« 第1回 7月11日、未来を買ってきた (3/3) | Main | グーグルのシュミットCEO、YouTubeの収益化に今も苦心 »

Jul 20, 2008

“手のひらプロジェクタ”を試してみる(その1)

“手のひらプロジェクタ”を試してみる(その1)

先日紹介した海連の液晶プロジェクタ「X Pro920」は、手のひらに乗るほどの超小型サイズ。さっそくサンプル製品を借りて試してみた。 2008年07月18日 21時38分 更新  先日記事でお伝えした、海連の液晶プロジェクタ「X Pro920」。手のひらに乗る超小型サイズながら、価格も3万円台と、読者からも多くの反響があった。

 発売前のサンプル製品を借りられたので、写真と合わせてディテールを紹介していこう。

まずは本体外観をチェック
 


(左)レンズカバーはゴム製で、ストラップで本体底面につながっている (右)本体左側面には排気口、裏面には何もないシンプルなデザイン

(左)本体右側面には各種インタフェースを備えている。カバーはレンズカバーと同じくゴム製 (右)本体上面にあるのは電源ボタン、音量ボタンとスピーカー

(左)底面には三脚用の穴が (右)90×80×44ミリの手のひらサイズだ
 X Pro920の最大の特徴は、なんといってもそのサイズ。箱から取り出した瞬間に、思わず「……小っちゃ!」とつぶやいてしまったほどだ。90×80×44ミリ(幅×奥行き×高さ)のボディは、四角いこともあって一見ずっしりとしていそうに感じたが、持ってみると190グラムという軽さがよく分かる。これなら確かに、十分手のひらにも乗るサイズだ。

 本体前面のレンズカバーはゴム製で、ストラップで底面につながっている。右側面には各種インタフェースを備えており、左側面には排気口。裏面には何もなくシンプルなデザインだ。上面には電源ボタン、音量ボタン、スピーカーを配置し、底面には三脚用の穴がある。

インタフェース

(右)本体が小さすぎて、ACアダプタが大きく見える

 本体右側面のカバーを開けると、D-Sub15ピン端子と専用のAV端子があり、ACアダプタ接続端子と吸気口も見える。本体にはコンポジットアダプタとACアダプタが付属する。

 電池などでの使用はできないが、ACアダプタは編集部で測ったところ約45×60×28ミリ(幅×奥行き×高さ)とあまり大きくはないサイズ。本体とともに持ち運ぶ場合も、それほど負担にはならないだろう。ただし、本体があまりにも小さいので、接続しているとACアダプタが大きく見える。


--------------------------------------------------------------------------------

 とりあえず今回はここまで。ここまで読んで「小さいのはよく分かったけど、こんなサイズで映像はきれいに映るの?」と思っている読者も多いことだろう。気になる投影機能については、次回連休明けの記事で解説するので、どうか楽しみに待っていてほしい。

確かに小さいプロジェクターだんな・・・。どれだけ活用できるのやら後半のレビューが楽しみだな・・・。

|

« 第1回 7月11日、未来を買ってきた (3/3) | Main | グーグルのシュミットCEO、YouTubeの収益化に今も苦心 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14056/41911737

Listed below are links to weblogs that reference “手のひらプロジェクタ”を試してみる(その1):

» 杉浦幸が新人AVメーカーMUTEKIのS・Mと告白!消された公式ブログの内容 [杉浦幸が新人AVメーカーMUTEKIのS・Mと告白!消された公式ブログの内容]
芸能人専門メーカーS・Mの正体は杉浦幸!?自身のブログで語る真実 [Read More]

Tracked on Jul 20, 2008 at 10:33 AM

« 第1回 7月11日、未来を買ってきた (3/3) | Main | グーグルのシュミットCEO、YouTubeの収益化に今も苦心 »