« March 2005 | Main | May 2005 »

Apr 30, 2005

大手ポータルの新たな戦いの場は「ビデオ検索」へ

大手ポータルの新たな戦いの場は「ビデオ検索」へ

『スーパーボウル』で歌手のジャネット・ジャクソンが胸を露出させた場面(日本語版記事)をテレビで見逃した何百万人ものブロードバンド加入者なら断言できるはずだが、インターネットは話題になっている映像を見つけるための便利なリソースになり得る。

 それが「衣装トラブル」であれ、コメディー・ニュース番組『ザ・デイリー・ショー』の司会を務めるジョン・スチュワートが政治討論番組で激しい調子でまくしたてる場面であれ、話題の瞬間を捉えたビデオクリップを探そうと、多数のネットユーザーが映像検索エンジンに殺到している。

 しかし最近まで、ピアツーピア(P2P)サイトを利用しないネットユーザーにとって、ビデオコンテンツを見つける方法は通常の検索ボックスに言葉を入力する以外にほとんどなかった。

 このような状況を、大手のネットポータルや一部の小規模なサイトが変えようとしている。ここ数週間で、米ヤフー社、米グーグル社、米マイクロソフト社の『MSN』がそれぞれ、オンラインでのビデオのアップロードや検索を容易にするためのサービスを発表している。これらの大手ポータルの動きは、一部の新興企業や独立系の映画サイトによって、テキストを書き込むのと同じくらい簡単にビデオをオンラインに掲載できるようにするツールが開発されている現状を受けてのものだ。

 ヤフー社は昨年12月、誰でもビデオをアップロードして配布できるサービス『メディアRSS』のベータ版を開始した。ヤフー社のマルチメディア・デスクトップ検索部門の責任者ブラッドリー・ホロウィッツ氏によると、この機能の目的は、「自営のビデオ制作者」と、その映像に興味を持つ可能性のある人とを結びつける手軽な方法を提供することだという。ヤフー社では同月、このRSS機能に対応するビデオ検索エンジンのサービスを開始している。

 ヤフー社では、今年ウェブでストリーミング配信されるビデオの数は、昨年に比べて約50%増加すると予測している。

米アキュストリーム・アイメディア・リサーチ社に委託して作成した予測をもとに、ネット上のビデオのストリーム数は、2004年の142億本から、2005年には210億本以上に増加すると、ヤフー社は述べている。

 

 ビデオ検索は今でも機能としては各サーチエンジンが実装しているわけであるが、これがもっとパーソナルユースのものに広がるというわけか?放送局のアーカイブが個人ユースレベルでサーチをかけてほいほい利用できるようになるときわめて強力なのであるが、さすがにそれは無理だなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Longhornの登場でノートPCはどう変わるのか

Longhornの登場でノートPCはどう変わるのか

携帯電話の影響

 さらにもう1つ、Longhornには実際に携帯電話から発想を得た機能がある。折りたたみ式の携帯電話は、何年も前から外側に2番目の小型スクリーンを搭載していた。そうすることで、時計や発信者番号といった基本的な情報は電話機を開かなくても見ることができた。Microsoftは、それと同じ機能をノートPCでも実現すべくIntelと共同開発を進めている。

 Longhornでは、このようなデバイスも新たにサポートされるが、ただしそのアプローチはあまりエレガントとはいえない。PCの電源を落とした状態を続けていると、サブディスプレイ上のカレンダーや電子メールの情報が古くなるおそれもあり、一方音楽再生機能などを利用中の場合はノートPCの電源が完全にオンの状態になる。将来的には技術的な詰めを行い、コンピュータの必要な部品に通電するだけで情報を常に最新に保てるようにしたいと、Mitchellは考えている。同社はまた、いずれはノートPCからそばにある腕時計や携帯電話にも表示を行えるようにしたいと考えている。

 Microsoftは、応答性の点についても、家電製品と同じような「瞬時に使える」ものを実現するという目標にわずかながら近づきつつある。Windows XPでは、ユーザーが電源ボタンを押すとシャットダウンの状態に近い「ハイバネート」状態となり、すべての情報がハードディスクに保存されるようになっている。これに対し、Longhornのデフォルト設定では電源ボタンを押すと「サスペンド」状態になり、情報がメモリに保存されようになる。この方が電力消費量はやや多いものの、再び立ち上げる際の時間が短縮できる。

 IDCアナリストのRoger Kayによると、PC関連業界全体で消費電力削減に向けた取り組みが始まっており、特にチップメーカーのIntelやAMDなどはこうした取り組みに力を入れているという。

 一方、Mitchellの長期戦略はノートPCの小型化実現に重点を置いており、理想的には携帯電話とあまり変わらない大きさのものを実現しようとしている。

 Microsoftは今週、このようなコンピュータのコンセプトを披露した。同社は小型画面、カメラ、携帯電話用モデムを搭載し、1日中使えるバッテリ駆動時間を実現する500~800ドルのミニタブレットPCの登場に期待しているという。しかし、Microsoftは今のところ、このようなデバイスのモックアップしか用意しておらず、それが実現するのは数年先になることも認めている。

 だが、そこまで長く待たなくても小型ノートPCはいくつか出てくるかもしれない。Mitchellは、8インチのスクリーンを搭載する小型のタブレットPCがもうすぐ登場する見通しだと語った。

 NOTEパソコンにフラップ型の携帯電話のコンセプトが導入されるとは。とはいえ、立ち上がりの遅さとバッテリーの持ちの悪さを考えると、まだまだ「携帯電話」並みに使われるというのは幻想ちゃうか??WINCE機みたいにすぐ立ち上がるモードを搭載するとか、フラッシュメモリを補助的に使うとか技術的なブレークスルーはまだまだありそうだけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Apr 29, 2005

iPodキラーになれるか--ノキア、4GバイトHDD搭載の携帯電話を発表

iPodキラーになれるか--ノキア、4GバイトHDD搭載の携帯電話を発表

Nokiaは米国時間27日、新しい携帯電話3機種を発表したが、このなかには最大で3000曲の楽曲を保存できるものもある。

 新モデルのうち、まず「N91」は、4Gバイトのハードディスクを内蔵し、MP3、M4A、AAC、WMAの各デジタル音楽フォーマットをサポートする。またリモコン付きステレオヘッドホンが付属している。さらに、200万画素の内蔵型カメラ、電子メールサポートやウェブブラウザ、ビデオ共有などの各機能を搭載する。N91は今年末までに出荷になると見られている。

 N91は、WCDMA、無線LAN、Bluetoothに対応し、オンラインのミージックストアから直接楽曲を購入できるとNokiaは述べている。また、N91はUSB 2.0を使ったコンピュータとの同期が可能で、プレイリストの作成や管理が行える。さらに、このプレイリストをBluetooth、電子メール、またはマルチメディアメッセージ(MMS)経由で他者と共有することも可能だ。


 もう1つのWCDMA対応モデル「N70」は、200万画素のカメラとフラッシュ、テレビ電話用の「フロントカメラ」、ステレオFMラジオ、デジタル音楽プレイヤー、ビジュアルラジオ、そして3Dゲームを搭載するスマートフォン。

 N70のカメラには、フラッシュや20倍ズームなどが統合されている。このカメラ機能を使って撮影したビデオや写真はPCへの転送が可能で、カメラ上でスライドショーにしたり、アルバムをつくることもできる。さらに、USBケーブルやBluetoothでプリンタに接続し、画像を印刷することも可能。N70の発売予定は第3四半期になると見られている。

 3つめの「N90」は、200万画素のカメラを搭載。オートフォーカス、20倍ズーム、編集機能付きのビデオ撮影機能を持ち、レンズはCarl Zeiss製となっている。

 N90の回転式カメラは、ビデオや写真の撮影が可能。 メインディスプレイを広げて、回転させると、MP4フォーマットのビデオ撮影が可能になる。

 また、N90は写真とビデオクリップの保存/共有/印刷用に異なるオプションも搭載している。また3G機能をサポートするため、双方向のテレビ電話、ビデオストリーミング、ウェブアクセスなどが可能。同機種は、GSM900/1800/1900、EDGE、WCDMAネットワークの3バンドに対応する。

 やはり出てきたIPODキラーの名を冠した類似品。携帯電話か?デジタルミュージックプレーヤーか判別の難しい商品である。ただ、4Gという容量は少々中途半端。プライスタグも決して安いはずもなく、やはり本家と比較して大きな優位性は見出しにくい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Apr 26, 2005

大画面とワンハンドオペレーションにこだわる──「M1000」は携帯の進化形

大画面とワンハンドオペレーションにこだわる──「M1000」は携帯の進化形

フルブラウザや無線LAN機能を搭載、海外でも使える──。ドコモが新たなニーズを開拓すべく開発した「M1000」は携帯同様、ワンハンドオペレーションできることを重要視した。

 フルブラウザのOpera、Bluetooth、無線LAN、タッチパネルを搭載するなど、これまでのドコモ端末とは異なる方向性を打ち出したのが、Motorola製の「FOMA M1000」(4月14日の記事参照)。

 4月14日の発表以来(4月14日の記事参照)「PCや携帯雑誌だけでなく、ビジネス誌やファッション誌まで、さまざまな媒体から問い合わせが殺到している」と、NTTドコモ ユビキタスサービス部でユビキタスサービス開発担当課長を務める西尾英昭氏。法人からの問い合わせも多いといい、すべり出しは好調だ。

PDAに通信機能が付いたのではない
 見た目から「PDAに通信機能を付けた」という見方をされがちなM1000だが、NTTドコモ ユビキタスサービス部の宮原さおり氏は「携帯電話が進化する中で生まれた端末」だと話す。「PDAに通信が付いた──というアプローチではなく、今の携帯電話で不満な点を掘り下げて開発したというスタンス。“生活に役立つ携帯”というテーマのもと、おサイフや音楽、ゲームといった機能を取り込んできたが、今回はPCの機能を携帯に取り込んだ」(宮原氏)

 興味深いのは、これまでのiモード携帯に付いていたダイヤルキーを備えていない理由が“携帯らしさ”に由来する点だ。「ワンハンドでオペレーションできる“携帯電話”でなけらばならないというコンセプトがあった。ハードウェアキーを付けると、どうしても端末が大きく厚くなってしまう。大きな画面でフルブラウザを使うという点にこだわりつつ携帯の形状を保つためにこの形になった」(西尾氏)


 幅は59.5ミリ。人が片手で握って使う横幅の限界はほぼ50ミリといわれる中(1月27日の記事参照)、幅広な感は否めない。ただ実際使ってみると思ったほどの違和感はなかった


 PDAに比べると、確かに幅は狭い
 「“いきなりハードウェアキーをなくす”というのは、ある意味チャレンジだった。ただ、タッチパネルには触れると振動が伝わる「Haptics」という技術を使うなど、“押した感”を望むユーザーにも配慮している。ソフトキーとはいえ、ワンハンドで携帯電話として使えるなら、それほど抵抗はないのではないか」(宮原氏)

 文字入力の方法も、PDAによくある手書きやソフトウェアキーボードに加え、携帯電話のハードキーを使うのと同じ感覚で入力できるマルチタップやツータッチを装備。違和感なく操作できる機能を搭載している。


 入力方法は5種類。従来の携帯感覚での文字入力も可能
新しいニーズを模索するための第1歩
 M1000のコンセプトについて宮原氏はこう話す。「現状ではビジネスでインターネットを使う場合、どうしてもノートPCやPDAといったサブの情報端末を持って行かなくてはならない。それを携帯に取り込めないか──というのが、M1000の狙い」(宮原氏)

 新しい方向性を打ち出した最初の端末であり、まずは無線LANやBluetoothなど利用シーンを広げられる機能を入れたと西尾氏。「細かい機能はユーザーの意見を採り入れながら、次の端末開発に役立てたい」(西尾氏)

久々に物欲を刺激されそうなPDAもとい携帯端末。多機能化はともかくいままでのマニアよりのインターフェースを改善すれば、まだまだマーケットの可能性はあると思う。期待大。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Apr 23, 2005

3強が競う端末シェア、NECはシェア落とす

3強が競う端末シェア、NECはシェア落とす

MM総研は4月20日、2004年度通期(2004年4月~2005年3月)の国内携帯電話出荷状況の調査結果を発表した。総出荷台数は前年度比12.2%減の4397万台に留まっている。

 メーカー別シェアは前年度と変わらず1位NEC、2位パナソニック モバイル、3位がシャープ。次いで三洋電機となっている。この順位は変わらないが、シャープがNECとパナソニックを猛追。トップ3の差が縮まっている。

安定した人気のパナソニック、カメラと液晶で人気を得たシャープ
 シェア1位のNECは8期連続のトップだが、出荷台数は前年比で29.8%減、シェアも4.6%下がっている。2位のパナソニックモバイルは、出荷台数こそ2.8%減だがシェアは1.7%増で、NECとの差を1.3%まで縮めている。MM総研では「特にFOMA機種のP900i、P901iが着せ替えパネル『カスタムジャケット』で支持を集め、携帯電話のデザインに敏感な女性ユーザー層の新規獲得に成功した」と分析している。

 出荷台数、シェア共に大きく伸ばしたのがシャープだ。FOMA端末の「SH900i」「SH901i」、ボーダフォン向け機種で3G端末の「902SH」「802SH」、2G端末の「V602SH」「V402SH」など人気機種を揃えた。とくにボーダフォン向け端末は売れ筋の大半がシャープ製という状態。MM総研では「NTTドコモ向け、ボーダフォン向けのいずれの端末も、内蔵カメラと液晶画面の質の高さで、高い評価を獲得した」としている。

 4位の三洋電機も前年度比で出荷台数4.4%増、シェア1.5%。前年度7位から躍進している。三洋電機はNTTドコモ以外の携帯3キャリアに製品を供給しており、とくにau向け端末が好調だったのが要因だ。

メーカー 出荷台数 出荷前年比 シェア シェア増減
NEC 817万 -29.8% 18.6% -4.6%
パナソニックモバイル 760万 -2.8% 17.3% 1.7%
シャープ 628万 11.0% 14.3% 3.0%
三洋電機 424万 4.4% 9.6% 1.5%
東芝 353万 -17.1% 8.0% -0.5%
ソニー・エリクソン 346万 -16.8% 7.9% -0.4%
三菱電機 331万 -19.3% 7.5% -0.7%
富士通 328万 -2.1% 7.5% 0.8%

ソニー・エリクソンの「premini」や、三菱電機の「Music PORTER」は話題を呼んだが、企画端末ということで出荷台数はそれほど伸びなかった。preminiの後継機「premini-S」「premini-II」も、初代機ほどの支持は得られていない。富士通は指紋認証機能搭載機やシニア向けの「らくらくホン」などが好調だった
 2005年度の携帯出荷台数は、対前年比1.7%増の4470万台とMM総研では予想する。ドコモ、ボーダフォンユーザーの2G端末から3G端末への買い替え需要が中心になるという理由からだ。加入者数は「2005年末に2Gと3Gの構成比が逆転し、3Gが約55%に達する」「2006年度に3Gへの移行がさらに進み、加入者数の約75%を占めるまでになる」としている。

 ナンバーポータビリティ制の導入や、事業者の新規参入などによって、2006年度には3Gの移行がさらに進みそうだ。2006年度の携帯市場は前年度比7.8%増の4820万台になるとMM総研では予測している。

 かつての王者NECの端末もデザインがいつまでもコンサバティブで面白みに欠ける。早晩大きな変化がない限り、王座を滑り落ちる可能性も高いのでは?意外なのは三洋の好調。AUの端末だけでこのポジションは相当がんばっていることの証左。シャープはSPECからすれば当然の位置?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ライブドアショックを超えた「融合」のあり方

ライブドアショックを超えた「融合」のあり方

ライブドアによるニッポン放送とフジテレビへの敵対的買収騒動が、ようやく収束した。この騒動は、2つの点について我々に再考をうながしたと言える。1つ目が企業のあり方、特に株主と事業統治の関連についてであり、2つ目がメディアのあり方、特に放送と通信(インターネット)の融合という点である。

 特に後者については、これまでのらりくらりと状況を直視することを避けつつ、サーバー型放送や携帯電話への地上波デジタル放送(いわゆる1セグ放送)で「通信」に対して構造的に有利な状況を作り上げようとしてきた放送局の立ち位置がいかに虚弱なものであったかを露呈させた。結果として放送とインターネットの融合とはいかなるものであるべきかを、今こそ誰もが真剣に論ぜざるをえないという状況を作り出したのではないか。
ホリエモン・ショックとはなんだったのか?

 ニッポン放送はフジテレビよりも事業規模や影響力が小さいにもかかわらず、長年フジテレビの筆頭株主にあった。このフジサンケイグループの放送関連企業同士のねじれた関係を解消すべく、フジテレビがニッポン放送という「小さな親会社」からの脱却を目指してニッポン放送株を取得するためのTOB(株式の公開買い付け)を開始したのは今年1月のことだ。そしてそこに乱入したのは、堀江貴文社長率いるライブドアだった。ライブドア株を外資系証券会社に担保に出すことで調達した資金を用いて、時間外取引などで一挙にニッポン放送株の大量取得に成功したことを発表。今回の騒動に発展した。

 これ以降の経過については、みなさんもご承知のとおり。そして、その一応の決着が今週初めについた(関連記事)。実質的には、体力的にも消耗した当事者双方が「もうやめようか」とつぶやきつつへたり込んだ格好となった。「勝者のない戦い」など虚無感溢れる表現が用いられ、一種のマネーゲームを当てこすった報道がなされたことは、まだ鮮烈な記憶の中にある。

 今回の一件は落ち着くところに落ち着いたとも言える。しかし騒動の過程で露呈したさまざまな疑問や課題は、解答の方向性すら見えていないものも多い。

 その1つが冒頭に挙げた、企業の株主と事業統治のあり方であろう。学校で「報道機関は経済的な影響力の介入を排除するために、未公開企業であり続けます」といった説明を新聞社などのあり方について受けた記憶がある。しかし実際のところ、ラジオ局やテレビ局は株式公開をしてしまった。それらの企業に対して買収を持ちかけたところで、道義的問題は何も生じない。
メディア企業は特殊な存在か?

 にもかかわらず、「メディアという使命を持った企業が社会的に公正であり続けるためには、ライブドアは適切な親会社ではない」などというとんでもない発言が、客観公平であるべき「報道機関」としてのテレビ番組、とくにニュースやバラエティ、エンターテインメント番組の中で多数発せられた。既存のメディア企業は「公正」であり、それに敵対的買収をかけてきた企業は「不公正」であるという理屈だ。

 これは昨年のプロ野球騒動で聞かれたプロ野球オーナー会議の長老方のセリフに類似してはいないか。あの発言に対し、一般市民がどんな印象を持ったかは、あえて言うまい。結果、プロ野球オーナー会議は自らの立場を180度転換させざるを得なくなった。そんなことを、つい最近誰もが経験しているにもかかわらず、現在のメディア企業やそのオーナーだけが社会的に公正であるとなぜ言いきれるのか。ほかの企業は公正ではないとなぜ言えるのか。

 企業、特に株式公開を遂げた企業に社会的責任を全うするという義務が課せられるのは当然である。それは必ずしもメディア企業だけではない。であれば、既存のメディア企業が「公正」で敵対的買収をかけてきた企業が「不公正」であるという議論は、きわめて感情的であり、根拠のない発言であるとしか言えない。多数の「メディア研究者」や「ジャーナリズム論専攻」などと称する大学教員や専門家が何の臆面もなく、このような発言を当然のごとく行う現状は非常に悲観的な状況だと言わざるを得ない。

 正直、今回のマスコミ側の過敏な反応は、自分たちの既得権益を侵略されることを忌む守旧派のそれである。今まで参入障壁を高くして、甘い汁を吸ってきたことへの認識はない。一方、ライブドア側も通信と放送の融合とはいえ、トレソーラの失敗をみてきた以上のことは打ち出されていない。結局、茶番劇で終わるのか?それとも第二幕もありうるのか??

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Apr 22, 2005

jigブラウザがPCメールに対応、RSSの追加も可能に

jigブラウザがPCメールに対応、RSSの追加も可能に

jig.jpは4月21日、携帯電話用フルブラウザの「jigブラウザ」でPC用メールが利用可能になったと発表した。

 jigブラウザは携帯電話からPC用サイトをみられるアプリケーションだ。jig.jpのサーバで一度データを受信し、圧縮して端末に表示させる。利用料金は月額1050円または年間一括で6000円で、課金ユーザー数は3月中旬時点で1万4000件に達している。


jigブラウザでPCメールを読み込んだ様子

 今回追加されたPCメール機能は、プロバイダのPOPサーバに残っているメールをjig.jpのサーバが読み込み、データを圧縮して端末に表示させるもの。ウェブメールと同じ原理だ。受信したメールは差出人別にフォルダに振り分けられ、差出人別のメールの新着数や未読数、全件数が表示される。添付ファイルの表示も可能で、メール1通あたりのデータ量が本文と添付ファイルを合わせて3Mバイト以内であれば読み込めるという。メールを新規作成することはできないが、受信メールに返信することは可能だ。

 このほか、FOMA900i/901iシリーズ、au端末向けの機能として提供されているRSSリーダーの機能も強化された。PCメールがRSSリーダーで読めるほか、新たにユーザーが希望するRSSを登録できるようになった。これまでは、jig.jpが指定したRSSの中からしか選べなかった。なお、追加可能なRSSは上限3つまでとなっている。

 ほかにも、jigブラウザで表示している画面のスクリーンショットを保存できるようになった。スクリーンショットは携帯電話端末に保存できる。この機能はFOMA900i/901iシリーズのユーザーのみ利用できる。

いよいよ携帯電話もフルブラウザの時代へ。そのうえ、RSSも搭載とあ恐れ入った。ただ、パケ代や、今の携帯の通信速度等を考えるとそうそういつも使えるものにはならないと感じるが・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Apr 19, 2005

日本HP 樋口社長、ダイエーの社長に内定

日本HP 樋口社長、ダイエーの社長に内定
藤本京子(編集部)
2005/04/15 16:20 Trackback (1)

 

ダイエーは4月15日、同日の取締役会において、日本ヒューレット・パッカード(日本HP)代表取締役社長の樋口泰行氏が6月1日付けでダイエーの代表取締役社長 兼 COOに就任することが内定したと正式に発表した。樋口氏は、5月31日に現職を退任する。


日本HP 代表取締役社長
樋口泰行氏

 樋口氏は、1957年11月生まれ。大阪大学を卒業後、松下電器産業に入社した。1991年にハーバード大学でMBAを取得した後、ボストン コンサルティング グループ、アップルコンピュータを経て1997年にコンパックコンピュータ(現在の日本HP)に入社した。同氏は、2003年より日本HPの代表取締役社長となっている。

 HPでは、米国本社でも2月に元CEOのカーリー・フィオリーナ氏が辞任したばかり。その後フィオリーナ氏は、一時世界銀行総裁の有力後任候補として浮上したが、世界銀行は3月31日に第10代総裁として米国防副長官のポール・D・ウォルフォウィッツ氏を選出している。IT業界から他業界のトップに異動となった例では、2004年2月にアップルコンピュータの代表取締役社長から日本マクドナルドホールディングスの代表取締役会長兼社長兼CEOへと転身した原田永幸氏が記憶に新しい。

 存在感を増してきたHPの社長からダイエーに転出。はたしてこれはキャリアアップ??正直に言って火中の栗を拾うようなものであろうが、心意気には拍手!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Apr 17, 2005

PSP人気で大容量メモリースティックカードが極度の品不足に

PSP人気で大容量メモリースティックカードが極度の品不足に

PlayStation Portable(PSP)の本体は、適当な場所を探しさえすれば、まだ購入は可能である。しかしPSP用メモリーカードは、運が良くなければ手に入ることはできない。

 PSPでビデオや写真、音楽などのデータを保存するのに使う大容量のメモリースティックが、同携帯ゲーム機の発売以来ほとんど品切れ状態を続けている。このため、フラッシュメモリ製品を手掛けるSanDiskは、少しでも多くのカードを店頭に出そうと駆けずり回っている。

 SanDiskの製品マーケティングマネージャーChristina Dayは「需要に追いつけない状態が続いている」と語る。「うれしい悲鳴ではあるが、お客さまをいらいらさせたくはない」(Day)

 SanDiskは数年前にソニーとパートナーシップを結びメモリースティックフォーマットを共同開発したメーカーで、同市場におけるシェアはソニーと対等である。

 これまでのところ、大容量メモリースティックカードは主にソニー製デジタルカメラで使われるだけだった。ところが、PSPの発売で初めて顧客層が拡大する可能性が生まれたことから、SanDiskは「PSP対応」と書かれた蛍光色のカードを発売し、新しい顧客に売り込むことを決めた。

 この戦略が功を奏したとDayは言う。PSP購入者の2、3割がSanDiskのカードを購入している。それどころか、同社の読み以上に大量のストレージをPSP購入者は必要としており、512MBや1GBの大容量カードはほとんどすぐに売り切れてしまった。

 Dayは「ビデオ機能がどれほど受けるかは分からなかった」と語り、ビデオクリップをPSPで再生できるフォーマットに変換するには複雑な処理が必要とされることに言及した。

 ふたを開けてみれば、PSP購入者は手当たり次第にビデオを見つけては変換しており、既にもっと容量の大きいカードが欲しいと騒ぎだしている。「2GBのメモリースティックについての問い合わせも多い」(Day)

 Dayによると、2、3ヶ月以内には同社の2GBのカードが店頭に並ぶ予定だ。ちょうどそのころに同社の3つ目の工場が操業を開始し、需要の急増に対応できるようになる計画だという。「需要に応えるために当社は最善を尽くしている」とDayは説明した。

 メディアプレーヤーとして使う人が予想以上に多いようで。IPODに音楽を任せる?以上、ビデオの再生ニーズが大きいのでは?とはいえ、UMDビデオなんて中途半端な媒体にユーザーが注目するとも思えず、やはりビデオFILEを変換してメモステにぶちこんで楽しむのがメジャーな使用法??

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Apr 16, 2005

衛星写真がとらえた「思いがけないシーン」(上)

マイク・リーズさんは長年、オレゴン州ポートランドの自宅から車ではるばる、ネバダ州のブラックロック砂漠で開催される『バーニングマン』アートフェスティバルに通いつづけている。

 そのため、米グーグル社が5日(米国時間)、『グーグル・マップス』に高解像度の衛星写真を眺めたり道順を確認できる新サービスを追加した(日本語版記事)と発表したとき、リーズさんはコンピューターの画面で約800キロの道のりをたどり、年に1度往復している道のそばに何があるかを見ずにはいられなかった。リーズさんは「約70キロずつクリック」して道順の写真をたどっていったが、その最後に、バーニングマンの建設途中の会場を非常に細かいところまで見られるとは思いもしなかった。

 実際、その衛星写真では、ブラックロックシティーの道路や設備のレイアウトを丸ごと眺められる。ブラックロックシティーとは、毎年夏の終わりに開催されるカウンターカルチャーの祭典、バーニングマンに向けて作られる町のことだ。

 しかし、開催前のバーニングマンの会場が思いがけず見られたことは、グーグル社の衛星写真のデータベースで出会うさまざまな驚きの1つに過ぎない。衛星写真を扱う他の企業も、毎日何百枚も撮影される衛星写真を分析していると、驚かされることがよくあると述べている。

 とくに驚くべきものとしては、噴火したばかりの火山、イラクでの暴力的な場面(バグダッドで爆弾が爆発している瞬間やナジャフでの銃撃戦)、さらには東京に着陸しようとしている米ボーイング社の『747』型機などの写真が挙げられる。人工衛星が時速約2万7000キロで移動していることを考えると、航空機の着陸の瞬間をとらえるのはなかなかむずかしい。

 商用衛星写真ビジネスの大手、米デジタルグローブ社でマーケティング・コミュニケーションの責任者を務めるチャック・ヘリング氏は、「収集している写真が膨大な数に上るため、こうした写真を見落としている場合も多い」と話す。「そして、ある場所を撮影し、写真を開いてみて、砕氷船が潜水艦を押している場面をとらえるつもりなんてなかったと驚くわけだ」

 衛星写真は何年も前からあらゆる形で広く提供されているが、グーグル社が衛星写真のデータベース――昨年秋に米キーホール社を買収(日本語版記事)して手に入れた――を提供しはじめたことで、この技術への一般の関心は大幅に高まるだろう。その大きな理由は、地図や道案内のサービスだけでなく、これまで生活してきた場所にコメントを付けられる地図のような独創的なプロジェクトまで、グーグル社の各種サービスがすでに多くの利用者を獲得していることだ。

 衛星写真の技術を販売している米スペースイメージング社のマーク・ブレンダー副社長(広報担当)は「(グーグル社は)テキストベースの検索で行なっていることを地理空間でも行ない、言うなれば、衛星写真を『地についたものにする』ことを意図している」と話す。「歴史上初めて描かれた地形図は、紀元前2300年のバビロニア人が粘土板に描いたものだ。グーグル社はこれをまったく新しい段階まで引き上げようとしている」

 衛星写真に写っている興味深い出来事は、意図的に撮影されたものがほとんどだ。たとえば、ローマ教皇の死後にローマ教皇庁(バチカン)に押し寄せてくる人々を撮った写真などがそれにあたる。

 しかし、ブレンダー副社長は、ときには予想外のものが見つかることもあると話す。

 事実、スペースイメージング社が初めて販売した衛星写真は、1999年に撮影されたワシントン記念塔の写真だったが、これには誰一人として予想しなかった光景が写っていたという。それは、米大統領のヘリコプター2機が記念塔のすぐ北に待機している姿だった。

 ブレンダー副社長はこれだけでなく、テキサス州のトウモロコシ畑に刻まれた愛のメッセージをとらえた写真のことも覚えている。そこには『I LOVE DONNA』(ドナを愛してる)と書かれていた。

 ブレンダー副社長によると、これを書いた男性は残念ながらドナをものにできなかったという。

 「われわれは地元紙に電話してみた。彼は大きなハートを描いて愛情を表現したが、結局彼女には受け入れられなかった」と、ブレンダー副社長は語る。

(4/15に続く)


 衛星写真で世界の様子が手に取るようにわかるというのもすごい話だ。というより、衛星写真を身近にしているという意味でグーグルのサービスは革新的。日本語インターフェースの導入が待ち遠しい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Apr 12, 2005

グーグル、「ビデオブログの実験」へ--個人向けにアーカイブサービス提供

グーグル、「ビデオブログの実験」へ--個人向けにアーカイブサービス提供
Jim Hu(CNET News.com)
2005/04/05 09:57 Trackback (17)


 

サンフランシスコ発--Googleが、拡大を続ける同社検索サービスの一環として、個人のビデオクリップをアーカイブするサービスを開始する。同社共同創業者のLarry Pageが米国時間4日に明らかにした。

 Pageは当地で開催中の「National Cable & Telecommunications Association」トレードショーに集まった参加者の前で、数日以内に「投稿ビデオの受付を開始する」と語った。その後記者の質問を受けた同氏は、これは「ビデオブログの実験」だと答えた。

 Googleは現在、複数の野心的なビデオ検索計画を進めているが、今回の発表はそうしたなかで行われた。同社は1月に「Google Video」という、テレビ番組の内容をテキスト検索できるエンジンを公開した。同サービスはPBSやFox News、C-SPAN、ABC、NBAなどの番組を網羅し、放送日のうちにその内容を検索できるものだ。

 これらのビデオをGoogleのサイトから直接見ることはできないが、「インドネシアの津波」といった言葉を使って検索を行えば、その言葉が登場するテレビ番組やビデオの静止画、番組の特定部分の字幕が検索できる。Googleは、各種コンテンツのオーナーとの間で放送権やビジネスモデルの複雑な問題を解決し、将来的にはビデオの再生も可能にするつもりだという。

 Googleのこのビデオサービスは、同社が先ごろ発表した大量の書籍をデジタル化する図書館プロジェクトと同様、世界中のコンテンツをデジタル化して検索可能にするという同社の壮大な計画を浮き彫りにしている。また、これらの計画によって、ライバルのYahooやMicrosoftとのデファクトサービスの座をめぐる競争が過熱することも予想される。各社とも、テレビ、インターネット、携帯電話、そして各種コンバージェンスデバイスなど、あらゆる場所にある情報の検索を可能にするサービスの提供を目指している。

 Yahooは、12月に投入したビデオ検索エンジンについて、ホームページにタブを追加する形で同サービスをプロモーションしていくことを明らかにしている。同社はまた、TVEyesと協力し、BloombergやBBCの番組のクローズドキャプションテキストの検索サービスも開始する。

 Microsoftも自社の検索/ビデオサービスの強化を進めている。同社は独自の検索広告サービスを準備中で、先週にはMSNBC.comやFood Network、Fox Sports、IFilmなどのテレビ番組を毎日提供するという「MSN Video Downloads」を立ち上げている。同社のプレスリリースによると、このサービスの料金は年間19ドル95セントで、MSNメンバーはビデオクリップをポータブルメディアプレーヤに転送できるようになるという。

これが実用化されれば相当な技術というか、便利なものになる気もする。時間のくくりがなくなれば、TVで放送を受信する必然性もうすれることになるし。ただ、著作権等のハードルも高そうだろうし、MSやヤフーもだまっていないだろう。簡単でhあないが、グーグルの発想、行動力でなんとかクリアして欲しい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Apr 10, 2005

巨大市場を支えるユーザー3億人の正体

巨大市場を支えるユーザー3億人の正体

ここ数年間、携帯電話業界において最も注目されている地域は間違いなく中国である。中国では、1998年から携帯電話加入者が毎年2桁の成長率で増加しており、中国信息産業省によると2004年末の携帯電話ユーザーは既に3億3000万人を超えたという。中国は間違いなく世界一の携帯電話大国になったといえるだろう。この巨大なマーケットをにらんで、携帯電話メーカーやインフラベンダー、コンテンツプロバイダなど、携帯電話産業の各分野のプレイヤーが世界各地から中国へと進出してきている。ただし、中には一躍成功を収めた企業もあるが、利益の累積損失を重ねて携帯市場自体から撤退した企業もある。中国市場には無限の可能性が見えるが、うかつに参入して隠れたいばらに刺され、逃げ出す者も少なくないのである。この連載では5回にわけて、中国携帯電話ビジネスの現状を紹介していく。

中国市場のとらえ方

北京の繁華街にあるノキア携帯端末のPOP  「中国市場」という言葉から、それをひとつの市場としてとらえる人が多いが、実際に事業を始めると中国の多様性に気づくはずである。広大な領土を持つ中国では、距離が離れると生活様式や価値観が違ってくるのは当然だ。言葉ひとつを取っても、現在の共通語は北京語となっているが、広東語や上海語など、北京語とは全く違う言語に聞こえる方言も数多くある。

 中国の5000年という長い歴史の中には、漢、唐、明、清など大帝国がいくつもあり、統一されているように見えるが、広大な領土の隅々まで監視するのは不可能であるし、言葉や生活習慣が違う数多くの国民を一律に管理するのは難しい。当然の結果として、各地方に多大な権限が与えられ、時には中央の政策より地域政策が優先されるようになった。このような事例は現代の中国でも様々な分野で見られ、政府の行政部門や携帯電話キャリアの会社体質、流通チャネルの構造などで、その現象が根強く存在している。中国市場を説明する際、その「多様性」もしくは「地方の主導権」は無視できない要素となる。

SIMカードが携帯電話市場に与える影響

北京の繁華街にあるチャイナモバイルの広告  中国の携帯電話産業の始まりは1987年。中国の政府機関である郵電部の一部門から、国営ビジネスとしてアナログの携帯電話サービスが提供されはじめた。当時は数少ない高官しか利用できないサービスだったが、今では携帯電話は固定電話よりも普及し、国民の4分の1に利用されている。携帯電話は、多くの人にとって不可欠なコミュニケーションツールとなったのだ。携帯電話で話しながら歩く人の姿は日常風景となり、町中のあらゆるところに携帯電話のキャリアやメーカーの広告看板が林立していて、携帯電話が中国の花形産業であることを実感させられる。

 現在中国には、チャイナモバイル(中国移動)とチャイナユニコム(中国聯通)という2つの携帯電話キャリアが存在しており、GSM(Global System for Mobile Communications)とCDMA(Code Division Multiple Access)の2通りのシステムでサービスを提供している。GSMはヨーロッパやアジアの多くの国々で使われているが、これらの国では、電話番号などの情報を端末に登録するのではなく、「SIMカード」というICカードに情報を記録し、携帯電話機に差し込んで利用する仕組みを採用している。中国ではGSMでもCDMAでもSIMカードを導入しており、日本のFOMA端末でも同様にこのシステムを導入している。SIMカードはキャリアにより販売され、GSM規格の携帯電話であれば端末に差し込むだけでどの端末でも利用できる。つまり、端末を買い替える際にはSIMカードを差し替えるだけで、キャリアでの変更手続きなしで手軽に変更可能だ。そのため、GSM規格の携帯端末は通常キャリアを経由するのではなく、端末メーカーから直接に販売代理店に卸し、家電製品のように店頭で販売される。

 この仕組みは端末メーカーにとって、キャリアの縛りがないことを意味し、GSM規格に準ずる端末を製造すれば、自由にマーケットに進出し販売できるメリットがある。ただし、国から携帯端末の製造・販売のライセンスを取得する必要はある。端末メーカーが数多く参入したことで、豊富な種類の携帯端末がマーケットに提供された。また、キャリアは端末販売のために資金を使う必要がなく、本業である通信サービスインフラの構築に集中できるメリットを得た。

SIMCARDの入れ替えだけで、端末を切り替えられるとはある意味便利だろうなあとは思う。日本はその点縛りが大きい気がする。反面、そのせいで、Iモードのようなサービスがなかなかテイクオフできそうにないインフラも悩みの種かも。中・日、それぞれ長所あり、短所あり。成熟産業になりつつある、携帯電話産業もまだまだ可能性を感じさせる点もある。中国市場の動向が日本に影響を与える可能性も小さくなかろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

コンピュータ嫌いのローマ法王の死を悼むオンライン世界

コンピュータ嫌いのローマ法王の死を悼むオンライン世界

前は携帯電話も使わなかったローマ法王だが、その死を悼むメッセージはブログやSMSなどにあふれている。(ロイター)

 コンピュータ嫌いのローマ法王ヨハネ・パウロ2世は、生涯一度も携帯電話を持たず、すべて手書きで書いた――だが法王の死は、ブログやSMSなど、最も21世紀らしいスタイルで悼まれている。

 法王の死後すぐに、聖ピエトロ広場には「いつまでも私たちの心の中に」といったメッセージの書かれた法王の絵葉書とともに小さな聖堂が立ち並び、寝ずの祈りを捧げた人々の灯したろうそくの溶けたろうに覆われた噴水にも同様の絵葉書が貼り付けられた。

 だがバーチャルなオンライン世界では、大量のメッセージが思い思いにWebを飛び交い、ペンと紙しか持たなかった法王が決して理解できなかった一大現象が起きていた。

 「あなたの死が私たちに平和をもたらすと、あなたは心の中で分かっていらっしゃったのだ」と、ミシェル・マーティーニ氏(24歳)のブログには記されている。「ただ、ご存命中のあなたに対し、現在の半分も注意を払わなかったことが悔やまれます」

 MTV Italiaは、ローマ法王に関するテキストメッセージを視聴者から募り、肌の露出の多いダンサーの映像や性的描写をいつになく少なくしたページ最下部にスクロール表示した。

 ローマ法王は複数の言語を操り、巡礼者には母国語のポーランド語からアラビア語、ヘブライ語に至るあらゆる言語で説教を行った。法王の死去は、いわゆる「SMS語」でも悼まれた。

 ペンネーム「TVB Papa」と名乗るMTV視聴者は、イタリア語のSMS語としてよく使われる「ti voglio bene」(I love youの意)と記した。「6 (sei) un grande. K (che) triste siamo」(あなたは素晴らしかった、私たちの悲しみはどれほど深いことか)とのメッセージも寄せられた。

 存命中、ローマ法王は(司教などに送る)回勅をポーランド語で手書きし、側近がそれをコンピュータに入力していた。法王の死後、世界中の人々がノートPCにかじりつき、自分たちにとって「ポープ」とその死が持つ意味の大きさを考えた。

 The Valkyrie of Discarded Thoughtサイトのベッキーは、「法王に一度も会ったり、話したり、触れたことのない人々が、まるで自分の祖父を亡くしたかのように嘆き悲しんでいるのは驚くべきことだ」とブログに書いている。

 「なぜだか分からないが、ポープの死を通じて、私に故郷に帰るよう教会が呼んでいるような気がする。地元の仲間と教会で悲しみを分かち合う必要があるのではないかと」とベッキーは言う。

 メキシコのBlog de visorサイトには、法王の死去を嘆いてみせながら法王の道徳の教えをあからさまに侮辱する行為に及んでいる人々の偽善について話し合うチャットルームなどが設置されている。

 同サイトの管理者は、「現代人が、自分たちの快楽と安楽を追い求める、高潔さに欠けた“社会の寄生虫”になり下がっていることを深く悲しむ」と記している。

 だがローマ法王が世界に与えた影響の大きさを最も痛烈に世界に訴えたメッセージは、5歳のフランチェスカがサンピエトロ広場に残した、昔ながらの紙と鉛筆で描かれた1枚の絵かもしれない。

 この絵には、白い衣装をまとった法王が、サンピエトロ広場に集まった巡礼者にいつも祝福を与えていた建物の窓から手を振っている様子が描かれている。フランチェスカは窓の下に自分の家族を明るい色で描き、彼らはセリフの「吹き出し」から「チャオ・パピッシモ」(さようなら、ポープ)と呼び掛けている。

関連記事


 ローマ法王の死というエポックメーキングな出来事も、情報の伝達にはSMS・電子メールという先端テクノロジーであったところが、21世紀であることを物語る。死を悼む気持ちは過去も現在も変わりませんが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Apr 09, 2005

三洋電機、井植敏雅氏が社長昇格、野中ともよ氏が会長に

三洋電機、井植敏雅氏が社長昇格、野中ともよ氏が会長に永井美智子(編集部)
2005/04/08 15:39 Trackback (2)

 

三洋電機は4月8日、現在代表取締役 副社長 兼 CMOの井植敏雅氏が6月29日付けで代表取締役社長兼COOに就任する人事を発表した。8日に開かれた取締役会で決定した。また、代表取締役会長 兼 CEOにはジャーナリストで同社社外取締役を務める野中ともよ氏が就任することも明らかにした。

 井植敏雅氏は現 代表取締役会長 兼 取締役会議長の井植敏氏の長男で、三洋電機の創業者である井植歳男氏の孫にあたる。

 これに伴い、現在代表取締役社長 兼 CEO 兼 COOを務める桑野幸徳氏は取締役相談役に退く。井植敏氏は代表取締役にとどまるほか、引き続き取締役会議長を務める。

 三洋電機は2004年10月に起きた新潟中越地震で半導体事業の主力工場である新潟三洋電子が大きな被害を受けたほか、主力商品のデジタルカメラの競争激化などによって収益が悪化している。3月に発表した2004年度の連結業績予想は、売上高が前年比0.5%減の2兆4950円、営業利益が同 55.0%減の430億円、純損益は同1344億円減って1210億円の赤字に転落するとしている。
関連記事


 ソニーに続いての、エレクトロニクスメーカーの役員交代劇。しかし、ソニーと比較しても大胆な人事かも。世襲人事プラス女性ジャーナリストの起用という複雑なコンボ?で、注目度はアップかも。しかし、野中ともよに三洋電機ほどの大きな会社の采配を振るえるのか?それとも最初からマスコット??いまいち、意義の見出しにくい人事である。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

Apr 08, 2005

http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/0504/07/news036.html

月額2200円で音声定額~ウィルコムが法人向けに ウィルコムは、月額2900円の音声定額サービス「ウィルコム定額プラン」に法人割引料金を導入する。10台以上契約すると、月額利用料が一律2200円になる。

 ウィルコムは、5月1日からサービスを開始する音声定額プラン「ウィルコム定額プラン」(3月15日の記事参照)に法人割引料金を導入する。法人がウィルコム定額プランに加入する場合、10台以上契約すると月額料金が一律2200円になる。

 ウィルコム定額プランは、月額2900円でウィルコム電話機同士の音声通話や直送メールが定額になるサービス。定額プランで2台以上契約すると、2台目以降の月額料金は2200円になる。

 法人割引の導入は「コンシューマーを意識したサービスという色合いが強かったが(3月15日の記事参照)、フタを開けてみると、法人からの問い合わせが予想以上に多かったため」(ウィルコム)だという。

http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/0504/07/news036.html

 PHSについて、いくら低料金とはいえ、法人からの問い合わせが多いというのは意外な趣。でも2200円なら私物の携帯をオフィシャルなものになてしまっている会社もすくなからずあるはず。それなら会社負担のうえ、PHSというのもありか??

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Apr 06, 2005

PSPでWeb閲覧やチャットも――ハッキングで新機能続々

PSPでWeb閲覧やチャットも――ハッキングで新機能続々 ゲームコミュニティーの愛好家たちが、PSP用にオンラインチャットや電子ブック閲覧などのツールを次々と開発している。(ロイター)

 ソニーの新製品「PlayStation Portable」(PSP)は、Webやコミックの閲覧、オンラインチャットに最適のツールになっている――それからテレビゲームや映画、音楽の再生もできる。もしその手のことを好むのであれば。

 249ドルの携帯ゲーム機PSPは、米国で3月24日に発売されたが、ソニーが盛り込まなかった(そして恐らくまったく意図していなかった)種類の機能が追加されるのに、ほとんど時間はかからなかった。ある男性はたった24時間で、旧式メッセージングプラットフォームのInternet Relay Chat(IRC)が使えるクライアントを仕立て上げた。

 「あるときIRC上で、『自分のPSPを使ってスターバックスのWi-Fi経由でIRCのチャットができたらどんなにいいだろう』と誰かが言った。私は『それならできるよ』と言い、すぐこの作業に取り掛かった」。PSPIRCの作者であるロバート・バロウセック氏は電子メールのインタビューにこう答えた。

 このIRCクライアントを訪れたユーザーは10万人に上るかもしれないとバロウセック氏。今度はPSPユーザーがAOL Instant Messengerのネットワーク経由でチャットできる新プロジェクトに取り掛かっているという。

 新しいテレビゲーム機のハッキングは昔からあることで、進取性旺盛な開発者の手で独自のLinuxバージョンが作られないゲーム機の方が珍しい。しかしゲーミング/ハッキングコミュニティーは、ゲーム機の世界では稀に見るスピードでPSPに取り組んでいる。これは多分、携帯性への共感からだろう。

 このほかの“ハッキング”の事例には、TiVoのデジタルビデオレコーダー(DVR)で録画したテレビ番組をPSPに転送する手段、電子ブック閲覧用プログラム、インターネットからダウンロードしたコミックのビュワーなどがある。

 こうしたPSPの新機能の多くは、レーシングゲーム「Wipeout Pure」に組み込まれたWebブラウザを利用している。このブラウザはソニーのサイトに接続するためのものだが、PSPのネットワーク設定を一部変更することで、このブラウザを特定のインターネットポータルに接続させることが可能だ。

 こうしたポータルは既に多数が開設済みで、PSPのスクリーンに収まるようフォーマットされ、リンクとWebアドレス入力のための場所が提供されている。テクノロジーブログのEngadgetはこうしたリンクを多数掲載している。

 ソニーの米国子会社Sony Computer Entertainment of Americaにコメントを求めたが返答はなかった。

 ただ、ソニーは恐らくPSPの発売時点でこのようなことは想定していなかっただろうというのが開発者たちの見方だ。ソニーは外部の人間が利用できる抜け穴をほんの少ししか残してくれなかったとバロウセック氏。

 開発者のコミュニティーではこの状況が変わることを望んでいる。その証拠に、PSP向けのオープンソースソフトプロジェクト開発サイトPS2dev.orgには4月5日、ソニーに対する公開嘆願が掲載された。

 「ソニーの著作権を保護するための技術を使い、自家製ソフトが認められる手法の開発に向け、ソニーはわれわれと協力すべきだと提案したい」。同サイトのエディター“Oobles”氏はこう記している。


 まだ発売されて間もないのにそこまで解明されてしまうとは凄腕ハッカー恐るべし。ハッキングされることで機能が拡張されてしまうなんて、昔のゲーム機なら考えられない。それでも、動画・音楽再生などやらずにゲームに集中するだけの人がほとんどだろうなあ。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

Apr 05, 2005

ダビングは寝て待て?!――PSX+PSPの連携を試してきた

ダビングは寝て待て?!――PSX+PSPの連携を試してきた 新PSX「DESR-7700」「DESR-5700」の新機能で話題となっている“PSPとの連携機能”を試す機会に恵まれた。メモリースティックへのダビング自体は簡単だが、その時間が……。

 ソニーの4月15日から発売するDVDレコーダー「PSX」の新機種、「DESR-7700」と「DESR-5700」には、「x-アプリ」で映像コンテンツをメモリースティックにダビングし、ポータブルゲーム機「PSP」で楽しめる機能が追加されている。

 この新しいPSX、先日行われていたフォトイメージングエキスポ 2005にも展示されていたので、すでに実物を見た人も多いはず。PSXで録画・作成した映像をPSPで楽しむまでの手順を実際に試すことができたので、その様子をお届けしたい。
メモリースティックへのダビングはラクラク、問題はその時間

 「TV番組やカメラで録画した映像をDVDに書き出すだけではなく、PSPと連携させることによって、外出先で映像を楽しむという用途を提案したい」(同社)というように、「DESR-7700」と「DESR-5700」のGUIには「DVD書き出し」などと同様に、メモリースティックへのダビングを行う「HDD→M.S.ダビング」というアイコンが用意されている。

photo
DESR-7700のGUI(XMB)には「HDD→M.S.ダビング」という項目が用意されている

 PSPで映像を楽しむにはメモリースティックDuoを経由する必要があるので、PSX前面にあるメモリースティックスロットにメモリースティック Duoをセットしたのち、「HDD→M.S.ダビング」を選択すればメモリースティックの空き容量チェックが始まる。あとは持ち出したいコンテンツを選び、ダビングを開始すればPSXに“お任せ”だ。

photo
メモリースティックの空き容量チェックが行われる。「追記」「全動画削除」「フォーマット」が選択できる

 この作業、実は単純なダビングではない。

 HDD内のMPEG-2をPSPで再生できるMPEG-4(MPEG-4SP)へ変換する「再エンコード」が行われているのだ。エンコード時にビットレートは768kbpsと384kbpsを選択できるが、768kbpsの場合で再生時間の約5倍、384kbpsの場合で再生時間の約4倍のエンコード時間がかかる。例えば、1時間番組を高画質ダビングしようと思ったら、約5時間も待たなくてはならない計算だ。

 録画した番組やDVカメラから取り込んだ映像のほか、x-アプリで写真と映像を組み合わせた「x-PictStory」をダビングすることも可能だ(現行モデルのDESR-7500/5500でも、x-PictStoryをDVDに書き出せる)。13枚の写真と2分弱の音楽を組み合わせて作成した約2分(約14Mバイト)のx-PictStoryを、768kbpsでメモリースティックへダビングしてみたところ、ダビング終了までの所要時間は約 12分と表示された。

photo
ダビング中の画面。今回は高画質(768kbps)ダビングで再生時間の約6倍の時間がかかっているが、これは最終調整中のためだという

 ダビング作業中でもあらかじめ予約した録画は実行されるが、新規に予約録画を設定したり、録画を開始することはできない。また、あらかじめ MPEG-4SPでメモリースティックへ番組を録画保存したり、あらかじめHDD上でMPEG-4SPへの変換作業を行い、MPEG-4SPのファイルだけを集めたフォルダを作っておくということもできない。

 あくまでも、「PSXのHDDに入っているMPEG-2を、PSPで見られるようにメモリースティックへ書き出す」という点だけにフォーカスし、可能な限り操作を簡略化した機能といえるだろう。

 同社では「就寝前などにダビングをセットしてもらいたい」とコメントしているが、「384kbpsでダビングしても再生時間の約4倍」というエンコード時間だけを見れば、とても気軽に使おうとは思わないだろう。

 1万円程度で購入できる512Mバイトのメモリースティックには約110分の映像をダビング可能(384kbps)なので、2時間ドラマやサッカーの試合などを持ち出すには最適とも思えるが、ダビングに時間がかかるようだと、持ち出す作業自体を面倒に感じてしまうユーザーもいるはず。

 しかし、同社にとって「ダビングに時間がかかる」ことは、ある程度覚悟した上でのことのようだ。「画質を下げるなどすればダビングを高速化することも可能だったが、画質にこだわったため、あえて現在の仕様とした」(同社)

 PSPで動画を楽しむツールとしては、各種の動画をMPEG-4SPへ変換できるImage Converter 2がすでに用意されているが、「これはPCリテラシーの高いユーザー向け」(同社)。

 “家電”であるPSXにPSPとの連携機能を搭載し、ダビングに時間がある程度がかかるとしても、クオリティを優先した映像を、家電を操作できるユーザー全員に「動画を持ち歩く」という使い方と共に提案することが同社の狙いだ。

 いまいち冴えないPSXにしてみれば、単なるゲーム機にとどまらないPSPとの連携機能を持つのはユーザーにとってもセールスにとってもポジティブな話題だろう。ただ、変換にこれだけ時間がかかるのは異常。再生する時間よりエンコードに時間がかかるなんていくらなんでもナンセンスと思うが・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Apr 04, 2005

RSS広告市場とメディアインパクト

RSS広告市場とメディアインパクト先日、主催しているEmerging Technology研究会で参加者にRSSリーダーの利用状況をヒアリングしたところ、リーダーで読んでサイトには行かないという人が少なからず存在した。この回答は、参加者のうちリーダーの利用経験者が大半であり、イノベーターからアーリーアダプターが主軸となっているためひとつの未来像だと捉えられる。

つまり、HTMLからXMLに利用される媒体が変わり、広告価値もブラウザで見るサイトからフィードにシフトすることが予想される。米国でRSS関連の事業投資、開発が着々と進んでいるのも一つの例証と言えよう。
※ただし、日本が同じシナリオを辿るのは100%の保証がある訳ではないことも念のため付しておく。
 
 
ウェブ広告とRSS広告の比較
 
RSSの先行きについて大枠は「RSS市場サマライズ(1)」でまとめている。また、フィードへのシフトについては、日本のZDNetをケースにしての簡単に考察した「ZDNet Japanに見るメディアの進化過程」でもまとめている。

取り上げたいのはA VCの「It's The Feed Stupid (continued)」。このBlogをサンプルとしてのケースとなるが、ユーザーのBlogの参照状況は

The past three days, my web pageviews were 2650, 2700, and 2100. On those days the RSS views on my Feedburner feed were 2500, 2550, and 1800. But my Feedburner feed is only used by 30% of my 3200 RSS subscribers. If you assume that the views are the same across all three of my feeds, my RSS views are three times my web page views.

概算推測値ながらも、フィードの利用者が通常のサイト訪問者の三倍いるというデータが示されている。ベンチャーキャピタリストのBlogということで読んでいるのはエッジに寄ったユーザーだろうことから、この数値も市場平均より課題に出ていることだろう。しかし、三倍差は大きい。同じ効果の広告を出すとしたら、フィードに出す出さないで収入は倍以上変わる。

実際の広告効果について、

The past three days, my Adsense clickthrus were 36. My Overture clickthrus were 10 on just my Feedburner feed, which is 1/3 of my total feed. If I was running Overture on all my feeds, it would be about the same as AdSense. And this is for a service that hasn't even begun to be optimized.

商品が違うこともあり、全フィードに広告を出したとするとHTMLのサイトに出しているAdsenseと同じ位になるという。
 
 
伸び行く新市場
 
冒頭の仮説の通り、今後RSSの利用率が高まっていくとすると(各サイトのRSSのサポートの伸びを見ているとこのシナリオは非常に濃い)、広告市場としても規模は小さくとも急成長する、数年前のサーチワード広告の立ち上がり期のような流れは予想の範囲内となる。

The revenue opportunity for blog related PPC advertising in RSS is equal or greater than the opportunity for web-based advertising. I assume the same will be true for large media properties once RSS becomes mainstream.

当然、大手のメディアもこの構造変化の波に曝されていることになる。どのような対応を取っているのかは、「サーチ全盛時代のメディア企業戦略」、「オールドメディアによるハイテクニューメディア買収」でまとめた通り。

もし、RSSシフトが早い速度で起きていくとなると、紙かネットかという択一の議論をしているレベルでは現実に追いつけない。ネット(=HTML ベースのウェブサイト)でも情報を出すようにしました、と言ったその日から利用者数が頭打ちになってしまうとなると笑うに笑えない出来事となる。

全体の市場規模を考えると広告市場>ネット広告>RSS広告と、孫亀にあたる。概算で規模を出すのなら、それぞれのユーザー数を順に出していってというところだろうか。規模としてまだまだ小さいのは間違いない。


 IE7.0にはRSSの実装もうわさされるが、今後の技術のスタンダードにはなりそう。フィードされた情報が中心になれば広告もよりターゲットを鮮明にすることができるのではないか?また、サーチエンジン最適化とは別の技術の発展も望めそう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Apr 03, 2005

ビデオコンテンツを気軽に『PSP』で携行

ビデオコンテンツを気軽に『PSP』で携行

ソニーは24日(米国時間)、音楽やビデオも楽しめる携帯ゲーム機『プレイステーション・ポータブル』(PSP)の北米での販売を開始した。日本発売から約3ヵ月、この日を心から待ち望みながらも、オタクコミュニティーは一貫して1つの大きな不満を口にしてきた――PSPが採用している、独自のメディア記録フォーマットだ。

 PSPでは、ビデオフォーマットとしてソニーの独自仕様『UMD』(ユニバーサル・メディア・ディスク)を採用しているが、このフォーマットはユニバーサル(普遍的な)にはほど遠い。すでにDVDを持っている映画も、PSPで観たいと思えばUMD版を買い直す必要がある。それがいやなら、煩雑きわまりない手順を踏んでDVDの動画部分をPSPに取り込まなければならない。

 だがこの問題を、サジース・チェリアン氏(日本語版記事)が解決してくれた。

 カナダのカールトン大学で通信工学を専攻するチェリアン氏が開発した『PSPビデオ9』は、MPEG-2、MPEG-4、AVIといった形式のデジタルビデオを、PSPで再生可能なフォーマットに変換してしまうという実に素晴らしいアプリケーションだ。

 PSPビデオ9をこれまたチェリアン氏作のアプリケーション『ビデオラ』と連係させれば、ピアツーピア(P2P)のファイル共有アプリケーション『ビットトレント』を経由してビデオをコンピューターからPSPに取り込む作業を自動化し、寝ている間に済ませることができる。

 わざわざUMDのディスクを購入する必要はない。手持ちのPSPとコンピューターを同期させれば、ポルノを持ち歩くことだってできるようになる。

 それはポルノファンなら誰しも夢見る環境だ。ポルノビデオをPSPに取り込んで、ハードディスクからは消去する。ポルノを自分だけでこっそり楽しむ一方、家庭のコンピューターは他の用途、たとえばゲームなどに解放することができる。

 チェリアン氏に、PSPビデオ9のことを「モバイル・ポルノ」のためのキラーアプリ[特定の機器やサービスを広く普及させるのに貢献するソフトなど]だと思うかどうか尋ねたところ、チェリアン氏は心底驚いた様子でこう答えた。「PSPビデオ9はただビデオをPSPに取り込むだけだ。人々が本当に(ポルノを)望んでいるのなら、ありえない話ではないと思う。だが、PSPは(北米では)24日に発売されたばかりだ。本体が出回る前から『キラーアプリ』だなどと決めつけるのは難しい」

 しかし、日本でのPSP発売以来3ヵ月で、PSPビデオ9は1万回を超すダウンロードを記録している。「日本の人たちは、あらかじめPSPのフォーマットにエンコードした興味深いビデオクリップを制作し」、ビットトレント経由で配信しているとチェリアン氏は話す。「(そのビデオを)他の人にダウンロードして観てもらい、コメントやフィードバックを求めているのだ。これはかなり流行ると思う」

 チェリアン氏は、PSPビデオ9とビデオラを組み合わせて利用することを、(ブロードキャスティングに引っかけて)『PSPキャスティング』と表現する。一部の人間にとっては、「ポルノキャスティング」のほうがふさわしいかもしれない。

 一部のオタクはすでにPSPのことを「ポルノステーション・ポータブル」と呼び、人前で使うときは注意するようお互いに呼びかけている。現在のところソニーは、R指定[17歳未満は保護者同伴]の映画やM指定[17歳以上の成人向け]のゲームには寛容なようだが、過激なハードコアポルノをUMDで発売する用意があるとは思えない。ゆえにPSPビデオ9は、たちまちポルノ愛好者の必需品になる可能性を秘めている。

 だが、それだけではない。ブログや音声ブログ(もしくは『ポッドキャスティング(日本語版記事)』)と同じように、PSPキャスティングが提供するプラットフォームもまた、ビデオをダウンロードして観るだけでなく、自分でビデオを制作し配信することを可能にするものだ。

 PSPが携帯ビデオプレーヤー界の『iPod』(アイポッド)になれば(米アップルコンピュータ社がiPodのビデオ対応に消極的でいるかぎり、その可能性はある)、進取の気性に富んだ俳優やモデル、デートサービスその他のアダルト業界の人々が、PSPキャスティングを通じて自身やそのサービスを大々的に宣伝できるようになるかもしれない。

 宣伝は手軽だ。ビットトレント経由で適当なサイズのストリーミングビデオ、時間にして2、3分のものを配信すればいい。たとえば、インターネット上で最もよくダウンロードされた女性として知られるダニー・アッシュのバーチャル版ラップダンス[ヌードダンサーが客のひざに座って踊るダンス]のようなものだ。

 演者はビデオの中で存分に魅力を発揮し、自分のことを知ってもらい、途中でURLを何度か挿入する。これは観る側にとっては格好の娯楽となり、演者にとっては、それが仕事の獲得につながれば利益になる。またこれは新たな顧客――お金をうなるほど持った人たち――を獲得する手段にもなる。なにしろ、携帯型のエンターテインメント機器を購入できる人たちなのだから。

 要するに、PSPキャスティングは、人々がエンターテインメントを楽しむ手段と時間の幅を広げてくれるものだと言える。

 「PSPビデオ9が優れているのは、すべてがあらかじめ自動化されている点だ。(煩雑な手順を踏んで)ビデオを自分でソニーの独自フォーマットに変換する必要がない。コンピューターでの鑑賞用に高解像度ビデオを作成しておけば、PSPビデオ9を使ってサイズを小さくし、PSPでも観られるようにできる」とチェリアン氏は言う。

 さらに、PSPは性生活にも大いに活用できる。

 PSPは小さくて軽い端末だ。1人で、あるいはパートナー(たち)と一緒にベッドに持ち込むにも、ノートパソコンほど大げさにならない。仕事や子育てからセックスへ気持ちを素早く切り替える手段として、ポルノを活用している人を何人か知っている。セックスになだれ込みたいが疲れ果てていて、ムードを盛り上げるのに大がかりな準備をするのが面倒な夜には、ポルノを観るのが手っ取り早い。

 それならテレビでポルノを観るより、抱き合ってPSPをのぞき込むことをお勧めする。ゲーム専門テレビ局『G4』に勤務し、私の情報源になってくれている人物によると、PSPのビデオの質は素晴らしく、これでエロチックな映画を誰かと観れば、「信じられないほどうち解けた体験」になること請けあいだという。PSPはノートパソコンやDVDプレーヤーのように邪魔にならない。観た後で置いておくためにナイトテーブルの上を片づける必要もない。

 そのうえPSPは、他のことに気を取られて床に落としても大丈夫なくらい頑丈にできているという。注意すべき点は、興奮のあまり液晶画面を引っかいたりしないようにすることくらいだ。

 私自身、最近新しい携帯電話(日本語版記事)を使って人と親交を深めているせいか、PSPには他の使い道もあるように思える。相手と一緒にいられないときも親密な感情を保つための新たな手段にするのだ。

 たとえば、ホームビデオを撮ってPSPビデオ9でコンバートし、愛する人が携帯するPSPに取り込んでおく。さんざん列に並び、飛行機を乗り継いだ長い1日が終わり、ホテルのベッドに倒れ込んだとき、パートナーのメッセージ(その他あんな姿やこんな姿)を収めたビデオを発見したら、それはどんなにか嬉しい驚きだろう。

 そこまで自己顕示欲が強くない人でも、相手が喜びそうなビデオを探してPSPに入れておくくらいはできるはずだ。

 ここで1つ警告――PSPが珍しいものでなくなるまでは、パートナーにはPSPにプライベートなビデオが入っていると知らせておくことをお勧めする。パートナーがPSPを職場で自慢しているとき、そんなビデオを同僚に――ことによっては上司に――見つけてほしくはないはず。あるいは10歳の子供が、PSPの(もちろん)ゲームをやってみたくて、自分の『ニンテンドーDS』と交換してくれと言ってきたらいけないので。

 

PSPにとって、メディアプレイヤー的なところが実はメインの機能かもとは言われている。実際、今のところPSPしかできない強力なゲームは出ていない。実際、アダルトコンテンツがキラーアプリになる可能性も否定できない。ただ、できれば、この液晶の綺麗なマシーンにはソニーがなかなか果たせていないモバイルムービーの夢を実現してほしい。パソコン経由のDLないしは、パソコンで録画したものをファイル変換してMSに流し込むのでも良いが、P2Pの流通システムを使ってきたらどんなにすごいか・・・。ただ、今までのSONYの腰砕けぶりから考えてかなり難しい話ではあるが・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

携帯フルブラウザ3種を比較する

携帯フルブラウザ3種を比較する (1/3)

話題の携帯フルブラウザ。しかしその機能は、ブラウザによって差がある。ブログASPサービスやWebメール、ニュースサイトなどを閲覧しつつ、Scope、Opera、jigブラウザを比較してみよう。

 携帯電話で、PC向けのWebサイトを閲覧できる“フルブラウザ”が人気だ。元々携帯に組み込まれた「Opera」のようなブラウザをはじめ、自分でダウンロードして利用する「jigブラウザ」「Scope」など次第に種類が増えてきた。

 それぞれの携帯向けフルブラウザがどのような特徴を持つのか。またCookie、JavaScriptはどのくらい使えるのかまとめてみた。

ブラウザ名(機種名) ブラウザ製作元 利用料金
Opera(AH-K3001V) Opera Software 無料(端末組込)
Opera(W21CA) Opera Software 無料(端末組込)
Opera(Vodafone 702NK) Opera Software 39ドル
jigブラウザ(100K) jig.jp 月額1050円、年額6000円
jigブラウザ(30K) jig.jp 月額1050円、年額6000円
Scope プログラマーズファクトリ 無料

対応機種と料金
携帯フルブラウザのこんな使い道
FOMA、WINで使えるフルブラウザ「jigブラウザ」の秘密
iモード、WIN向けに、フルブラウザ登場~jig
jigブラウザ、WEB版でWIN端末、ボーダフォンにも対応
premini-IIや700iシリーズでフルブラウザ~30Kバイトの「jigブラウザ」
jigブラウザ、RSSリーダー機能を追加
jigブラウザ、PC上からお気に入りを編集可能に
jigブラウザに「検索メニュー」が追加
jigブラウザに音声再生機能を追加
「jigブラウザ」がカラーカスタマイズに対応
 まず自分の携帯電話でフルブラウザが利用できるかどうかからチェックしたい。

 現在のところ、最初から端末に組み込まれているのはウィルコムの「AH-K3001V」(京セラ製)と(2004年5月27日の記事参照)、auの「W21CA」(カシオ計算機製)(2004年12月21日の記事参照)。いずれも「Opera」ブラウザが搭載されている。

 ドコモユーザーの場合、FOMA 900i/901i、505i/506iならばjigブラウザもScopeも利用可能。ドコモ端末には幅広く対応が進んでいる。

 対応が限られるのはau(KDDI)とボーダフォンだ。auのJava対応WIN端末(「W11H」「W11K」)と、Java対応1X端末(「A5403CA」「A5406CA」「A5407CA」)ならばjigブラウザが利用できる。

 ボーダフォン端末では、Symbian OS/Series 60を使っているVodafone 702NKがOperaブラウザをダウンロードして利用できる(2月14日の記事参照)。

Opera jigブラウザ(100K) jigブラウザ(30K) Scope(パブリックプレビュー版)
FOMA 901i - ○ × ○
FOMA 900i - ○ × ○
FOMA 700i - × ○ ×
ムーバ 506i - × ○ ○
ムーバ 505i - × ○ ○
au W21CA(au・組み込み) ○(Java Phase3対応機) × ×
ボーダフォン Vodafone 702NK(ダウンロード) × × ×
その他 AH-K3001V(ウィルコム・組み込み) × premini-II -

 サイト閲覧にかかるパケット料金は、キャリアによって異なる。

 ドコモの場合、FOMAであればパケット定額の「パケ・ホーダイ」が利用できる。ムーバは0.315円/パケットの従量制だ。auの場合、jigブラウザであれば定額の「ダブル定額」が利用できるが、Operaでは従量制となる。ボーダフォンの場合は、「パケットフリー」に入っていてもOperaブラウザの利用は従量制のカウントとなる。ウィルコムならば定額の「つなぎ放題」が利用可能だ。

携帯のフルブラウザ搭載は今後加速しそう。ただ、あの狭い液晶で、パケ代の高さを考えるとおいそれと使う気にはなれないが・・・。PCよりも携帯に親和性を感じるひととか、テキストコンテンツ限定で常に内容をチェックしたい人とかが使うのか??

| | Comments (13) | TrackBack (0)

Apr 02, 2005

マルチタスクで人間の知力が低下する?--情報化時代のアイロニー

マルチタスクで人間の知力が低下する?--情報化時代のアイロニーAlorie Gilbert(CNET News.com)
2005/03/31 10:00 Trackback (13)

 

これは情報化時代における最大の皮肉といえるかもしれない。

 電子メールやインスタントメッセージ、携帯電話、ボイスメール、BlackBerryなど、さまざまな通信手段を通じて押し寄せてくるあらゆる情報が、実は人間に悪影響を及ぼしている可能性がある。

 Dr. Edward Hallowellは、過去10年以上にわたって注意力欠如障害(Attention Deficit Disorder:ADD)の研究を続けてきた精神科医だ。同氏はADDに関連して発見した別の問題--注意力欠如特質(Attention Deficit Trait:ADT)と同氏は呼ぶ--が今、企業社会のなかで大流行しつつあるという。ADDと違い、ADTは先天的なものではない。これは現代の職場環境の産物だと同氏は主張する。コンピュータや電話、そして他のさまざまなハイテク機器から、絶え間なくしかも容赦なく情報が流れ込んでくるために、人の知力が弱まったり、ADTになってしまうというのだ。

 かつてハーバードメディカルスクールで教鞭を執ったこともあるHallowellは、先ごろCNET News.comのインタビューに応じ、ADTについて説明するとともに、どんな時に休息を取ったり、電話を切ったり、休暇を取ったりするべきなのかについて考えを披露した。

--ADTとはどんなものですか。

 ADDの一種と言えます。ただし、ADTは現代生活の結果生じるものです。つまり、あまりに多くの情報がありすぎて、それを受け入れたり処理したりすることに忙殺されるため、気が散ったり、イライラしたり、衝動的になったり、落ち着きを失ったりすることが増えます。また、そんな状態を長く続けていると、仕事の成果も上がらなくなります。別な言い方をすれば、一度にたくさんのことをやったり、あるいはやろうとするために、効率が犠牲になるとも言えます。お手玉で、自分が扱える数よりも1つ余計に玉をさばこうとしているようなものです。

--どんな兆候が現れますか。

 たとえば、自分の潜在力を十分に出し切って仕事をしていない。本当はもっと生産的になれると思いながら実際には生産性が落ちている。仕事の結果が示すよりも自分は利口だと思う。人からの質問に、普段よりも薄っぺらな言い方で性急に答える。新しいアイデアが枯渇する。仕事の時間が延びる一方で、睡眠時間は短くなる。、身体を動かすことも少なくなり、友人と一緒に過ごす自由時間も減る、などが考えられます。一般的には、仕事にかける時間が増えていながら、逆に全体的な成果は少なくなっている状態と言えます。

--ADDとは別にADTがあると気付いたのはいつでしたか。

 私のもとへは、ADDの検診を受けようと、非常にたくさんの患者が来ていますが、なかには休暇に出かけたり、リラックスできる状況になると、全く症状が現れなくなる人がいるのに気付きました。こうした患者はADDには当てはまらないのではないかと思ったのです。

 ADDの場合は、症状が消えることはありません。どこへ行こうと同じです。そこで私は、環境の変化で症状が消える人たちは、職場環境のせいでそうなったのだという考えに思い当たりました。彼らの場合は、仕事に出かけると症状が現れ始めます。彼らは仕事で何か問題を抱えているのです。その問題とは、過剰な負荷です。

--どの時代の人間にも、仕事に集中できないことはあったのではないでしょうか。これは全く新しいことなのでしょうか。

 これは新しい問題です。なぜなら、人間の脳の回路にこれだけ多くの負荷がかかるようなことは、これまでに1度もなかったからです。確かに、肉体労働で過剰な負荷がかかることは以前にもありました。しかし、日常的に過剰な負担を脳に強いることはなかったのです。

--ADTになった人はどんな代償を支払わされるのでしょう。

 まず仕事の成果が上がらなくなります。また、本来思い付いて然るべきアイデアを思い付けず、満足が得られなくなります。創造的行為から得られる充実感もなくなります。そして、前よりも表層的なレベルで生活することになります。

--この問題は組織にも影響しそうに思えますが。

 まさにその通りです。ADTが深刻化すれば、組織は最も価値ある資産--つまり、従業員の脳から生み出される想像力や創造性を犠牲にすることになります。ただし、いったん問題を突き止めてしまえば、それに対処するのはそれほど難しくありません。いくつかの上限を設け、考えるための時間をとるようにすればいいのです。Warren Buffettは、ちっぽけなオフィスに座って、ただ考えることだけに多くの時間を費やしています。われわれは、考える機会を自らに与えていないだけです。

--ADTは大流行しつつあるとのことですが、具体的に労働人口の何割程度がこれにかかっていると見積もられていますか。

 正式な調査をしたことがないので、あくまで推測になりますが、自分の講演の際に行っている非公式な調査の結果を踏まえてお話ししましょう。労働人口の範囲を「企業で働く管理者や幹部」と定義した場合、30~35%、あるいは40%程度の人がADTだと思います。

 耳に痛い話である。常に、ネットの更新や、仕事中に受け取る電子メール、固定電話に携帯電話、FAXと受け取る手段は多様化。常に何かしらの情報が乱れ飛ぶ。集中力が欠如するのは確かで、なにかアイデアが浮かぶのはむしろ情報をシャットアウトした状況でのもののほうが多いのではないか??

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Apr 01, 2005

シャープもデジタルオーディオプレイヤー市場に参入

シャープもデジタルオーディオプレイヤー市場に参入 永井美智子(CNET Japan編集部) 2005/03/31 21:52 Trackback (3)

 シャープがデジタルオーディオプレイヤー市場に参入する。フラッシュメモリを使った厚さ9.4mmのオーディオプレイヤーを4月15日より販売する。松下電器産業がSDメモリーカードを差し替えできる端末を発表するなど、同市場の競争は激化している。先行するアップルコンピュータや韓国メーカーを国内家電メーカーがどこまで追い上げられるかが焦点となりそうだ。

フラッシュメモリを使った「MP-A100」「MP-A200」

 今回発表された製品はメモリ容量が256MBの「MP-A100」と同512MBの「MP-A200」の2機種。いずれもFMラジオに無線で楽曲を送信できるFMトランスミッターを搭載している。これにより、カーオーディオやオーディオ機器のスピーカーを使って音楽を聞くことができる。

  FMチューナーを内蔵しており、FMラジオが受信できるほか、受信した番組を録音することもできる。デジタルボイスレコーダー機能も備え、MP3形式で会議を録音することも可能だ。

 楽曲ファイルはWMA(Windows Media Audio)とMP3に対応する。リンクインケーブルを使えば、PCを介さずCDプレイヤーなどから直接音楽を録音することができる。

 今回、デジタルオーディオプレイヤー市場に参入した理由について、同社では「デジタルオーディオプレイヤー市場は今後も拡大が見込める市場と判断したため」と説明する。製造は中国で行っているという。

 大きさは幅54mm×奥行85.6mm×厚さ9.4mm。重さは約70g。連続再生時間は最大約20時間。オープン価格だが、市場想定価格はMP-A100が1万5000円前後、MP-A200が2万円前後。生産目標は月産3万台としている。

 デジタルオーディオプレイヤー市場はアップルのiPodがヒットしたことなどから、急速に市場が拡大している。この市場を狙って、出遅れていた国内電器メーカーも相次いで製品を発表している。今年2月には音響機器メーカーのケンウッドが同市場に参入した。また、3月17日には松下電器も「ディースナップオーディオ」というブランド名で、SDメモリーカードを差し替えできる端末などを発表している。


 いつの間にか大手も参入してにぎやかな市場になりつつあるデジタルミュージックプレーヤー市場。ところが、プライスやデザインはともかくソフトウェアやオンラインミュージックの提供などのAPPLEのような壮大な構想で参入しているところは少なく、正直とりあえず作ってみました的な安易な姿勢が垣間見られる印象。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2005 | Main | May 2005 »