキア・ジャパンは冬モデルとして発表された端末について「発売するかどうかを通信キャリアと検討中」としているが、ソフトバンクモバイルは、「11月28日発売のN82については、予定通り発売する」(ソフトバンクモバイル広報)という。


左がNokia N82、右がNokia E71

 日本向け端末の販売打ち切りは、世界的な不況の影響で携帯電話の買い替え需要が冷え込んでいることと、「日本市場で思うような成果が得られなかった」(ノキア・ジャパン広報)ことが理由だ。Nokiaは、第3四半期の携帯電話市場シェアを下方修正するなど厳しい状況が続いており、「世界的に厳しい経済傾向が続く中、日本独自の製品展開のための投資を続けることができない」(Nokia上級副社長のティモ・イハムオティラ氏)ことから、打ち切りを決めたという。

 なお、Nokiaのラグジュアリー携帯電話部門の「Vertu」については、日本語化や販売も含めて日本での事業を継続するとし、部品調達を行うソーシング事業や、グローバル端末の研究開発を手がけるグローバルR&D部門も活動を続ける。

 最大手の撤退でいよいよガラパゴス化の進みそうな日本市場。独自発展の色合いがますます強くなる??

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 27, 2008

潜入調査!── 中国のちょい“裏”PC市場 (2/2)

潜入調査!── 中国のちょい“裏”PC市場 (2/2)前のページへ 1|2       

タワー型全盛の中国安物“中古”PC市場
 中古市場では、上記の家電製品に加え、中古PCがデスクトップPCとノートPCを問わず多数売られている。

 中古デスクトップPCはショップブランドのタワーPCだったものが主流で、Willamette(Pentium 4の第1世代)以前、新しくてもPrescott(Pentium 4の第3世代)といったCPUが当たり前のように搭載されている。自作PCが盛んな中国ではパーツをアップグレードしながら長く使うのが普通になっている。そのため、中古PC市場では取り外された「数世代前のPCパーツ」も大量に流通している。

 一方、ノートPCは、数年前まで「秋葉原に陳列されていました」と思わしき、同じ型番の日本語キーボード搭載ノートPCがよくあったが、最近は英語キーボードを搭載したノートPCが多くなってきている。どの中古PC市場でも、デルやHP、COMPAQといった外国ブランドが主流だ。


中古PCを扱う専門店(写真=左)。ショップブランドのミドルタワーPCにCRTディスプレイを組み合わせた中古PCが並ぶ。PCのシステム構成とその価格(写真=中央)。これが2008年に中国で流通している一般的なPCの構成ともいえるのだ。一時期より減ってはきたものの、ノートPCには日本語キーボードが搭載されているものも依然として少なからずある(写真=右)

 農村部では、地域の中核となる町でもPCの普及率が低いため、中古PC市場というものが存在しない(中古家電市場もほとんど見かけない)。そのため、PCを安く買おうとしても、地元のPCショップが販売するショップブランドしか選べない状況にある。そうした意味では、農村部で家電やPCを購入するのは、都市部より選択肢が少なく、価格的ハードルが高いといえる。


安物市場ではファミコン“もどき”も現役なら(写真=左)、EVDのパクリ製品も現役だ(写真=中央)。携帯電話もジャンクな雰囲気で販売している(写真=右)

 なお、中国メーカーが開発したRISC CPU搭載の安価なPCが複数の会社からリリースされているが、広大な中国の農村に店舗を展開できないためか、企業のWebページかショッピングサイトなどのオンラインで購入するしか方法はなく、農村部の人々には別の意味で手の届かない存在となっている。

 中国でも表だって紹介されない、知る人ぞ知る、そうした庶民密着型の市場。明日の生活にも困りそうな人々が集まってくるところでもあるため、治安はあまりよろしくなく、明らかに外国人と分かる服装では、規模の大小はあれ事件に巻き込まれる危険性は否定できない。この警告を無視してでも行ってみたいなら、それ相応の覚悟と「オーラ」を出して行くべし。

CPUがペンティアム4だろうが、CRTディスプレイだろうが、日常用途ならまだ十分に使えるはず。そのあたりのものが最底辺市場を構成するとすれば、ずいぶん中国も豊になったという見方はできそう・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 26, 2008

Memo:5万円パソコンとクラウドの浅からぬ関係

Memo:
5万円パソコンとクラウドの浅からぬ関係

先日、大手通信事業者の幹部がこんな話をしてくれた。

 「SaaSをはじめとしたクラウドサービスの一環として、企業のクライアントパソコンも一括して貸し出すサービスを考えている。その際、コストのランクに応じて品揃えするとなると、5万円パソコンや中古パソコンは打ってつけの機材となる」

 先週20日、デルが「フレキシブル・コンピューティング」というコンセプトに基づく企業向けのシンクライアント化支援サービスを発表したが、このサービスと大手通信事業者の幹部の話は、クラウド時代をにらんだサービスのあり方を思考している点で同じだ。ただ、デルのサービスは当然ながらパソコンを売るためのパソコンメーカーの発想であるのに対し、大手通信事業者の幹部の話は、まさしくパソコンを商品に持たない通信事業者の発想である。

 その通信事業者の発想が、5万円パソコンや中古パソコンがポピュラーな存在になってくることで、現実化するかもしれない。

 パソコン業界関係者に大手通信事業者の幹部の話をすると、こんなコメントが返ってきた。

 「いま企業はどこもコスト削減が最優先の経営課題であるだけに、クライアントも一括して貸し出す安価なサービスが出現すれば、受けるかもしれない。ただし、パソコンメーカーにとってはビジネスモデルの転換を迫られる厳しい状況に追い込まれるのではないか」

 先にも述べた通り、とくに5万円パソコンはもともとインターネットを用途の中心とした製品である。現状では個人向けとして注目を集めているが、クラウドサービスとシームレスにつながるような「浅からぬ関係」になるのは容易に想像できる。ただ、現状として5万円パソコンや中古パソコンに搭載されているWindows XPに対するマイクロソフトの対応など、気になる点はいくつかあるが、それらの条件が整えば、浅からぬ関係が一層進展する可能性は大いにある。

 まずは、大手通信事業者の幹部が言うようなサービスが具現化するかどうか、注目しておきたい。

PlanITトップはこちら

 netbookでは今のオフィスを満足に動かすのは難しいし、そもそも現行の価格帯ではオフィス搭載はあきらめるような気持ちになる。そこへネット上の必要にして十分の軽いアプリケーションが普及するとどうなるか??msはトレンドをしっかり把握しているのだろうか??

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Nov 24, 2008

パーソナルな海外進出 動機編

パーソナルな海外進出 動機編

若者たちよ、こんなに狭い(が楽な)日本でウジウジするより、広い(が苦労も多い)海外へ進出してはどうだろうか。ただ、すべての人にとって海外進出がベストな選択肢ではない。これから質問するので、自分の海外進出の可能性を考えてみてほしい。 2008年11月21日 21時00分 更新 樋口健夫の「笑うアイデア、動かす発想」: バックナンバー  若者たちよ、こんなに狭い(が楽な)日本でウジウジするより、広い(が苦労も多い)海外へ進出してはどうだろうか。ただし、すべて自己責任だ。

 今、この原稿を書いているのは、カナダのトロントの小さなホテル。バンクーバーから大陸横断鉄道カナディアン号で3泊4日の旅のはてに、昨夜遅くトロントに到着した。

 カナディアン号は、ロッキー山脈から中部の湖沼地帯4400キロをうねうねと走り抜ける最大時速130キロの列車だ。果てしなく広がる美しい景色と、無数の湖、様々な乗客たちと旅をしていると、何と日本の狭いこと、小さいことを体感できる。もちろん4400キロだって、日本の新幹線なら数十時間で走破できるのだが……。

 ともあれ、カナディアン号から見た雄大な景色に触発された筆者は今回、Biz.ID読者たちに海外進出の可能性を提案しようと考えた。ただ、すべての人にとって海外進出がベストな選択肢ではない。これから質問するので、自分の海外進出の可能性を考えてみてほしい。

現在の仕事や生活に「どんづまり」を感じている
 ビジネスでも私生活でもあまりに行き詰ってしまうと人は絶望してしまう。そんな人が飛び込み自殺などを試みるわけだが、自殺するくらいなら、海外に出かけることをお勧めする。

 人間、昨日のことや明日のことを心配するのだ。安定した日本の生活とは異なり、海外の生活では「いかにその日を食べていくか」が重要になる。悩んでいる暇はないのだ。自然と、生きることの意味も分かろうというもの。広い世界、あなたを必要としている人たちがたくさんいることも理解できるはずだ。

失恋、家族関係、会社などの人間関係で苦しんでいる
 人間関係に苦しんでいる時の解決策としての海外渡航は、明治時代からよく行われた。芥川龍之介が多数の女性問題で悩んで、大阪毎日新聞に頼んで、中国に長期出張させてもらったのは有名だ。数年もの間、海外に出ていけば、どんなこじれた人間関係にも冷却期間をおけるわけだ。ただし、この間に彼は余計に体を壊して帰国している。

 筆者が現役だったころは、若い既婚者や恋人がいる部下には、赴任国のいかんを問わず、家族を帯同することを勧めた。海外駐在を単身赴任している間の、男女恋人間、夫婦間、親子間の隔絶は、どこかでひずみを見せることになりかねないからだった。

自分の人生を“Change”したい
 海外で長期生活を過ごせたら、新しい言葉を覚え、その国の自然、社会、経済を知ることになる。日本に帰国して、その国に関係した仕事、その国の言語を使った仕事につければ、それも人生を前向きに変革するだろう。まして、海外に滞在している間に得た人間関係を活用できれば、今まで考えられなかった人生が始まるかもしれない。

自分の能力の可能性を試したい
 慣れ親しんだ日本での生活と違い、毎日あなたの能力と努力と勘を試される。当然、あなたには無限の可能性が広がっているが、同時にかなりの危険も存在する。ハイリスク・ハイリターンの世界だ。

好奇心がある
 好奇心で海外に出かけるのは短期の間は良いだろうが、好奇心だけを基盤として、長期の海外生活の場合は、途中で息切れするかもしれない。

日本の政治・経済に嫌気がさした
 確かに同感のこともあるが、海外に出てみると、もっとひどい政治や経済の国がたくさんある。むしろ海外に出ると、日本の政治や経済が光ってしまうのだ。安全面は特に日本の良さを感じるだろう。

独りになりたいから
 独りになるために出かけたはずなのに、すぐさびしくなって、友を求める人がいる。時には現地で異性との関係も成立し、それからしばらくして、その人間関係の清算のために、逆に帰国することもある。もちろん不幸なケースだけでなく、極めて幸福な場合もたくさんあることは付記しておく。


--------------------------------------------------------------------------------

 若者の海外進出にも、いくつかのパターンがあるはずだ。どんな選択肢を選ぶかはもちろん自由。ただ、人生の選択はあくまで自己責任。片道の航空券だけで「現地で働けば良い」と飛び出してみると、これは相当きつい。スキルがあり、身分が保証されているならまだしも、それまでの貯えや親からの支援もなく、まして海外での縁故もなく、急に飛び出すのは、その国でも最低に近い生活レベルに陥りかねない。

 旅費に不自由な場合、その多くが、(1)耐えられないで日本に帰国する、(2)生活レベルを落とし、自尊心を捨てて生活する、(3)犯罪もしくは犯罪すれすれの行為に手を染める、(4)体を壊す――という恐れがある。

 もちろんそのような旅も耐え抜き、働き始めたり、金がなくても留学する超人や秀才やタフガイはごくマレにいる。だが、普通の人が海外に出るには、ある程度、準備と計画が必要なのだ。

 なので来週以降は、渡航目的の設定から、渡航先の選択、資金計画などについて解説する。本来長期の海外は、ほとんどの人に得るところが豊富で有意義な、人生の転換点になるはずだ。

 海外進出は間違いなく個人に「とっては大きな転換点になるのでは?特に日本全体で内向きになっているだけに経験者が多ければ多いほど良い気もする。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

ビジネスシーンに特化したノート「ニーモシネ」誕生の秘

ビジネスシーンに特化したノート「ニーモシネ」誕生の秘密 (3/3)2008年11月21日 20時30分 更新
前のページへ 1|2|3       

ミシン目付きノート、重要なのは「切り取った後」
 単語帳などの特別な仕様のものを除けば、ニーモシネシリーズのノートには、いずれも切り取りのためのミシン目が付いている。ロディアやMOLESKINEの一部のページなど、ミシン目付きノートは少なくないが、ニーモシネは「ノートが切り取られた後の動きを考えた」という。


 A4サイズのIMAGINATIONは、実はA4サイズよりも少し大きい。ミシン目に沿って切り取った後の用紙が、ぴったり210×297ミリのA4サイズになるように作ってあるのだ。「書類と一緒に持ち歩くときなどに、縦横がぴったり合わないと気持ち悪い。日本人にはけっこうそういうところがある」

 切り取ったあとにファイリングしやすいように、上部には2穴パンチを合わせる中心点に印を入れた。タイトルや日付欄を多めに取り、ファイリングしてからも見直しやすいように配慮している。

 ただし、省スペース化が叫ばれているこれからのオフィスでは、ファイリングしても、それを置く場所がなくなるかもしれない。そこで、石川さんも実際に卓上ドキュメントスキャナなどを使って、雑記やメモ書きをデジタルデータ化しているという。

 「ニーモシネを1冊のノートとしてではなく、1枚の紙の集合として考えてみると、書き終わった後に行きつく先は、ノートの中ではなくPCの中なのかもしれない、と思えて。A4サイズだと、スキャンしてもほかの書類と同じ大きさになって見た目もいい」


--------------------------------------------------------------------------------

 2004年に2種類から始まったニーモシネシリーズは、現在20種類までラインアップが拡大した。2009年3月には、専用ホルダー付きのノートパッド「ニーモシネ PROJECT」も登場予定だ。

 「ニーモシネは、ある程度特殊な使い方を提案しているノート」。表紙を開いた扉部分には、便利な使い方を示した黄色いインフォーメーションページを収録している。

 「この説明ページが親切だと考える人もいれば、うるさく感じる人もいる。このページがなくても、見ただけで使いやすさが伝わるようなデザインにしていくのが、これからのニーモシネの進化の方向だと考えている」

 たかがノート、されどノート。デジタルの進化の一方アナログも進化。いや深化??

| | Comments (23) | TrackBack (0)

Nov 23, 2008

“キー坊”にならなかったHappy Hacking Keyboard (2/2)

日曜日の歴史探検:
“キー坊”にならなかったHappy Hacking Keyboard (2/2)[前島梓,ITmedia]2008年11月23日 03時00分 更新

前のページへ 1|2       

手に馴染んだキーボードは末代まで、そんなキーボードを求めて

セグウェイに乗る和田英一氏(出典:Wide Project和田先生のページ) 「キーボード派は今の作業が終了しないうちに次々のコマンドをかなり先まで打ち込んでおくことができるのに、マウス・メニュウ派は、メニュウが現れてくれないうちはなにもできないもどかしさがあるということだ」(『けん盤配列にも大いなる関心を』原文ママ)――入力インタフェースとしてのキーボードに並々ならぬ思いを持っていた和田氏。

 日々何とかならないものかと考えを巡らせていた同氏に、PFUの社内誌「PFU Technical Review」に載せる招待論文の執筆依頼が舞い込んできました。自分が考える最高のキー配列を持った小型のキーボードがほしい、そんな思いを抱いていた同氏にとって、この話は問題喚起という意味でまたとない機会だったようです。

 そのとき書かれたものが、上述した「けん盤配列にも大いなる関心を」です。当時ころころと変わっていたキー配列と、大型化の一途をたどるキーボードに冷静なもの言いながら思いの丈をぶちまけている和田氏の様子が目に浮かびます。

 この流れは、世界を巻き込んでいくことになります。当時PFUの専務だった新海卓夫氏との出会い、そして、1995年にWIDEプロジェクトの研究報告書として書かれた「個人用小型キーボード」(psファイル)さらに、前後の経過も併せて記された「個人用小型キーボードへの長い道」などを読むと、和田氏の思いがいかにして製品化へとつながっていったのかを知ることができます。


Happy Hacking Keyboard Professional2(英語配列モデル) そして、和田氏の夢であったキーボードが、「Happy Hacking Keyboard」(HHK)として1996年12月に発売されました。日本最初のハッカーとも呼ばれる和田氏は、このキーボードに「キー坊」という名も秘かに用意していたことが知られていますが、「Happy Hacking」というこのキーボードを用いることで得られるユーザー体験を見事に表現した名前もまた芸術的だといえるのではないでしょうか。最近のブラウザ周りでは、ユーザーエクスペリエンスとかUXとかいう言葉もよく聞きますが、入力のためのインタフェース、しかもハードウェアレベルでのユーザー体験のすばらしさを筆者に強く印象づけたのは、HHKでした。

 もちろん、Happy Hacking Keyboardが万人に合うかといえば、それは分かりません。価格も一般的なキーボードに比べれば確実に高いです。しかし、そこには機能美が凝縮されており、使い込めば込むほど、「そうか、これはこういう意図でそうしたのか」という、和田氏がいつか通ったであろう道を追体験したかのような気持ちになれるのです。そんなとき、筆者は思わず襟を正してタイピングしたくなります-:)

 和田氏は今年で77歳。しかし、今でも精力的に活動を続けておられます。最近では、スラッシュドットが企画した11月11日のバイナリデーに、コメントを寄せています。

 最後は和田氏が「個人用小型キーボード」で記したこの言葉を記しておきたいと思います。今日でもパソコンを買うとキーボードもついてくる状況をみると、和田氏の夢は道半ばということなのかもしれません。

アメリカ西部のカウボーイたちは、馬が死ぬと馬はそこに残していくが、どんなに砂漠をあるこうとも、鞍は自分で担いで往く。馬は消耗品であり、鞍は自分の体に馴染んだインターフェースだからだ。

 パソコンが5万円にもなろうとするのに、キーボードが3万円もしていいのかと質問されるが、いまやパソコンは消耗品であり、キーボードは大切なインターフェースであることを忘れてはいけない。

 パソコン、ワークステーションを買い代えるたびに新品のキーボードがついてくるのがおかしかったのである。手に馴染んだキーボードは末代まで使い、パソコン買ってもキーボードはついてこないという時代に早くしたいものである。

最後の寓話はなかなか説得力がある。使い込んだ道具というのはユーザーにとって唯一無二の価値を持つモノ。となればそれを大事にするのは当然か・・・。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

Nov 22, 2008

電子メールはもう古い?:

電子メールはもう古い?:
IM、チャットがビジネスコミュニケーションの中心に

ビジネスワーカーのコミュニケーションツールが、電子メールからインスタントメッセージに変わりつつある。だがPBXなどと、どのように連携するか? という課題もある。解決の糸口はどこにあるのか――。
[石森将文,ITmedia]2008年11月21日 18時44分 更新

企業の変化が、コミュニケーションツールの変化を後押しする現状

日本IBM 澤田千尋 Lotus事業部長 「コスト削減やグリーンITへの対応に加え、金融不況へも対策せねばならないなど、企業を取り巻くビジネス環境が困難さを増していることは論を待たない」と日本アイ・ビー・エム 澤田千尋 Lotus事業部長が切り出したのは、同社主催の「ユニファイド・コミュニケーション フォーラム 2008」基調講演でのこと。解決の糸口を模索する企業に対しては、「ユニファイド・コミュニケーション+コラボレーション」(IBMによるキーワードは『UC2』)という切り口からソリューションを提供するという。

 「ここ10年ほどにおいて、企業内で最も大きく変化したのは、その組織のあり方だ」と澤田氏は話す。従来は縦割り型の組織構造で業務を行えば済んでいたが、現在は組織の枠を超え、プロジェクト単位でユニットを組みビジネスを推進しなければ、変化の激しいビジネス環境で勝ち残れない。「このような状況下、新しいコミュニケーションツールが求められている」(澤田氏)

 IBMでは2年に1度、企業のCEOに、自社が抱える課題について聞き取り調査を行っているという(「CEO Study」)。その最新結果によると、「社内外のコミュニケーションを高める必要がある」と認識している企業は約80%に達するという。一方「現状導入しているコミュニケーションツールに満足している」と回答した企業は55%ほどに過ぎず「このギャップを埋めなければならない」(澤田氏)

 変化したのは企業組織だけではない。例えば女性社員が家庭で育児をしながら在宅勤務するといった、ワークライフバランスを重視した労働環境を取り入れたり、エコやコスト削減の観点から出張を減らし、可能な限り電話会議やWeb会議で済ませるなどといった最近の傾向も、新しいコミュニケーションツールの必要性を高めている。

Lotus Sametimeをコミュニケーションプラットフォームの中核に

ガートナーによる調査結果(画像クリックで拡大) 澤田氏は興味深い調査結果を紹介する(本文右参照)。電子メールが一般化する前、コミュニケーションツールはそのほとんどが電話とFAXであった。それが2005年になると、約20%を電子メールが占める。しかし2010年の予測としては、電子メールの割合はそう変わらず、「そのほかのコミュニケーションツール」が30%もの割合を占めるという。

 そのほかのコミュニケーションツールとは何か? 澤田氏はそれを「インスタントメッセージ」だと説く。澤田氏はすでにビジネスワーカー内でインスタントメッセージが浸透しつつあることを示す調査結果を紹介。また「Lotus Day 2008」東京会場でのアンケート結果として、半数以上の企業が、既にビジネスツールとしてインスタントメッセージを導入済み、あるいは導入検討段階だと回答したという。そして、新しいコミュニケーションツールとして企業から期待されるインスタントメッセージ分野に対し、IBMが提供するソリューションが、冒頭述べた「UC2」である。

 従来、企業において、構内網(PBX)の上にのる固定電話や一部テレビ会議システムは、Web会議、社内ポータル、業務システム、そしてメールといったITシステムと連携できていなかった。その結果、固定/携帯電話のコストがかさんだり、うまく在籍確認できなかったり、あるいは個々人がフリーのチャットソフトを使用しセキュリティに不安を抱えたりといった課題があった。澤田氏は、UC2の中核製品として「Lotus Sametime」を据え、課題解決とともに企業におけるコミュニケーションプラットフォームの確立を図るとした。

 IBMでは近い将来、Lotus Sametimeのポートフォリオに属する製品として「Lotus Sametime Unified Telephony」の発表を予定している。同製品により、マルチベンダー間のPBX、IP-PBX、携帯電話とインスタントメッセージ環境を統合できる。結果としてビジネスユーザーは、クライアントとして利用するPCやスマートフォンから、着信転送、通話転送、在籍(状況)確認、通話共有といった機能を自在に享受できるという。またLotus Sametime 8.02からは、Microsoft SharePoint Serverとの連携が図られる。

 「競合の中には、PBXをすべてPCに置き換えるんだ、という戦略をとるソフトウェアベンダーもいる。しかしIBMは、PBXベンダーをパートナーと位置付け、協業体制の強化を図る。『餅は餅屋』ということだ」と澤田氏は話す。UC2という旗印のもと、ワークスタイル、そしてライフスタイルの変化に対応するコラボレーション環境強化に向けソリューション強化を図るという。

IMが便利であることに異論はないが、システムとして一般企業に利用しやすい形で提供されているのはまだまだ少数派なのではないか??

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 21, 2008

引き続き高年収は「金融系」――投資銀行業務は827万円

引き続き高年収は「金融系」――投資銀行業務は827万円

インテリジェンスの調査によると、全職種の平均年収は前年比19万円減の461万円。サブプライムローン問題や景気減速などの影響を受け、多くの職種で平均年収が下落した。
[Business Media 誠]


 高年収は金融系――。インテリジェンスがまとめた調査によると、2008年版の平均年収ランキングは前年に引き続き、「投資銀行業務」が827万円で1位。次いで「運用会社(ファンドマネージャー、アナリスト、ディーラー)」(656万円)、「経営企画・事業企画・新規事業開発」(614万円)、「ITコンサルタント」(612万円)という結果に。上位10職種のうち、4種を金融系が占めるなど、金融系=高年収という構図が明らかになった。

 年代別で見ても、25~29歳、30~34歳、35~39歳、すべての年代で「投資銀行業務」がトップ。ただ2007年版のランキングでは、3つの年代ですべてトップ10入りしていた「プロパティマネージャー、不動産専門職」がランク外になるなど「不動産市場の停滞が年収にも反映された」(インテリジェンス)としている。

 インテリジェンスの「DODA転職支援サービス」に2007年8月~2008年7月までに登録した転職希望者のうち、25~39歳(平均年齢30.5歳)に該当する約10万人が回答した。


平均年収のランキング(出典:インテリジェンス)
全業種の平均年収は19万円減少
 全職種の平均年収は前年比19万円減少し、461万円。減少した要因として、インテリジェンスは「2008年に入り、サブプライムローン問題や原油価格の高騰を背景に、国内の景気減速が影響している」という。多くの職種で平均年収は減少したが、増加した職種もある。最も増えたのは「投資銀行業務」(前年比35万円増)、以下「金融バックオフィス」(同27万円増)、「ITコンサルタント」(同10万増)など。ただ金融危機の影響を受け、「金融業界を中心にあらゆる業界で冬のボーナスの金額上昇が見込めないことから、2009年の平均年収へも影響が及ぼすだろう」と見ている。

 地域別のランキングでは1位が「関東」で471万円、以下「東海」(452万円)、「関西」(441万円)と3大都市圏の年収の高さが浮き彫りに。また「関東」と「九州」(426万円)には45万円もの開きがあった。

 投資銀行やファンドマネージャーはもっと高い気もするが・・・。それでも来年は夢も破れて?年収は全業種で大幅ダウン??

| | Comments (0) | TrackBack (2)

Nov 20, 2008

PCから検索――セイコーの電子辞書、直接コピペも

PCから検索――セイコーの電子辞書、直接コピペも

セイコーインスツルは、ビジネスパーソン向けの電子辞書「SR-G9001」を発売する。USB接続したPCから、内蔵コンテンツの辞書検索が可能だ。 2008年11月19日 17時00分 更新  セイコーインスツルは、ビジネスパーソン向けの電子辞書「SR-G9001」を11月30日に発売する。USB接続したPCから内蔵コンテンツの辞書を検索できるソフトウェア「PASORAMA(パソラマ)」を搭載した。価格は7万円。PCの対応OSはWindows 2000/XP/Vista。


(左)PCと接続して「PASORAMA」で検索しているときの、SR-G9001

 単体で電子辞書として使えるほか、PCにUSB接続して、内蔵したソフトウェア「PASORAMA」をインストールすれば、PCからも辞書コンテンツを検索できる。PASORAMAで検索したコンテンツは、メールなどに直接コピー&ペーストが可能だ。

 「電子辞書はPCに比べて操作性が悪い」「英文をWebサービスで翻訳しているが、翻訳精度に不満がある」といったユーザーに使ってほしいとしている。収録コンテンツは「リーダーズ英和辞典」「ジーニアス英和大辞典」「オックスフォード現代英英辞典」など30以上。

 「例えば、Web上の翻訳サービスで“To Whom it may concern.”という英文を翻訳すると、あるサービスでは“Whom.それ、5月のConcern”と翻訳されたり、別のサービスでは“それが誰に関係のあるかもしれないかに”となったりする。ちょっとこれでは使えない」(セイコーインスツル)。SR-G9001は80万以上の英語例文から一括検索が可能なため、正しく“関係者各位”という訳文を表示できるという。


PASORAMAでの検索結果表示画面。アイコンをクリックしてコピー&ペーストしたり、単語をダブルクリックしてページ内検索したりできる

 CDやDVD-ROMなどの辞書ソフトと比べての優位点は「やはり、コンテンツが充実している点。権威ある英語辞書のコンテンツを、これだけ多く搭載しているパッケージソフトはない」(セイコーインスツルの國友正成CP企画営業部長)。「もちろん、単体で通勤や通学中に使えるという点も、電子辞書だからこそ」とした。

 ただし、「今後発売するすべての電子辞書にPASORAMAを搭載するかは未定」(國友部長)。また、PCにインストールして使う翻訳ソフトなどでは、テキストをマウスオーバーして訳語をポップアップするなど高機能なものもあるが、「PASORAMAはまずはシンプルなインタフェースにとどめた」とコメントした。

 内蔵メモリは約128Mバイトで、音声教材とテキストをダウンロードして利用できる「テキストーク」機能などに対応。最大2GバイトのSDカードも使用できる。

 サイズは142.0×奥行105.5×16.0ミリ(幅×奥行き×厚さ)、重さは約250グラム。電源には同梱するACアダプタのほか、内蔵のリチウムイオン充電池か、市販の単四形アルカリ乾電池2本を使用できる。連続表示時間は、リチウムイオン充電池を使用した場合で約23時間、アルカリ乾電池を使用した場合で約12時間。

ギミックは面白いのだが、デバイスのプライスが少々高い。そろそろ電子辞書も搭載できるコンテンツも新味がなくなってきて曲がり角にきている印象。過去の新聞とかまでコンテンツに含めたりできないものか??

| | Comments (0) | TrackBack (2)

Nov 19, 2008

Blu-rayソフトの違法コピーが早くも横行?

Blu-rayソフトの違法コピーが早くも横行?

Blu-rayのコンテンツを、オリジナルよりは劣るが従来のDVDよりは鮮明な画像に違法コピーした海賊版が出回っている。 2008年11月18日 16時37分 更新 香港(ウォール・ストリート・ジャーナル)  映画の違法コピー業者がBlu-rayディスクに狙いを定めている。違法コピーには、安価で製造でき、また消費者にも見分けられにくい海賊版を作成するための技術が用いられている。

 違法コピー業者は、消費者の多くが実際のところ、高精細(HD)でより高価格なハリウッドのBlu-rayソフトとそれより画質の劣るAVCHDと呼ばれるフォーマットとの違いを見分けらないという事実につけ込んでいる。Blu-rayでは走査線数が1080本なのに対し、AVCHDでは720本(訳注:AVCHDでも1080本での表示が可能です)だが、それでもHDテレビで見れば、AVCHDは通常のDVDと比べてより鮮明な画像を提供する。

 映画のデータは入手が容易なソフトウェアを使ってBlu-rayディスクから引き出される。引き出されたデータは解像度が低くなるため、コストが高いBlu-rayディスクの代わりに通常のDVDディスクに収められる。「そのため、こうした海賊版の製造は非常に収益性が高い」と米映画協会(MPA)は警告している。MPAはWalt Disney、Viacom、ソニー、News Corp.、Time Warner、General Electric(GE)などの映画会社を代表して違法コピー対策に取り組んでいる業界団体だ。

 「われわれはこの問題を懸念しており、最優先で対策に当たっている」とMPAのアジア太平洋地域担当マネージングディレクター、マイク・エリス氏は語っている。

 eBayを利用している販売業者の中には、顧客に対し、偽のBlu-rayディスク、つまり普通のDVDソフトなのにBlu-rayソフトと称して販売されている商品に警戒するよう注意を促しているところもある。見分ける手掛かりが1つある。本物のBlu-rayディスクは海賊版と比べて指紋が付きやすい。

 しばしば違法コピー分野の最先端にあるとされる中国で先月、新作の海賊版ソフトを大量に保管した倉庫が摘発されたのを受けて、映画業界もこの問題を深刻に受け止めている。当局は先月、中国南部の深セン市にある倉庫を強制捜査し、800枚以上の海賊版ソフトを押収したが、そうした海賊版のタイトルは「ハリー・ポッターと賢者の石」から「トランスフォーマー」まで多岐にわたっていた。違法コピー業者はそうした海賊版を、Blu-ray対応であることを示す青いケースにパッケージングし、ケースには本物に見せるためのホログラムまで印刷していた。

 「ここ数年、この地域で製造された海賊版DVDが世界中に輸出されている。こうした犯罪組織は市場機会をとらえるのが非常に素早い」とエリス氏。

 MPAでは、向こう6カ月間で、中国における海賊行為によってMPAの加盟企業が被る損害2億2400万ドルのうち10%をHDディスクが占めることになると予想している。本物のBlu-rayソフトは30ドル前後で販売されているのに対し、中国で違法コピーされた海賊版は7ドルという破格の値段になっている。

 こうした新たな違法コピー行為に対する脅威の一方で、徐々に減速しつつある通常のDVDソフトの売れ行きを補うべく、映画業界はBlu-rayの推進に力を入れている。エンターテインメント企業は消費者がDVDのライブラリを最新のディスクにアップグレードすることに期待しているのだ。Nielsen VideoScanによると、10月26日までの4週間で、Blu-rayディスクはホームビデオ市場全体の6%を占めたという。小売業者や家電メーカーは最近、採用促進に向けてBlu-rayプレーヤーを値下げしている。

 Blu-rayソフトの海賊版はまだアジア以外の地域には広まっていないようだ。だが業界は、ブロードバンドインターネットの普及率が低い地域に海賊版の新たな市場が生まれる可能性を懸念している。そうした市場では、合法であれ、違法であれ、HD動画ファイルのダウンロードには時間も手間もかかりがちだからだ。

 「Blu-ray規格を策定した際、われわれは世界中のあらゆる地域で違法コピーの波を食い止めることに力を注いだ」とPioneer Electronicsのホームエンターテインメントグループ担当上級副社長で、Blu-ray Disc Association(BDA)のプロモーション委員会の米国代表を務めるアンディ・パーソンズ氏は語っている。

 BDAではBlu-rayディスクに2つの著作権保護のレイヤーを組み込んでいる。1つは「BD+」と呼ばれるBlu-ray独自の技術で、本来なら再生されるはずのない場所でディスクが再生されていないかを確認するというもの。「Blu-rayディスクの海賊版を作成するのはかなり難しいはずだ」とパーソンズ氏。

 違法コピー業者はソフトウェアを使ってBlu-rayディスクからHD動画を取り出している。ソフトウェア企業のSlySoftはBlu-rayの著作権保護ソフトウェアを昨年クラックしたと主張しおり、Blu-ray動画をディスクから取り出すためのプログラム「AnyDVD HD」を約100ドルで販売している。SlySoftは今年3月の声明で、「このプログラムはBlu-rayディスクのバックアップを可能にするためのものだ」と説明していた。米国のデジタルミレニアム著作権法(DMCA)ではDVDの複製が禁じられているが、SlySoftによると、同社が拠点を置くカリブ海のアンティグア-バーブーダでは同社のソフトウェアは合法だという。

 パーソンズ氏はSlySoftの主張については理解しているという。ただし同氏はそれについてのコメントは断っている。SlySoftにもコメントを求めたが、返答は得られなかった。

 Blu-rayに組み込まれた著作権保護技術は、新しいBlu-rayディスクでソフトウェアのアップデートをエンコードすれば変更できる。「だがそうしたアップデートも結局はクラックされるだろう」とSlySoftのHD技術担当責任者、ピア・バン・ヒューエン氏は以前に発表したプレスリリースで述べている。「最悪の場合、社長はわれわれをパンと水だけで3カ月間ほど地下牢に閉じ込め、われわれに再びクラッキングを成功させようとするだろう」(同氏)

BLUERAYをAVCHDで販売とは手が込んでいる。とはいえ、DVDをBLUERAYにアップグレードしたさらに拡販という意気込みがあたるかどうかは未知数だわな。そんなに映像特典があるとも思えないし・・・。

| | Comments (157) | TrackBack (4)

Nov 18, 2008

TSUTAYA年間ゲームランキング、DS1位は「ドラクエV」

TSUTAYA年間ゲームランキング、DS1位は「ドラクエV」

TSUTAYAのゲームソフト年間ランキングでは、DSトップが「ドラクエV」、Xbox 360トップが「テイルズ オブ ヴェスペリア」といった結果に。 2008年11月17日 20時09分 更新  TSUTAYAは11月17日、DVDなどの年間ランキングを発表した。ゲームはプラットフォームごとにランキングを出しており、ニンテンドーDSのトップは「ドラゴンクエストV 天空の花嫁」(スクウェア・エニックス)だった。

 全国1357店舗のTSUTAYAのデータなどを集計してまとめた。ゲームは今年10月末までのデータが対象。

 プレイステーション 3のトップは「METAL GEAR SOLID 4 -GUNS OF THE PATRIOTS-」(コナミ)。Xbox 360のトップは、本体の売り上げ増にも貢献した「テイルズ オブ ヴェスペリア」(バンダイナムコゲームス)だった。Wiiは「大乱闘スマッシュブラザーズ X」(任天堂)、プレイステーション・ポータブル(PSP)は「モンスターハンター ポータブル 2ndG」(カプコン)だった。

 各ランキングは以下の通り(集計期間:1月1日~10月31日)。

 リメイクするスタンダードになったふところの深い成熟化に至ったゲーム業界というべきか、それともリメイクがTOPになってしまうようなイノベーションの不足するゲーム業界と言うべきか・・。

| | Comments (474) | TrackBack (0)

Nov 17, 2008

「Windows 7」の詳細に迫る--インストールからインターフェースの使い勝手まで

「Windows 7」の詳細に迫る--インストールからインターフェースの使い勝手まで文:Adrian Kingsley-Hughes
翻訳校正:石橋啓一郎

2008/11/14 08:00
ブックマークの表示と登録トラックバック(0)
コメント(0)
ブックマーク(42)
印刷用ページ
« 1 2 3 4 » Page 4/4

VMware 6上でのWindows 7 Windows 7はVMwareのバーチャルマシン上で動作するだろうか?答えはイエスだ。私は「Windows Server 2008 (experimental)」と「Windows Server 2008 x64 Edition (experimental)」の512MBあるいは1GBのRAM、24GBのIDEディスクの設定でバーチャルマシンをセットアップしたが、問題なく動作した。

総論 細かいことはこれで十分だ。本当に知りたい質問に移ろう。

Windows 7はVistaよりよいか?
Windows 7はXPよりよいか?
 私は、少し危険だとは思うが、これらの質問にイエスと答えたい。ただし条件付きだ。今回の性能向上がRTMリリースに反映されるかどうかを判断するのはまだ早すぎるし、まだ成されるべき仕事は多いが、私はこのビルドには将来性があると思う。また、このビルドが使いやすくなっていることは明らかだ(新しいテーマの設定、プリンターの設定、ネットワークの障害の理由を調べることなどは、ずっと簡単になり、手順も少なくなった)。

※クリックして拡大画像をご覧ください ※クリックして拡大画像をご覧ください ※クリックして拡大画像をご覧ください
 UIはより洗練されたものになり、タスクバーの右下の角をクリックすることでデスクトップが表示できる機能(専用のアイコンを用意するよりも理に適っている)など、小さな修正は多くある。このような小さなことが、ユーザーインターフェースをより洗練させ、最終的に使いやすいものにしていく。

 私は次のビルドを見るのを楽しみにしている。

 vistaのインターフェース、重さを考えれば、軽くする方向にいくのは当然。OSはコンピューティングの主役に躍り出てはおかしいのである。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Nov 15, 2008

住友3Mの「ケータイプロジェクタ」が国内でも発売

住友3Mの「ケータイプロジェクタ」が国内でも発売

住友スリーエムは、「マイクロプロフェッショナルプロジェクタ MPro110」を発売する。携帯電話よりも一回り大きいサイズで、光源にはLEDを採用している。
2008年11月14日 21時00分 更新
 住友スリーエムは、「マイクロプロフェッショナルプロジェクタ MPro110」を11月25日に発売する。オープン価格で、3Mオンラインストアでは5万6490円。

 9月に欧州で発表したMPro110は、携帯電話よりも一回り大きいサイズのモバイルプロジェクタ。光源にはLEDを採用しており、約10ワットの低消費電力で、冷却ファンが不要なため静音性も高い。サイズは115×50×22ミリ(幅×奥行き×高さ)、重さは約160グラム。

 出力解像度はVGA(640×480ピクセル)で、入力解像度はVGA/SVGA/XGAに対応。0.35~1.8メートルの投影距離から、8~48インチの映像を投影できる。なお、輝度やコントラスト比に関しては非公表としている。

 電源はACアダプタと内蔵のリチウムイオン電池で、完全に充電した状態から1時間程度の投影が可能。インタフェースとしてD-Sub15ピン端子とコンポジット端子を備える。

 住友スリーエムは「小会議室でのミーティングなどビジネスユースのほか、デジタルカメラで撮った写真を旅先で友人と鑑賞するなど、パーソナルユースでも楽しめる」としている。

 興味を催すデバイスであるがどこまで使えるのか??小さい画面でも映りが鮮明ならなかなか使えるかも・・・。

| | Comments (11) | TrackBack (0)

13】 東京9号線の複々線化及び延伸(2)

13】 東京9号線の複々線化及び延伸(2)

 

小田急本線の複々線化については連載第2回で紹介した。18号答申ではこのほかに、小田急多摩線を唐木田駅から先へ延ばし、JR横浜線・JR相模線と接続させる計画が「今後整備について検討すべき路線」とされた。現在、相模原市と町田市によって実現に向けた取り組みが活性化している。

 相模原地域は相模原、相模大野、橋本、上溝、淵野辺など中堅都市が散在している。鉄道は南北方向のJR横浜線、JR相模線が主軸であり、都心方向は北部の橋本駅で京王電鉄、南部の相模大野駅で小田急電鉄が通っている。JR横浜線は全線複線となっており快速運転も実施されている。しかしJR相模線は全線単線となっており、上溝、原当麻地区は他地区に比べて不便な地域であった。加えて、相模原市の中心である相模原駅の東西方向交通網を整備し、隣接する町田市との交通を強化するためにも、小田急多摩線の延伸要望は大きかった。

 18号答申を受ける形で2002年に小山・清新・大沢・上溝地区など関連自治体と商店会が小田急多摩線延伸促進協議会を設立した。この時点では誘致運動、構想の初期段階でしかなかった。


在日米軍相模原総合補給廠(神奈川県Webサイトより) 計画が進まなかった理由は、延伸ルート上に在日米軍相模原総合補給廠(ほきゅうしょう)があるためである。相模原総合補給廠は相模原駅北側に広大な用地を持っており、相模原駅北部地域からの駅のアクセスが不便であること、駅前の一等地であることから、かねてより用地返還の要望が出されていたという。在日米軍は今後も同施設を維持していく方針だ。

 しかし、2006年に日米両政府の協議により、同所の一部用地返還が決まった。これにより相模原駅北部への道路と鉄道の用地が確保できることから、相模原市が主体となった建設誘致活動が活発化している。小田急多摩線延伸促進協議会は2007年までに22団体が加盟する規模になった。相模原市は2010年に向けた政令指定都市指定の取り組みの中で、小田急多摩線の延伸とJR相模線の複線化を交通網整備の重点課題としているようだ。相模原市は小田急多摩線延伸部が通過する町田市と連携して取り組んでいく方針である。相模原市は2006年9月に500万円で小田急設計コンサルタントに延伸の効果や運営形態などについての調査を委託している。また、2006年11月には町田市と「小田急多摩線延伸検討会」を設置。小田急電鉄を交えた協議を開始した。

 小田急多摩線では川崎市営地下鉄の乗り入れ要望もある。しかし、相模原地区から川崎駅へは横浜線経由もあり、多摩線経由ではメリットが小さい。川崎市と相模原市の間に挟まれる小田急としては微妙なかじ取りが求められている。小田急電鉄は自社負担による延伸には難色を示しているという。自治体要望の温度が高い路線であるため、建設するのであれば、線路設備は自治体が建設保有、運行のみ小田急が担当する上下分離式で応じたい意向だという。

核のない相模原にマイナー路線の小田急多摩線が延伸してもあまり経済的な効果は見込めそうにないが・・・。米軍施設がネックになっていたというのが神奈川県らしい。

| | Comments (9) | TrackBack (0)

Nov 14, 2008

Blu-rayの「新たな敵」は景気

Blu-rayの「新たな敵」は景気

次世代規格戦争で勝ち残ったBlu-rayを待ち受けていた景気低迷という新たな強敵を前に、業界は年末商戦への不安をぬぐえない。(ロイター) 2008年11月13日 15時53分 更新  HD(高精細)ディスクに対する消費者の需要はまだ活発化していないが、フォーマットやハードウェアに関する問題も解消されており、この年末商戦期こそは需要に弾みが付くだろう――。そう期待していた企業幹部は、ここへてきて突然の逆風に見舞われている。それは景気の低迷だ。

 次世代DVD規格をめぐる争いが決着し、ハードウェア価格は低下傾向にあり、映画業界の販売戦略も小売業者の間にようやく根付きつつあるところだ。それにもかかわらず年末商戦期のBlu-rayディスクの売れ行きは思わしくないと懸念される最大の要因は、景気減速に対する警戒感にある。

 Blu-rayは次世代DVDフォーマットをめぐる激烈な争いでHD DVDに勝利した規格。ハリウッドの映画業界は今後Blu-rayがホームエンターテインメントのための最適な次世代フォーマットとして、徐々に衰退期に入りつつあるDVD市場を補ってくれることに期待している。だが消費者の間では、ギフトの購入が盛んになる年末ホリデーシーズンを前に、まさに最悪のタイミングで景気の先行きに対する不安感が急速に高まっている。

 「経済は最大の難問だ。Blu-rayに関しては、消費者はただでさえ多数の品目をそろえなければならない。HDテレビも必要だし、プレーヤーも、CATVも、ソフトウェアも必要だ」とDisneyのホームエンターテインメント担当ゼネラルマネジャー、ローリ・マクファーソン氏は語る。

 それでも同氏は、Disneyが年末商戦期にリリースするBlu-ray規格の一連の新作ソフトや既存ソフトによって、これまで我慢していた消費者も本格的にBlu-rayへの対応を検討することになると期待している。ただし11月11日にセンチュリーシティで開催された「HD3」カンファレンスでパネルディスカッションに参加した業界幹部らは、「景気後退には対処のしようがない」との意見で一致した。

 「誰もが景気低迷の影響を受けている。だがそれでもわれわれは第4四半期の売上高に期待している」とFoxの調査・技術戦略担当執行副社長ダニー・ケイ氏は語っている。

 この発言は虚勢を張っているように聞こえるかもしれないが、ホームエンターテインメント市場には確かに明るい展望もある。

 「今、経済が厳しい時期にあることは分かっている。だがメーカー各社はHDテレビの価格をかなり引き下げている」とParamountのマーケティング担当副社長クリス・サイトウ氏は語っている。

 またBlu-rayプレーヤーの価格も下降傾向にある。ただし恐らく、景気の先行きを警戒する消費者が納得するほど大幅な値下げではないだろう。プラットフォームは200ドルという価格ポイントを境に大衆市場への普及が進むということが以前から言われており、Blu-rayプレーヤーにも一部にはその価格帯で販売されているものがあるが、大半は依然としてそれよりはるかに高い価格帯で販売されている。

 ディスクの価格も同様だ。大半のDVDソフトは15ドル以下だが、Blu-ray対応の映画ソフトは25ドル以上で販売されている。

 「ディスクの価格については、われわれは皆、常に注目し、検討している。結論としては、第4四半期以降まで様子を見ることになりそうだ」とSonyのビジネス開発担当副社長リック・マーティ氏は語っている。

 もっとも、米カリフォルニア州カーメルバレーのコンサルタント会社Adams Media Research(AMR)のアナリスト、トム・アダムズ氏によると、IT製品に関していえば、今のところ景気減速の影響は比較的小さいため、その点はBlu-rayの支持者にとって心強い状況と言える。

 「景気低迷の影響で、ある程度は採用が鈍るだろう。だがこの先50年間のスパンで見れば、ほんの少し減速したにすぎない」とアダムズ氏は語っている。

 Foxのケイ氏も同じ意見だ。「いずれにせよ、消費者による採用が期待していたほどスムーズに進まないからといってBlu-ray支持者は落胆する必要はない。一夜で結論が出るようなものではないのだから」と同氏は語り、肩をすくめた。

 また一方では、HDテレビが普及したからといって、それに伴いBlu-rayの採用まで一気に進むとは限らないとの声も挙がっている。消費者は代わりに、いわゆるアップコンバーティング技術を介してDVDの画像解像度を改善するかもしれないからだ。「だがそうした画像処理はBlu-ray規格の品質には遠く及ばないため、大半の消費者はそれでは満足できないだろう」とDisneyのマクファーソン氏は指摘している。

 「わたしにとっては、イミテーションジュエリーとダイヤモンドほどの違いがある。イミテーションもカジュアルでいいが、やはりダイヤモンドの方が欲しい」と同氏。

 とはいえ、こうしたBlu-rayに対するパネリストの楽観論にもかかわらず、企業幹部らは年が明けたら年末商戦期の売れ行きを慎重に検討する方針だという。HDディスクをはじめとする各種Blu-ray商品の売れ行き次第では、業界もデジタルダウンロードに対する引き伸ばし戦術を見直すことになるかもしれない。

 ハリウッド映画業界はこれまでのところ、二またのデジタル戦略を取っており、一部のタイトルについてはデジタルダウンロードを提供し、一部のタイトルについては「デジタルコピー」機能付きBlu-rayディスクでリリースするという形を取っている。後者の場合、ディスクの購入者は映画のデジタルコピーを1回PCに転送できることになっている。

 今年で3回目となるHD3カンファレンスは業界誌The Hollywood Reporterの協賛で開催されている、HDディスクにスポットライトを当てた年次イベント。11日にインターコンチネンタルホテルで終日開催された今年のHD3には、120人以上の出席者が集まった。

あえて今BLUERAYを積極的に買うべき理由が少ないのも事実。ソフトもDVDの水準で満足しているし、画質がきになるようなテレビをもっているわけでもないし・・・。そもそもいつもみているテレビをブルーレイでとる必要はないし・・・。

| | Comments (1) | TrackBack (2)

Nov 13, 2008

研修は「気づき多い」も「行動変わらず」――人事部門の“ホンネ”

研修は「気づき多い」も「行動変わらず」――人事部門の“ホンネ”

気づきを得るのに効果的な研修だが、人事部門の過半数は「研修後も行動は変わらない」と考えている――。こんなことが、国内138社が対象の「企業における人材育成の実態調査」で分かった。 2008年11月12日 17時46分 更新  企業内の研修は気づきを得るのに効果はあるが、人事部門の過半数は「研修後も行動は変わらない」と考えている――。国内138社の人事・人材育成部門の管理職以上にNTTレゾナントが実施した「企業における人材育成の実態調査」で、こんなことが分かった。

 NTTレゾナントが定義した研修とは、新人研修、若手研修、主任・係長研修、新任管理職研修、管理職研修、全員研修といった階層別研修のほか、集合研修、合宿型研修、eラーニング、OJTといった形式の研修。会社が費用を支払うようなビジネススクールのセミナーやビジネス書なども自己啓発タイプの研修だという。

新人研修はたいてい集合研修
 こうした研修は、今も昔も社員教育において一定の割合を占める。特に多いのが新人研修に代表されるような、全社で取り組む一元的な研修だ。「階層別研修などのカリキュラム・研修を整備」している企業は72.1%、「全社員共通のスキル研修を実施」は71.6%を占めた。

 一方、業務に密接した人材育成は各部署に任せている。各部署で独自に実施しているケースが多いのは「所属別の業務、知識研修」(61.1%)と「OJTを制度として実施」(51.5%)の2つだった。また、社員の個別の問題に合わせるような研修にも取り組んでいるようだ。「育成課題毎に研修体系を構築」は44.2%、「社員個々のキャリアプランの立案・評価を実施」は52.6%だった。

 実施率の高い研修は「新人研修」(45.3%)。形式別では「集合研修」(59.6%)も多かった。特に新人研修のうちの88.4%は集合研修。NTTレゾナントでは「定型的であり、実施しやすいのではないか」という。反対に実施率が低い研修は「全員研修」(23.6%)や「主任・係長研修」(24.5%)、形式別では「eラーニング」(20.5%)や自己啓発関連が20%台だった。


実施率の高い研修は?
昇進試験よりも気づきはあるが、行動を変えるには至らない
 成果ばかりではない。集合研修や合宿型研修では「研修終了後のフォローが不十分」「日程調整等の運営負荷が大きい」という答えもあった。eラーニングでは「カスタマイズが困難」、OJTでは「研修終了後のフォローが不十分」「研修効果の把握等が困難」だという。ビジネススクールなどに通ったり、教材を購入したりする自己啓発系の研修では、「参加率が低い」「コストが高い」「研修効果の把握が困難」が挙がった。

 自分自身の弱みや問題点に気づくきっかけとして、78.8%の会社が研修を選択。これは昇進試験(70.6%)を超える数字だ。実際、「気づきを得ることが多い」(88.0%)という。だが、それが行動に結びつかないのが問題。むしろ、行動が変わるのは昇進試験(41.7%)だったり、コーチングなどによる「キャリアカウンセリング」(40.6%)だったりするようだ。


気づきは得るけど……
 「研修は効果が見えづらい」(NTTレゾナント)。目の前に昇進がぶら下がっているような試験に比べたら、研修だけでは、現金なビジネスパーソンの行動を変えるのは難しい――のかもしれない。

 企業における人材育成の実態調査は、郵送アンケートによる直接返信方式で、調査期間は8月6日から9月10日まで。業種は製造業が28%、サービス業が23%、商業が17%、運輸・情報通信業が15%、金融・保険業、建設業、不動産業がそれぞれ7%、電気・ガス業1%。社員数は500人以下が32%、500人超~1000人以下が24%、1000人超~3000人以下が21%、3000人超~5000人以下が9%、5000人超が14%だった。

研修の効果ははかりづらいうえに、参加後の行動も変わらない??やはり、なにかしらの業績指標めいたものを入れるくらいのことは必要ではないか??

| | Comments (3) | TrackBack (1)

Nov 11, 2008

焦げ付きピンチ! “危険水域”金融機関ワースト10社

焦げ付きピンチ! “危険水域”金融機関ワースト10社

不良債権の割合が10%を超える、“危険水域”に達している金融機関に注目が集まってきた。金融庁の資料によると、全金融機関のうち3割近くの146が危険水域入り。さらに20%を超える金融機関もあるが、どのようにして不良債権を減らしていくのだろうか? [ZAKZAK]


 日本でも金融危機が深刻になるなか、不良債権の割合が10%超の“危険水域”に達している金融機関に注目が集まっている。金融庁の資料によると、メガバンクや地方銀行など預金を扱う全国562の金融機関のうち、実に3割近くの146が危険水域入り。危うい金融機関に予防的に公的資金(税金)を投入できるようにする金融機能強化法改正案の審議は曲折が予想されており、これらの銀行の行く末が案じられている。

不良債権比率10%超、146社も

世界的な金融危機のなかで、国内金融機関の財務内容を注視する金融庁 不良債権比率とは、金融機関が企業や個人に実行した融資や融資枠のうち、返済に滞りが出ているものがどれくらいあるかを示すもの。比率が高いほど、焦げ付く可能性のある融資が多いことになり、その金融機関の経営状態はよくないことになる。

 2003年5月に一時国有化されたりそな銀行の場合、国有化直前の不良債権比率は10%程度。同11月に事実上経営破綻し、一時国有化された足利銀行は14%程度だった。10%を超えると、“危険水域”にあるといえる。

信金の4分の1、信組の半分が不良債権比率10%超

業種別の不良債権比率ワースト10(クリックですべてを表示) そこで、金融庁の資料をもとに、2008年3月末時点の不良債権比率が10%超の金融機関をピックアップすると、地銀1行、第2地銀1行、68の信金、76の信組の計146の金融機関が該当した。

 地銀で不良債権比率10%超となっているのは、長崎県佐世保市に本店を構え、2007年にふくおかフィナンシャルグループ(FG)の傘下に入った親和銀行。地域経済の落ち込みを背景に不良債権比率が高止まりしていたうえ、ふくおかFGの傘下入りを機に不良債権の査定を厳格化したところ、不良債権比率が前年同期より2.18ポイント高い15.73%にアップした。

 第2地銀では、大分市にある豊和銀行が12.87%。2008年3月期に不良債権を厳しく査定し、今期はその処理を進めたことで不良債権比率は0.8ポイント改善したものの、依然として高水準となっている。

 「豊和銀は2006年3月期に銀行の健全性を示す自己資本比率が3%を割り込んだことがあった。国内で業務を行う銀行がクリアすべき4%を大きく下回ったことから、経営不安説が流れ、預金流出を招いたこともあった」(金融関係者)という。08年3月期の自己資本比率は6.69%に改善している。

 信金、信組では、不良債権比率が極めて高い水準にあるところが多い。信金では全279金庫の約4分の1、信組は全164信組の半分近くが不良債権比率10%超と、目を覆いたくなるような惨状にある。

 信金でもっとも不良債権比率が高かったのは岩国信金(山口)の23.25%。2008年3月期は金融機関の売上高にあたる業務粗利益が8億円、最終損益が7億円の赤字となった。不良債権比率も前の期の20.80%から増加している。

 信組では、顧客から受け入れている預金量が全信組のなかで5番目に大きい山梨県民信組(山梨)が、不良債権比率27.93%。同信組のほかに8信組が20%超となった。

 同信組以外で20%超となったのは、佐世保中央信組(長崎、26.67%)▽イオ信組(岐阜、26.55%)▽信組愛知商銀(愛知、24.27%)▽長崎県民信組(長崎、23.45%)▽信組岡山商銀(岡山、23.20%)▽鹿児島県信組(鹿児島、22.53%)▽五城信組(宮城、20.74%)▽青森県信組(青森、20.29%)の8信組。

 金融関係者は「地域金融機関は経営規模が小さく、高水準の不良債権比率を自力で減らすことは難しい。公的資金投入で時間稼ぎをする間に、経営体力のある金融機関との経営統合を目指すしか生き残りの道はないのではないか」と分析している。

 オーバーバンキング状態は未だに変わらず。そもそも地銀、信金、信組でこんなに数がいるのかよというくらい金融機関は多い。中小企業に特化する金融機関としても地域別の小さい組織でいる必要がはたしてあるのか??

| | Comments (1) | TrackBack (2)

イー・モバイルが10万超の純増、ソフトバンクは1年半連続首位──10月契約数

イー・モバイルが10万超の純増、ソフトバンクは1年半連続首位──10月契約数

電気通信事業者協会(TCA)が11月10日、2008年10月の携帯電話・PHS契約数を発表した。総計約数は1億969万7600件で、このうち携帯電話の契約数は1億513万3800件。ソフトバンクモバイルとイー・モバイルが大きく純増した。ウィルコムは2万件を超える純減となった。
グループ名 2008年10月純増数 累計
NTTドコモ 3万2700
 2in1:-7600 5396万9600(51.3%)
 2in1:44万6500
KDDI 4万6700 3049万8400(29.0%)
ソフトバンクモバイル 11万8400
 ダブルナンバー:1000 1975万1600(18.8%)
 ダブルナンバー:4800
イー・モバイル 10万2500 91万4200(0.9%)
携帯総計 30万300 1億513万3800
(前月比増減率 0.3%)

 電気通信事業者協会(TCA)が11月10日に発表した、2008年10月末時点での携帯電話・PHS契約数は、1億969万7600件。9月末から約27万7500件増加した。このペースで推移すれば、年内には1億1000万契約を突破しそうだ。

 携帯電話の契約数は1億513万3800件。9月と比べると、各社とも2008年冬商戦向けの新製品を発表する直前だったこともあってか、ペースがやや鈍化したが、それでも30万件超の純増となった。キャリア別の純増数では、相変わらずソフトバンクモバイルが首位を走り、11万8400の純増を記録した。これで同社の純増首位記録は18カ月連続ということになる。また、今月はイー・モバイルの躍進がめざましく、2008年3月以来の10万件超えとなる10万2500件の純増を達成。ミニノートPCとのセット販売の対象機種や販売店舗数が増加していることが大きな純増につながっているという。また、Windows Mobile搭載のタッチパネルスマートフォン「Touch Diamond」(S21HT)の人気が高く、10月の純増に好影響があったとのこと。

 一方、先月純増2位と大きく躍進したNTTドコモは純増数で久々の4位に転落した。純増は3万2700件にとどまっている。景気が悪化していることや、11月に新製品の発売を控えていたこともあり、買い控えの兆候が見られたという。ただ、解約率は過去最低よりもさらに低いレベルで推移しているほか、番号ポータビリティの転出件数も過去最低となるなど、状況は悪くないという。2in1契約は、サービスが始まって以来となる純減になり、7600件減少した。これは10月31日まで実施していた、基本使用料が半額になるキャンペーンが終了したことに伴う解約が多かったため。KDDIのauも、9月から純増数を下げ、4万6700件にとどまっている。こちらも新製品発表直線の端境期だったことが影響したようだ。

まだ全体で30万契約も純増とはまだまだマーケットのポテンシャルはあるらしい。と同時にイーモバイルへのウィルコムからの流出は目に見えている。早いところ手を打たないとまずいのでは??

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Nov 09, 2008

工人舎、タッチパネルを搭載した「SAシリーズ」など2機種の新モデル

工人舎、タッチパネルを搭載した「SAシリーズ」など2機種の新モデル仲田玲子

2008/11/07 18:08
ブックマークの表示と登録トラックバック(2)
コメント(0)
ブックマーク(2)
印刷用ページ
 

工人舎は11月7日、ウルトラモバイルPC「KOHJINSHA SAシリーズ」において「SA5ST12A」と、モバイルノートPC「KOHJINSHA SHシリーズ」において「SH6KT12A」の新製品を発表した。

 両シリーズともに、さくらや、上新電機、ソフマップ、ビックカメラ、ベスト電器、ヨドバシカメラの主要店および工人舎ウェブサイトにて、11月14日から販売を開始する。価格はSA5ST12Aが5万9800円、SH6KT12Aが6万9800円。なお、Microsoft Office搭載モデルは、両モデルともプラス2万円となる。

 KOHJINSHA SAシリーズは、インターネット閲覧やメールの送受信、外出先でのプレゼンテーションを主な用途とした、同社のスタンダードモバイルノートPCシリーズ。低消費電力CPUのAMD Geode LX800 を採用し、4時間のバッテリ駆動時間を実現した。

 3in1メディアカードスロットやCFカードスロット、USB2.0ポート×2、LANポート、アナログCRTポートなど、充実したインターフェースを備える。

 SA5ST12Aは、OSにMicrosoft Windows XP Home Edition SP3を搭載。高精細な1024×600ドットのタッチパネル機能付き7型液晶を採用することで、インターネットやファイルの閲覧時の快適性を向上した。また、大容量の120GバイトHDDを採用している。

 KOHJINSHA SHシリーズは、工人舎のモバイルノートPCの中で、SAシリーズの上位クラスに位置するモバイルノートシリーズ。メールの送受信やインターネット、ファイル閲覧、外出先でのプレゼンテーションなどの用途に加え、ワンセグ対応TVチューナーを搭載し、エンターテインメント用途にも活用できる。

 ディスプレイ部にはタッチパネル機能と操作ボタンを装備した。

 新製品のSH6KT12Aは、CPUにIntel processor A100 を採用し、OSにMicrosoft Windows XP Home Edition SP3を搭載。既存モデルより大容量の1Gバイトメモリと120GバイトHDDを装備することで、処理性能とデータ保存の快適性を向上したとのことだ。

 工人舎のPCのつくりはなかなか良いのであるがどうも個性が他のNETBOOKと比較しても際立つものが少ない。(まあ、どれもそうだが)だいたい、今のNETBOOKでまともにオフィスの2007とか動くのやろか??

| | Comments (0) | TrackBack (0)

どうなる、こうなる首都圏の鉄道網――(最終回)成田新線・新交通編

どうなる、こうなる首都圏の鉄道網――(最終回)成田新線・新交通編 (2/5)[杉山淳一,Business Media 誠

 

一方、北総線延伸案は18号答申に盛り込まれ、引き続き整備が行われた。印旛日本医大-土屋の新線については、2002年に設立された第三セクターの成田高速鉄道アクセスが建設、保有することになった。同社の過半数の株式を持つ筆頭株主は成田国際空港で、ほかには千葉県と京成電鉄が出資している。列車の運行は京成電鉄が担当し、新しいスカイライナーと各駅停車列車を走らせる。18号答申で「関係者が多岐にわたる」ため「関係者間の調整」が必要と記された理由は、このように1本のルートに複数の鉄道会社が絡む事態となっているためだ。しかし、実態としてはすべての会社に京成電鉄の資本が入っており、調整とリーダーシップ役は京成電鉄が担っていると言えよう。

 成田新高速鉄道が全通した場合、京成電鉄は都心から成田空港への直通特急列車と、印旛日本医大-成田空港の各駅停車の運行を担当する。また、京成高砂-印旛日本医大は引き続き北総鉄道が運行を担当する。

 問題は、複数の線路保有会社を経由するため、運賃の上昇が懸念されることだ。特に北総鉄道は、日本で最も高額運賃で知られる鉄道会社の1つである。新スカイライナーは到達時間が短縮されるため、現在のスカイライナーよりは高めの運賃が設定される可能性はある。しかし、東京モノレールのように、各駅間の運賃を割高に、空港直通運賃を割安に設定するなどの施策が取られると思われる。だがその結果、北総線利用者の割高感が強調されることになると反発が大きくなるだろう。

 一方、京成電鉄にとっては、スカイライナーが成田新高速鉄道へ移転することで、既存の京成本線のダイヤに余裕が生まれる。成田空港優先のダイヤから地域優先のダイヤへ回帰することになるだろう。これにより、船橋、津田沼、千葉などの沿線都市の利便性が増す。また、現在のスカイライナー車両は新スカイライナーの導入によりすべて廃車という報道もあるが、一部を残してリニューアルし、朝夕の有料通勤ライナーを増発する案や、一部スカイライナーを京成本線に残す案も検討されるはずだ。この場合、京成本線運行のスカイライナーは青砥駅、京成船橋駅、京成津田沼駅、八千代台駅など停車駅を増やし、沿線地域と成田空港を結ぶ列車として設定されるだろう。

 なお、18号答申では都営浅草線の東京駅アクセスに触れており、ここで新型スカイライナーを東京駅に乗り入れる案もある。こちらは進ちょくが見られないため、京成側としては考慮していないようだ。京成としては東京側のターミナルを日暮里駅と京成上野駅に設定している。現在、日暮里駅の改良工事を進めているほか、京成上野駅では東京都が御徒町駅、上野駅を結ぶ地下道の整備に着手している。


青線が開業部分、赤線が延伸部分、緑線が現在のスカイライナーのルート。地図上は新旧ルートの距離は差がないように見える。しかし、新ルートの赤線部分は時速160キロメートルで運行。青線部分の北総鉄道部分は時速130キロメートルで運行するため、旧ルートよりも大幅に時間を短縮できる

 成田⇔都心がスピードアップするのは大いに結構なのであるが、日暮里乗換はやはり不便であるし運賃の値上がりも必須であろう。かといってNEXも高いし、東京駅乗り換えは総武線ホームまで行くことの煩わしさからやはり不便。どっちにしても楽でない成田空港アクセス・・・。

| | Comments (6) | TrackBack (1)

Nov 08, 2008

ミニノートが市場けん引 上期のPC出荷数、過去最多に

ミニノートが市場けん引 上期のPC出荷数、過去最多に

上期のPCの国内出荷数は638万8000台で、上期として過去最多だった。ミニノートPC人気が出荷数を押し上げた。
2008年11月07日 18時13分 更新
 MM総研がこのほど発表したPCの国内出荷数の調査結果によると、2008年度上期(08年4~9月)は前年同期比7.8%増の638万8000台で、上期の出荷数として過去最多だった。通期では前年度比6.1%増の1383万3000台となる見込み。

 台数増の原動力となったのは、価格が5~8万円のミニノートPC(Netbook)で、出荷数の約6%を占めている。低価格なミニノートが単価を押し下げ、平均単価は前年同期より1万3300円下落。出荷額は同4.1%減となった。ミニノートを除いたPCの出荷台数は同1.4%と微増にとどまっている。


メーカー別シェア メーカー別シェアは、1位から7位まで順位の変動はなかったが、8位に日本エイサー、9位にASUSが入り、ミニノートPCを販売するメーカーがトップ10入りした。上位メーカーで最も伸びたのは日本ヒューレット・パッカード。

 出荷ルート別では、個人向け販売が同15.6%増となり、05年上期以来3年ぶりに2けた成長だった一方、企業向けは同2%増にとどまった。設備投資抑制から7~9月期に出荷が伸び悩んだ。

 下期の出荷数は同4.6%増の745万台となる見込み。通期予想は前年度比6.1%増の1283万3000台で、過去最多だった2000年に次ぐ水準だ。NECや東芝といった国内大手メーカーが年末商戦向けにミニノートを投入するため、引き続き個人向けミニノートが市場をけん引するとみている。

 携帯電話が端末購入実勢価格の上昇で買い替えにくくなるなか、ミニノートがモバイルネット回線とセットで割り引き価格で販売されていることも、人気を後押ししているという。

 下期の企業向けのPC出荷予想はほぼ前年並みの見通し。「本来は企業向けPCは更新の山に来ており、入れ替えが進むはずだが、8月以降、株安・円高の影響で出荷が停滞している」という。

セカンドマシン、サードマシンとして買ったり、ないしは子ども用で買ったりという用途にも流れていそう。ただ、この価格帯で日本メーカーは利益出ているのやろか??

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 07, 2008

立教大学の3万4000人がGmailユーザーに

立教大学の3万4000人がGmailユーザーに2008/11/06

 

サイオステクノロジーは11月6日、立教大学のGoogle Apps導入を支援したと発表した。「Gmail」をベースにしたメールサービスは4月に稼働開始し、学生や教職員など約3万4000人がすでに利用している。

 立教大学の従来の電子メールサービスはユーザーの利用が増えて負荷が高まるとメッセージの送受信にエラーが起きることがあった。Gmailベースに移行したことで、このようなエラーがなくなり管理負荷が減少。1ユーザー当たりのメール保存容量も7GBに増えるなど使い勝手が向上した。立教大学はGmailをカスタマイズし、「SPIRIT Mail」の名称でサービスを提供している。

立教大学がGmailをベースに開発した「SPIRIT Mail」ログイン画面
 サイオスはGoogle Appsと既存の情報システムを連携させるシステム構築サービス「SIOS Integration for Google Apps」を立教大学に提供した。同サービスを使って、立教大学は「OpenLDAP」の既存認証システムでGoogle Appsにシングルサインオンできるようにした。従来と同じ電子メールアドレスが利用できる。ID、パスワードの再発行や追加、削除はOpenLDAP側で行うことができ、サイオスは「Google Appsを導入しても運用負荷が増大することはない」としている。

 立教大学が導入した「Google Apps Education Edition」は電子メール、インスタントメッセージ、カレンダー機能、文書作成、スプレッドシート作成などの機能が利用できるグーグルの無料サービス。国内では日本大学もGoogle Appsを採用している(参考記事:日大がGoogle Apps導入、学生10万人が利用へ)。

 Google Appsの導入に合わせて立教大学は、認証システムやシングルサインオン、電子メールシステムを稼働させていたサーバの統合も行った。「VMware Infrastructure」を利用してサーバを仮想化し、サーバ統合を実現したという。

全面的にGOOGLEのシステムに依存してしまうのも少々違和感を覚えるが、昔では必要なかったシステム投資。最小限に抑えたいところ??

| | Comments (2) | TrackBack (1)

Nov 06, 2008

株暴落ワースト10社……下げが止まらぬ銘柄

株暴落ワースト10社……下げが止まらぬ銘柄 (1/2)


26年ぶりに7000円割れとなった日経平均株価。歴史的な値動きを見せた株式市場だったが、東証1部の銘柄でも10月の1カ月間で半値以下に暴落した銘柄が相次いだ。常連の不動産のほか、売りを浴びた銘柄とは……?
[ZAKZAK]
powered by newsing

 日経平均株価が26年ぶりに7000円割れを起こすなど、歴史的な値動きをみせた株式市場。東証1部上場銘柄(約1700銘柄)でも、10月の1カ月間で半値以下に暴落した銘柄が相次いだ。同月中の「下落率ワースト50社」をみると、常連組の不動産に加えて、メガバンクや自動車、電機などの主力銘柄もランクイン。カリスマ経営者が率いる有名企業も売りを浴びた。

みずほFGも半値に近い下落率
 相変わらず下落が止まらないのが、新興の不動産会社だ。

 不動産投資会社、パシフィックホールディングス(東京)の10月中の下落率は、実に84.9%。9月26日に2008年11月期の業績予想を下方修正。連結当期純損益は46億円の赤字から250億円の赤字と大幅に悪化する見通しだ。

 さらに同社は大和証券グループ本社から出資を受けるべく交渉していたが、同30日に大和証券グループが単独での資本参加は見送ると発表。財務面の不安が頭をもたげている。

 パシフィックの株価は同26日から15営業日連続でストップ安に見舞われる事態となった。

 不動産運用会社、クリード(東京)も80.7%の下落。10月8日に発表した09年5月期第1四半期(2008年6~8月)の連結純損益が2億9300万円の赤字に転落した。宗吉敏彦社長(43)が個人的に銀行融資の担保に差し入れていたクリード株が、担保割れを起こして売却される事態となり、このことも嫌気された。

 円高などの影響で業績が悪化した輸出企業も売り込まれた。

 AV機器メーカーのパイオニア(東京、下落率58.4%)は2009年3月期の連結最終損益が780億円の赤字となる見通しとなり、須藤民彦社長(61)が引責辞任する事態になった。

 自動車大手のマツダ(広島、同49.0%)も今期の営業利益見通しを下方修正。円高が進行するなか、同業他社に比べて輸出の比率が高いことも売り材料となった。


東証1部10月の下落率ワースト10
 株式評論家の植木靖男氏は「最近の株式市場では、原料を買って製品を作っている会社は売り、資源関連の会社は買いという現象が起きている。薄型テレビなどの製品は原材料価格が上がる一方で商品価格は下がっているので、あまりもうからない」と指摘する。

 メガバンクの一角、みずほフィナンシャルグループ(東京)も下落率が47.5%と半値に近い水準。同社は、景気後退に伴って融資先の与信コストが増加したほか、金融市場の混乱で有価証券の減損処理が膨らみ、2008年9月中間期と2009年3月期の純利益を大幅に下方修正した。

 新生銀行(東京、同52.9%)、あおぞら銀行(東京、同50.0%)はともに、経営破綻した米証券大手リーマン・ブラザーズ向けの大口債権を保有。業績の下方修正や経営健全化計画の見直しを迫られた。

 不動産関連がやはり下げTOP.全体的にこれだけ下げると買い銘柄も多いように思えるが、少なくとも下げのTOP10銘柄は手が出しにくいようなところばかり・・・。

| | Comments (5) | TrackBack (10)

Nov 05, 2008

米メディア各社、大統領選報道にWebを活用

米メディア各社、大統領選報道にWebを活用

CNNはWebサイトに選挙結果の最新情報をカスタマイズできる機能を追加し、New York Timesは読者に投票所の写真投稿を呼び掛けている。(ロイター) 2008年11月04日 16時31分 更新  女優のティナ・フェイやコメディアンのスティーブン・コルベアによるパロディーは、米大統領選をテレビ向けのイベントへと変えたが、11月4日の投票日には、多くの有権者がインターネットで夜の選挙速報を見ることになりそうだ。

 共和党のジョン・マケイン候補と民主党のバラク・オバマ候補の戦いの行方に全米国民が注目する中、大手メディア各社はそれぞれ自社サイトに記録的なトラフィックが集まるものと予想している。

 またCATVネットワークのCurrent TVはさらに一歩踏み込み、ニュースコンテンツの提供を完全にユーザーに依存するという実験的な取り組みに挑戦する。

 Webでの報道を強化するというテレビネットワーク各社の取り組みは、視聴者にも受け入れられそうだ。テレビ視聴率調査会社のNielsen Mediaは10月31日、Webの閲覧とテレビの視聴が同時に行われていることを示す調査結果を発表した。この調査結果によると、家庭におけるオンラインアクティビティの30%はテレビを視聴しながら行われているという。

 「テレビがインターネットを追い、その一方ではインターネットもテレビを追うという、比較的新しい現象が起きている」とカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)の公共政策学部で学部長を務めるフランク・ギリアム氏は指摘している。

 「実際CNNを見ているとコメンテーターは目の前にノートPCを開いている。それがすべてを物語っている」と同氏。

 主要メディアのうち、CNNは自社サイトに10億件以上のページビューがあると予測しており、また同社はサイトに「YourRaces」機能を追加し、ユーザーが自分に関係のある選挙結果の最新情報を入手してカスタマイズできるようにしている。

 またNew York Timesは自社のサイトにアクセスした人々に対し、地元の投票所の写真を撮ってアップロードするよう呼び掛けている。投票当日に全米のスナップショットを提供しようというわけだ。同サイトではさらに、最新の選挙速報マップが提供される。

記録的なトラフィック
 「CNNと同様、当社のサイトも選挙当日には記録的なトラフィックを達成する見通しだ」とNew York Timesの編集次長を務めるジム・ロバーツ氏は語っている。同氏によると、同社のサイトは2004年の大統領選のときと比べてかなり進歩したという。

 「今では、われわれの想像力はより豊かになり、それを実現するためのツールも豊富にそろっている」と同氏。

 New York TimesのWebサイトへの訪問者数は今年9月には2000万人と、新聞社のサイトとしては全米トップを記録している。ロバーツ氏によると、同社は今年の大統領選ではWebでの選挙速報に4年前よりもさらに力を入れる方針という。

 もっと小規模な試みとしては、政治系サイトのTown HallとThe Huffington Postはそれぞれ保守派とリベラル派の視点から選挙結果を追う方針だ。また非営利団体のVideo the Voteは1000本以上の動画リポートを投稿し、「市民ジャーナリズム」の形態で投票所のあらゆる問題にフォーカスする計画だ。

 CATV局のCurrent TVにとって投票日は実験の日となる。Current TVは民主党の元副大統領アル・ゴア氏と実業家のジョエル・ハイアット氏が共同で運営している実験的なCATVチャンネルだ。

 Current TVはソーシャルネットワーキングサービス(SNS)のDiggとTwitterとの提携を通じて、インターネットユーザーに投票日当日のニュースコンテンツを提供してもらう計画だ。ハイアット氏によると、同チャンネルのテレビ画面には、インターネットユーザーが自分で撮影したかあるいは選択した動画やテキストの投稿が表示される予定で、そうした投稿はときには殺到し、ときには途切れ途切れになることも予想されるという。

 「一般の人たちは概して、従来型のありきたりな政治報道にうんざりしている。識者の話は耳ざわりで、党利党略に偏っており、少しも魅力がない。一般の人たちは会話に参加したがっている」とハイアット氏。

 だがUCLAのギリアム氏によると、インターネットは市民の積極的な参加を可能にする一方で、インターネットならではの対立的な論争も可能にするという。

 「インターネットでは、テレビでは聞けないようなコメントも出されるからだ」と同氏は指摘している。

ネットとテレビを補完関係にしている点が米国の進んでいるところ。日本はまだTVのほうがネットを活用してというのはあまり見られない。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Nov 04, 2008

写真で解説する「AQUOSケータイ FULLTOUCH 931SH」 (1/4)

写真で解説する「AQUOSケータイ FULLTOUCH 931SH」 (1/4)

3.8インチのハーフXGA液晶を搭載する「AQUOSケータイ FULLTOUCH 931SH」は、すべての操作がディスプレイのタッチでできるフルタッチ機構を採用したのが大きな特徴だ。タッチパネルの使い勝手を中心に各種機能をチェックした。  シャープ製の「AQUOSケータイ FULLTOUCH 931SH」は、ソフトバンクモバイルの2008年冬モデルのコンセプト「Touch!」を体現し、新サービスや機能をフル装備する“全部入り”ケータイだ。携帯電話では世界初となる「3.8インチハーフXGA液晶」を搭載し、ディスプレイにタッチしてすべての操作ができるフルタッチ機構を採用するなど、“液晶のシャープ”らしく、ディスプレイのスペックとUI(ユーザーインタフェース)を大幅に強化した。


本体カラーはシルバー、レッド、ピンクゴールド、ブラックの4色
ボディサイズはどれくらい? 921SH、923SHと比較
 ソフトバンクモバイルのAQUOSケータイとしては初めて、サイクロイド型ではなく、「FULLFACE 913SH」や「FULLFACE2 921SH」と同様のフルスライド型を採用した。説明員によると、3.8インチの大画面と、液晶テレビ「AQUOS」をベースとしたチューニングにより高画質を実現したことから、931SHにも「AQUOS」の冠を付けたという。「サイクロイド型をAQUOSケータイの必須条件にしているわけではない」(説明員)。

 ディスプレイの解像度は、XGA(768×1024ピクセル)の約半分となるハーフXGA(480×1024ピクセル)。「AQUOSケータイ 923SH」やFULLFACE2 921SHなどのフルワイドVGA(480×854ピクセル)液晶と比べた場合、横の解像度は同じ480ピクセルだが、縦の解像度がフルワイドVGAよりもさらに170ピクセル多い。


FULLFACE2 921SHと同様、十字キーやダイヤルキーなどのハードキーはすべて本体下側に備えている(写真=左)。縦長の3.8インチ液晶を搭載しているため、本体サイズの高さはやや長めの115ミリ(写真=中)。裏面にはカメラレンズ、フォトライト、FeliCaポートを搭載。レンズ部分がやや出っ張っている(写真=右)
左側面には、平型イヤフォン端子と充電端子を装備(写真=左)。右側面には、キーロックとベールビュー、マナーモード、カメラ起動用のキーを配置(写真=右)
下端部(写真=左)には外部接続端子を、上端部(写真=右)にはワンセグ用アンテナや赤外線ポートを搭載
内蔵スピーカーはモノラルで、ディスプレイの裏側に搭載(写真=左)。ちなみに、同じくフルスライド型のauの「AQUOSケータイ W64SH」は、ディスプレイ上下の裏側にステレオスピーカーを備えている。microSDスロットはバッテリーカバーを開けた内側に配置(写真=中)。ダイヤルキーにはU字型のラインを施した「アークリッジスリムキー」を採用した(写真=右)
 3.8インチの大型ディスプレイや有効520万の高画素カメラを搭載するAQUOSケータイ FULLTOUCH 931SHだが、ボディの厚さは15.9ミリのFULLFACE2 921SHとほぼ同等の16ミリに抑えた。重さはAQUOSケータイ 923SHとFULLFACE2 921SHの135グラムよりも軽い130グラムを実現。ただし幅は52ミリで、片手で握りやすい幅のボーダーラインといわれる50ミリをオーバーしている。

 タッチパネルにはなっているものの、フォルムはいつものとあまり変わらないな・・・。機能的には申し分ないが、IPHONEのような新しさにどうも欠ける気が・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 03, 2008

“ツクモショック”で消えたアキバ電気街の楽観視

“ツクモショック”で消えたアキバ電気街の楽観視 (1/2)

九十九電機のニュースは、秋葉原のPCパーツ店に少なからぬ動揺を与えている。近隣ショップには「ウチは大丈夫です……と、言うように指示されてる」と語る店員もおり、電気街の将来を不安視する声は少なくない。
ツクモ系列店の明日、そして電気街の明日は?

九十九電機の旗艦ショップ「TSUKUMO eX.」 既報のとおり、九十九電機は110億円の負債を抱えて民事再生法の適用を申請した。TSUKUMO eX.などの系列店はその後も通常営業を続けているが、製品の仕入れはすでにストップしている。ある店員さんは「上から“ノーコメント”を貫くように指示されていますが、店舗には何も情報が降りてきていないから、もとからコメントしようがないんですよね」と語る。仕入れの再開や今後の動向などは不透明なままだ。

 九十九電機は店舗の通常営業を続けながら、再建に向けて動き出すとしているが、周辺ショップからは先行きを悲観視する声がいくつかあった。

 あるショップの店長は「一度ショートすると、仕入れ先に信用されなくなります。九十九電機はそれを覆すくらいに体力をつけるしかありませんが、現在の世界的不況の中では難しいでしょう。正直、復活してほしいんですけどね……」と語る。

 また、別の企業に買収されるという予想もある。これについて某ベテラン店員さんは「確かに九十九電機は全国に系列店がある。つまりは、全国のユーザーに向けて製品を販売できる機能を持っている。なので、余力のある代理店やその親会社が買収に乗り出すことは考えられるんですが、でも秋葉原だけで経営していても厳しいのに、地方もってなると、かなりの資金が必要でしょ。その余力を持つ企業が今あるのかどうか……」と声を落とす。


「PCパーツの殿堂」として知られた存在だけに、周囲のショックも大きい 印象的だったのは、九十九電機について語る各ショップの話しぶりだ。これまでにも、PC-Successや高速電脳といった有名PCパーツショップが閉店しているが、その際にはジョーク交じりの楽観的なコメントをする人もいた。しかし、今回はそれがない。同情や何とか復活する手を考える声、「ウチは大丈夫です……と、言うように指示されています」(某ショップ)など、自分の身に降りかかることを懸念する姿勢が大半なのだ。

 あるショップの店員さんは、最悪のシナリオとして次のような予想を語った。「11月3日には石丸電気パソコン館も閉館します。その後、もしもこのまま、純粋な自作PCショップとしては最大規模のTSUKUMO eX.が閉店することになったら、現在のアキバ自作市場にそのショックを払拭するパワーはないかもしれません。そのまま今回の件が、アキバ電気街の終焉(しゅうえん)を告げた出来事として語り継がれるとか……」。

アキバの電気街も不況に飲み込まれていくのか・・・。家電資本も合併が相次ぎ、小さい店が林立するような形態が生き残りは難しくなりつつあるのかも。

| | Comments (3) | TrackBack (2)

Nov 02, 2008

パナソニック、三洋電機買収で協議入りへ 年内合意も

パナソニック、三洋電機買収で協議入りへ 年内合意も

パナソニックが米GSなど金融3社が保有する三洋の優先株の一部を取得し、買収する方向で協議入りすることが明らかになった。年内にも基本合意する見通し。 2008年11月01日 09時53分 更新 大阪府門真市のパナソニック本社=10月 三洋電機の経営再建をめぐり、パナソニックが米大手ゴールドマン・サックスなど金融3社が保有する三洋の優先株の一部を取得し、買収する方向で協議入りすることが1日、明らかになった。年内にも基本合意する見通し。パナソニックと三洋の売上高の合計は11兆円を超え、大手電機メーカー同士による国内初の本格的な再編になる。

 3社の優先株は普通株に換算して発行済み株式の約7割(議決権ベース)に当たる。パナソニックはこの一部を取得し、三洋をグループ傘下に置くとみられる。

 パナソニックは10月に松下電器産業から社名を変更。2009年度に連結売上高を10兆円にする目標を掲げ、M&A(企業の合併・買収)の活用を模索していた。

 三洋は、経営再建の過程でゴールドマン、大和証券SMBC、三井住友銀行に計約3000億円の優先株を発行し、その処理が懸案になっていた。

 迷走が続いていて三洋も盟主と統合されることになればその技術力も生きてくるかも。パナもこれでまた再編への引き金をひくか??

| | Comments (3) | TrackBack (0)

« October 2008 | Main | December 2008 »